ギターは弾かないのですが、DTM(ヘヴィメタル)をやるのに少しは知っておいた方がいいと思い、質問させていただきます。
シングルとハムの違いは検索したら分かったのですが、SSHや、HSHの組み合わせのギターはどんな使い方をするのでしょうか。
ピックアップの使い分け方などを教えていただきたいです。
他の組み合わせもご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ピックアップの選択については、そのピックアップを使うことで得られる音色やニュアンスを元に選択するのが普通です。

ですので、その使い道を一般化して論じるのは少々難しいところがあります。状況によっては、狙いが違うために使い方が変わることもありますし、逆に狙いが違うのに同じピックアップを選択したりするようなケースも考えられます。このあたりは、あまり画一的に判断しない方が良いでしょう。

エレキギターのピックアップについてですが、まったく同じピックアップでもその取り付け位置によって音のニュアンスが変わります。フロントよりの位置にピックアップを置けば、音は中音域が強いマイルドな感触が強くなり、逆にブリッジ側(リア)にピックアップを置けば、音は高音域の張りが強い、トレブリーで硬い音になる傾向が出ます。ミドル(センター)にあるピックアップは、フロントとリアの中間的な性格になる傾向があります。つまり、複数のピックアップを搭載するエレキギターは、そうした音の感触の使い分けをすることを狙っている物といえます。
通常は、マイルドな音色が欲しい時などはフロント寄りのピックアップが、硬い感触やエッジの効いた音が欲しい時などはリア寄りのピックアップが、それぞれ使いやすいでしょう。

ピックアップ構成についてですが、SSHやHSHなどストラトのように3つピックアップを搭載する上でリアにハムバッカーを持ってくるのは、フロントよりもリア側の方が硬い音が出る反面、音の線が細くなったり音量がフロントと比べて若干低くなる傾向があり、シングルコイルの繊細な性格ではパワー不足に陥りがちな傾向があることに対する対策とみることも可能です。特に、メタルやヘヴィネス系の金属質でエッジの効いた音を得る上では、リアの音質で、なおかつ深い歪みでも芯が失われにくいハイパワーな物が好まれる傾向が強く、そうした要求からリアにシングルコイルよりハイパワーなハムバッキングを使うことが多くあります。また、深く歪ませる場合などには、ノイズに弱いシングルコイルよりもハムノイズに強いハムバッカーの方が有利という傾向もあります。
ただこのあたりについては、もっと単純に捉えるのが良いのかも知れません。SSHはストラト系のバリエーションを持ちつつ、リア位置でガッツのあるハムバッカーの音を得られる構成、HSHはリアとフロントでハムバッカーの音を得られる構成と割り切って、ピックアップの性格(シングルコイルなら線が細い反面立ち上がりが良くワイドレンジにバランスのよい音、ハムならハムノイズに強い反面中域に集中して広域が薄くなった図太い音などのような)とピックアップ位置による音の性格の変化を組み合わせて捉えるのが、わかりやすい場合も多いでしょう。そうした兼ね合いから、ギターを選択するというのも一般的なギター選びの方法です。
(蛇足ながら、ハムバッキングPUはコイルを二つ並べた構成で、それぞれのコイルで拾ったハムノイズの信号を位相差でキャンセルする構造になっています。この二つあるコイルの内、片方だけのコイルを活かしてシングルコイルのような挙動にすることをコイルタップといいます。ただし、コイルタップはどのハムバッキングPUでもできるというものではなく、そうした配線に対応しているピックアップを選び、コイルタップができるように特別な配線を施す必要があります)

ピックアップ構成のバリエーションについては、テレキャスターなどのような2シングルコイル、ストラトキャスターのような3シングルコイル、最近のレスポール系モデルで主流の2ハム、ストラト系をベースとしたモデルでHR/HM寄りの性格が強いS-S-HやH-S-H、レスポールカスタムなどにラインアップされていたミドルにもハムを追加した3ハムなどがざっと思いつきます。それ以外にも、上記の構成にないような特殊で実験的なピックアップ構成のギターなども多々あると思います。

少々取り留めのない内容になりましたが、参考まで。乱文失礼しました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お二人ともありがとうございました。

お礼日時:2008/06/30 07:58

ハムバッカーは太い音を出したいときに使いますが、コイルを片方だけ使ったり、並列に(普段は直列)使う事でシングルコイルのような音もだせます。



演奏者がどのような音を求めているかにより、好みのピックアップレイアウトをチョイスするのですが、3シングルでメタルやる人もいるので、一般的な傾向を挙げておきます。

メタル系など普段はハムバッカーで歪ませ、クリアトーンでアルペジオを弾く時、コイルタップしてセンターとミックスさせ、ストラトのハーフトーンっぽい音を作る事ができます。HSHが多いのはこのジャンルでしょう。

一方、普段はシングルピックアップでカッティングなどやりつつ、ギターソロ用に太い音が欲しいという人もいるので、そのようなスタイルの人はSSHを使うようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギターの SSH HSH ピックアップについて・・・

はじめまして。テストも終わり新しいギターを買おうと思います。
 
ハムにしようかシングルにしようか色々調べていたら両方付いているやつを見つけました。
 
SSHってのがあるらしいんですがこのギターには『ピックアップセレクトスイッチ』『ボリュームノブ』『トーンノブ』以外になんか小さいスイッチが付いています。あの小さいスイッチはいったいどんな役割があるんですか?いじると何が変わるんでしょうか?
 
 
(中間テストおわったけどすぐ期末だから早く買わないと。。。w
 

Aベストアンサー

SSHというのは、ピックアップ構成がフロントからシングル-シングル-ハムとなっていることを示す略号です。「シン・シン・ハム」などといったりすることもあります。
また、HSHというのは、同じくピックアップ構成がフロントからハム-シングル-ハムとなっていることを示す略号です。こちらは「ハム・シン・ハム」などということもあります。
これらはピックアップ構成の略号ですので、ギターの細かい仕様までをフォローしているものではないと捉えておくのが良いと思います。

ご質問にあるミニスイッチがついているギターについてですが、そのミニスイッチについては、それを搭載しているギターの仕様を確認する必要があるでしょう。何のためのスイッチかは、それを調べなければわかりません。
ただ、ハムバッキングPUを搭載していて、そのハムPUと同じ数だけミニスイッチがついている場合、そのミニスイッチはコイルタップスイッチである可能性が高いと思います。ハムバッキングPUはシングルコイルを二つ並べたダブルコイルの構造になっていて、それを組み合わせることでハムノイズを位相差でキャンセルするような作りになっていますが、コイルが二つある構造上出力が高くなる傾向があり、中音域の強い音質が得られる反面、シングルコイルのようなすっきりとして繊細で立ち上がりの良い音を得ることが難しいという特性があります。このハムバッキングPUにおいて、二つあるうちの1つのコイルだけを有効にして、シングルコイルのような挙動にし、シングルコイルのような音質を得ることを、コイルタップといいます。コイルタップスイッチは、このコイルタップのon/offを切り替えるスイッチになります。

参考になれば。

SSHというのは、ピックアップ構成がフロントからシングル-シングル-ハムとなっていることを示す略号です。「シン・シン・ハム」などといったりすることもあります。
また、HSHというのは、同じくピックアップ構成がフロントからハム-シングル-ハムとなっていることを示す略号です。こちらは「ハム・シン・ハム」などということもあります。
これらはピックアップ構成の略号ですので、ギターの細かい仕様までをフォローしているものではないと捉えておくのが良いと思います。

ご質問にあるミニスイッチがつい...続きを読む

Qピエゾピックアップとハムピックアップがついているギターで

私のギターはピエゾピックアップとハムバッカーピックアップが別系統でついている(シールドの差し込み口が2つ)
のですが、それぞれの差し込み口をシールドでアンプについないで2本ともアンプにさしてピエゾとハム同時にどちらも音を鳴らしても問題ないのでしょうか(故障とかそういう機械的問題で)

ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題ないです。
こういうのをブレンドと言います。
個人的には、
エレアコ(サウンドホール内マイク+ピエゾコンタクトマイク+ハムバッカー)をステレオケーブルでプリアンプまで持ってきて、
このプリアンプ内で3種もしくは2種の音をブレンドしてDI、録音という流れを持ってきている1台があります。

ご質問のアコギハムPUとアコギピエゾの長所・短所をうまく調整することができるエレアコは独立したプリアンプやアコギアンプに繋いでこそ最大限のメリットを発揮するものだと思います。

QHSHギターのタップ

 HSHギターのタップですが、5wayセレクターの両端いずれかを選択して、そこからスイッチなどで片方のコイルをアースに流すのが定番になっていますよね? そこでふと疑問に思ったことが。

 普通、HSH配列のギターは、ハーフポジションの時は自動でタップされています。故に、HSHの真ん中のPUをオフにするスイッチを付けた場合でも、リア(フロント)のシングル単体の音がでるのではないか、ということです。

 これなら通常の2WAYのスイッチで切り替えることができるので、手っ取り早いと思うのですが……知っている限りこの配線でタップをしている機種はありません。なにか理由があるのでしょうか?(特に音質面で)

Aベストアンサー

「ストラトでもハムバッキングPUのパワフルかつウォームな音がほしいが、(ストラトの売りの一つである)ハーフトーンはシングルコイル同士のパラレルがいい」というユーザーを優先している為でしょう。

>普通、HSH配列のギターは、ハーフポジションの時は自動でタップされています。故に、HSHの真ん中のPUをオフにするスイッチを付けた場合でも、リア(フロント)のシングル単体の音がでるのではないか、ということです。
→可能だと思います。ただスイッチが2個存在することに変わりありません。ですので「手っ取り早い」とは私は思いませんが(笑)。
尚、これは私の推測ですが、音が出ないスイッチポジションが存在するギターをメーカーが好まないのではないでしょうかね。ブライアン・メイのRed Specialは自作だけあって特殊なケースですね。

QHSH配列ギターの特殊配線

 HSH型でロック式のストラトを使っています(中古につき型番不明。ピックガード付きで、韓国製のIBANEZっぽいです)

 このギターの配線をいじって、トーンを撤去した穴にミニスイッチを増設しようと思います。

 スイッチがオフの時は、通常の5wayのピックアップセレクターでPUを操作したいのですが、ミニスイッチをオンにすると、5wayのスイッチをキャンセルして、レスポールやテレキャスターの3wayのような、リアとフロントのハムバッカーを同時に鳴るようにしたいです。どう半田づけを行えば良いでしょうか?

 配線講座などを公開しているサイトのアドレスだけでも大歓迎です。情報お待ちしています。

Aベストアンサー

5WAYスイッチには、フロント、リアの両ハムバッキングピックアップのHOT(IBANEZならたぶんレッド)が繋がっている端子があると思います。
また5WAYスイッチからVolポットに繋がっている端子もあると思います。これら3つの端子を、ミニスイッチON時は導通するようにします。
尚、5Wayスイッチをハーフポジションに置いた場合、どちらかのハムがシングルの状態になっていますので(アイバニーズのHSHギターは普通そうなっています。ハムバッキングPUのセンタータップをハーフポジションでアースに落とす回路になっています。)、5Wayスイッチはハーフポジション以外(つまりフロント、センター、リア)にした状態でミニスイッチを操作します。
・・と書きましたが、間違っているかもしれません。内容を確認・納得された上で作業に掛かって下さい。

QHSHのギターを作りたいのですが。。。

HSHのギターを作りたいのですが
 
1.作る基となるギターがSSHなんですがピックアップとピックガードを変えて配線をしなおせばできるんですか?
 
2.できればコイルタップスイッチもつけてハムの方いっぽをOFFにしてシングルのような音も出したいのですがこのような事は可能なのでしょうか?タップスイッチはピックガードに穴を開けて作るつもりです。
 
3. 2の配線はかなり難しいでしょうか?費用もかなりかかりますか?
  どのハムでも方いっぽをOFFとかできるんですか?
 
質問多くてすいません。まだピックアップなど変えた事が無くこの機会に勉強したいのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

手っ取り早く、1,2,3の参考になりそうなページが・・・

http://masahojo.at.infoseek.co.jp/guitar_kouza/no006.html
純粋に「サウンド」が欲しいなら、こういうハムバッカー入れたほうがスマートかと。
ハムの見た目が欲しいならザグらないといけませんね。

「4芯」は
PUから出てる線のチューブの中に、さらに細い線が入ってて・・・
その本数ですね。
それのつなぎ方でコイルタップできるわけで、
「2芯」などのタイプではできません。

まあ、サイトを覗いたほうが親切です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報