人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

A列とE列の文字列になってしまった数値を
数値に変換したく、以下のようなものを作ったのですが、
文字の無いセルまで、数値に変換しようとするので
時間がかなりかかります。
何かよい方法は無いでしょうか?
よろしくお願いいたします。


Sub 数値に変換()
Range("A:A,E:E").Select
For Each xCell In Selection
xCell.Value = xCell.Value
Next xCell
End Sub

使用ソフトEXCEL2000orEXCEL2003

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>Range("A:A", "E:E")


これは、A、B,C,D,E列のことなので
A列とE列であれば質問者のようにRange("A:A,E:E")です。

ま、それはそれとして、回答。

Sub Test()
 Range("A:A").Value = Range("A:A").Value
 Range("E:E").Value = Range("E:E").Value
End Sub

以上。
 
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ありがとうございます。
値を入れ直すと、数値になるんですね。
大変勉強になりました。

お礼日時:2008/07/03 22:02

With Range("A:A", "E:E")


.NumberFormatLocal = "G/標準"
.Value = .Value
End With

こんな感じの事でしょうか?

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
表示形式でできるのですね。
しかし、上記のように入れると(コピペしました)
B.C.D列も変換されてしまいます。

With Range("A:A", "E:E")を
With Range("A:A,E:E")
にすると、A列はうまくいくのですが、E列は
すべて同じ数値になってしまいます。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2008/07/03 21:23
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

QEXCEL VBAマクロ作成で、他のEXCELからデータを取り込みたい

メインプログラム(EXCEL VBA)より、
他のフォルダーにあるEXCELの項目の内容を取り込みたいです。
たとえば他のフォルダーのEXCELのRange("A2:A3").ValueをメインプログラムのRange("C2:C3").Valueにセットしたい時です。

・コマンドボタン押したら、どこのEXCELから取り込むかのポップアップ(?)は、表示はできてます。
・作業者が選んだパスとブックもMsgBoxで表示できてるので、もらう相手の場所も取得できてます。

・となると次はOPEN,INPUTですか?
テキストデータの取り込みですと、Inputでそのバッファを定義してるのですが、なんか違うような。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Cells(2, 2).Value ' 相手シートの B2 の値を自分自身の A1 に書き込む

readBook.Close False ' 相手ブックを閉じる
Set readSheet = Nothing
Set readBook = Nothing

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Ce...続きを読む

QVBAにてデータが数字か文字かを判定するには

VBAにてデータが数字か文字かを判定するには、
どうすれば良いのでしょうか?

文字数は任意で決まっていません。


123 ← 数字
あい ← 文字
1F  ← 文字
G  ← 文字

Aベストアンサー

こんにちは。

数字か文字かなら、IsNumeric でよいと思いますが、数値か文字かでしたら、VarType を使います。私の場合は、IsNumericは、めったに使いません。VarTypeのほうが多いですね。IsNumeric は、文字通り、文字か数字かで、文字列書式の数字も含まれます。なお、VBAでは、数字は、数値型に型キャストされますので、特に問題は発生しません。

ご参考までに。

Sub Test()
 If VarType(Range("A1").Value) = vbDouble Then
  MsgBox "数値"
 ElseIf VarType(Range("A1").Value) = vbString Then
  MsgBox "文字列"
 Else
  MsgBox "その他" '代表的なものはエラー値です
 End If
End Sub

-----------------------------------------
こちらの場合は、全角数字も、数字として扱われます。

Sub Test2()
 If IsNumeric(Range("A1").Value) Then
   MsgBox "数字"
 Else
   MsgBox "数字ではない"
 End If
End Sub

こんにちは。

数字か文字かなら、IsNumeric でよいと思いますが、数値か文字かでしたら、VarType を使います。私の場合は、IsNumericは、めったに使いません。VarTypeのほうが多いですね。IsNumeric は、文字通り、文字か数字かで、文字列書式の数字も含まれます。なお、VBAでは、数字は、数値型に型キャストされますので、特に問題は発生しません。

ご参考までに。

Sub Test()
 If VarType(Range("A1").Value) = vbDouble Then
  MsgBox "数値"
 ElseIf VarType(Range("A1").Value) = vbString Th...続きを読む

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Q[初心者です]VBAで指定列からAを検索し、発見したら隣のセルに値0を入れるマクロ。

VBAで指定列からAを検索し、発見したら隣のセルに0を入れるマクロを組みたいのですが、組み方がVBA初心者の為わかりません。
(例)
L列に、A、B、C、D、E、Fとランダムに文字が入っていて、
文字Aを検索し、発見したら隣のI列に値0を入れるというマクロです。

Sub Search()
Dim A As String
Set A = Worksheets("Sheet1").Cells.Find("A")
If A Is Nothing Then
ActiveCell.Offset(0, 1).Value = 0

End If
End Sub
と過去の質問で考えてみたのですが、Aがあった時、、、、
とコードが書けないです。
大変困っているので、ご教授頂けないでしょうか?
出来れば、そのままマクロに出来るコードを教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

#3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。

いずれ、また、同じようなケースが出会うと思います。こんな原則を考えてみたらどうでしょうか?それは、私も自身も同じなのですが、ワークシートのコマンドで行われるものは、記録マクロから作ってみるということです。他にも、「統合」とか、「置換」とか「オートフィルタ」「フィルタオプション」とかは、みんなパターンが決まっています。
その中の代表格が、この「Find」 です。

>Set A = Worksheets("Sheet1").Cells.Find("A")

>過去の質問で考えてみたのです

どうも、Find メソッドは、あるレベル以下の人は、省略する傾向があるようです。何が大事で、何が大事でないかというのは、やってみなければ分かりませんが、検索語だけを入れる書き方は、実務では、あまりしないほうがよいと思います。

だいたい、以下のTestFind2 ぐらいまでに、省略は、とどめたほうがよいです。

それは、Find は、必ずしも自分が思っているデフォルトとは違うことがあるので、「明示的(意図的に)」にオプションは入れたほうがよいです。
例えば、大文字小文字の違いを付けるなら、MatchCase:=True, 数式まで探すなら、LookIn:=xlFormulas

なお、Find メソッドは、5年経っても、たぶん完全に覚えられません。面倒なコードのひとつです。ですが、これはパターンが決まっているので、ひとつパターンが決まったら、それに当てはめればよいだけです。

#3さんで示されているMougのサンプルコードと似てはいるのですが、Mougのサンプルコードでは、Verionによって、失敗することがあります。

'--------------------------------------
'記録マクロをそのまま使う方法
Sub TestFind1()
Dim c As Range
 Set c = Columns("L:L").Find(What:="A", _
           After:=ActiveCell, _
           LookIn:=xlValues, _
           LookAt:=xlPart, _
           SearchOrder:=xlByRows, _
           SearchDirection:=xlNext, _
           MatchCase:=False, _
           MatchByte:=False, _
           SearchFormat:=False)
 c.Offset(0, 1).Value = 0
End Sub
'--------------------------------------
'TestFind1 をアレンジしてみる
Sub TestFind2()
Dim c As Range
'検索語
Const MYTXT As String = "A"
 Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").Find(What:=MYTXT, _
           LookIn:=xlValues, _
           LookAt:=xlPart, _
           MatchCase:=False)
 If Not c Is Nothing Then
    c.Offset(0, 1).Value = 0
 End If
End Sub

'---------------------------------------
'複数ある場合(パターンを使った方法)
'---------------------------------------
Sub TestFind3()
  Dim c As Range
  Dim FirstAdd As String
  Const MYTXT As String = "A"
  Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").Find( _
    What:=MYTXT, _
    LookIn:=xlValues, _
    LookAt:=xlPart, _
    MatchCase:=False)
  
  If Not c Is Nothing Then
    FirstAdd = c.Address
    Do
      c.Offset(, 1).Value = 0
      Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").FindNext(c)
      If c.Address = FirstAdd Then Exit Sub
    Loop Until c Is Nothing
  End If
End Sub

こんばんは。

#3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。

いずれ、また、同じようなケースが出会うと思います。こんな原則を考えてみたらどうでしょうか?それは、私も自身も同じなのですが、ワークシートのコマンドで行われるものは、記録マクロから作ってみるということです。他にも、「統合」とか、「置換」とか「オートフィルタ」「フィルタオプション」とかは、みんなパターンが決まっています。
その中の代表...続きを読む

QSub ***( ) と Private Sub ***( ) の違い

初歩的な質問で申し訳ありませんが・・・

自分でコードを書いていても、イベントが発生したりした時の処理で、コードのウィンドウで上のドロップダウンリストで選択できる時の処理などは自動的に[Private Sub Command1_Click( )]などと出てくるのでそのまま使っています。自分で別途プロシージャーを作成する時は[Sub ****( )]としています。
ですがその違いを理解しないまま、自分で作成する時は[Private Sub]ではなくて[Sub]を使っています。

Sub ***( ) と Private Sub ***( ) の違いは何なんでしょうか?
どなたか説明頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Sub」の部分にカーソルを置いて[F1]を押せばヘルプが起動します。
「指定項目」のところに「Public」と「Private」の説明がありますよ。
省略して「Sub hogehoge()」とした場合は「Public」とみなされます。

Publicは「すべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ」ということになります。
Privateとすると「同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ」となります。

もしExcelをお持ちでしたらExcelのVBEで標準モジュールを追加し、「Sub Test1()」と「Private Sub Test2()」を作成してみてください。
そしてExcelの[ツール]-[マクロ]-[マクロ(Alt+F8)]でマクロ実行のダイアログを表示させてみるとわかります。
ここには実行できるプロシージャの一覧が表示されますが、Test1は表示されているけれどTest2は表示されません。
Test1はPublicで、Test2はPrivateだからです。

QVBA 実行時エラー1004 rangeメソッドは失敗しました。globalオブジェクトのエラー

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義がまずいと思うのですが、それ以上の事は分かりません。どなたか、分かる方がおりましたら、よろしくお願いします。また、プログラムは以下のようになります。

Sub 繰り返し()
'繰り返し
Dim s As Integer
For s = 0 To 17
Range("cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)").Select
Range("cells(8,s+2)").Activate
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("20081216_210647").Range( _
"cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)"), PlotBy:=xlColumns
ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "=""0810p2x"""
ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet, Name:="0810p2x"
With ActiveChart
.HasTitle = True
.ChartTitle.Characters.Text = "0810p2x"
.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "t"
.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
End With
Next
End Sub

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義...続きを読む

Aベストアンサー

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな(Excelで表示されている)シートが上位オブジェクトとして、自動的に認識されます。

≪例2≫
Sheets("Sheet2").Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、Rangeのみシート名が記述されています。
Sheets("Sheet2").Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
Activeなシートが、Sheet2の場合はエラーになりません。
しかし、ActiveなシートがSheet2以外の場合、エラーが発生します。
直前に、
Sheets("Sheet1").Select
などとしていれば、ActiveシートがSheet1になっていますから、エラーになります。

Sheets("Sheet2").Range(Sheets("Sheet2").Cells(8, 1), Sheets("Sheet2").Cells(1587, 2)).Select
と書いておけば安心です。
Withステートメントを使えばスッキリ纏めることができます。
With Sheets("Sheet2")
  .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select
End With

# Sheets("Sheet2")の上位オブジェクトが省略されていることにも気がついてください。

>そこで自分で基礎を勉強したいのですが推薦できる参考書などがござ
>いましたら、教えていただけませんか?
私自身は、入門書程度の雑誌を1冊買っただけです。どれが良いとかはよく分かりません。
「マクロの記録」を活用して、参考コードを取得し、汎用性のあるコードに編集しています。
新しい単語があれば、文字カーソルを単語の上に置き、F1キーを押してVBAのヘルプを必ず見るようにしています。
躓いた時は、Web検索して欲しい情報を得たり、あるいは、こうした掲示板で先輩方のお力をお借りしています。

Excel(エクセル)VBA入門:目次
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4651404
エクセル入門・初級編
http://www.kenzo30.com/excel_kiso.htm

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング