【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちわ。
冬に購入した灯油がファンヒーターのタンク満杯に余ってしまいました。
そして、ポリタンクの中も5~6センチ残っています(こっちの方が真夏の炎天下に外なので危ないのかも?)

過去の質問で調べると、去年のは使ってはいけない。と書いてありますが、それはファンヒーターが壊れるからであって、保存に関して危ないとは書いてないみたいですが・・

モチロン、可燃物を部屋に保存する事自体危ないですが、それは承知の上で、
納戸の奥にファンヒーターごと保存しておこうかと思います。

納戸とは言え、涼しいわけではなく、最近の機密性の住宅で真夏の日中の部屋は40度超えるかどうか(もっとかもです)分かりませんが、温度が高い部屋にタンクを保存する事と、直接爆発?引火に繋がる事とは関係ないのでしょうか??

灯油を持ち越す人はイッパイ居るだろうし、ウチの実家でも当たり前のように灯油を持ち越して使っていましたが、外の車庫のコンクリの上の涼しい所であってウチとは違うので、ちょっとどうなのかな。。と思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

灯油は発火温度が高いので、常温での自然発火の可能性はほとんど有りません。


ただし、紫外線によって変質をしてしまいます。
光の当たらない場所で保存されれば変質も少なくて済みますが、光が当たって黄色くなれば、燃焼によってストーブにタールを発生させ匂いもきつくなります。
場合によってはファンヒーターが故障します。
しかしファンヒータータンク内は光も当たらず、家が燃えるほどの高温でない限り自然発火の可能性も考えられません。
むしろポリタンクに残ってる方が問題でしょう。
    • good
    • 1

一般的には問題ありません


機器メーカや精油会社は 責任が伴うので 大丈夫とは言いません
(空気中の水分と反応して変質する可能性がある)

湿度の高い空気と触れない方が望ましいのですが、さほど気にする必要は無いでしょう
できれば日陰の屋外のほうがよろしいです

明らかに判る程度の水を含んだ灯油でも使わない限り 故障することはありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

外気の気温は関係ないのですね。
責任を押し付けるとか壊れたとか、そんなのはダメ元なので、最初から言うつもりはないですが、暑さで灯油に何かあるんでは、、と考えると怖くなります。

まして、真夏の日中仕事で家に居ないので、納戸の中で灯油が暑さの為膨張?して漏れたりしないかと、それが怖いですね。。

ガソリンは静電気で引火すると聞き、そんなすぐに火が出てしまうかと思うと、ビクビクしてしまいます。

ここ数年の夏の暑さは尋常ではないですよね。
ウチは遮るのがないので、外にもし、トタン製の簡易型物置を買ったとしても、逆にその中の方が激暑になるんじゃないかと思います。。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/09 16:47

私は、毎年ヒーターのタンクの中に灯油が、残ったまま物置に置いときますw


次の年にまた、その灯油を使ってますが、問題はないようです(苦笑
    • good
    • 3

高温になる場所に保管することは危険です。

冷暗所に保管してください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私も冷暗所と思ったのですが、最近の夏の気温は異常ですよね。
何処に置いても暑い・・・
コンクリの上と言うのも、軒下と言うのもないので、本当に困っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/09 14:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまった灯油・・・

冬に買った灯油が結構余っています。
余った灯油ってどうすればいいのですか?
今年の冬にもまだ使えますか?できたら処分したいです。

どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

余った灯油はガソリンスタンドで廃棄してくれます。
車を持っておられる場合でしたら、給油のついでに頼まれたら、無料サービス
として処理してくれる場合が大半でしょうね。
給油せずに廃棄だけを依頼した場合は、スタンドによって有料無料が分かれる
かもしれませんけども(法に抵触するかは別にして)

法的に「?」と感じられる場合もあるでしょうが、法の精神(安全確実迅速に
廃棄の処理を行う)から見れば問題ないのでご安心を。

また、一部の自治体では廃灯油の回収などをやっている自治体もありますので
なんでしたら一度調べられて、namoriさんのお好みで選ばれたら良いかと思い
ます。(市町村の代表窓口に問い合わせれば解るでしょう)


