あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

お世話になっております。

家庭用の体脂肪率計では、その原理上あまり正確な数値は出ないというのは存じております。が、体脂肪率計によってあまりに開きがあり、まったくわからないのでさすがに一度しっかり計ってみたいと思いました。せめて誤差が1%程度でおさまるように・・・。

私の通える範囲にはゴールドジムとティップネス、そして小規模経営のウェイトトレーニングのジムがありますが、こういう施設には少しマシな体脂肪率計があるのでしょうか。それとも、どこか病院で計れるのでしょうか。

現在、無名メーカーの安い足で測る体脂肪率計では常に21%という数値がでました。最初はこれで体脂肪率30%から減量しました。しかしこれはかなり信憑性がありません(筋肉がなくややふくよかな60代の母親が18%などと出ます)。
その後、オムロンのとても古い、体脂肪率黎明期の手で握るタイプのものでは、計るたびに数値が12%と15.5%を推移します(おそらく15.5のほうが信憑性がありそうです)。起床後、入浴後、食前食後、運動前後など体水分量で変わるとおもうんですが、よくわからないタイミングで変わります。
それと実家にある、比較的新しいTANITA足測定ので計ると16%です。そして昨日知人宅で、カラダスキャンという新しいのがあったので借りてみたところ、13%と出ました。手と足で測るタイプです。運動は特にしていない午後3時です。
筋トレして肩や背中、胸などは少し盛り上がり、腹筋は少し割れているのですが、一番下は割れてません。脇腹も二の腕もつまめますし、胸にもぜい肉があります。172kg、63Kgです。

比較的正確ということなのでカラダスキャンを買おうとおもっていたのですが、甘い数値が出ているようでちょっと躊躇しております。カラダスキャンっていいんでしょうか。カラダスキャンを買うとしたら、1~2万のものから5千円程度までありますが、同じ原理みたいなので安いタイプでも同じ数値が出るんでしょうか。

どれも正確でないのはわかっていても、あまりに違い過ぎて目安にもできません。一度もっと正確な体脂肪率を測り、それに近い数値が出る体脂肪計を買おうかとも考えています。

あるいは皆さんがお使いのものを教えて頂けると助かります。正確さも大事ですが、大多数の人と同じ条件で測定したほうが相対的には目安にもなりそうなので。

アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私の通っているジムに、インボディ720という機種があります。



電極が八箇所あるので、正確なのだそうです。
左右の腕と足の筋肉量がそれぞれ10グラム単位で分かりますので、トレーニングの方向性(負荷バランス取り)や、成果の確認にも役立ってます。毎回、測定のたびに、内臓脂肪断面積が衝撃の結果を教えてくれます(笑)

参考URL:http://www.biospace.co.jp/product/inbody_720.html
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

電極のタイプですが、いろいろ検索してみたところかなり正確だと評判のようですね。さすがに8つもあるとすごいんですな。
どこで使えるのかといろいろ探してみましたが、美容クリニックなど以外に、私が昔行っていたことのあるオアシス新宿にもあるようで^^

体験メニューも1000円であるようなので、時間のあるときにここも行ってみようかと思います。結果に衝撃を受けるのが怖いですが^^

お礼日時:2008/08/30 08:21

こんにちわ。



bagnacaudaさんのお話、参考になります。

new_hopeさんは「肉漢」っていう掲示板サイトはご存知ですか?体脂肪率測定にも詳しい方々が勢ぞろいされてるんで、参考になると思います。

でもBODPODって、すごいですね(http://www.bodpod.com/)。一度、使ってみたいですが、自己管理用として頻繁にチェックするには、中々大変そうですね・・・^^;

この回答への補足

こちらの質問閉めないでおいて、しかもphotorex02さんに肉漢のサイトの件について触れていただいて助かりました^^
実はアカウント登録しようとしてもメールが送られてこず、サイト管理者まで問い合わるようにという旨のメッセージがでるのですが、管理人様のメアド等どこにあるのか見つけられず・・・・。

何かヒント頂けると助かります。
または、もし管理人様こちらを見てらっしゃいましたら、*i**という4文字のユーザー名で本日登録させて頂きましたので、よろしくお願いいたします。

補足日時:2008/09/03 22:18
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
世話になっております。photorex02さんにアドバイスして頂いた通り、ダンベルとベンチを使い始めてから、少しずつトレーニングも形になり始めました。

肉漢は、前回質問したときにお教え頂きまして、何度か覗いてみました。
こちらでもお見かけし、お世話になっている方々がたくさんいらっしゃいまして、ろくに経験も勉強もない私がここで暴走しているのを怒られそうなので、まだ顔出すのをためらってました^^
近々ぜひとも参加させていただきたいと思います。

以上、体脂肪率の話とそれちゃいましたが、またアドバイス頂けてうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/30 08:03

失礼!既にビジネス化していますね。



http://www.feelfine.co.jp/index.html

どうやって採算を取っているのか、全くピンとはこないけれども、面白そうだね♪
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その節は、大変勉強になりました。

BODPOD、むか~しテレビか何かで形だけ目にしたことがありました。
やはりここまでの規模になるんですね。最近は万歩計に体脂肪率計がついたものなんてのもありますが、ラジオ付懐中電灯のほうがまだ役に立ちそうです^^;

​>http://www.feelfine.co.jp/index.html
>どうやって採算を取っているのか、全くピンとはこないけれども、面白そうだね♪

フィットネスかダイエット指導かと思いきや、民間の研究機関なのでしょうか。大学とも共同研究しているようで、モニターのデータを集めたりと消費者を相手にするよりだいぶ大きなお金が動いていそうですね。
ダイエットモニター募集とありますが、幸か不幸か条件に合わず残念です。CTスキャンまで使って体内を調べ、栄養と運動の専門家に長期にわたって指導を受けられるのが無料とは、至れり尽くせりなモニターです。

検索したところ、定期的にBODPOD使ってるっていうどっかの大学のヨット部かなにかのホームページが出ました。うらやましい限りです。いったいどこで利用しているのかまでは載せておらず、残念です。

なんだか高そうな気もしますが、どこで使えるか引き続き調べてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/30 07:38

#3です。


BODPODという機械で、現在はそこそこ普及し始めているようですね。
多分、公共のトレーニングセンターなんかでも、見つかるんじゃないかな?
ざっとスペックを読んでみましたが、測定原理が他のモノと違うので、相当に正確に測れると思いますよ♪

ジムのはね、試しに5分おきに3回計らせてもらって、こりゃ役に立たないと確信しました。(笑)
あんなもので金取るって、、、トレーニング産業って、無知蒙昧の徒をだまくらかして儲けようという魂胆が見え透いてイヤですねぇ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

BODPOD、その後もいろいろと調べましたが、あるところにはあるようですね。個人が利用できる施設にあるかどうかはまだわからないのですが…。

一度試してみたい気もします。
どうせならもうちょい絞って、明らかによい結果が出そうなときに試したい気もします(笑)

私も見た目で判断できればと思うのですが、主観が入ると少しずつ甘くなってしまい、ちょうどオリンピックの陸上を見て、あまりの自分との違いにため息がでました。先は長いようです。
今回も参考になるお話ありがとうございました。またお相手して頂けるとうれしいです。

お礼日時:2008/08/30 08:28

すみません。

型番間違えました。
私の体組成計はオムロンHBF-361でした。
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf361 …
ケーブルは普段はコードリールで巻き取られていて、
測定する時だけ延びる形です。
接触不良みたいなことは、今のところありません。

ただやはり、測定原理上、ある程度の測定値の変動は避けられないようです。
私が「毎朝起き抜けにトイレに行った直後」に測定するようにしているのも、
できるだけ測定条件を揃えやすくするためですが、
それでもやはり±0.5%程度のアップダウンはあります。(さっきも言いましたが)
そこんとこは割り切っていくしかないと思われます。
毎日0.1%単位のアップダウンを細かく気にしたりせず、
大局的に見て下降傾向にあればよし、ぐらいの感じで。

ちなみにコナミスポーツでは、
随時「施設見学会」というのをやっていて(無料もしくは500円程度で)、
そこでボディスキャンの測定もやってるようです。
http://konami.jp/club/bodyscan/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
オムロンHBF-361でしたか。

±0.5%程度のアップダウンでしたらぜんぜん許容範囲ですね。私のものは古い両手、怪しいメーカーの両足、そして実家にあるのは新しいが両足だけということで、どれもそれ自体で大きなバラつきがあり、減量が進むにつれてまったく参考にならなくなってきました。

>随時「施設見学会」というのをやっていて(無料もしくは500円程度で)、
>そこでボディスキャンの測定もやってるようです。

調べていただいてありがとうございます。500円とはかなり手ごろですね。
ほかの回答者さんに教えていただいた施設も踏まえ、コナミスポーツも検討してみたいと思います。

お礼日時:2008/08/30 06:58

「国立スポーツ科学センター」にある卵型の測定器が、最も正確に測定できると聞いています。


安いCTだって2~3千万円はするんですから千万円単位のはずです。
こんなもの、営利のスポーツジムは使えない。(笑)

僕自身は、「見た目」がよければいいといういい加減なトレーニング好きなので、あんまり興味ないですが、日本にもココ以外数台あるようですし、国立スポーツ科学センターのサイトからネットサーフィンして検索すれば、利用法がわかるかも知れません。
    • good
    • 0

 両手両足に電極をつけてそこから周波数の異なる微弱な電流を体に流し、体のインピーダンスを測定する体脂肪率計は、体脂肪と筋肉の含有水分の違いにもとづいて選り分けるという測定原理はどれも同じなので、各社各機種の違いは、どれだけ多くのインピーダンスのデータにもとづいて、体脂肪量と筋肉量をどんな計算で算出するか、経験と実績にもとづくノウハウの違いだけです。



 少なくとも両足にしか電極のないタイプよりも両手両足に電極があるタイプのほうがより信頼性のあるデータが出そうなことは想像がつきますが、それ以上のことは分かりません。カラダスキャンやボディスキャンというもっともらしいネーミングに惑わされることはないと思いますよ(どれも原理は同じなのですから)。

 私は通っているジムで定期的に体脂肪率を測定していますが、東急オアシスのデータとティップネスのデータでは数%近く違いますし、同じティップネスの測定器でも2%くらいはばらつきます。

 レンタルならともかく、自分で購入すると(気に入らないからといって)他機種に取り替えてもらうことはできないでしょうから、ジム(これは自由に選べますから)で測定するのがいいのではありませんか。
 たとえば当地のティップネスでは毎月1回(土曜日)に無料で1日施設利用できる日があり(ただし年配の夫婦に限ります)、その機会が使えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いつも勉強させていただいております。

おっしゃるように、何処か家庭用より多少はマシなところで、基準を測定してみたいと思います。
その上で家庭用は家庭用と割り切って、手ごろな両手両足タイプを手に入れたいと思います。電極は体全体を巡るだろうと思っていたのですが、やはり手や足だけで測るものよりいくらかはバラつきがないようですね。

>私は通っているジムで定期的に体脂肪率を測定していますが、東急オアシスのデータとティップネスのデータでは数%近く違いますし、同じティップネスの測定器でも2%くらいはばらつきます。

2箇所通われているとは恐れ入ります。私も10年近く前には東急オアシスに通っていたことがあります。まだジムでの運動が初めてなのでうまく使いこなせませんでしたが、大きなジャグジーが気持ちよいジムですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/30 06:48

私もカラダスキャン611のユーザーです。


川崎のヨドバシカメラで、1万円足らずで買いました。
毎朝起き抜けに測定しています。

確かに体脂肪の測定値には日によって±0.5%程度のアップダウンがあるようですが、
測定原理上この程度のアップダウンは不可避のようです。

私は、最初は私の通うコナミスポーツクラブで「ボディスキャン」で測定していました。
これだとものすごく正確なようですが、1回測定のたびに1050円を取られます。
これじゃ毎日測定するわけにもいかないので、自分でも体組成計を買う事にしたというわけです。

以上、少しでも参考になれば。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。

コナミスポーツクラブは、いつの間にかたくさんあるんですね。私の行ける範囲にもありました。「ボディスキャン」は非会員、あるいは本会員でなく体験などで利用するのは難しそうでしょうか?1050円で計れるならすぐにでも行ってみたいです。
仮にダメでも、自分で運動しているのでジムは不要なのですが、少しでも正確な基準を知るために、最短期間でも会員になろうかとも考えています。気分転換にもなりそうですし^^

それと、カラダスキャン611で検索しましたところ、TANITAのインナースキャン BC-611のほうがヒットしました。kumataro_さんがお使いのは、インナースキャンのほうですよね?
オムロンのカラダスキャンが有名なようですが、タニタのインナースキャンのほうも良さそうですね。コナミの「ボディスキャン」と比べて大きな開きはなかったでしょうか。
またもう1つ、質問からそれますが、最新の上位機種では改善されているようですが、カラダスキャンはケーブルが細くてよく接触不良で壊れちゃうと価格.comのクチコミで読みました。インナースキャンのほうでは如何でしょうか?
たくさんありすぎて迷うのもキリが無いので、私も同じのにしようかなと思っております(まずその前にコナミでなんとか基準を知ってから・・・)。

追加でいろいろとご質問してすみませんが、よろしければ再度ご返信頂けると嬉しいです。ありがとうございました。


何か情報がありましたら他にもご回答、お待ちいたします<(_ _)>

お礼日時:2008/08/29 06:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Q体脂肪率12%、でもお腹がプニプニ・・

こんにちは。168cm/ 55kg/ 28歳の男です。

先日、病院の体重計で測ったらば、体脂肪率が12%だったのですが、お腹周り、特にヘソ周辺には取って付けたような柔らかい肉がプニプニとかなり余っています。考えてみると、どんなに痩せた時(53kg)でも、今よりも全然引き締まっていた時期でも、この肉だけは、しっかりとくっついていたように思います。こんなに分厚い皮ははありえないので、確実に脂肪だと思うのですが、これは落とすことができるのでしょうか?ちなみに腹筋がはっきりと割れたことはありません。隆々とした筋肉の上にプニプニの脂肪がこびり付いている感じでした。

どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなります。

また、お腹というのは普段あまり動かしませんし、内臓保護のためにも脂肪がついていたほうが望ましい部位です。

ゆえにそのため体脂肪率が1桁になったあたりからは、週5~6回・1回平均で2時間程度の運動(有酸素運動+ウエイトトレーニング)とある程度の食事制限がほぼ必須になりますから、当然体には相当な負担がかかります。

しかも体脂肪が1桁というのは医学的には伝染病などの罹患率の急上昇や精神の不安定、ショック死などのリスクが急激に高まるため、非常に危険な状態とされます。
5~6%になれば完全なレッドゾーンで健康にいいとは言いがたいです。
ですから、ボディビルダーやアスリートの人でも普段はこんな体脂肪を維持しません。

健康のためには、お腹にある程度脂肪がついて、うっすら腹筋が割れているくらいのがわかるくらいの状態が一番だと言うことです。

適度な有酸素運動や筋トレを習慣化して、適切な食事と睡眠をとる生活を長く続けていけば、自然と綺麗な体つきになります。
お腹にはある程度脂肪がついているのが普通、くらいの感覚でのんびり落としていくようにして、ほどほどのところで維持するようにしたほうがいいでしょう。

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなりま...続きを読む

Qタニタの体脂肪計アスリートモードって?

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわってないし有酸素運動もかわらず行っているのに、筋肉量が増えるのはわかるのですが体脂肪率がアップするのはどうしても理解できませんでした。
そんなとき「そういえばアスリートモードってのもあるなあ・・・」と思い、そのモードを選択して計測すると体脂肪率が11%と出ました。いったいこの違いは何なのでしょうか?スタンダードモードとアスリートモードの違いをインストラクターに聞いてもいまいち納得できる答えが返ってきませんでした。おわかりになる方がおられましたらよろしくお願い致します。

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわ...続きを読む

Aベストアンサー

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが平均とかけ離れているため、上記の「統計的な推定値」が当てはまらなくなります。(体脂肪率が過大に推計されます。)そこでアスリートモードを利用します。

ですから、同じ「体重」「電気抵抗値」が測定されたのに対し、体脂肪計は「もしこの人が一般人なら体脂肪率○%」「もしこの人がアスリートなら体脂肪率●%」という推定値を表示します。だから、
>普通の人がアスリートモードで計ってもやっぱり体脂肪は低い値
になります。

体脂肪計で推定する体脂肪率自体、上記のように推定値ですから本当にその人の体脂肪率を正確に測っているか怪しいです。同じ人でも違うメイカーの製品だと違う数字になったりします。同じ人が、同じ条件で、同じ製品で測った時に、体脂肪率が増えているか・減っているかの目安にはなりますが。

そして一般人とアスリートの違いですが、「週12時間以上の運動」という基準で厳密な壁があるわけではありません。(質問者さんの場合は、数字から見てアスリートモードでの推定値に、ほぼ当てはまるような気もしますが。)そこそこ運動する人の場合、体脂肪率は「スタンダードモード」と「アスリートモード」の推計値の途中のどこかにある、というのが正確なところだと思います。

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが...続きを読む

Q筋トレしてるのに、筋肉量が減ります。

筋肉量が増えるどころか減って行きます。

3週間前から、ダイエット兼筋トレをしています。

26歳男

170cm 74.0kg→170cm73.1kg
体脂肪率は25%を行ったり来たり

になりました。


かし、筋肉量は33%→29%位にさがってしまいました。

減量、筋トレの内容としては、

まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。

基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

サプリメントとして、
マルチビタミンマルチミネラル
エビオス
ソイプロテイン20gを牛乳割
等を服用しています。

トレーニングの内容は

5kmのランニング

ストレッチ

腕立て限界迄3セット
(胸の筋肉が他より極端に無いので、膝をついてます。)

ワンハンドロウイング限界3セット(5kg)

クランチ限界3セット

レッグレイズ限界3セット

バックエクステンション限界3セット

ストレッチ

プロテイン20g服用

寝る迄腹にEMS(安いやつ)

というような流れです。

筋トレ初心者で、体を絞りながら筋トレで筋肉をつけていければなと思い始めました。

有酸素運動をすると、筋肉が減るとネットに書いてありましたが、私の筋肉量が一行に増えないのは、これが原因でしょうか?

どのような、トレーニング、食事をすれば、体を絞りながら筋肉量を増やせるのでしょうか?

御教授お願いいたします!

筋肉量が増えるどころか減って行きます。

3週間前から、ダイエット兼筋トレをしています。

26歳男

170cm 74.0kg→170cm73.1kg
体脂肪率は25%を行ったり来たり

になりました。


かし、筋肉量は33%→29%位にさがってしまいました。

減量、筋トレの内容としては、

まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。

基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

サプリメントとして、
マルチビタミンマルチミネラル
エビオス
ソイプロテ...続きを読む

Aベストアンサー

有酸素運動をすると、筋肉が減るというのも、やり過ぎればありますが現状そこまで深刻に捉えなくてよいと思います。ただし筋トレ前に5kmのランニングは、筋トレの効果を阻害すると思います。やってもウォーミングアップにせいぜい1kmぐらいか。とにかく筋トレは万全の態勢でやってください。筋トレ全部終わってぐったりしてから、余力があったらランニングしてください。

それ以前に、減量しようとしているってことが最も大きな原因。筋肉を付けたければ体重を増やしてください。上に書いたことも大事でしょうけど、体を絞りながら筋肉を増やす事などできないですよ。

>まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。
>基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

これを言われても、十分なのか不十分なのかは判断できません。あなたの生活で、この食事によるカロリー収支がマイナスになる、つまり痩せるようなら筋肉は減る。筋肉増やしたいなら、もっと食べていた生活に戻してください。筋トレしつつ。
限界だと思うぐらいまで太ったら、改めてそのままのトレの負荷キープしながら食事減らしてください。一度筋肉を付けてからあとで余分についた脂肪を落とすわけです。
筋肉は栄養が十分な時につくのだし、体重は栄養が足りない時に減る。正反対の事なんだから、同時にやろうとすれば非常に効率が悪い。筋トレでさらに栄養使っちゃうんだから痩せるのは成功するが、筋肉付くってのは数年かかります。

現状、脂肪を落とすのが最優先だとしたら、筋肉が増えないのはしかたがないので我慢してください。筋トレだけはしっかり高い強度で続けましょう。筋肉が減りにくくなり、脂肪の減る割合が上がるので、筋肉は減っても見た目は筋肉質になります。

それと、3週間では筋トレのフォームさえ覚えていないと思いますよ。

有酸素運動をすると、筋肉が減るというのも、やり過ぎればありますが現状そこまで深刻に捉えなくてよいと思います。ただし筋トレ前に5kmのランニングは、筋トレの効果を阻害すると思います。やってもウォーミングアップにせいぜい1kmぐらいか。とにかく筋トレは万全の態勢でやってください。筋トレ全部終わってぐったりしてから、余力があったらランニングしてください。

それ以前に、減量しようとしているってことが最も大きな原因。筋肉を付けたければ体重を増やしてください。上に書いたことも大事でしょうけ...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q体重を変えずに体脂肪率だけ下げるトレーニング

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオーバーカロリーにした上で「太る」必要があると書かれています。

また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

それで質問なのですが、
体重70kg、体脂肪率20%→体重70kg、体脂肪率12%
にするには、

1. 食事制限無しで体重を変化されることなく、ジョギングと筋トレをそれなりの過度で行い、
体脂肪率の減少のみを追求するトレーニング

2. まず、食事制限を行い、有酸素運動中心のトレーニングを行い、体重を65kg程度にまで落とす、
それから食事をオーバーカロリーにした上で、筋トレ中心のトレーニングを行い体重を70kgまで上げる。
それから有酸素運動でまた65kgに落とす、というトレーニングを繰り返す。

のではどちらの方が効率的に体脂肪率を下げることができるのでしょうか?

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオー...続きを読む

Aベストアンサー

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解りやすく言えばこのように理解してください。

>また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

これは別に目的次第です。非効率というのは、単に有酸素運動をおこなうと、筋肉が付きにくくなるというだけです。


ウェイトトレーニング、短距離走、格闘技などの、強度が高い運動をしていれば、その中身の濃さに従って皮下脂肪は限りなく薄くなり、かつ筋肉量は食事量の範囲において最大限に維持できます。運動内容が軽ければ軽いほど、即ち無酸素運動ではなく有酸素運動で、有酸素運動の中でも負荷の軽いもの、たとえばジョギング、ウォーキングなどに行くに従い、体脂肪率は下げられなくなります。
有酸素運動≒持久トレーニングの代表であるマラソンでさえ、だいたい時速18~20kmで走る。なかなか強度の高い運動なんですが、それでもやはり運動内容が軽すぎて体脂肪率は見た目以上に高い。細くガリガリなのは体脂肪率が低いのではなく、運動量が多いから筋肉・脂肪共に限界まで減っているからです。


選択肢は2つです。

1.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にする。食事量は体重が増減しない程度に食べる。

これは普通に運動している人がやってる方法であって、劇的な変化はありません。2年、3年かかると思います。でも、これだけでも方法少しずつ体脂肪率は下がり、体つきはシャープに変わって行きます。


2.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にするというのは同じ。食事をコントロールして増量・減量する。例えばまず500Kcal程度オーバーカロリーになるように食べ、筋肉を付ける。5~8kgぐらい太って、これ以上太るのが嫌だなと思ったらまた食事量を戻す。そうすると体重は70kgまですぐに戻る。運動内容のおかげで、太る時は筋肉が優位につき、痩せる時も筋肉が減らずに皮下脂肪だけを優位に減らすことができます。これで、前回の70kg時点より体脂肪率の低い70kgになります。だいたい1の方法で2年かかるぐらいの肉体改造が、3ヶ月~半年で終わります。これを2~数回繰り返せば、比較的早く12%前後の体脂肪率を目指せます。もちろん、筋トレの内容がどれだけガッツリ出来ているか次第で効率は変わります。


有酸素運動、ジョギングなどは、別にやってダメということはありませんし、必ずしもマイナスになるとは限りません。趣味ならやっても良いと思います。ただ、食事制限の補助として体重を下げるためには有効だが、体脂肪率を下げるには効率的でないし、有酸素運動を中心に行うつもりなら、体脂肪率はある程度高いままです。体脂肪率が低いと、持久的な有酸素運動はできないですしね。

有酸素運動は脂肪を中心に使う運動なのだから、それを習慣にすれば逆に脂肪を減らさずにため込む体質にならなければならない。体はその運動習慣に適応するため、体脂肪率の高い体を維持しようとします。

また、反対に筋肉のほうは長時間のジョギングなどの有酸素運動では必要ではなく、むしろ重くて邪魔な存在であるため、からだはこれを分解して減らそうとします。筋肉量は強い力を出すために必要になるものであって、軽い運動には必要ないからです。
むしろ持久的な運動になるほど、重くてしかも無駄にエネルギーを消費する筋肉というのは無邪魔になります。

運動強度が高く、あまり長時間運動しないことが、筋肉量が多く皮下脂肪の少ない体、即ち体脂肪率の低い体型になる秘訣。

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解...続きを読む

Qインボディ測定結果について教えてください

健康とスタイルアップ目的にスポーツクラブに通い始め1年半、時々インボディ測定している40代女です。
結果プリントにはInBody720 Body Composition Analysisとあります。
現在値は以下、カッコ内は入会時です。
身長152
体重40.9(42.8)
骨格筋量15.9(16.8) 標準範囲18.2-22.2
体脂肪量10.4(10.6)
BMI17.7(18.5)
体脂肪率25.3(24.8)
ウエストヒップ比0.83(0.80)
BMR1029(1065)
フィットネススコア72(74)
昔から貧弱な体で、足(だけ太い)以外は痩せようとは思っていません。
1年位は比較的真面目にやっていましたが結果が出ないのでサボりがちになり、最近は週1回のテニスしか出なくなりました。
それでも昔と比べたら運動しているのですが、測定結果は悪くなっています。
お聞きしたいのは、このインボディ測定結果は一般的に言ってどんなものなのか?という点です。
インストラクターは「筋肉をもう少しつけた方がいいですね」という感じで、あなたやばいですとは言いません。
適正体重48.5kg、脂肪+0.8kg、筋肉+6.8kgとなっています。
この筋肉は骨格筋量ではなく脂肪以外全てだと思います。
つまり脂肪11.2kg+それ以外37.3kg=48.5kgが適正ということですが、かなり鍛えてる人でないとこの数字(割合)にはならなくないですか?
そうでもないですか?
一般的主婦やデスクワークの女性はどの位なのでしょうか?

健康とスタイルアップ目的にスポーツクラブに通い始め1年半、時々インボディ測定している40代女です。
結果プリントにはInBody720 Body Composition Analysisとあります。
現在値は以下、カッコ内は入会時です。
身長152
体重40.9(42.8)
骨格筋量15.9(16.8) 標準範囲18.2-22.2
体脂肪量10.4(10.6)
BMI17.7(18.5)
体脂肪率25.3(24.8)
ウエストヒップ比0.83(0.80)
BMR1029(1065)
フィットネススコア72(74)
昔から貧弱な体で、足(だけ太い)以外は痩せようとは思っていません。
1年位は比較的真面目にやっていました...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半女性です。
ジム歴9ヶ月ほど、週1回筋トレ&有酸素運動です。
インボディ測定は月1回くらい。自宅の体組成計では毎日計っています。

インボディの測定値はジムの個人ファイルに置いてきているので、細かい数値は
覚えていないのですが、筋肉量は「標準範囲内の上の方」という感じに判定されて
ます。
自宅の体組成計での数値は、BMIは20前後、体脂肪率は21%前後です。

仕事はデスクワーク、ジム以外の運動習慣はありません。
それで週1回しかジムに行ってないので、決して「かなり鍛えてる人」の範囲内
には入らないかと思います。
ただ、筋トレは結構頑張ってやってます。
ジムの方にも「かなり負荷かけて頑張ってますよねー!」と言われますし、見た
感じ、同じジムに通っている女性の中で、私と同程度に筋トレに力を入れている
のはほんの2~3人です。
皆さん、どちらかというと、軽い負荷でちょこちょこやるだけで、あまり負荷を
上げていこうという様子が見られないので・・・。
このサイトとかで勉強しているうちに若干知識がついてきたので、そういった
方を見ると、「それじゃあまり意味無いよ!」と言いたくなってしまいます~。

ちなみに、一般的な女性の筋肉量や体脂肪率の平均値は、以下が参考になるかと
思います。

体脂肪率平均表(男性、女性、年齢別)
http://diet.netabon.com/diet/basic/average_body_fat.html

ダイエット知識(1) 女性の平均筋肉量の目安
http://ameblo.jp/nutoabody/entry-11391676648.html

筋肉量チェックシート
http://kirei-labo.com/article/35054252.html

試しに一番下の筋肉量チェックシートで自分の計算をしてみたら、筋肉量は21kg、
筋肉率は40%弱のようです。
・・・私はかなり筋肉率が高いようですね。知らなかったです。
うーん、これで「標準内上の方」で判定されるインボディは、どうやら相当厳しい
数値で設定されているように思われます。

筋肉量を増やす方法ですが、質問者さんは、まず、体重が軽すぎて筋肉の材料が無い
のでは、と思います。元々小食なのでしょうか?
その状態では、幾ら筋トレを増やしてもあまり意味は無いような気が・・・。
多少無理してでも、頑張ってタンパク質(と炭水化物)を摂った方が良いかもしれ
ませんね。
どうしても食べる量が増やせないのであれば、筋トレ前後にプロテイン等の摂取も
考えた方が良いと思います。(私は筋トレ後にプロテインを飲んでます。)
また、筋トレの質も、「軽い筋トレ」では筋肉はつきません。「がっつり負荷を
かけた筋トレ」をしてみてください。(8~10回で辛くて悲鳴を上げたくなるくらい。)
もし「うーん、筋トレかぁ・・・好きじゃないんだよねぇ」という感じなら、テニスの
素振りやコート内のダッシュを全力でやること、でしょうか。
要するに、筋トレじゃなくても無酸素運動をすれば筋肉がつくので、力強い素振りや
50~100mのダッシュも有効だと思いますよ。

頑張ってください!

こんにちは。
30代後半女性です。
ジム歴9ヶ月ほど、週1回筋トレ&有酸素運動です。
インボディ測定は月1回くらい。自宅の体組成計では毎日計っています。

インボディの測定値はジムの個人ファイルに置いてきているので、細かい数値は
覚えていないのですが、筋肉量は「標準範囲内の上の方」という感じに判定されて
ます。
自宅の体組成計での数値は、BMIは20前後、体脂肪率は21%前後です。

仕事はデスクワーク、ジム以外の運動習慣はありません。
それで週1回しかジムに行ってないので、決して「かなり鍛...続きを読む

Q朝と夜の体脂肪率はどちらが本当?

36歳ダイエット中です。
朝起きて体重を量ると体脂肪率は32%
就寝前に体重を量ると体脂肪率は27%
一日で5%も差があります。
どちらが私の体脂肪率と考えてよいのでしょうか?
朝は肥満で、夜になると標準ということになってしまいます。
夜の方を信じると標準なので嬉しいのですが、
ぬか喜びにもなりかねないので聞いてみました。

Aベストアンサー

私も朝の方が体脂肪率が高いです。

強いて言うなら、どちらも正しくないのではないかと思うのですが(自信はありません)

体脂肪率計は、身体の中の水分量を測って、体重と水分量から脂肪量を逆算して表示します。
水分量は水を飲んだり汗をかくだけで変化しますし、体重も食べれば増えるし大便や小便で大きく減ります。
体重がほんの数百グラム変化するだけで、体脂肪率の表示は大きく動いてしまいます。(色々実験すると、面白いですよ)

ですから、家庭用の体脂肪率計は、(目安にはなるものの)絶対的な数値を測るものではなく、毎日条件を揃えて測って、日々の変化を観察すると言った使い方になるんじゃないかなと、私は思っています。

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング