実力(棋力)向上のために必要なのは早指しと長考どちらでしょうか?
または、実力向上のために、どちらの方を多く指すようにするといいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ここに改めて追加するようなことではないかもしれませんが・・



私がいろいろと見ていると級位者(5級程度)の長考は手を
読んでいるのではなく、手を捜しているように見えることが
多いです。つまり、その局面で何をして良いかがわからない
ので決断もできないのです。

で、有段者の将棋では、長考の理由がある程度わかります。
(将棋が終わったあと、その局面について質問してみると
考えていた内容を答えてくれたりして判ります)

そうした観察結果から、私は「弱いうちに長考する人は強く
なれない」と思っています。将棋はある程度は経験のゲーム
ですから、数多く指して経験をつむことも必要です。そして
初段にさしかかるころから局面の急所がわかってきて、長考
ができるようになります。(考える材料がたまってくる)

基本的には、しっかりと手を読むことが上達には必要ですが
まだ弱いうちは、定跡書や戦法書などを読んで手筋を覚える
ことに重点をおくべきで、それを実戦にすばやく出せるよう
にした方がよいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れました。
ありがとうございます。
たしかに私も最近将棋も基礎が重要かなと感じています。
また、長考で自分の思考力が何やら向上するような感じもします。

お礼日時:2001/04/16 20:52

ppooooさんの早指しと長考の定義にもよりますが,


あるネット上の人気サイトの例ですと,
早指しは持ち時間1分で切れると一手30秒になります.
この時間で果たして,どれだけの手が読めるかということですが,
普段から訓練しているプロとかならまだしも,
適当な実力がない場合には良く考えもしない適当な手を指すことになって,
勝っても時間がないことによる「相手のミス」が多くなります.
お互いに最善をつくした手を連ねる練習(すなわち長考)の方が
腕が磨かれるのではないでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。
私も時間の使い方を誤って失敗することがよくあります。

お礼日時:2001/02/15 18:07

凡庸な回答で 恐縮ですが


「バランス」だと 思いますよ
もっと言えば どこに時間を使い
どこならすぐ指せるか その感性を
養うべきでは?
この局面は じっくり考えてみようとか
読み筋なら ノータイムだとか

棋力アップとは 早く読めると同時に
深く読める このジレンマを
克服することに 他ならないと思います

ただ 個人的には 早い決断を
常に目指したほうが 対局者にとっても
礼儀の一部であろうと 考えます
ですので あえて「早指し」をお勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
勉強になります

お礼日時:2001/02/15 17:07

◆Naka◆


私は基本的には長考が大切だと思います。
将棋の実力は、いろいろな定石の知識と経験、勝負勘、そして読みの深さと正確さにあると思っています。
定石は勉強と実戦によって身に付きますね。
勝負勘というと、非科学的な力のように捉えられますが、実力から来る判断力と言い換えれば適切かもしれません。これも真剣な対局を重ねることによって、少しずつ身に付いていくはずです。
そして、読みの深さと正確さは、普段から10手、20手と読むくせをつけることによってのみ養われると思うんです。

20手と言っても大したことはありません。一直線に20手先を読むわけではないのですから。 (^^;)
候補の手が3手あり、それぞれ途中で分岐しながら全部で20手となれば、せいぜい各3手先を読む程度です。おおむね初段でそのぐらいの「読み」は必須ではないかと思われます。
普段から深く読む訓練をしている人ほど、「早指し」も強いですよ。

ちなみに読みの訓練に最適なのが、目隠し将棋です。つまり盤を見ないで指すわけですね。これはやってみると意外に難しいんです。最初は駒の配置を忘れてしまったりすることでしょう。まして先を読もうとすれば、目の前に駒が並んでいるのと比べて3倍は難しくなります。
集中力・記憶力を養いつつ、読みの深さと正確さを身に付けるために、ぜひお試しいただきたい方法の一つです。

というわけで、「なるべく読むクセをつけながら指す」のが、一番正統的な上達法であると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
目隠し将棋は聞いたことがありますが、
一度試してみようかなと思います。

お礼日時:2001/02/15 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早指しと早指し2の違いは?

私は24で早指し2しかやりません。
理由は終盤に時間が残るのが大きいからです。
好きなところで1分使いたいじゃないですか。

ところが早指しの方は別の考えがあるようですね。
この間、早指しの方から挑戦されました。
別手合希望で返して、新しくその方に早指し2で挑戦しました。
すると向こうから別手合い希望で断られました。

早指しの方は早指し2をそんなに意識しないと思うのですが、
早指しの方は早指し2のどんな点が嫌なのでしょうか。

Aベストアンサー

嫌という訳ではなくて、単純に早指しの方が勝率が良いからでしょうね。早指しを好む人はほとんどが子供だと推察しています。反射神経が良くぱっぱぱっぱと指せる人が多いです。そういう人は自分は時間切れで負けることがないのに対して、相手だけが時間切れで負けることも多い。だから勝率も良いわけです。その点早指し2は時間切れで負けることが少ないわけです。早指し2は時間切れ負けの救済策として設けられた対局条件という意味もあります。実は私も救済してもらっているグループに入ります。自分が挑戦する時は早指し2専門なのですが、挑戦されれば早指しでも受けます。ところが早指しだとかなりの確率で時間切れで負けてしまいます。いつも30秒ぎりぎりまで考えていて、残り0秒で着手する時もしばしば。そんな私ですから、早指し2には助けられています。持ち駒を持ち替えるだけで時間切れになる場合も多いのですから。逆に言えば、早指しにこだわる人は相手を時間切れに追い込むのが好きな人なのです。としか考えられませんね。

Q将棋で1人が複数人と同時に指す指し方は何という?

よくイベントで羽生名人とかが小学生10人ぐらい相手に同時に将棋を指したりしていますが、
あの将棋の指し方は何か名称はないのでしょうか?

ご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「多面指し」、「多面打ち」、10人相手なら「10面指し」とかって言われると思います。

Q何故、早指しをするのでしょうか。

早指しをされると、その早指しをした人のプレッシャーを
感じるんです。
その事が原因で楽しく無く、最近は、ほとんど対局は
してません。

こんな私に、どの様な信念で、対局に取り組めば
良いのかを質問させていただきます。

その信念を常に頭に留めて置けば、対戦相手に早指しをされても、
なにくわね顔で1手に5分くらいかけて、ゆっくり指し続ける
スタンスを取る事が出来るくらいの信念をお願いします。

早指しという攻撃を受けても、

撃墜されなく出来る様になれるでしょうか?

時間切れで負ける事は良い事では無いと思いますので、
この様な事情以外なら持時間内なら、
それをどう使おうと自由なのは分かっています。

ようするに、早指しをする人の気持ちは、
序盤のまだちょっとしか進んでない状態で
いっぱい考えても、仕方ないから、早く指しなさい。
という事だと思います。
でも、序盤が好きだから、ゆっくり考えたい、と思うのは
考えが甘いでしょうか……。

序盤は誰が指しても同じ様な物だから、研究手順まで
進みたいが為に、序盤は早指しで、中盤以降になってから、
問題の局面に到達させて、数名で並べて研究をしたりする事が
有ると思います。
昔の話ならば、師匠さんが
まず最初に弟子にきびしく、将棋を指す時のマナーなどを
教えていたはずで、序盤を早く指す方が好マナーなの
でしょうか……。

序盤をゆっくり考える事をしても良いでしょうか?
例えば、15分持ちなら、最初の1手目に5分ぐらい
使いたいのですが、長過ぎますか?
もうちょっと、早くした方が良いでしょうか?
1手を10秒くらいの、高速指しをするくらいで、
ちょうど良いでしょうか?

どなたか、ご教授願えましたら、一言心構えを
教えてくれたら、助かります。

早指しをされると、その早指しをした人のプレッシャーを
感じるんです。
その事が原因で楽しく無く、最近は、ほとんど対局は
してません。

こんな私に、どの様な信念で、対局に取り組めば
良いのかを質問させていただきます。

その信念を常に頭に留めて置けば、対戦相手に早指しをされても、
なにくわね顔で1手に5分くらいかけて、ゆっくり指し続ける
スタンスを取る事が出来るくらいの信念をお願いします。

早指しという攻撃を受けても、

撃墜されなく出来る様になれるでしょうか?

時間切れ...続きを読む

Aベストアンサー

私見になりますが、制限時間等のルールの範囲内であるならば、
「早指し」も「遅指し」も戦術の範疇であり将棋の対局の重要な要素であり、心理戦を楽しむのもまた将棋の醍醐味と心得るべし。

Q早指しのコツ

過去ログを調べましたが思うようなものがないので。
24で「早指」「早指2」を指そうと思います。
局面を有利に、または焦って劣勢にならないようにする為のコツ、
教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は長考をしない、しかし手拍子で指さず、30秒ぎりぎりまで考えて指すことです。
直感で候補手を決めておいて、すぐ指さず、読みぬけがないか、他に好手がないか、考える習慣を身につけます。

序盤は自分の土俵に相手を引きずりこむことに注力します。逆に相手の土俵に引きずり込まれないようにすることが序盤の戦略目標になるということです。だから相手がどう応じてきても、必ず自分の得意戦法に持ち込むことが序盤の研究課題です。例えば、矢倉だけをいくら得意になっても相手が応じてくれないと、自分の土俵に持ち込めません。戦法そのものの優秀性などは全く度外視して、とにかく自分の得意なパターンに持ち込むことが序盤の課題だと考えています。早指しだと、どうしても未知の局面に持ち込まれると対応するのが難しくなります。

中盤は有利になろうと考えないことです。相手が仕掛けた罠にはまらないこと。逆に相手が嵌りそうな罠を仕掛けること。これが中盤戦の戦略目標になります。また相手の罠に嵌ったり、見落としがあったり、不利になっても気落ちせず、逆転の作戦を練りながら、形勢を引き離されずに付いて行くことです。相手だって人間です。どこかでミスをするはずです。そのチャンスを見逃さないという心がけも必要です。

終盤戦は、勝利パターンの選択ミスをしないで一貫した方針で指し進めます。攻め合いで勝つのか、局面を複雑にして相手のミスを期待するのか、受けに徹して指しきらせるのか、入玉で勝つのか、相手に攻めさせて、どこかで反撃に出るのかといったことが勝利パターンです。これも30秒しかないわけですから、自分の得意な勝ちパターンに持ち込むことです。それも中盤戦で意識しておきます。長い詰みより短い必死。中途半端な読みで詰ましにいかないことです。日頃、詰将棋や必死問題を十分、こなしておくことです。ただし10秒以上は考えない。10秒考えて詰まないならギブアップして答えを見る。10秒で解ける図式をできるだけ増やすのが日頃の勉強テーマで、それを活かすのが実戦だと考えます。

私は挑戦されればどんな条件でも拒否せず、挑戦する時は「早指」「早指2」が基本です。
その私は以上のようなことが早指しのコツかなと考えています。といっても将棋は難しい。コツだけで勝てるほど甘くはないということも承知してください。

基本は長考をしない、しかし手拍子で指さず、30秒ぎりぎりまで考えて指すことです。
直感で候補手を決めておいて、すぐ指さず、読みぬけがないか、他に好手がないか、考える習慣を身につけます。

序盤は自分の土俵に相手を引きずりこむことに注力します。逆に相手の土俵に引きずり込まれないようにすることが序盤の戦略目標になるということです。だから相手がどう応じてきても、必ず自分の得意戦法に持ち込むことが序盤の研究課題です。例えば、矢倉だけをいくら得意になっても相手が応じてくれないと、自分の...続きを読む

Q棋力アップのために

最近、囲碁をはじめたのですが、なかなか人と対局しても勝てずに悔しい思いをしています。

自分では、大まかに盤面全体を見渡して、このスミはオレの地にしようとか、置石を真ん中でつなげて地にしようとか思って頑張るのですが、いざネット等で対戦するとすぐに相手が攻めてきてしまい右往左往です。

パソコン相手だと9子盤なら2子、19子盤なら7子おけば必ず勝てます。

自分では、相手に責められた時の対処の仕方さえきちんと理解できればいいと思っています。(まずは1間トビ、2間トビに相手が攻めてきた時と、コスミの形を責められた時のかわしかた)

とりあえず、独眼流だとヘボのままなので日本棋院のインターネット囲碁でもやろうと思うのですが、どなたかよい方法をアドバイスいただけませんか?

Aベストアンサー

ルールも一通り覚えて楽しくなってきた頃でしょうか。

初級者向けの手筋や定石の本を読むのが部分の形を
覚えて理解するのには役立つと思います。

また、対戦の時は当たり前のことですが交互に打ち、
当然相手の思惑もありますので一方的に自分の都合の
いいようになるはずがありません。自分がこう打ったら
相手はこう打ってきて、そしたら自分はこう打とうと、
相手の手も想像しながら3~5手くらい先まで考えて打つと
いいと思います。

自分と互角の人と打つのもいいですが、上手な人に打ってもらうのも
いい勉強になります。ただし、強い人=上手な人ではありません。
きれいな打ち方で、こちらが良い手を打ったらちゃんと負けてくれる
ような人で強い人とちょっと厳しいくらいの置き石で対戦すると
とても疲れますがいい勉強になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報