夏の灯油は、キチンと保存してやればその年の冬くらいは使えます。
保管のポイントは以下の5点。
 1)直射日光の当たらない場所(紫外線による変質防止)
2)高温にさらさない(温度による変質防止と気化による事故防止)
 3)丈夫な密閉容器に入れてる(湿度侵入による変質防止と漏洩防止)
 4)衝撃を与えない(容器破損による漏れ防止)
 5)屋外で火気から離す(火災と火災時の類焼防止)
お宅の屋外に北向きの部分があれば、そこに市販の物入れでも設置して保管
されたら良いかと思います。

使う前には、保管容器を一度振って中身を混ぜて、一部を透明な容器(ペット
ボトルやコップなど)に取ってみて明るい場所で透かして見てください。
白いモロモロとしたものが出ていたり色が黄色っぽくなっていたら、それは
劣化している証拠で、ストーブなどの故障につながります。

我が家の場合は、昔はベランダの隅に市販の物入(数千円くらい)があった
ので、その中に保管していました。

余った灯油はガソリンスタンドで廃棄してくれます。
車を持っておられる場合でしたら、給油のついでに頼まれたら、無料サービス
として処理してくれる場合が大半でしょうね。
給油せずに廃棄だけを依頼した場合は、スタンドによって有料無料が分かれる
かもしれませんけども(法に抵触するかは別にして)

法的に「?」と感じられる場合もあるでしょうが、法の精神(安全確実迅速に
廃棄の処理を行う)から見れば問題ないのでご安心を。

また、一部の自治体では廃灯油の回収などをやっている自治体もあ...続きを読む

Q灯油のポリタンクはどこに置いていますか?(マンション等にお住まいの方)

実家では室内(半分外のようなところ)に、ポリタンクに灯油を移し替えるシュポシュポを差し込んだまま置いていました。
マンションでも同じようにしてベランダに置こうと思っていたのですが、ベランダが狭いので雨が降れば濡れてしまうことに気づきました。
とりあえずポリタンクからシュポシュポを抜いて、きっちり蓋を閉めておけばいいかな、と思ったのですが、
この灯油がついているシュポシュポをどこに置いたらいいのやら困ってしまいました。
ベランダの床に置けば床に灯油がついちゃうし…。
室内に置くとしたら、シュポシュポを差したままでも雨には濡れませんが、ポリタンクの蓋を閉められないので
灯油の匂いが室内に広がりそうだし、蓋をしめる為にシュポシュポを抜けば、今度はシュポシュポをどこに置けばいいのやら…。

マンション・アパート等にお住まいの方、灯油缶(ポリタンク)はどこに置いていますか?
そして使用後のシュポシュポはどうしていますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、ポリタンクをベランダに置いていました。ところが、ある方に注意をされたのです。
「火事になった時に、炎は窓から上階に出るので、ベランダに灯油を置いたら、燃えろ!燃えろ!になっちゃうよ」と。

なので、風水的にはよろしくないかと思いますが、玄関においています。シュポシュポは100均で買ったケースに収めております。垂れることもなく、ポリタンクから抜き出して、サヤに収める、という感じです。

あまり、参考にならないかも…ごめんなさい。

Q灯油は、夏の暑さで自然発火しますか?

ファンヒーターをそろそろ屋根裏部屋にしまおうと思います。
灯油が使い切らずに残っていますが、そのままにしようと思います。
そこで質問ですが、屋根裏部屋は、夏はとんでもない暑さになります。
よって、灯油が自然発火するのではと不安です。
ぜんぜん問題なければよいのですが?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

灯油の引火点は40℃ですが、発火点は250℃~位だそうです。
屋根裏が250℃に達しなければ、まず問題は無いようです。
ただ、内部が腐食するのではないかと思いますので空焚きになるまで使い切った方が良いと思います。

Q灯油のポリタンクどこに置いてますか?

素朴な疑問です。アンケートの方が相応しいのかもしれませんが
新築後の置き場所について考えたいので
こちらで質問させて頂きます。

現在アパートでベランダに置いています。
正直、九州に住んでいても灯油の補充は
かなり辛いです。
みなさんはどこに灯油缶置いてますか?
例えば一戸建てで外に置くと防犯上よろしくないという
考え方も一理ありますし、
臭いの面では屋外の方が良さそうですし。

みなさんどこに置いてますか?
どうしてそこに置いてるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

九州戸建ですが、以前は車庫に置いていましたが
夜間に入れに行くときに寒くて、玄関に置いています。
ただ、臭いと見た目がポリ缶ではよろしくないので
蓋付きのBOXを買って、その中に入れています。
これだと溢してもBOX内なので気にならず
天気が良い日に外で掃除してます。
ただ給油後は臭いは若干しますね

Q灯油のポリ缶の置場所について

先日 家に友人が遊びにきた時 うちは 灯油を玄関に置いてるのですが、理由としては 外だと給油する時に寒いし、主人は外においたら危ないと言ってるので。

友人は 普通玄関には 置かないよ、邪魔だし匂うし、外に出しなよ。というのですが 皆さんはどこにおいてますか、ちなみに 戸建てです。

あと ここに置いてはいけない場所ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

別に、あなたが不自由してなくて、それでいいと思っているのなら、どこだって構わないと思いますが。

一戸建てならまだしも、マンションなんかだと、実質玄関しか置きようがないことも多いです。

Q灯油の発火温度は何度ですか?

灯油の発火温度は何度ですか?
うちはボイラーを使ってますが夏場灯油タンクが一時的に直射日光にさらされるためかなりタンク内は高温になってるんじゃないかと心配してます!
爆発の危険とかありますか?

Aベストアンサー

他の方の回答にあるように、灯油タンクに直射日光が当たるくらいでは、自然発火する温度にはなりません。ただし、灯油の引火点規格が40℃となっていますので、これ以上の温度になると、自然発火はしませんが何らかの着火源があれば引火する可能性はあります。
灯油の温度が高く、灯油蒸気の濃度が十分高ければ、爆発濃度を超えて着火しませんが、灯油の引火点付近では密閉されたタンク内でも爆発混合気を作ります。灯油をつぎ足したときに静電気が発生したり、誤って金属部品を落として発生した火花などで着火、爆発する可能性があります。実際に事故の例があります。
灯油タンク内の温度は引火点を超えない範囲で管理することが基本です。
他の方の回答を一部修正する内容で申し訳ありませんが、安全に関することなので。

Q灯油の保管場所について

我が家では灯油をポリタンクに入れてベランダに
保管しています。
ポリタンクにはカバーはしてません。
冬は何とも感じなかったのですが最近暖かくなり
日差しが強くなるにつれ、このポリタンクに日光があたり、
灯油が爆発したりしないか心配になりました。

いかがなものでしょうか

Aベストアンサー

発火点は245度のようですので、自然発火はないです。
ただし、日光は当たると紫外線の作用で灯油が変質して不良灯油となり、お使いになると燃焼温度が異常上昇して故障の原因となります。今のうちに使い切っておきましょう。

Qストーブの中に残った灯油は?

以前の質問をチェックして、ポリタンクに残った半端な灯油はキッチリと蓋をしめて、ビニール袋などでくるんで直射日光の当たらない日陰で保管すれば、事実上はOKと分りました。

ところがストーブの中に残った少量の灯油なんですが、そのままストーブ内部に残したままビニール袋にくるんで押入れに仕舞いこんで大丈夫でしょうか?

それともポリタンクの中にまた移した方がいいのでしょうか (邪魔くさいんですけど ・・・)?

Aベストアンサー

面倒ですが、長持ちさせるには抜いた方がいいです。

意外と抜き取った後に細かいゴミが侵入しているものです。掃除もかねて。

参考URL:http://www.royal-hc.co.jp/diy/mainte/electric/details.html

Q残った灯油の処理方法

今年の3、4月頃に購入した灯油が
残りました。それで、11月に入ってから
ファンヒーターに使っていたのですが、
そのファンヒーターが壊れてしまいました。

多分残った灯油を使ったのが原因だろうと
思われます。(それ以前にもう10年位
使用してるらしいので、限界がきたんだろうとは
思うのですが)なので、新しいファンヒーターを
買うにあたり、残った灯油を処分する事に
しました。

あと6リットル位残ってると思うのですが、
何か処理する方法はないですが?できれば
ファンヒーターに使いたいんですが、また
壊れたりすると嫌ですし。

ちなみに灯油は赤いポリタンクに入れて
日の当たらない所(玄関)に置いておきました。
で、10リットル分位はファンヒーターに
使いました。(最初はなんともなかった)
だからまだ使えると思ったんですけど、
やっぱ夏を越えると使えない物なんですかねー。

Aベストアンサー

 灯油は経年変化することがあります。普通水と油は混ざらないものなんですが、乳化現象と言って白濁することがあります。(マヨネーズですね。)こういったものは使わない方がよいと思います。もちろん使ってもいい場合もありますが、6リットルの灯油の値段とファンヒーターの値段なり修理代なりを比べれば、あえてリスクを犯す必要はないと思いますが、どうでしょう。新しい燃焼機器ならそれだけで、保証がストップする可能性もあります。

 それから、灯油は暗所に保管されていたようですが、管理の悪いスタンドによってははじめから水が入っていることもあります。滅多にはないでしょうが、一度計量器の中に水が入ってしまうと、徹底的に分解掃除しないとすこし(20リットルでおちょこ1杯くらい)づつ出てきます。油を購入されるときは、値段が多少高くてもマンホールや検知管に泥がたまっていず、通気管にしっかりした地下タンク検査会社のステッカーがはってあるところにしましょう。(全部がそうだと思いたいですが)

 そんなときの油の処理ですが、ガソリンスタンドにお願いしてみてはどうでしょう。スタンドには廃油設備があり2Kリットルほどの大きさの地下タンクを入れているところがほとんどです。ガソリンは投入できませんが、灯油ならOKです。

 これは定期的に廃油業者が回収に来て、再生重油としてリサイクルさせるための材料となっているところがほとんどですので、いつも使われているスタンドがあれば相談されてみてはどうでしょうか。

 灯油は経年変化することがあります。普通水と油は混ざらないものなんですが、乳化現象と言って白濁することがあります。(マヨネーズですね。)こういったものは使わない方がよいと思います。もちろん使ってもいい場合もありますが、6リットルの灯油の値段とファンヒーターの値段なり修理代なりを比べれば、あえてリスクを犯す必要はないと思いますが、どうでしょう。新しい燃焼機器ならそれだけで、保証がストップする可能性もあります。

 それから、灯油は暗所に保管されていたようですが、管理の悪いス...続きを読む

Q灯油を車に乗せて置くことについて

灯油18リットルを少なめに購入して、30分ほど走り、
そのあと、車の中に2時間ほど置いておくことは安全でしょうか?
今の時期だと、車の中はそんなに温度は上がりませんが、夏場とかだと危険なのでしょうか?
詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

灯油の引火点は40℃。灯油の温度が40℃以上になり、気化ガスがタンクから社内に噴出し何らかの原因(静電気)で火花が飛び散ったら車内はガソリンエンジンのシリンダー内のような爆発が起きます。車は吹っ飛び火災が起きるでしょう。灯油はタンクから漏れ火災となることでしょう。
容器以外に厳密な規制はないようですが炎天下の車内に置いて事故が起きれば何らかの責任は問われると思います。ポリタンクでなくガソリン携行缶なら安全性は高いです。自己責任です。

タンクを断熱材で巻いておけば危険性はぐんと下がると思います。衝突したときは大変危険ということもあります。

灯油の運搬と容器
http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/seikatsu/mijika/touyu-porikan-rouei.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング