プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本で工学系の専門書というと、A5サイズでページ数も400に届かない位、価格も5000円以内のものが多いと思います。一方で、同じ分野でも洋書になると一回り大きくなるし、600ページ超で価格も$100以上の本が主流ではないでしょうか。本のサイズの違いはともかくとして、絶対的な記述量が足りないため、和書の専門書には細かい話まで詳細に説明しつつ広い範囲もカバーしている「これ1冊でOK」教科書が不足しているように感じています。

上記は私の専門範囲である情報処理とか通信などでの話ですが、他の専門分野の本でも似たような傾向があるのではないかと想像しています。

和書のマーケットにも600ページ超洋書専門書と同様な内容を求める層が存在するように思うのですが、このような本が日本で少数派なのは何か理由があるのでしょうか?たぶん出版側の事情があると思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

岩波文庫などは確か書店が買い取るような形で返本できないようになっていたときいていますが、逆に専門書のようなものは、売れなければ出版社に返本されるようなものになっているみたいです。


そのため専門書は売れる部数しか作れませんが、少部数では製本コストがかかるのではないでしょうか?

そのため、高価な物は売れにくいので、発行部数がある程度見込めるような価格帯がねらわれるのではないかと思います。


>600ページ超洋書専門書と同様な内容を求める層が存在するように思うのですが、

層は存在するでしょうが、和書は基本的に日本人しか読まないでしょう。
英語で書かれた本なら、世界的に引用されると思われますので、同じ層でもその厚さが違います。つまり売れる見込みが全然違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再販制度による違いも影響しているのかもしれませんが、要は英語専門書の読者層と和書専門書の読者層の厚さの違いと言うことに帰結しそうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/01 08:59

日本には、難しいことをやさしく書くと、評価されない傾向がありますね。

日本の専門家は担当できる範囲が実に狭いし、どうしても肩に力が入って、文章を短く凝縮してしまうから、ページ数も少なくなってしまう。また、狭い分野を深くやっている専門家はいますが、全体を見渡してやさしく解説する人材がいない、そうゆう感じがします。この点、専門分野を本として社会に還元する努力が足りないと思いますね。

洋書は難しいことを実にやさしく、しかも幅広い分野に及んでます。しかも、1冊の分量がすごいあつく、辞書みたいな本もあります。実に感心する本が多いですね。

和書の専門書は部数が出ないのは、日本の社会全体が専門書や難しい分野の本を軽視する風潮があるからだと思います(書店においてあるのがマンガや主婦の本ばかりなのが証拠)。それだから、分厚い本がますます出版しにくくなっているんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

著者の側からするとやさしく詳細に記述することが専門家として評価されない、逆に読者側から見ると専門書自体が評価されていない、というご指摘は、なるほどと感じました。
それでも、各分野に数冊づつくらいはわかりやすい「辞書みたいな専門書」があっても良いのに、と思ってしまいます。それに、洋書のこの手の本の場合は、最新の内容を反映させて何度もreviseされるものが多いのに、和書の場合は10年前のまま、みたいなのも不満ですね。
いずれにせよ、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/06/30 07:02

私も経験が有ります。


電子工学の専門書ですが易しい英語で懇切丁寧に説明してある素晴らしい本でした。

日本では本を書くというと「難しい本」を書かないと著者の沽券にかかわるといった感じがあるのでしょう。
国民性でしょうね。余談ですが最近まで英会話は学問ではなかったわけですから。

あとやっぱり需要が少ないから品揃えも薄くなるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご指摘のとおり、懇切丁寧に説明した専門書(大学院生レベル向けになるでしょうか)が日本には少ないなあ、と感じております。
国民性もあるのかもしれませんが、需要が少ないことが大きいのでしょうか?USの理系大学院生という市場は日本のそれよりだいぶ大きそうですし。

お礼日時:2008/06/30 06:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋書の刷年

図書館で借りた洋書が気に入ったのですが誤植が多くて気になります。今までの経験からわかるのですが、版が変わらなくても印刷された年が違えば大幅に誤植か無くなることがよくあるみたいなので、図書館で借りたものよりも新しい刷の本がでていれば、早めに購入しようと思うのですが、そこでちょっとした問題があります。
日本語の本は最後のページに第何刷かが書いてあるのでいいのですが、洋書の場合は出版年しか書いてないように見えます。どうすれば印刷された年がわかるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和書の「奥付」の逆で、ハーフタイトル(half title, 略書
名:見返しの後ろ、つまり、本の一番初め)の、次の頁
(copyright page)にあります。

そこに、著作権表示や CIP(米国議会図書館カタログ番号)
などの情報とともに、大きな版の改訂が有れば、
(c)1996, 1992, 1990 などと印刷されていますので、一番新
しいものがその「版」の改訂年になります。また、

02 01 00 99 98 97 96  10 9 8 7 6 5 4 3

などの数字が並んでいる場合が有りますが、この場合は、
96年出版(印刷)の、第3刷(impression)と言う意味になりま
す。

出版(印刷)年や刷数が変わると、その都度、小さい方の数字
から消えて行きます。(昔は、最も簡略な方法であって、そ
の部分の活字1字削るだけで、改版表示が可能だったから。)

Q専門書を読む早く読むコツ

大学では、専門書が格段に読みにくいです。

たとえば、分からないものを とりあえず 分からないまま読み進めないといけないことが良くあります。

専門書を早く読むコツってありますか?

立花隆さんの本には、「目次をしっかり見る、問題意識を持って読む」など役に立つことが書いてありましたが、皆さんの知っている速読のコツってあるでしょうか。

Aベストアンサー

文系の大学教員です。専門書の読み方は二通りあります。ひとつは、まずその本を通じて専門用語や概念、体系的な知識を理解するためです。これは理解の質が重要なので早く読むことより、丁寧に読むことが重要ですので、メモを取り、自分なりに理解したノートをつくることが重要です。何冊か、そうした読み方をすると、専門分野の知識がついてくるので早く読めるようになり、そうすると、メモを取らなくともすみますが、書き込みをしたりしてかならず大事と思うことに自分なりのコメントをつけることが重要です。もちろん、自分で購入したものに。
もうひとつの読み方は、調べて疑問を解いたり、あることがらについてたくさんの本を読んでまとめる読み方で、この場合には、最初から最後まで読む必要はなく、検索を使ったり、極端には関心のある単語を探して「眺める」ような読み方になります。この場合でもメモを抜書きすることが大事です。whiteさんが何年生かどの分野かわかりませんが、大学院になっても専門書は読みにくいものです。特に翻訳などは、日本語としておかしいものも多く、自分の関心にあっていると面白いですが、苦痛でも読まねばならないときもあります。そういう時は、あとがきやまとめだけ読んで、「読んだこと」にし、別な書物にチャレンジしたりします。わからないことはほっておくこと(あとでわかることが多い)も大事です。学生時代はみんな苦労したと思います。ただ、専門書そのものの出来が悪いときも結構多いですから、なるべく良質のものを先生に相談したりして選ぶことも大切でしょうね。

文系の大学教員です。専門書の読み方は二通りあります。ひとつは、まずその本を通じて専門用語や概念、体系的な知識を理解するためです。これは理解の質が重要なので早く読むことより、丁寧に読むことが重要ですので、メモを取り、自分なりに理解したノートをつくることが重要です。何冊か、そうした読み方をすると、専門分野の知識がついてくるので早く読めるようになり、そうすると、メモを取らなくともすみますが、書き込みをしたりしてかならず大事と思うことに自分なりのコメントをつけることが重要です。も...続きを読む

Q大学数学の勉強のしかた

大学で学ぶ数学の勉強の仕方に迷っています。

(1)高校までは、公式を覚える→問題演習 という流れで勉強をしていました。高校数学は、大学入試の問題が解けることがゴールだと思っていました。しかし、大学の数学は、何ができればゴールなのでしょうか?

(2)高校では、公式を覚え、問題を解いてました。大学の数学では定理、定義、命題、補題など、公式らしきものの量が多いですよね?全て覚えようとしたら相当な暗記量を強いられます。これらは全て暗記、または自力で導き出せるようにする必要があるのでしょうか?

(3)定理などは全て証明がついていますが、これらの証明を全て自力でできるようにならなければならないのでしょうか??

今、微積分、線形代数、集合論、ルベーグ積分などを勉強しています。今僕がやっている方法は、教科書の定理、定義などを暗記し、証明はわかるところだけ読んでいます。問題演習は、やったりやらなかったりです。
しかし、この方法だと、定理などの証明が理解できないことが多く、なかなか先に進みません…

以上が、勉強していく上での疑問です。どなたかアドバイスいただければ幸いです。

大学で学ぶ数学の勉強の仕方に迷っています。

(1)高校までは、公式を覚える→問題演習 という流れで勉強をしていました。高校数学は、大学入試の問題が解けることがゴールだと思っていました。しかし、大学の数学は、何ができればゴールなのでしょうか?

(2)高校では、公式を覚え、問題を解いてました。大学の数学では定理、定義、命題、補題など、公式らしきものの量が多いですよね?全て覚えようとしたら相当な暗記量を強いられます。これらは全て暗記、または自力で導き出せるようにする必要があるのでし...続きを読む

Aベストアンサー

大学での学び方に関する本は何冊も出版されていますから、図書館で探されてはいかがでしょう。
 本格的な数学の学び方に関する本であれば、

伊原 康隆 (著)志学数学―研究の諸段階・発表の工夫 シュプリンガー数学クラブ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4431711406/

数学セミナー編集部 (編集)数学ガイダンスhyper
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535784272/

ブックガイド <数学>を読む 岩波科学ライブラリー 113
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000074539/

などは薄いし、大学図書館にも入っているでしょうし、一読する価値はあると思います。

 また、日本評論社の『数学セミナー』、サイエンス社の『数理科学』、現代数学社の『理系への数学』といった理系の大学生向けの数学雑誌が大学図書館に入っていないわけはないと思いますし、時期的に勉強の仕方を扱った記事も載っていると思いますから、少し時間を作って、バックナンバー含め眺められてはいかがでしょうか。

大学での学び方に関する本は何冊も出版されていますから、図書館で探されてはいかがでしょう。
 本格的な数学の学び方に関する本であれば、

伊原 康隆 (著)志学数学―研究の諸段階・発表の工夫 シュプリンガー数学クラブ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4431711406/

数学セミナー編集部 (編集)数学ガイダンスhyper
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535784272/

ブックガイド <数学>を読む 岩波科学ライブラリー 113
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000074539/

...続きを読む

Q代数学の良い教科書

線形代数をジョルダン標準形まで進んだので
そろそろ代数学をやろうと思うのですが
良い教科書を教えてください。

Aベストアンサー



参考URL:http://www.amazon.com/First-Course-Abstract-Algebra-7th/dp/0201763907/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1312453203&sr=1-1


このカテゴリの人気Q&Aランキング