原作コミックを読んでいて、男が屋敷を処分して一緒に暮らしていた女性と仙台に移ることにしたという描写があったと思うのですが、ちょっとここでアレレと思ってしまったのです。

 地位も財産もあった男がなにがしかの理由で家族を亡くして、それが原因で連続殺人犯になって、橘が連れ込まれたのもその屋敷。
 結局のところ橘と男はニアミスしながらもお互いにそうと気づかず別々に歩んでいくことになったわけですけど、アンティークなお屋敷がずっといままで残されていた意味合いみたいなものはあったのでしょうか。なんだかアンティークな屋敷が最後に突然でてきたなーと思えてしまったのです。ちょっと展開的に腰の据わりが悪いような。
 ただ直前に橘が自分とは無関係な事件を解決してしまうというのも、意図して作られている肩すかしだとは思うのですが、ちょっとへんな描写だと思いまして。
 私の読み忘れも含めて、意図の説明などできるかたおりましたらお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。

長くなってしまいましたので回答を2つに分けさせて頂きました。重ね重ねすみません。

次に、橘の事件解決の話がどういった意図で登場するかですが、

そもそも、『西洋骨董洋菓子店』の登場人物たちは、それぞれに向き合うべき傷をもっていますよね(そういう点では橘誘拐の男も同じ。誰に焦点を当てるかで読み取れる意味が変わるような…。)。
橘に関して言えば、“空白の記憶”と、そこから生まれる恐怖心ですよね。
頭脳、容姿、家庭環境、人間関係、どれをとっても恵まれた彼が、どんなに恵まれた状態いても、ふとしたことで、「思い出せないのは酷いことをされたからでは」「自分はどこか歪んでいるのでは」と無意識に考えてしまう様が示されています。
橘は、幸せそうに生きながらもどこかしら、欠けている部分があるうちは自信を持って“本当の自分”として生きられない状況にあるようにみえます。
で、この“空白の記憶”を取り戻し、そこから生まれる恐怖心を払拭、自信を持って“本当の自分”として生きていくために、必要な手続きとして、“過去との対峙=誘拐犯との邂逅”がなされなければならないということだと思います。

一番手っ取り早いのは、自分を誘拐した人間を捕まえることですが、現実問題無理な話なわけで、その代替行為として、一見、自分とは「無関係な事件」(捜査協力依頼があったときの橘は、この犯人=自分を誘拐した男の図式を描いてるようにも取れます)、でも、「同じくらいの年齢の少年たちが誘拐されるという類似した事件」に関わることで、何らかの答えを得ようとしているのだと思います。
結果的に橘は、自分の手で連続児童誘拐殺人を捕まえることに成功しますが、記憶は戻らないし、相変わらず夢にうなされ、克服できたとはいえないままです。
でも、「思い出せない 忘れられない 恐い」と感じる自分を許容する境地に至ります。
ずっと空白を埋めることで“本当の自分”を取り戻そうとしていた橘が、「空白がある自分でもOK」というところまできたのは、この誘拐事件解決までのプロセスによるものだと解釈しました。


よくあるドラマや小説だと、「記憶が戻ってハッピーエンド」という展開なのでしょうが、そもそも、よしながさんの作品は、「人生・世の中そんなにうまくはいかないよね」という、現実世界により近い展開をさせながら、でも、ある種の救いが必ずあって、「人生・世の中そんなにうまくできてないよね、でも、捨てたもんじゃない」という前向きな力を感じるものが多いと思います。
ラストで、男と橘はニアミスで終わっていきますが、これこそが、現実ってもんだろうと思います。

また、橘が思い出せない理由のひとつに、橘が男の元から逃げる際に、男が「忘れろ」と強く言い聞かせていることがあげられます。
男が、逃げる橘に「忘れろ」というのは、自分の罪の隠蔽のためでなく(身代わりであり誘拐という罪の意識はない)、“橘が自分を刺した事実”を無かったものにしてやるための言葉だと思います。
そう解釈すると、橘が全てを思い出すことが、お互いが気づくことが、本当の意味でハッピーエンドになりうるかは難しいところかなぁと思います。

かなりの私見ですが、少しでも参考になればと思います。
長文大変失礼しました。
    • good
    • 7

まったくの私見で回答させて頂きます。

(しかも長文です。ごめんなさい。)

まず、件の男(誘拐犯)は、連続殺人犯ではないのではないでしょうか。彼が犯した罪は、当時9歳だった橘を誘拐したことものだけだと思います。
誘拐の理由ですが、物語の端々で出てくる場面から推測するに、息子を何らかの理由で失い、その喪失感を埋めるために、同じ年頃の橘を誘拐、というか「身代わり」として側に置こうとしたのだと思います。

その上で、
>アンティークなお屋敷がずっといままで残されていた意味 ですが、

男は、息子の死を受け入れきれないことから、身代わりを求め橘を誘拐します。その後、“「可愛がってやった」自分を刺す”という、橘の“息子にあるまじき反抗”に、ある種、正気(=自分の望む息子はもう戻らないということを受け入れる状態)になったのだと思います。

この出来事によって、男は、“橘は息子ではない”という正気には返り、橘を手放しますが、今度は“姿なき息子と過ごす人生を歩む”という生活にシフトしたのではないかと思います。そして、その幻の息子を生かし続けるために、あの屋敷は必要だったのではないでしょうか。

しかし、同じように幼子を亡くした女との関わりによって、その世界が少しずつ揺らぎ始め、「レシピ15」で、女が突きつける現実に、いよいよ“姿なき息子と過ごす人生”を失うことへの恐怖?苛立ち?から、女を刺そうとナイフを振り上げます。
が、このナイフ、かつて橘が男を刺したものですよね? そのナイフを、(橘がそうしたように)自分が振り上げたとき、橘に刺されたことで正気になったように、(今度こそ、現実社会により近い)正気になった(=“姿なき息子と過ごす人生”の終わりの受容)のではないかと思います。

だから、屋敷を処分し、男にとって最上の贈り物「ケーキ」を手に仙台へと向かうのだと解釈していました。


参考までに、なぜ男の屋敷がアンティークな調度の屋敷なのかというと、そこには“なぜ橘が息子の身代わりに選ばれたのか”の理由が示されているのかな、と思ったのですが。
というのは、男が息子と住んでいた家(=橘が軟禁された家)の雰囲気は、橘の実家と似ていると思うからです。
男が求めたのは、自分の息子により似ている少年であり(身代わりだから)、そうなると、(結果的に)生活の質(育ちの環境)が似ている少年が選ばれる…のではないかと思うのです。
橘自身も、自分の傷に対峙すべく洋菓子店を開くわけですが、その店もアンティークで囲まれた店にしています。これは、彼のこれまでの生活環境によって無意識にそういうチョイスができることの表れだと思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般コミックでのエロ描写・エッチ描写・性描写

一般コミックでも結構過激なエロ描写・エッチ描写・性描写
があると聞き、実際に見てみると本当にすごいものがあります。

一般コミックでそのような描写があるものを
作品名とできれば巻数、どんなシーンかを教えていただきたいのです。
できるだけ多くの作品を教えてもらえるとありがたいです。
成年指定されていなければ、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどは問いません。
一般コミックで絡みのようなシーンや無理やりされてしまうようなシーンがあるものが知りたいです。

例(知っているもの)
彼岸島5巻…兄嫁が無理やりされてしまい感じさせられてしまうシーン
Wネーム5巻…バイト社長に縛られ、無理やりながらも愛撫され感じさせられてしまうシーン
レンアイ至上主義…いろいろ
など

いろいろなところで似た質問もされていますが
是非とも改めてまとめて知りたいのです。
是非ともたくさんの情報をお願いいたします。

Aベストアンサー

では、もうひとつだけ。
右側でカテゴリーを選択する。

参考URL:http://kyoudoko.net/

Q橘裕『渡辺さん家の一家言』

漫画家の橘裕さんのファンです。
大分前から『渡辺さん家の一家言』の1巻を持っているのですが、2巻は一体いつになったら出るのでしょうか・・?
何か理由があって出ないのでしょうか?
コミックス派なんで続きが気になってしょうがありません。
憶測でも構わないので、どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

雑誌連載が中断されているので、二巻刊行予定はありません。

中断理由はわかりませんが、「渡辺さん~」はLaLaで連載後、DXに引越ししていますが、現在LaLaで「ガッチャガチャ」、LaLaDXで「Honey]を連載中のため、描くところがありません。

作者が描きたくないのか、白泉社側が描かせないのかは謎ですが、単行本未収録分があるので何とかしてほしいと思っているファンは多い。

Q男性の恋愛心理の描写がある少女漫画

羅川真里茂「いつでもお天気気分」のような、恋愛においての男性の心理描写が上手く出ている少女漫画を探しています。

できればここ10年以内に出された作品で、読みきり、もしくは10巻以内に完結しているもの。恋愛がテーマ・主人公が男の子でなくても結構です。あまりキラキラした感じは苦手です^^;

条件が多くてすみませんが、良さそうな作品がありましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

藤原よしこさんの「キス、絶交、キス-ボクらの場合-」
ギリギリ(笑)10巻で完結してます。
1つの事柄(一日の出来事)を、男の子と女の子の別サイドで書き綴っていく形式を取っていて、二話で1つの物語、という感じです。
なので、男の子の心理描写はたっぷりと描かれています。
大まかなストーリーとしては、ヤンチャ系の男の子と、優等生の女の子の話。
両思い(付き合ってる)で、大好きなのに、お互いの性格や、立場の違いが気になって、すれ違ったり、気遣い過ぎちゃったり…という感じです。

とにかく二人の描写がもどかしいような切ないような!
小学校高学年~高校~の二人を追っています。
物凄いリアルで、それ故に、少女漫画特有の破天荒な設定は無いんですが、そのために感情移入しちゃって、ぐぐっっと胸を締め付けられます。
ちょっと絵が昔っぽいかな?と思いますが、本当に名作です!

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07092424

QBLの性描写について

タイトルにもありますがBL本の性描写についての質問なので、露骨な表現があります。あとここに書いている「性描写」はソフト・ハードな内容問わず裸で交わったり(いれる関係なしに)自慰等のことをさすと思ってください。
最後に、私もたまにBLを読む身ですのでBLを非難するつもりはありません。


上手い言葉が思いつかないので、読みにくいかもしれませんがよろしくお願いします。
好きな作家さんが元BL漫画家だと知り、BLに興味を持ち始めたので、本屋で何冊(漫画と小説)か買ったのですが全て性描写が書かれているものでした。
最近少女漫画の性描写が過激だと議論されていますがBLも似たような状態になっているのかと思い、BL好きの友人に尋ねたところ最近のBLは殆ど性描写(この場合、ソフト・ハード問わず)が描かれているとのこと。性描写が描かれてない本もあるけれどそれも最近では減少傾向だと聞きました。(またBLの性描写について統計しているサイトがありそこでも性描写が書いてる本が多いという結果が出ていました)
それで疑問に思ったのですが、何故BLには性描写が必ずといっていいほどあるのでしょうか?(探せば性描写がないものもあるでしょうが、比較すると性描写が書かれているものが多いですし…)
女性がBLを好む理由に異性愛とは違ってファンタジー気分で楽しめる。純粋だ。自分と重ねないから等色々上げていますが、BLで行なわれているセックスは男女をそのまま男同士に変えたようなものが多いですし(入れるところが違ったり竿を触ったり)受攻も固定されていたり、受け側の男は女の子と見間違うくらい可愛かったりしますよね(可愛さは作品によりますが)そこら辺も疑問に感じます。
ただ純粋に男同士の恋愛をファンタジーで楽しむくらいなら必ずしも性描写は必要とされないですし(作品によっては必要なストーリーもあるかもしれませんが、それにしたってBLは不自然なくらいにセックスが必ず入りますし、ソフトならともかくエロ本並みの激しいものまでありますし…。)
これではBL=女性が男同志を絡ませて楽しむエロ本と勘違いされても仕方ないのでは、と思うくらいです。もし性描写が少ない本が多ければ
BL=エロと繋げる人も少ないと思うのですが…。
男性は性欲を発散するためにエロ本を読みますがBLも女性のエロ本かわりなのですか?

あと何故表紙に男性同士が絡みあうものが多いのかも疑問です。
人気あるイラストレーターを使って売上を上げてるというのもあるのでしょうが、それにしたって多くの本が密着率が高いですよね。(特に小説系)
中身が成人本並に凄いのに成人マークはついてませんし、男性のエロ漫画と比べて規制がゆるいのは何故でしょう?


色々書きましたがまとめると私に知りたい質問は、

1.BLは何故性描写が描かれているものが多いのか?
2.異性愛だと生々しい、ファンタジーで楽しめるという理由で読むならば、別に過激な性描写はいらないのでは?
3.過激なものがあるのは男性のエロ本のような、女性のエロ本かわりなのか?
4.密着率が高い表紙が多いのは何故か?(特に小説系)
5.成人マークがつかない、規制がゆるいのは何故か?

他にも色々疑問に思ってることがあるのですが、自分でも何を強く疑問に感じているのか上手くまとめられず、とりあえず5つ質問したいと思います。
よろしくお願いします。

タイトルにもありますがBL本の性描写についての質問なので、露骨な表現があります。あとここに書いている「性描写」はソフト・ハードな内容問わず裸で交わったり(いれる関係なしに)自慰等のことをさすと思ってください。
最後に、私もたまにBLを読む身ですのでBLを非難するつもりはありません。


上手い言葉が思いつかないので、読みにくいかもしれませんがよろしくお願いします。
好きな作家さんが元BL漫画家だと知り、BLに興味を持ち始めたので、本屋で何冊(漫画と小説)か買ったのですが全...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様がはっきり書いてくださっているので私も本音で答えます。
露骨過ぎる表現がありますが申し訳ありません。

1.BLは何故性描写が描かれているものが多いのか?
 ニーズもあるし長年書いている人ならマンネリ防止や構成力の向上でHが入ってくる人もいると思います。私が好きな人なんて初期の作品はキス止まりでも今は体から始まちゃって返って心が分からなくてジタバタなんてお話も上手に書いてくださってます。
そういう人を読んでいた人が作家・編集になっていたらエロに耐性がありますし初めから濃い内容(Hが多い)にもなるでしょう。

2.異性愛だと生々しい、ファンタジーで楽しめるという理由で読むならば、別に過激な性描写はいらないのでは?
 元々BLはファンタジーとは思っていません。BLの中にファンタジー物はあってもBL自体は単なる恋愛物です。
男女物は読み飽きた、男女物より運命的だったり覚悟を感じる、男同士の友情が男女の恋愛ストーリーより好き、などの理由でBLを好んでます。
あとは少女漫画などに出てくるヒロインが好みでない。
男女ものはなんとなく男に助けられるのが当たり前なストーリーだけど(それによって恋に落ちたり)男男はそこにある甘さが違うというか・・・

3.過激なものがあるのは男性のエロ本のような、女性のエロ本かわりなのか?
 個人的には所謂「抜ける」本と認識しているものもあります。(私は女ですがオカズにしているということ)その際はどちらかに感情移入しているわけではないのでエロ本状態ですね。
でも精神的に支えあっていたりもっと一緒にいたいって思いを表現するのにHは有効だし男女と同じで相手との親密さを現している気もします。ちょっと詭弁だけど

4.密着率が高い表紙が多いのは何故か?(特に小説系)
5.成人マークがつかない、規制がゆるいのは何故か?
 う~ん、この二つは解らないですね。
確かに表紙で脱ぐ必要はないんだけど中表紙や裏では濡れ場のイラストが入ってることが多いですよね。
密着率が高いのは普通のコミックや小説でも言えることだから露出が多いってことですよねー。
やはり購買欲を誘うためなのかな?艶っぽいイラストって惹かれるし。

質問者様がはっきり書いてくださっているので私も本音で答えます。
露骨過ぎる表現がありますが申し訳ありません。

1.BLは何故性描写が描かれているものが多いのか?
 ニーズもあるし長年書いている人ならマンネリ防止や構成力の向上でHが入ってくる人もいると思います。私が好きな人なんて初期の作品はキス止まりでも今は体から始まちゃって返って心が分からなくてジタバタなんてお話も上手に書いてくださってます。
そういう人を読んでいた人が作家・編集になっていたらエロに耐性がありますし初めか...続きを読む

Qマンガのわいせつ描写が酷すぎる

ここ10年で少年、青年雑誌の猥褻度合いが酷くなってます。海外で10年くらい過ごして、今日本に帰ってきてヤンジャンとかモーニングとか読んだら、度肝抜かれると思います。以前は劇画の一部の描写でダミーオスカーとかはエロかったけど、それが半分くらいを占めており、その描写も酷すぎます。なぜこうなったのですか・また、水着女性のグラビアが多すぎます。気が散ってマンガが立ち読みできません。

Aベストアンサー

出版社は売れればいいという意識で出しているからこのようなのが多くなっているのだと思います。
正直マンガ好きとして、グラビアは関係ないだろという意識が強いです。あと、エロも度が過ぎているものが多いですよね。正直、まじめにマンガ書いている漫画家さんがかわいそうです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報