小さい頃読んだので、記憶が曖昧ですが、覚えているのは、猫が主人公で魚の形をした気球に乗り、旅に出るというお話だったことと、「○○だにゃー」といったようなフレーズが何度も出てきていたことです。
本当に小さな子供向けで、同じことを繰り返して書いてあるような絵本でした。

お分りになる方がいらしたら、是非教えて下さい。

A 回答 (4件)

他の方が書かれたとおり、馬場のぼるさんの書かれた


「11ぴきの猫シリーズ」です。
映画にもなったようなので、下に情報を記しておきます。

参考URL:http://www.nihon-eiga.com/prog/101658_000.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この絵本も大好きな話だったと思い出せたのですが、よくよく調べると、私が思っていた絵と違うような気がします。もう少し調べてみます。

お礼日時:2002/11/26 22:28

自信は全くありません。


質問のタイトルだけから考えると「長靴をはいた猫」かな、とも思いますが、
質問内容は皆さんの回答が該当するのではないでしょうか。
長靴をはいた猫は絵本よりアニメの方が有名だと思います。
    • good
    • 0

「11ぴきのねことあほうどり」でしょう。



参考URL:http://www.nihon-eiga.com/prog/101658_000.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この絵本も大好きな話だったと思い出せたのですが、よくよく調べると、私が思っていた絵と違うような気がします。もう少し調べてみます。

お礼日時:2002/11/26 22:28

「馬場のぼる」の「11匹の猫」シリーズかな???



「こぐま社」から出ています。

この回答への補足

この絵本も大好きな話だったと思い出せたのですが、よくよく調べると、私が思っていた絵と違うような気がします。もう少し調べてみます。

補足日時:2002/11/26 22:24
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピンク色の子象が主人公の絵本

いつもお世話になっております。

絵本の日本語タイトルが分かりません。
フランスの絵本で、ピンク色の子象が主人公です。親友のピンクの水玉模様の子象が引っ越しで会えなくなって悲しい・・・でも立ち直るという内容です。最後に赤黄青緑紫の子象がやってきて友達になるというオチでした。
フランス語のタイトル直訳は「ピンクの子象はなぜ悲しみにくれ、そしてどうやって立ち直ったか?」という感じのものです。

ここまで分かっていながら、作者の名前が思い出せず検索できません。
どなたかご存知の方、ご教示願います。

Aベストアンサー

お世話になります。

『いつだってともだち』(文:モニカ・バイツ、絵:バトゥー  訳:那須田淳)です。

(文中敬称略)

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~oyatsu/ehonkako.htm

Q絵本で動物のバクが主人公です。

動物のバクが出てきて、夢を食べて歩くという内容だったと思うのですが、悲しい、苦しい夢は美味しくないような表情をしていたように思います。
もう25年から30年も前の絵本だと思います。
先日、動物園でバクを見て、娘に「夢を食べちゃうんだよー。そんな本読んだぁ」と言うと、「その本読みたい!」と言われてしまい、色々検索したのですが、見つけられませんでした。お分かりになる方がいらしたら是非教えてください!そしてその本は今でも手に入るのでしょうか?

Aベストアンサー

何度も、ホントすいません。
僕自身「バクのなみだ」という本に興味を持ってしまって・・・。読んでみました。
回答になってませんが、この本も、とてもいいお話でした。是非、読んでほしいと思ってます。
変な回答で、すいません・・・。でも、ほんといい本なんです。
お探しの本が、早く見つかるといいですね。
最近は図書館も、便利な検索機能があったりしますので・・・。

Qネズミかウサギが主人公の昔の絵本探してます。

今から20年ほど前の絵本なのですが、
ねずみ(かうさぎ)の大家族が主人公の絵本です。
確か、春、夏、秋、冬で1冊づつシリーズがあり、ピーターラビットのような色彩の挿絵の絵本です。
どんぐりのスープを飲んでいたり、「夏」の本には、こねずみ(こうさぎ)たちが水路を作るお話もあったと思います。A4ヨコ位地くらいの比較的大きなサイズの絵本でした。

なにか心当たりのある方、情報お待ちしています!><;

Aベストアンサー

「14ひき」シリーズではないですか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4494060119/sr=1-9/qid=1161062790/ref=sr_1_9/503-4707289-6381512?ie=UTF8&s=books

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4494060119/sr=1-9/qid=1161062790/ref=sr_1_9/503-4707289-6381512?ie=UTF8&s=books

Q絵本について教えてください!ねこが主人公です。

宇宙飛行士に拾われた冒険好きの子猫(名前はフライボールだと思います)が、月に行ってご主人を助けたり不思議な生物と会ったりする冒険物語です。
25年くらい前、通っていた小学校の図書室で読みました。
自分の子供に読ませてあげたいのですが、出版社やタイトルをご存じの方、是非教えてください。

Aベストアンサー

読んだことはないのですが、「宇宙ねこのぼうけん」という本があるようです。SF童話のシリーズもので金星や火星編も出ています。
ル-スブン・トッド原作 白木茂・文 おのきがく・絵
岩崎書店 1968年

Qお父さんと子供が主人公の絵本&皆さんお勧めの1冊

こんにちは。
現在海外で育児をしています。(子供は3歳)

日本の絵本は15冊くらい持っています。
ふっと気になったことが、たまたま私の持っている絵本の中でお母さんと子供が触れ合う絵本は多いことです。

よるくま
→子供が寝る前にお母さんと話す。よるくまはお母さんを探す。
はじめてのおつかい
→お母さんに頼まれて子供が一人でお買い物へ。

是非読んでみたいのが、お父さんと子供が何かをする絵本です。(冒険や遊びに行ったり)

皆さんの知っているお父さんと触れ合う絵本を教えてください。
後、これは一押しの絵本もお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。大学時代に児童文学を勉強していて、一時期は父子関係にテーマを絞って読んでいました。この質問を見て懐かしくなったので答えさせていただきます。

ウルフ・スタルク『パパが宇宙を見せてくれた』
:お父さんと息子が夜の散歩に行く、シンプルなお話です。知的で笑えるところもあり、小さいお子さまと一緒に読むのに向いていると思います。

ウルフ・スタルク『ちいさくなったパパ』
:お父さんが子供になってしまい、自分の息子と遊ぶお話です。最後、少し大人向けの描写があるので、お子さまに読み聞かせる時はそこを省いたほうがいいかもしれません。

ウルフ・スタルク『シロクマたちのダンス』
:お子さまがもう少し大きくなった時におすすめです。夫婦の離婚・別居ではなればなれになった父親と息子が、不器用ながらも一生懸命に心を通わせるお話です。似たテーマの『夜行バスに乗って』も続けて読むと良いかと思います。

ラグンヒルド・ニルスツン『うちへ帰れなくなったパパ』
:さらっと描いてありますが、現代的で考えさせられる本です。引っ越しの後、家族の待っている家へなぜか帰れなくなってしまったお父さんのお話です。

リリアンヌ・コルブ『パパが金魚になっちゃった!』
:子供同士の関係を軸としたドタバタ劇ですが、その中にも、お父さんの幸せを願う息子の気持ちが表れていて素直に感動できます。

WJM ウィッパースベルク『空の散歩にさよなら』
:失業・いじめなどテーマは暗いですが、装丁も文章もとても美しい本です。お父さんと一緒に空を飛べるようになる、という誰もが憧れるシチュエーションを、とてもシビアでネガティブに描き出しているところが特徴です。

ベバリィ・クリアリー『ラモーナとおとうさん』
:このシリーズはどれも子供が活き活きしていて好きですが、「家族を思う」描写が特に秀逸だと思います。娘から見た父親、父親と母親・・・それぞれの関係が温かく描かれています。

・・・と、思いつくままに挙げてしまいましたが、もしご存知でないタイトルで、お好みに合いそうなものがありましたら、読んでみていただけたらと思います。

こんにちは。大学時代に児童文学を勉強していて、一時期は父子関係にテーマを絞って読んでいました。この質問を見て懐かしくなったので答えさせていただきます。

ウルフ・スタルク『パパが宇宙を見せてくれた』
:お父さんと息子が夜の散歩に行く、シンプルなお話です。知的で笑えるところもあり、小さいお子さまと一緒に読むのに向いていると思います。

ウルフ・スタルク『ちいさくなったパパ』
:お父さんが子供になってしまい、自分の息子と遊ぶお話です。最後、少し大人向けの描写があるので、お子さ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報