『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

他の項目でも同じような質問をしているのですが、こちらでもご質問をさせて下さい。

昨日、テスターというものを購入しました。
ギターのピックアップの断線を調べたいのですが、テスターの使い方とピックアップのチェックする場所がわかりません。

僕なりに、あちこちチェックしてみましたが、唯一反応するのはピックアップの裏側の穴の部分でした。
そこでは、テスターの針が一番右側まで動きました。

一応、どんなテスターを使っているのかと、ピックアップの写真をとりました。
http://fujino00.minibird.jp/test.jpg

断線していれば、新しいピックアップを購入したいと思っているのですが、これはこれは断線しているでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前回テレで質問されたリアのピックアップですよね?


アップされたテスター画像とピックアップの裏の画像に印を付けましたので参照して下さい。
テスターは「×1k」レンジで、ピックアップの計測場所は○印の2箇所でいいと思います。
黄色と黒の配線(ホット&コールド)同士は計測された様なのでピックアップのハンダされている場所を直接計測して下さい。
問題がなければ、○印をつけたテスターの5kΩ付近を示すはずです。また、ピックアップにより出力に個体差がありますので
数値は目安と思って下さい。もしこの位置で適正な抵抗値が出れば、黄色と黒色の線自体が断線しているか、ハンダ不良です。
フロントが正常みたいなので、実験的に試して下さい。

今回のシングル・ピックアップの仕組みはコア(ポールピース)の周りに動線(コイル)を巻いてあるだけで、そのコイルの両端の線を外に出しているだけの単純な構造です。断線で怪しい場所は、コイルと線をつないでいる(ハンダにより)場所です。もしその場所の計測でも数値が出ない(もしくは抵抗が0)場合は内部のコイルの不具合なので、コイルの巻き直し修理をするくらいなら、ピックアップの交換を考えたほうがいいと思います。

テスターの針が右側に振り切る時は、短絡(ショートもしくは同じ部位)していますので抵抗値は”0”になります。
「テスターを使ってピックアップの断線を調べ」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
すごく分かりやすく教えて頂いて、とても助かりました!!

やってみましたが、ダメでした・・・(><)

新しいピックアップを購入します!!

お礼日時:2013/03/10 22:57

その2つの穴はボルト穴でネジが切って有ります。


要は土台です。
土台が金属製なので、導通したものと思います。
>一番右に触れた。
導通しただけなので、略0Ω(一番右)を指したという事です。
ピックアップの導通は2本の線をそれぞれのテスター棒に繋ぐだけですが「反応なし」という事ですので、その線寄りも前で断線している事になります。
通常使用で、コイルの中で断線するのは考えにくいので、一番怪しいのは黄色と黒の線がピックアップ本体に繋がってる部分で、写真では裏から穴に入った線が表側に抜けて半田してある部分。コイルから出たコイル線に繋がってる部分です。
その辺りを調べて見て下さい。
手で触ってグラグラしてたり線が土台から離れている様では繋がってません。
またその部分までコイルのリード線が伸びてるはずですので、その辺りも調べて見て下さい。
しっかり付いている様でも経年劣化で目視では解らないぐらいの半田浮きも考えられます。
なので、半田部分を1度溶かしてみるだけでも導通が戻る場合も有ります。
これだけやっても導通が戻らない場合は諦めても良いかと思います。
通常導通が有れば、10KΩぐらいの抵抗値を差します。
    • good
    • 0

>>テスタでこの穴のところを調べたら、針が一番右に動きました。



穴と穴の二点間の導通を計っています。

PUの基台と成ってる金属部分ですから、テスタの棒を接触させると「導通あり」で針が振れるのは当たり前です。

PUから出ているコードにテスタの棒をそれぞれ接触させて下さい。

断線=導通なし=針が振れない
接続=導通あり=針が振れる




※下手な絵で済みませんww
「テスターを使ってピックアップの断線を調べ」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

絵の様にチェックしてみました。

しかし、針が動きませんでした・・・

お礼日時:2013/03/09 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピックアップの通電テスト

長い間使っていないピックアップの通電テストをしたいので質問です。手持ちのピックアップは、ギブソンPAF、フェンダーのヴィンテージもの、ダンカンLittle59,JBjr,Cool rails,Vintage railsです。

1.テスターの円いダイヤルの切り替えをどこにセットするのか。
2.テスターの2本の線をピックアップにどの線(2~4本ぐらいある)に当てるのか。

Aベストアンサー

ダイヤルは抵抗(Ωオーム)にセットします。
テスターの2本の線(赤と黒が一般的)はどちらでもよいですが、
2~4本のどれか2本に繋ぎます。
2本の場合は簡単ですね。抵抗値が6キロオーム(kΩ)前後を示せば正常です。**メガオーム(MΩ)でしたら断線しています。
3本の場合、どれか1本はタップです。3本の場合、測定結果が3パターン出ると思います。このうち2つがほぼ等しく、残る1つがその2倍の大きさなら正常です。
4本の場合、独立したシングルコイルが2個あると同じと考えます。測定結果は6パターンできると思います。このうち4つは**メガオーム(断線)になるはずですが、残る2つが4~7キロオームを示せば正常です。
PAFは単芯なので、芯とシールドの抵抗を測り、8キロオームあたりを示せば正常です。

とりあえず1度測ってみて、疑問あればまた質問して下さい。

Qテスターの選び方について。 (電子工作の初心者からの質問です)

電子工作の初心者です。

今まで、半田ぐらいは使ったことはありますが、電気について全くというほど知識がありません。
半田の種類や「Ω」すら、ろくに理解していません。

ギターのピックアップの調子が悪く、コイル自体が断線しているのか周りの配線が悪いのかどうか確かめたく、テスターが必要だと思いました。

今回の目的は、ピックアップと配線のテストですが、後々、壊れたパソコンのマザーボードなどの故障箇所を調べたり、その他にも利用できれば良いと思っています。

そこで、テスターの選び方をお教えください。

・価格帯
・アナログかデジタル
・導通するとブザーが鳴る、などの機能は必要でしょうか

可能であれば、「~通商」「~電商」など、秋葉原で買えるお店で取り扱っている品の型番などお教えいただければ幸いです。

よろしくお願いします。



以下は、経験があれば、ついでにお答えください。


ギターはストラトです。

大抵の場合はミドルのピックアップの音がほとんど出ませんが、ボリュームを大きくし、思いっきりカッティングすると、ほんの少々鳴っているような感じ。調子の良い時は、何もなかったように普通に音が出るようになります。

このような状態は、ピックアップが死んでいるのでしょうか、それとも、配線が取れかかったりしているのか、5Wayスイッチの調子が悪いのでしょうか。

よろしくお願いします。

電子工作の初心者です。

今まで、半田ぐらいは使ったことはありますが、電気について全くというほど知識がありません。
半田の種類や「Ω」すら、ろくに理解していません。

ギターのピックアップの調子が悪く、コイル自体が断線しているのか周りの配線が悪いのかどうか確かめたく、テスターが必要だと思いました。

今回の目的は、ピックアップと配線のテストですが、後々、壊れたパソコンのマザーボードなどの故障箇所を調べたり、その他にも利用できれば良いと思っています。

そこで、テスターの選び...続きを読む

Aベストアンサー

テスターは安い物で十分ですよ、今デジタルでも1000\以下で手に入ります。PUのチェックにはアナログテスタの安物が良いですね、針の振れでセイソウ、ギャクソウが分かります。

PUのコイルは何もしなければ切れたりしない物なのですが、リード線ホットとコールドとコイルの極細線を繋ぐ部分がかなり弱いのでPUの高低調節等でリード線が引っかかって切れてしまう場合も稀にあります。多くはピックガードを外す際に自分でやってしまう方が多いかもしれません。


さてPUアップの生き死にはテスター無しでも出来ますよ。
バナナプラグ等でPUのホットとコールドを繋いでアンプに繋いだシールドの先端にホット、軸がわにコールドを繋いで不良だと思われるPUのボビンをドライバでコツコツと叩く、その後正常なPUのホットとコールドにつないで同じく叩く、正常の物と不良の物の出力が聴覚上同じであればどっちもOKで不良の物の出力が小さければハンダ不良、最悪断線です。ちなみにレオフェンダーもこの方法でチェックしてましたよ。^^

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QエレキギターのリアPUの音が異様に小さいです

8月上旬に初めてエレキギター(エピフォン・レスポール)を買いました。
その後アンプ(マーシャル・MG15)を買い、練習していたのですが、
9月頃ギターのVolがmaxにも関わらず突然リアPUの音量が小さくなり歪まなくなってしまいました。
この症状は常にではなく数日後直りまた小さくなりと繰り返しています。
そのため朝不調を確認しても購入した楽器店に持ち込んだ時には直っており、
修理してもらえないという状況です。

症状の要約
1.リアPUの音が小さく、歪まない。
2.PUを前後両方使う状態でフロントPUのVolつまみを0にすると音が全く出ない。
3.リアPU選択時にもフロントPUのVolの大きさがリアPUに干渉しているらしい。
4.これらの症状が断続的に続いている。

ネット検索や店員さんの説明では「音が出ない」はよくあるらしいのですが、「小さくなる」というのは聞いたことがないそうです。

この症状の原因は何なのでしょうか。
また何とか保証期間中に直してもらうことは出来ないのでしょうか。
長文になってしまいましたが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

了解です。以下異常状態

「ミックス位置でフロント10、リア0で出音」

「リア位置で極小になる時がある」

「リア位置でフロントVRを小さくするとリアVR10でも小さくなる時がある」

完全に異常なので上記の不具合症状を添付し対処して貰って下さい。

最終的にはGibson Japanの責任で対応することなので中間で対応不具合を感じたらGibson Japanに連絡して下さい。

Q【エレキギター】ヴォリュームポット経由でアースするのはなぜ?

こんにちは。いつもお世話になっております。

通常、PUのコールド側のコードなどをブリッジへアースする際、
ヴォリュームポットの背中に一旦経由(集約)させてから、
ブリッジへの線をつなぐと思います。
そこでふと思ったのですが、集約させるためだけなら、ポットの背中
じゃなくて別の何か金属の塊(ゼムクリップや安全ピンみたいなモノ)
を利用すれば半田付けがかなり楽になると思うのですが、そんな話
聞いたこともありません。

上記の手抜き配線を行ったとき、なにか電気的なデメリットが
あるのでしょうか?それともポリシーの問題?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
ポットの種類(ケース材質)にもよるので、手放しでお薦めというわけにはいかないんですが…(^^ゞ (たまに、特殊な材質のものもあるので(^^ゞ)

私なんかは、ポットにハンダが乗せにくい時は、ヤスリでポットの金属ケース部のごく一部を『一皮剥いて』、そこに先に薄くハンダを敷きます(つまり、配線を取り付ける前に金属部の一部にハンダの皮膜を作る)。
アース線側も、剥き出した芯線に同じ種類のハンダをあらかじめ「からめて」おいてから、さきにハンダ皮膜を作った部分にハンダ付けすると、割と簡単にハンダ付けできることが多いです。

この方法は、電子部材のハンダ付けとしては、どっちかというと『邪道技』なので、本格的な電子回路工作ではこんなやり方しちゃダメですが(^^ゞ、ギターのアース線配線程度なら、特に問題はないです。

また、何本ものアース線を集約してハンダ付けする時は、先に全部のアース線をひとまとめにして、全部の芯線をまとめてしっかりよじってから、全体にハンダ皮膜を被せてバラけないよう固定した後に、そのかたまりごとにポットにハンダ付けする方がうまくいきます。私はその方法でやってます。
ただ、3~4回はしっかり全体的によじっておかないと、ポットへのハンダ付け時に芯線側のハンダが溶けて、1~2本『脱走』することがありますから、その点はご注意を。

質問とは関係ないですが、私は自分の楽器(私の場合はエレキベースですけど)のキャビティには、薄い銅箔を敷き詰めて、この銅箔の1点にアースポイントを作って、全部のアース線を集約しています。

銅箔を敷き詰めたのは、単なる趣味です(^^ゞ
(楽器に問題はなかったんですが、キャビティ内の導電性塗料の「塗り具合」が、どうも気に入らなかったので(^^ゞ)

この作業をした際、もちろんポットの固定部分も銅箔を敷いてあるので、ポットのボディ部自体もアースに落ちているのは確認したのですが、実際に組み上げてみると、手をノブ(金属製)に振れると「ノイズまで行かないがちょっと微妙」な反応が出たので、もう一度各ポットの金属ケースから銅箔アースポイントにアース線を追加しました。その後はなんともないです。

まぁ、ギター/ベースの機種や配線設計によって、ポットアースがなくとも大丈夫なケースもあるようですが、ポットにアースを取っておかないとダメなケースも多いようですね。
普通はキャビティには導電性塗料が塗られて、そこにもアースが取られていますが、楽器の特殊性で完全に全体がアースを取られた壁面に覆われているわけではない(開口部やプラスチックの蓋だけという部分も多い)ので、ポットにもアースを取っておかないと、ハイインピーダンスのラインが露出してしまうという理屈になるかと思います。

ポットケースのように表面積の広い(熱の拡散の多い)部材にハンダ付けする時は、半田ごても60W級の熱量の大きい奴で「素早く」やる方が良いですけどね。

No.3です。
ポットの種類(ケース材質)にもよるので、手放しでお薦めというわけにはいかないんですが…(^^ゞ (たまに、特殊な材質のものもあるので(^^ゞ)

私なんかは、ポットにハンダが乗せにくい時は、ヤスリでポットの金属ケース部のごく一部を『一皮剥いて』、そこに先に薄くハンダを敷きます(つまり、配線を取り付ける前に金属部の一部にハンダの皮膜を作る)。
アース線側も、剥き出した芯線に同じ種類のハンダをあらかじめ「からめて」おいてから、さきにハンダ皮膜を作った部分にハンダ付けすると...続きを読む

Qエレキギターのリアの音のみが出ません

ギブソンES-335のリアの音のみが出ません。トグルスイッチをフロント及びセンターにしたときには音が出ます。ただし、センター位置の場合、リア用のボリュームを0にすると音は出なくなります。この症状の原因と修理方法を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足、拝見しました。

リアの音が出ていないなら、やはりスイッチを取り出して接点の状態を調べてみる必要があると思います。335のような構造のギターですと、知らぬ間にスイッチの接点にホコリなどがついている場合がありますので、要注意です。

もしスイッチに異常がなければ、次はピックアップと配線を調べた方が良いのですが・・・

QDiMarzio ピックアップの動作確認について

今は交友関係のない友人から頂いたエレキギターのピックアップ。
DiMarzio Humbucker DP-101 をオークションに出したいので、その前に動作確認をしないといけません。
どうしたらこのピックアップが完動品かどうか、確認できますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DiMarzioのハムバッキングPUの場合、赤-HOT1、黒-COLD1、白-HOT2、緑-COLD2、裸-EARTHだと思います。
テスターがある場合、一番簡単なのは赤-黒間の抵抗、白-緑間の抵抗どちらとも7kΩ位あることを確認することでしょうか。
テスターを使用しない確認法&安物テスターでの動作確認法、私もこちらのQ&Aで勉強させて頂きました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1033030

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1033030

Qエレキギターの修理

こんにちは。何時もお世話になっています。

実は、2,3年前にTonySmithのストラトタイプのエレキギターを購入したのですが、最近また引いてみようと思って、アンプにギターをつなげたら、最大にしても、ノイズが酷くなるばかりで、音が全然出ません。
一応シールドはibanezもまともなヤツを使っています。(他のギターではなかなか良い音が出る)
ちなみに、音の良し悪しは妥協しても大丈夫ですが、とりあえず音がはっきりでるようにしたいです。
質問は以下の通りです。


1、これは配線を変えれば直るものなのでしょうか?
(他にいじる部分はあるのでしょうか?)

2、また、ハンダ付けをするとき、気を付けることがあったり、失敗したらどうなるのでしょうか?

3、ハンダ付けに必要なもの、ギター用に合ったハンダごて、があったら、是非教えて欲しいです。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

症状からして、1番に考えられるのはサーキットの断線です。
簡単な確認の方法として、アンプにギターを繋ぎ、弦に手を触れたり離したりしてノイズの大きさの変化を見るというものがあります。

弦に手を触れている状態でノイズが減るようでしたら他の症状ということになりますが、減らない場合はよほど過酷な状態で保管していた場合を除いて状況的に見ても断線が一番濃厚でしょう。

以後は断線している前提で話をすすめますが、断線箇所で一番可能性が高いのはジャック部です。
まずはそこを開けてみてください。

あとは断線している箇所をはんだでつなぐだけですが、POTやコンデンサは熱が長時間加わると壊れますので、ジャック部の断線でない場合はそのあたりに注意し、特にPOTへ直接接続されている部分(アースやコンデンサ等)は慎重に行ってください。

また、はんだにも種類があり、鉛フリーの銀はんだ等は接着が非常に困難で、ワット数が小さすぎると溶かすことすら困難ですので注意が必要です。
最近はRoHSといって鉛に関する規制が世界的に進んでいますが日本はまだセーフですので、鉛が含まれているものをおすすめします。

こてはあまりハイパワーなものは先ほどのPOTのこともありますのでおすすめできませんが、逆に弱すぎるとはんだが溶けないということもあります。
文房具屋さんで売っているものは若干ハイパワーなものが多いような気もしますが、特に問題は無いと思います。
よほど長時間付けたままにしない限り大丈夫です。
私はFERUNANDESのこて(40w)を使っていますが、全く問題ありません。

ノイズ以外全く音が出ないとのことでしたのでこのようなアドバイスをさせていただきましたが、もちろん他の可能性も十分にかんがえられます。(ピックアップの断線等)
しかしサーキットの断線以外が原因の場合、まずどこが原因なのかを特定するためにはある程度の専門的な知識や機器が必要になります。
また単純に繋げるという作業以外に必要なパーツ、技術が必要になりますので、上記の方法で直らなければ楽器店に持っていくのが一番早くて安く済む方法だと思います。

参考までに。

こんにちは。

症状からして、1番に考えられるのはサーキットの断線です。
簡単な確認の方法として、アンプにギターを繋ぎ、弦に手を触れたり離したりしてノイズの大きさの変化を見るというものがあります。

弦に手を触れている状態でノイズが減るようでしたら他の症状ということになりますが、減らない場合はよほど過酷な状態で保管していた場合を除いて状況的に見ても断線が一番濃厚でしょう。

以後は断線している前提で話をすすめますが、断線箇所で一番可能性が高いのはジャック部です。
まずはそ...続きを読む

Qエレキ・ギターのトーンカットについて・・・

ストラトのフロントPUのトーンを、いつも全開なのでどうせならカットしてしまおうと思います。
ただ、具体的にカットとはどうすれば良いのでしょうか?
単純に、半田ゴテでトーンポットから配線をとればよいだけなのでしょうか?
とった配線はどうすれば良いのでしょうか?
放置しといて良いのですか?
ノイズなど出たりしませんか?

初めてのことなので何も分かりませんが、どなたかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にトーン回路は主回路(ピックアップからの信号やヴォリューム等)と並列(直列ではない)に配線されていることが多いので、ワイヤーを切断するだけ(ハンダ付け不要)で済むケースが多いです。
図中のフロントトーンPOTからスイッチに延びている配線1本をニッパーで切断します。
http://www.ba-na-namoon.com/wiring/ST.gif
ビニル配線なので、カットし放置するだけでもOK(他と接触しにくい)と思いますが、銅線がむき出しになるようでしたら他と接触しないようビニルテープ等で養生します。
但し完全撤去する場合、渡りを取っているアースを寸断しないように注意が必要です。

・・説明になりましたかね? どなたかフォロー願います。

Q安くていい仕事をするギターのリペアショップ

ギターの修理・メンテナンスって結構高いですよね楽器全般に言えますが)。
東京23区内かその周辺(都下、近県)でエレキギターの修理・メンテナンスがとても良く、なおかつリーズナブルな料金のお店を知っていますか?
また料金は普通でも仕事が確実で色々と相談に乗ってくれるお店なんかも紹介していただけると幸いです。
どうもギターショップと言うとノータリンな店員ばかり雇っている店が多く、仕事も雑で信用できない店ばかりで困っています。

Aベストアンサー

こんにちは。
原宿にある、「松下工房」はおすすめです。
お金はそれなりにかかりますが、金額に見合ったいい仕事をしてくれると思います。
雨の日に楽器を修理に持っていくと割引サービスがありますよ。
参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.matsushita-kobo.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング