AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

JR七尾線の乗車券購入についてお尋ねします。
七尾線は、金沢・津幡~七尾を結んでいる路線ですが
七尾~和倉温泉間は、のと鉄道の管轄だと思うんですが
とあるホームページを見ると和倉温泉駅もJRになって
いる写真が載っていたのですが金沢駅で乗車券を購入する
場合、券売機で和倉温泉までの乗車券の購入できるんで
しょうか。
また、反対に和倉温泉駅で金沢までの
乗車券を券売機で購入することができるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



>七尾線は、金沢・津幡~七尾を結んでいる路線ですが
七尾~和倉温泉間は、のと鉄道の管轄だと思うんですが
とあるホームページを見ると和倉温泉駅もJRになって

JR七尾線は津幡~和倉温泉
のと鉄道は七尾~穴水
が正解で、ややこしいことに、津幡から穴水までつながっているレールそのものは全てがJRが所有しています。そしてJRは七尾~和倉温泉は特急列車のみしか運行せず、のと鉄道は七尾~穴水の普通列車を運行します。これは元々JR七尾線が津幡~輪島であったものが、1991年の和倉温泉までの電化に際してJRが七尾以遠のローカル輸送を廃止し、当時穴水~蛸島で営業していた「のと鉄道」に移譲したといういきさつがあるからです。
JR西日本:和倉温泉までの第1種事業者
のと鉄道:七尾~穴水の第2種事業者
となります。
駅舎に関しては七尾、和倉温泉はJR西日本の所有です。田鶴浜~穴水の各駅はのと鉄道の所有です。

金沢→和倉温泉、和倉温泉→金沢の双方の乗車券はそれぞれの発駅の券売機で購入可能です。七尾線の徳田駅から金沢寄りの各駅と和倉温泉駅の間の乗車券は特急列車に乗ろうが、七尾で普通列車を乗り継ごうがJRの運賃体系で乗車可能となっています。

ちょっと面倒なのは七尾⇔和倉温泉の間のみ乗車する場合で、この場合乗車券はJR、のと鉄道ともに180円ですが、特急に乗る場合はJRの券売機で、普通列車に乗る場合はのと鉄道の券売機で買うようにしてくださいと現地では言われます。のと鉄道の運賃体系では本来七尾~和倉温泉間の5.1kmでは280円となりますが、この区間にかぎり特例としてJRの180円に合わせてあるためです。
    • good
    • 1

現在ののと鉄道線は、全線がJR西日本の所有であり、


全区間を第2種鉄道事業者として営業しているものです。

JR西日本は七尾―和倉温泉を第1鉄道事業者、和倉温泉―穴水を第3種鉄道事業者となっています。

第1種:路線を所有し、列車を主体的に運行
第2種:路線を所有せず、他社路線に列車を運行
第3種:線路を所有し、列車の運行を行わない

ごく一部の例外を除き、運賃を決めるのは第1種・第2種の鉄道事業者です。七尾―和倉温泉は2社がそれぞれの運賃体系で運転していると考えてかまいません。

なお、穴水からでも金沢までの切符は買えます。そういう協定が結ばれています。参考URLの「のと鉄道」の項目をご覧ください。
これがのと鉄道で購入できるJR連絡のきっぷの範囲です。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mars/transfer.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第三セクターをはさんだJR運賃計算について

 第三セクターをはさんだJR運賃についてご教示願います。
 北越急行や伊勢鉄道等の第三セクター鉄道路線を経由する場合は、前後のJR線のキロ数を通算して運賃計算できることは時刻表等に掲載されていますが、2社以上の第三セクター鉄道を経由する場合も通算して運賃計算できましたでしょうか。
 
 (例)
 東京(上越新幹線)越後湯沢(上越線・北越急行・信越線)直江津(北陸線)米原(東海道線)名古屋(関西線・伊勢鉄道・紀勢線)紀伊勝浦

 上記の場合、東京~紀伊勝浦のJRの通算運賃プラス北越急行、伊勢鉄道の運賃でOKかどうかということですが、「えきから時刻表」等、運賃検索サイトで調べると、2社以上の第三セクター鉄道を経由する運賃計算ができないみたいですし、以前、2社以上の第三セクター鉄道を経由するきっぷが発券できないというようなことも聞いたような気がするのですが。
 よろしくご教示願います。 

Aベストアンサー

ANo.3のPAPです。ANo.2の補足を読ませていただきました。

前の解答に合わせて、JR東日本の公式サイト内の運賃案内のページでの例も紹介します。
https://www.transit.eki-net.com/ekinet-transit/SearchInput.aspx
ここで、出発駅を直江津、目的地を松阪にし、11/16の6時57分出発で検索すると
はくたか→Maxとき→ひかり→みえ
の経路が検索でき、運賃は11,110円となっています。
これは直江津→河原田のJR634.0km:9.350円と津→松阪のJR19.1km:320円に、北越急行の950円と伊勢鉄道の490円を足した額です。
すなわち、伊勢鉄道前後の方は通過連絡運輸が適用されていません。

Web上に多くの記述があるように、JR東日本では2つの通過連絡運輸は認めないと言うことなのでしょう。
JR東海ではどうなのかはわかりません。
JR西日本のおでかけネットの時刻検索でも上と同じ条件で検索すると、同様の結果となります。

どうやら、公式には2つの会社線それぞれに通過連絡運輸をしていても、両方ともまたぐ場合は、通過連絡運輸はどちらかに限定される扱いのようですね。

従って、ご質問の経路でもどちらかのみ通過連絡運輸の扱いになるのでしょう。

訂正してお詫びいたします。
なお、連絡運輸に関する規程類が手元にありませんので、根拠としてはJRの公式のサイト内の検索結果ということでお許し下さい。

ANo.3のPAPです。ANo.2の補足を読ませていただきました。

前の解答に合わせて、JR東日本の公式サイト内の運賃案内のページでの例も紹介します。
https://www.transit.eki-net.com/ekinet-transit/SearchInput.aspx
ここで、出発駅を直江津、目的地を松阪にし、11/16の6時57分出発で検索すると
はくたか→Maxとき→ひかり→みえ
の経路が検索でき、運賃は11,110円となっています。
これは直江津→河原田のJR634.0km:9.350円と津→松阪のJR19.1km:320円に、北越急行の950円と伊勢鉄道の490円を足した額です。
すなわち、...続きを読む


人気Q&Aランキング