痔になりやすい生活習慣とは?

夫(33歳)、妻(31歳)、長女(1歳)で、未だ保険未加入の家族です。夫の定期保険と私の医療保険についてお知恵を拝借したく投稿いたしました。
定期保険については、健全経営の会社でなおかつ保険料が安いのが希望です。終身をソニー生命の変額終身にしようと思っているので、特約でつけるならソニー生命の家族収入保険でしょうか。でも、もっと保険料の安いのがあればそれがいいなあと思っています。ちなみに主人は、サラリーマンで喫煙者です。
次に私の医療保険ですが、第二子が生まれるまで、生まれてくる子のリスクを考えてソニー生命の子供特則に惹かれています。他の会社に同じような保険はないのでしょうか。
保険に詳しい方、回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちわ。


失礼ながら、よく勉強されているようで、方向性はいいのではないかと思います。
一方で、定期保険系の保険(家族収入保障含む)は基本的には貯蓄性は無く(超長期除く)、万一取扱い保険会社が破綻した場合も、次の受け皿会社に問題なく引き継がれていく種類の保険です。そのため、ある程度健全性より保険料で選んでしまっても問題無いといえます。
ソニー社が決して高いわけではありませんが、収入保障保険をキーワードに複数社見積を取っては如何でしょうか。(中には喫煙者でも健康なら割引会社もあります。)単品での加入ももちろんできます。
変額に関しては、ファンド構成もさる事ながら、目につきにくい維持費を考えますと自社運用のソニーやスカンディア辺りが良いのではないかと思います。
だいぶ知識があるようなので、個人型の401Kを考えてみてもいいのではないでしょうか?例えば、月2万円を2%の複利で運用すると30年で990万円になります。月2万円の変額終身で運用するのももちろんいいのですが、401Kだと掛け金全額が所得控除の対象になります。節税メリットは遥かに変額系に勝ります。
運用中の万が一に備えて収入保障保険でカバーすれば、変額・定額問わず終身保険は不要、と言うのが自論でもあります。(401Kとは全額所得控除できる変額個人年金と考えると分かりやすいです。ちなみにサラリーマンは月15000円までしか拠出はできません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。保険って、本当に難しくて、雑誌や本やインターネットで調べても、未だによくわかりません。でも、専門家のPigeonさんに方向性はいいとおっしゃっていただいて、ちょっと安心しました。
さて、本題ですが、定期保険や変額にたいする専門家でないとわからないようなアドバイスをいただき本当にうれしいです。ありがとうございました。早速、収入保障保険は、○リコとGE○ジソンに見積もりを頼みました。ほかにもお勧めがありますか?(すでに、東京海上とプルデンシャルはもらっています)それと、個人型の401Kですが、なんだか良さそうですね。でも、ちょっと怖い気も・・・。これから調べてみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/11/24 01:56

こんにちわ。

すみません遅くなりまして。

>速、収入保障保険は、○リコとGE○ジソンに見積もりを頼みました。ほかにもお勧めがありますか?(すでに、東京海上とプルデンシャルはもらっています)

 特定の会社の紹介的なものは削除の対象になるようなので(宣伝行為に該当?)とあるショッピングモールを下記に紹介させて頂きました。
収入保障保険は「支払保障期間」次第で保険料がかなり変わります。同じ支払保障期間で比較するのがポイントです。これを短くすればするほど保険料は安くなるのですが、意外と期間10年もお勧めだったりします。満期間際でも確実に10年分の収入が確保できるためでもあります。(その分高いですけど。)

>それと、個人型の401Kですが、なんだか良さそうですね。でも、ちょっと怖い気も・・・。これから調べてみます。本当にありがとうございました。

 企業型は銀行、証券、生保、損保しのぎを削ってますが、個人型に力を入れている会社は僅かです。東京海上、損保ジャパン、三井住友海上くらいでしょうか。
いずれにしても必ず元本確保型を提供する事が義務付けられておりますので、この場合リスクは限りなく低いです。その他のファンドをどう選ぶかでリスクは変わってきますが、元本確保型で様子見するのもいいのではないでしょうか。(実際先行している米国でも10年位は元本確保型が主流だったようです。)導入コストを上回る節税メリットがあるので是非勉強してみてください。

参考URL:http://www.milemall.jp/shop/index.cfm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のメールが大変遅くなりすみません。さすが専門家という回答をいつもありがとうございました。
本当に助かりました。これで、ずっと懸案事項であった、保険の検討から逃れられそうでうれしいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/12/26 09:16

アクサ生命にありますよ。


これから住宅の購入を考えているのでしたら一度相談されたらいかがですか?
ソニー生命もやってくれると思いますが、これからのPYON17さんの家庭の
ライフプランをたててから保険を考えるのが一番いいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速、ホームページで相談しました。アクサ生命にあるというのは、子供特則のことですよね。ホームページや、資料請求だけではわからないことを教えていただき感謝です。

お礼日時:2002/11/24 01:40

ソニー生命は、身売を考えています。

保障がどれくらい約束されるのか不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。エイゴン社とのことですよねえ。私も気になっておりました。でも、保険関係の他のホームページでそのことについて、悪く書いているところがあまりなかったのと、ソニーの変額終身が気に入ってしまったので、そう深く考えていなかったのですが、どんなもんなんでしょうか。変額終身は、お葬式代と考えているので、解約するつもりはなく、保障額が下がってしまうと困るのですが・・・。

お礼日時:2002/11/24 01:08

東京海上あんしん生命の家計保障定期保険も比較的割安だったと思います。


ソニー生命の非喫煙のタイプと同じくらいの保険料です。ただし、ソニーの方も特約で安くなると思うので、見積もって比較してみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。東京海上あんしん生命ですか!!そこの方ともお会いしたのですが、変額終身保険がなかったので、あまりよく検討しておりませんでした。ありがとうございます。早速担当の方に連絡をとり、同じ条件で見積もってもらったものを比較したいと思います。本当に助かりました。また、いい情報がありましたら、よろしくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/18 16:28

ご質問への回答にはなっていませんが、現在保険未加入でしたらとりあえず(すぐに、Webで今日にでも手続き開始!)何か1年契約の保険に入られることをお勧めします。


現在の年齢でしたら、1年契約の保険料はあまり高くないでしょう。(歳をとると激高!)
保険を確保した上で、ご質問に書かれているような本番の保険を検討されるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございました。先日の質問欄に書いていなかったのですが、実は私も常勤で働いており、ある程度の収入と貯蓄があり、保険加入についてはそんなに急いでなかったのでそういうのはあまり考えていませんでした。でも、そのせいで保険加入を考え始めてから約1年、保険会社の人と会い始めてから、約2ヶ月がたとうとしています。「歳をとると激高!」を胸に早く検討し、加入できるようがんばりたいと思います。どうもありがとうございました。ちなみに、「それなら保険に入らなくていいじゃないか」という事になりますが、1.今後家購入を考えている。2、主人も私も元気なら、私は第2子誕生前後に仕事をやめてやりたいことがある。(収入には結びつかない)3.現在育児休暇中で比較的暇なので、時間のあるうちに検討したい。という理由より勉強中です。でも、難しい!!です。またアドバイスよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/11/18 16:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソニー生命の医療保険どうすればいいでしょうか? 

今、ソニー生命の総合医療保険に加入しています。6年前に加入、60歳払い済み、現在40歳です。保険料は5400円、解約返戻金があるタイプです。この度、見直しに何社か(総合窓口)相談にいったところ、医療保険に死亡給付金はいらないのでは。といわれました。いろいろ考えて、オリックス生命のキュアに入りなおそうかと考えているのですが、
ソニー生命
(1)5日目から120日まで   一日5000円
(2)解約返戻金が60歳の時点で約130万円ある。死亡保障は基本は50万円
 47歳以降50万以上の死亡給付金となります。
(3)支払い総額168万

オリックス生命
(1)1日目から60日 7大生活習慣病の場合120日   一日5000円
(2)月3775円  60歳払い済み
(3)支払い総額91万
 
です。今の医療からすれば60日で十分だと思いますし、短期入院が多くなっているときに、1日目からでないのは支払っていても悲しいような気がします。ソニーの担当者は120日は必要といいます。初期入院特約もいらないと。

ちなみにキュアとソニーの差額分で別に100万円の終身の死亡保障に別に入ったとしても 総額同じくらいになります。

5日目から120日と1日目から60日 どちらがメリットがありますでしょうか?

なので、どうすればよいか、ご意見いただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

今、ソニー生命の総合医療保険に加入しています。6年前に加入、60歳払い済み、現在40歳です。保険料は5400円、解約返戻金があるタイプです。この度、見直しに何社か(総合窓口)相談にいったところ、医療保険に死亡給付金はいらないのでは。といわれました。いろいろ考えて、オリックス生命のキュアに入りなおそうかと考えているのですが、
ソニー生命
(1)5日目から120日まで   一日5000円
(2)解約返戻金が60歳の時点で約130万円ある。死亡保障は基本は50万円
 47歳以降50万以上の死亡給付金となります。
...続きを読む

Aベストアンサー

oyuryoriさん

ソニー生命の医療保険にするかオリックス生命「CURE」にするか、この2つのうち、どちらにするかで考えてみます。

結論から申し上げれば、2つで比較した場合、私ならソニー生命を選びます。

<理由1>
今40歳であるoyuryoriさんが、
今後60歳までにいくら支払うか、
そして最低限いくらもらえるか、
差し引きいくらの負担となるか、
どちらが得か?

ソニー生命 
40歳~60歳支払い保険料 5400円×12ヶ月×20年=130万円
最低限もらえる金額   50万円(死亡保険金)
差し引き負担額     80万円

オリックス生命
40歳~60歳支払い保険料 3775円×12ヶ月×20年=91万円
最低限もらえる金額   0万円
差し引き負担額     91万円

oyuryoriさんが見直しを考えているのは40歳である、「今」です。
ですので、40歳以降負担する保険料総額で比較しました。   

<理由2>
保障内容での比較
検討ポイントは、ANo.6の方がおっしゃっている通り、
1.入院1日目からもらえるか、5日目からもらえるか
2.入院1回保障限度日数は60日か120日か
3.死亡保障(50万円)があるかないか
これに加え、
4.解約返戻金があるかないか

まず、「1.」については、医療保険選択に当って重要性は薄いと考えています。
入院給付金を、1日目からもらえるのと5日目からもらえるのとの差は、2万円だけの差です。
もし、4日間の入院で2万円をもらうために診断書作成料5千円を払ったら、差し引き15000円です。

保険に加入するのは、困る度合いが高い場合であるはず。
たった2万円を多くもらうことを、保険に入りなおす主目的と考えるのはやめたほうが良いと思います。
☆3ヶ月(90日)入院の場合の給付金額
 オリックス生命(7大生活習慣病以外)30万円(5千円×60日限度) 
 ソニー生命             43万円(5千円×86日)

「2.」について考えてみます。
保険に入るのは困る度合いが高い場合であるはず、とは先に申しました。
現在、平均入院日数は30日程度と言われていますが、その程度の入院であれば、医療保険なんて不要です。健康保険診療内であれば、手術しようがしまいが、30日入院で病院に支払う医療費は10万円程度。
http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/14.cfm
10万円を補てんするために、15万円(5千円×30日)の入院給付金をもらうために、保険料支払い総額100万円を払いますか?
2ヶ月入院と4ヶ月入院と、どちらが困る度合いが高いでしょうか?

「3.」については、確かに医療保険に死亡保障は必ずしも必要有りません。しかし、<理由1>で申したとおり、2つの医療保険で比較した場合には、あっても悪くはないのではないかと思います。

「4.」について、
一般的に、解約返戻金があるほうが保険料は割高になるのですが、
<理由1>で申したとおり、差し引き保険料で比べると、ソニー生命の方がトータルとして安くなっています。
差し引き保険料で安いにもかかわらず、万一解約したときには返戻金ももらえるので、2つの保険比較で考えた場合には、ソニー生命医療保険も悪くないと考えました。

以上、だいぶ長文になってしまいましたが、ご検討のご参考に。

oyuryoriさん

ソニー生命の医療保険にするかオリックス生命「CURE」にするか、この2つのうち、どちらにするかで考えてみます。

結論から申し上げれば、2つで比較した場合、私ならソニー生命を選びます。

<理由1>
今40歳であるoyuryoriさんが、
今後60歳までにいくら支払うか、
そして最低限いくらもらえるか、
差し引きいくらの負担となるか、
どちらが得か?

ソニー生命 
40歳~60歳支払い保険料 5400円×12ヶ月×20年=130万円
最低限もらえる金額   50万円(死亡保険金)
差し引き負...続きを読む

Q変額保険は解約したほうがいい?

4年前にSニー生命のFPの勧めで変額保険に3個はいりました。
そう当時の説明では長い期間みれば必ずプラスになるといってました。

主人が4月より転職し公立学校の教員になりましたので、これを機会に保険を見直そうと思い、
ネットで無料の保険相談(mもす保険)を受けました。
変額保険は現在ほとんど進めることがなく、満期時は元本割れがほとんだ。
その保険会社は会社のリスクがないので変額保険を進めるようにいわれている。
変額保険は解約したほうがいいといわれました。

実際のところどうなのでしょうか?

(1)変額保険 有期型 15年 保障金額100万円
(2)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額1920万円
(3)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額300万円
年齢は40歳 

Aベストアンサー

確かに高すぎます。
その金額を先ずためるとしてあなた方のライフプランはいい生活環境に変わると思いますが。
いかがでしょう。

私がサイトで調べるとデジタル生命保険会社?がありますが、教員専門のアドバイザーがいるそうです。

でも、そこも一応保険会社ですから気をつけて良く話を聞いてください。

Qソニー生命の家族収入保険から定期保険へ変換について

夫(55才)の生命保険についての相談です。
夫は約3年前に脳出血で倒れましたが
幸い1ヶ月の入院後3ヶ月のリハビリを経て
職場復帰しました。
しかしながら再発のリスクはあります。

その事を伝えた上でソニーのライフプランナーさんから
41歳から入っているソニー生命の
家族収入保険(60歳満了)
年金月額15万円
保険料6825円を

500万円の定期保険(65歳満了)
保険料約4500円
に変換を勧められました。

こちらに変換するべきか迷っています。

他に癌保険、医療保険、
1年更新の掛け捨ての団体定期保険(60才以上は1000万円迄)
に入っています。

なお夫の会社は65才定年制です。

保険に詳しい方アドバイスをどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

家族収入保険は、死亡保険です。
所得補償保険ではないことはご存知だと思います。

さて……
現在の保障は、
15万円×12ヶ月×5年=900万円
来年には、180万円下がって、
720万円
ということになります。
3年後には、さらに180万円下がって、
540万円になります。
となると、この2~3年の保障がどうなっているのか?
60歳~65歳までの保障がどうなっているのか?
ということが問題になります。

この3年間の保障金額の差額、つまり、
400万円下がることに問題がなければ、
基本的には、ライフプランナーの提案は妥当だと思います。

Qソニー生命の終身保険(変額型)

夫の加入している第一生命終身保険を解約して、ソニー生命の終身保険(変額型)に入ろうか迷っています。変額型はその名の通り、保険料は投資に運用され、利益があれば解約時の受取金は増え、損失があれば受取金も減るということらしいのですが、保険金の支払い方法を一括にしようと思っているので大金を支払うこととなり、本当にこの変額型にして大丈夫か不安です。変額型についてどう思われますか?

Aベストアンサー

>ソニー生命の方に利率をよくできるから預け替えしてはどうですかと薦められたんです。

ここに登場なさる、他の専門家の方も、ビックリの輩ですねえ・・・・そもそも、預け替え→中途解約になるので、第一生命さんの、中途解約の目減りを計算して、そのソニー生命のヤツは話してるのでしょうか??現時点で預け替えたら、いくらソニーの利率が高くても、赤字になるはずですが・・・・私がそういった担当者に当たったら、速攻で追い返します。

基本的には、#2様のおっしゃる、
>変額終身保険の貯蓄を目的とするのなら、お勧めしません。
と、私も同意見・・・より、他の真っ当なFPなら、みんなそう答えます。

そもそも、変額保険は変額です。元本保証はありません。 質問者様の場合なら、利率変動型終身の方が、しっくりくると思いますが・・・・
貯蓄目的で変額終身買うくらいなら、先に申し上げたように、米国ゼロクーポン債、もしくは、今流行の?外貨建て個人年金でも買った方が、よっぽどマシです。外貨建て個人年金は、たとえばドル建てだったら、規定の期間預けたら、ドルベースでは元本保証で、あとは為替リスクですが、一度、見積もりを取られるのをお勧めします。為替がいくらなら元本割れしないと書いてありますから。(投資は自己責任で)

あなた様の場合、お子様なし、住宅ローンなし、住宅修繕費・車に関しては用意済みということで、比較的、余裕的に運用できる資金をお持ちと思います。ならば、これを機会に、堅めの投資信託とか、債券購入とか、ちょっとリスクがある(ハイリスクではない)商品にも目を向けてはいかがですか? 

(くれぐれも、投資は自己責任で。生活費を突っ込んではいけません。)

>ソニー生命の方に利率をよくできるから預け替えしてはどうですかと薦められたんです。

ここに登場なさる、他の専門家の方も、ビックリの輩ですねえ・・・・そもそも、預け替え→中途解約になるので、第一生命さんの、中途解約の目減りを計算して、そのソニー生命のヤツは話してるのでしょうか??現時点で預け替えたら、いくらソニーの利率が高くても、赤字になるはずですが・・・・私がそういった担当者に当たったら、速攻で追い返します。

基本的には、#2様のおっしゃる、
>変額終身保険の貯蓄を目的...続きを読む

Qソニー生命は、この先大丈夫でしょうか?

ソニー生命への加入を検討しております。

ソニーは、通期見通しも2200億円の赤字になりそうとニュースで報道されています。

ソニー生命は増収で好調のようですが、本体の赤字につられて、つぶれてしまうようなことがないか心配です。

ソニー生命はこの先大丈夫なのか、皆さんの見通しやご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

素人の爺です。
ソニー生命はソニーの子会社ですが金融部門はソニーFHとして独立し、一部上場企業です。
但し、親会社であるソニーが株式の過半数以上を持っていますので、経営権は完全にソニー本体にあります。
ここ数年家電の不振を金融部門や映像部門、音楽部門が支えていますが、金融部門の儲けの比重は一番大きいです。金融部門での会社の格付はメガバンクとほぼ同等です。
ソニーがつぶれた場合のソニーFHの影響については想像しかありませんが、過去の例では上場されている優良子会社が親会社の倒産に強く影響されることはありません。人間社会では親が子を捨てることはありませんが?資本主義社会では親会社が倒産の危機になると通常は子を捨てます。(子供を売って身を守る)
あまり知られていない事実ですが、ソニーの創業者の盛田氏は米国での生命保険事業にえらく感動し、・・・つまり従来の日本式保険とは違う保険の販売をプルデンシャル生命の指導のもと始めたそうです。
保険事業を黒字にするのは、実は大変なことで(どの保険会社も立ち上げ時は必ず赤字です)長い年月が必要です。大手企業はその豊富な資金力により本業とは別に金融業として成功する場合があります。代表的な会社として米国のGE(ゼネラル・エレクトリック)があります。日本でもGE・エジソン生命がありました。
例え身売する場合(想像ですが)貧乏保険会社が買えるとも思えません。やはりそれなりの生命保険会社でしょう。
多分心配いりません。

素人の爺です。
ソニー生命はソニーの子会社ですが金融部門はソニーFHとして独立し、一部上場企業です。
但し、親会社であるソニーが株式の過半数以上を持っていますので、経営権は完全にソニー本体にあります。
ここ数年家電の不振を金融部門や映像部門、音楽部門が支えていますが、金融部門の儲けの比重は一番大きいです。金融部門での会社の格付はメガバンクとほぼ同等です。
ソニーがつぶれた場合のソニーFHの影響については想像しかありませんが、過去の例では上場されている優良子会社が親会社の倒産に...続きを読む


人気Q&Aランキング