ハードウェアの安全な取り外しは意味があるのでしょうか。
私はプレゼンなど人前以外ではやっていません。
しかし、5年くらい使っていますが一度もデータが壊れたことがありません。
ネットで調べたところ、USBメモリの場合ですと、データの書き込み中や転送中にはずさないことや、抜いたあとは再差込までに時間を置けば大丈夫、とありました(私もやっています)。

そもそも、ハードウェアの安全な取り外しはパソコンとハードウェア(USBメモリ)のどちらを保護する目的なのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私に認識では、「取り外すさいに、注意を怠らないのであれば、意味がない」、すなわち、「安全に取り外します」を確認することなく取り外して構わない、です。

私も、ご質問者と同じです。平素、「安全に取り外します」をクリックしたことはありません。

次を確認してください。USBメモリを差し込んだ状態で、

「マイコンピュータ」を右クリック→管理→「デバイスマネージャ」をクリック(ここで「最大化」したほうが分かり易い)→右の「ディスクドライブ」の田(四角の中にプラス)を日(マイナス)に→そこにあるUSBメモリの項目(多分「USB Flash Disk」とか「USB Device」といった文字を含む)を右クリック→プロパティ→「ポリシー」タブ

ここで、「クイック削除のために最適化する」に●のあることを確認してください(無かったら、●を入れてください)。

ここにはっきりと、「[安全取り外し]のアイコンを使わなくても切断できます」と明示されています。安心して、現状の扱いをお続けください。

当然ですが、USBメモリが点滅状態にあるとき(書き込み、削除、コピーその他が行われている最中である)に、これを取り外すことは厳禁です。
    • good
    • 8

mark6502さんとbardfishさんの仰るとおり、一番は『データ保護』だと思います。


今、8年以上前に購入した低スペックのパソコンに、VineLinuxをインストールしたのを使っています。
ある日、WindowsXPで使っていたデータをUSBメモリでVineLinux側に転送したんですが、
WindowsXPの時の時間間隔で「そろそろいいかな?」と、デバイス取外し処理をしたら、まだデータの転送中だったことがありました。
今考えると、そのまま無視してUSBメモリ抜いてたらVineLinux側にはデータが正常に転送できてなかったんじゃないかな~っと思います。
多分、saitamasanさんが使ってるパソコンはスペックが良かったのでは?と思います。
ちなみに調べた結果ですが、USB通信はデータの転送速度は遅いほうみたいです。
「USB 1.1 Full Speed アイソクロナス転送」になって、ようやく1.0Mbpsになったみたいですね。
参照URL -> http://www.mars.dti.ne.jp/~suzunari/suz/doc/dat/ …
    • good
    • 2

意味はあります。


これをせずに記憶装置を外してしまった場合、データが失われる可能性があるだけでなく、最悪の場合はその記憶装置が壊れます。
    • good
    • 9

USBストレージデバイスの場合は「データの保護」が目的。


USBストレージに大量のデータをコピーした直後に「安全な取り外し」を実行すると「デバイスは使用中のため取り外しできません」とメッセージが出ることがあります。
キャッシュがクリアされていないからであり、この状態の時にUSBコネクタを引っこ抜くと一見ファイルは正常でも中身が壊れている可能性が高くなります。

MS-DOS時代にディスクキャッシュ常駐プログラムをフロッピーにも有効にした経験がある人なら、キャッシュが書き出される前にメディアを抜くことがういう事態になるか経験したことがある人なら迂闊なことはしないと思いますけど。
    • good
    • 0

一番大きな目的は、ハードウェアそのものの保護よりも、データを保護することにあると思います。


USBメモリに限らず、MOドライブなどのリムーバブルメディアや、外付けのハードディスクなどが対象になりますが、
これらのメディアへのデータの書き込みは、キャッシュと呼ばれるOSが確保したバッファ領域に一旦書き込まれ、
その後、実際のメディアに書き込みが行われます。
この処理は遅延書き込みと呼ばれる物で、エクスプローラなどでファイルをコピーしたりする際に、
エクスプローラの方はキャッシュにデータを書き込んでしまえば、書き込みの処理は完了し、他の操作が可能になります。
実際には、その時点ではメディアにはデータの書き込みは完了しておらず、
バックグランドで遅れて書き込みが行われているわけです。
このキャッシュがあるおかげで、比較的速度の遅いメディアに対してもプログラム処理は早いうちに完了出来るようになっています。
便利な機能ですが、バックグランドで遅れてデータが書き込まれる動作が動くため、
その処理が終了する前にメディアを抜いてしまうと、その書き込みが行われず、
書き込んだはずのデータが無くなってしまうという現象が発生します。
実際のファイルへのデータの書き込みは、データ本体を書き込んだ後に、
ファイルを管理する管理領域も更新する処理が必要になるため、
データ本体の書き込みが終わった後にもメディアに対してのデータ更新処理が動きます。
それらの処理を完全に終わらせて、メディアを抜いても問題ない状態にする操作が、ハードウェアの安全な取り外しという操作になります。
実際のところは、遅れて書き込まれる時間もそんなに長いわけではないので、
この操作を行わずにメディアを取り外しても、壊れる場面に出くわすことはあまりないとは思いますが、
確実性を高めるためには実施すべき操作です。
    • good
    • 1

ハードウェアの安全な取り外しは遅延書き込み(キャッシュ)と呼ばれるものを利用している場合、必要となるものです。


パソコンは効率よくデータの書き込みを行うため、一時的に書き込むデータをメモリ上にためておいて、
ある程度たまったらまとめて書き込む仕組みを持っています。
それを遅延書き込み(キャッシュ)と呼びます。
ハードウェアの安全な取り外しを行わずに取り外しを行うと、
メモリにためてあったデータが書き込まれない問題が起こります。
しかし、特に設定を変えていない場合、USBメモリは遅延書き込み(キャッシュ)の対象になってません。
よって、突然外しても大丈夫というわけです。
ただ、何らかの理由でまだ書き込み中の可能性もあるので、
できるだけハードウェアの安全な取り外しを使用したほうがより安全です。
    • good
    • 0

パソコンにせよ接続機器にせよぶっ壊れた時にマイクロソフト社やハードウエアメーカーの言いわけを準備する必要があります。


壊れたら「だから『ハードウェアの安全な取り外し』をしないからだよ、今回はユーザーさんのチョンボです」と言うことです。
これはパソコンに限らず注意書きをまもらない横着なユーザーへの防御です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSBメモリアクセス不良

8GBのUSBメモリーをドキュメント保存用に使っています、
今回で2度目のトラブルですが、マイコンピューター上でUSBメモリー開こうとすると
「このドライブは壊れているかアクセス拒否のためアクセスできません」と表示され
開くこともファイルを保存する事も出来ません、

それ以前の操作としては、うるさいポップアップを消す目的でSpybotを使って以降かと推察しています。
(無意識で操作しているため自信はありませんが・・・)

前の一回も似たようなケースだったかと記憶していますが、このときはフォーマットしてしまいました。

OSは、XPとW8.1 64bitをデュアルブート使っていますが、そのどちらかもアクセスできません、


そこで今回の質問ですが、
このような場合、このUSBメモリーを修復する、或いはアクセスを可能にする
手段、方法等有りますでしょうか?、 問答無用でフォーマットするしか手段がないのでしょうか
ご存じの方にご教示をお願いします。

Aベストアンサー

フォーマットして使えるなら使ってもよいが、もう信頼性は皆無ですから、よほどどうでもよいようなデータの保存に使うぐらいでしょう。

USBメモリに限らず、携帯電話のデータ記録(フラッシュROM)や、SDカードなどにも使われているこの手のメモリは、NANDと呼ばれるフラッシュメモリを使っています。NANDフラッシュは、電気信号(電荷)を、絶縁体で包むことでデータを保存します。この包み込む場所をセルといいます。
その絶縁体の出入り口を浮遊ゲートと呼ぶのですが、データを記録する際には、その浮遊ゲートに電化を押し込むのです。
ゲートはぎりぎりで電荷が通れる程度に隙間が開き、透過し即座に閉じます。

しかし、繰り返し読み書きをすると、Tシャツの首筋が伸びるように、ゲートも開きっぱなしになることがあるのです。入った電荷が、すぐに逃げることがあるわけです。この寿命が、1つのセルあたり、1000回~1万回程度とされており、それに達すると、データ保存の信頼性が皆無となります。

一度でも不良が発生した場合、既にゲートの破損率はMFT(マスターファイルテーブル)やFAT(ファイルアロケーションテーブル)と呼ばれる見出しの領域に大量にあると思われ、保存用で使うにはほぼ不向きとなり、データ受け渡しようであっても、開こうとすると文字化けしたり、巡回冗長エラーでファイルのオープンに失敗する事態が発生することがあります。
すなわちまともに使えなくなるわけです。

よって、そういうメモリデバイスは処分するか、再び同様の症状が出る覚悟でフォーマットできればフォーマットして使うぐらいでしょう。

ちなみに、ファイル最適化を行うデフラグソフトなどは、このNANDフラッシュに使うと寿命を縮めますので使わないようにしてください。

フォーマットして使えるなら使ってもよいが、もう信頼性は皆無ですから、よほどどうでもよいようなデータの保存に使うぐらいでしょう。

USBメモリに限らず、携帯電話のデータ記録(フラッシュROM)や、SDカードなどにも使われているこの手のメモリは、NANDと呼ばれるフラッシュメモリを使っています。NANDフラッシュは、電気信号(電荷)を、絶縁体で包むことでデータを保存します。この包み込む場所をセルといいます。
その絶縁体の出入り口を浮遊ゲートと呼ぶのですが、データを記録する際には、その浮遊ゲート...続きを読む

QWindows Vsita のサービスパック1以上をUSBフラッシュメモリでほかのPCに

パソコンのWindows OSはVistaですが!
 Windows7のアップグレード版でアンプグレードするのが目的です。
 しかし、Windows7にアップグレードするにはサービスパック1以上が入っていないと
 アップグレードできません。
 しかしデバイスマネージャのネットワークアダプタのRealtek RTL8168/8111 Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.0) に、びっくしマークがついていましてネットワークの接続できませ。
そこでUSBフラッシュメモリで、直接接続してVistaのサービスパックをのインストールをしようと思います。
 以上の操作は可能でしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

可能。
他のパソコンで対象のサービスパックをダウンロードし、USBメモリに保存したら
アップグレードしたいパソコンに対してそのファイルを適用すればよい。

QUSBメモリにゲームパソコンのデータをインストールすることは出来ますか?

乙女ゲームなどのパソコンゲームをDVD-ROMからデータインストールするのに、インストール先はUSBメモリでもプレイすることは出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

間違いなくできます。
その種のゲームでインストール先をCドライブのProgram Filesに固定されてインストールされるものはまず存在しませんので、どこにでもインストール可能です。

ただし、プログラムによってはシステムフォルダにダイナミックリンクライブラリを登録するものもありますし、ユーザーフォルダやユーザーレジストリに認証情報を記述するものがほとんど全部でしょうから、USBメモリがあれば他のパソコンでもプレイが可能になるかというと、おそらくできないと考えた方がいいでしょう。

Qメモリ増設か買い替えか

6年前に購入したvistaの動きが随分遅くなってきました。
友人はメモリを増設すれば改善するとアドバイスをくれました。
十差に増設もやってくれるみたいです。
4gbの増設で(元々は1gb)一万3千円くらいのものをamazonで買う予定です。
ただ少し不安が。
6年も前のパソコンのメモリを増設して、動きは快適に戻るものでしょうか?
それとも、もう限界と考え新しいものを購入した方が得策でしょうか?
※できることならあまりお金は使いたくないのですが。。。

主観で全然構いませんので、ご意見いただけると助かります。

Aベストアンサー

2008年発売で、メモリーが1GBだとしたら
ネットブックや、CeleronM搭載の低価格モデルじゃないかと思います。

であれば、メモリー増設による効果は得られるものの
メモリー以外の構成が低価格なりのものですから

最新のコンテンツに対しては、グラフィック性能が不足したり
CPU性能が不足したりすることが多いのはどうにもなりません。


メモリーの種類の判別が面倒なので、ノートPCなら現物を持っていって
店頭で相談するのが確実です。

メモリーは相性が悪くて動かない場合もあるので
有償で、相性保証をつけられるお店もあるくらいですから
ネットオークションなどで購入することは、それなりのリスクがあります。
(ネットオークションでは相性問題による返品は認められないと思います)

機種を指定した、割高のメモリーモジュールも売られていますが
時期的に、もうそういうものを新品で見つけることはできないと思います。
逆にネットオークションで探すとしたら、機種指定で対応を謳っている製品です。


なお、PCの性能は、基本的にCPU,メモリー,HDD,GPU,M/Bの
五つの要素によって決まります。

M/Bは他の要素の選択肢を決める基盤ですから
場合によっては、パソコンの違いの本質がM/Bの違いとも言えます。
(かといってPC自体の買い替え以外ではM/Bを変えられないPCも多い)


CPUはOSの動作,アプリの動作,それらのすべての管理を行ないます。
2008年頃の低価格モデルでは、シングルコアCPUが多く
デュアルコアCPUとは、越えられない壁と言える格差があります。

子供二人でも自転車を持って階段を登れますが
大人だからといって、誰でも一人で持って登れるわけではありませんが
シングルコアとデュアルコアには、分担して楽できるかできないか、大きな差があります。

ですから、シングルコアCPUなら、投資するメリットは小さくなってしまいます。
機種によっては、CPU換装で当時の主力だった
Core2Duoなどに強化できる場合もありますが
トータルのコストとリスクは、他人にはあまり薦められません。


HDDは容量に注目しがちですが、速度にも大きく影響します。
たとえば、最新のUbuntu14.04LTSというOSは
最低限のシステム要件として5GBのHDDとなっています。
これに対して、Windows Vista Home Premiumは40GBです。

8倍の容量を提示することは、つまりそれだけ大量のディスクアクセスを行なうことを示唆します。
Windowsは、デフラグの重要性が問われ、初期のSSDでプチフリを独演したように
他のOSに比べて、非常に大量のディスクアクセスを行なうOSです。
ですから、他のOSに比べて、特にWindowsではHDDの速度が重要となります。

2008年のHDDであれば、40MB/s程度じゃないかと思いますが
既に100MB/sを超えるのがあたりまえ、SSDでは500MB/sに届いています。

Ready BoostはHDD性能を補う、Vistaの新機能として注目されましたが
現在では、忘れ去られた機能となっているほどです。


メモリー不足は、HDDを代用する仮想メモリー機構によって補われるので
Vistaでは、2GBが最低限、できれば4GBと言われてきましたから
それだけの負荷がHDDにかかっていたとも言えます。

つまり、HDDがいつ壊れても不思議ではないくらい消耗しているかもしれません。


最後にGPUですが、2008年の低価格モデルであれば
GPUと呼ばれるような、高性能のグラフィック機能を備えていないと考えられます。

Windowsの場合は、グラフィック機能はDirectXによって管理され
DirectXを介することで、グラフィック機能を活用できるようになっています。
VistaはGUI表示もDirectXを利用することによって
高性能PCでは、XPよりVistaのほうが軽くなることもあると言われていました。

ですが、メモリー1GB程度の低価格モデルであれば
当時のチップセット内蔵グラフィック機能があるだけで
その後の地デジ普及期に、インターネットでも進んだHD画質動画に
充分に対応できない可能性も高いと思います。

グラフィック機能にHD画質動画の再生支援機能がついたのは
2009年のことでしたから、タイミングが悪かったかもしれません。

セパレート型のPCであれば、GPUを搭載したグラフィックカードを追加できるかもしれませんが
やはり投資する価値は微妙なことになります。

これらの要素を、中古のCore2Duo,4GB相当のメモリー,そこそこのSSD,グラフィックカードと
全部アップグレードすれば、2,3万はかかってしまいます。

それでいて、No.4で挙げられている低価格ノートPCに及ばないはずです。
かといって、これも「迷わずこれを買う」のは可笑しいくらいの底辺スペックです。

2万円を切っているタブレット端末でもフルHD(1920x1080)の画面を備えている時代に
1366x768の狭い画面を備えている時点で、非常に限定的な用途にしか薦められません。

もっとも、それは広く販売され続けられていて、その結果
「パソコンがなくても、タブレットがあれば充分」という人が増えたのかもしれません。

VIsta機を6年使って、まだ使おうかという人なら
買い換えても、6年くらいは使うつもりでしょうから
長く使うつもりなら、フルHDの液晶とセパレート型のPCを買うほうが良いかもしれません。

ミニタワー型PCなら、あとから強化できる場合もありますし
故障時にも、汎用部品で修理しやすく、長く使おうというときに有利です。

逆に、壊れたらそれはその時で、買い替え前提で
安いものを買う手もあるのですが…画面の狭さだけは
パソコンの便利さ自体に差し障るものです。


なお、私の手元には古いPCもありますが、たとえばより古い2006年製
CPUで言えば、2008年の低価格CPUより一世代古い世代のCeleronM300系の
ノートPCもありますが、これにXubuntuを入れたものは
電源投入から70秒以下で起動できますし、1GBでもそれなりに動きます。
マルチメディアOSとして特化したGeeXboXで試すと30秒を切るほどです。

それだけ、Vistaが重いOSだったということもあるので
すっぱり買い換えた上で、予備PCとして活かすなら
そういった軽量OSを使ってみてもいいんじゃないかと思います。

2008年発売で、メモリーが1GBだとしたら
ネットブックや、CeleronM搭載の低価格モデルじゃないかと思います。

であれば、メモリー増設による効果は得られるものの
メモリー以外の構成が低価格なりのものですから

最新のコンテンツに対しては、グラフィック性能が不足したり
CPU性能が不足したりすることが多いのはどうにもなりません。


メモリーの種類の判別が面倒なので、ノートPCなら現物を持っていって
店頭で相談するのが確実です。

メモリーは相性が悪くて動かない場合もあるので
有償で、相性保証をつ...続きを読む

QUSBが認識されない

Windows Vista のノートパソコンを先日リカバリして使い始めました。
リカバリする前はUSBメモリーを認識していたのに、リカバリしてからは認識されません。
他のPCで認識されるものを使ってもどのUSBメモリも同じです。
USBメモリを挿してデバイスマネージャーを見ると、ユニバーサルシリアルバスコントローラーのところに出ず、その他のデバイスのところに!マークがついて出ます。
ドライバもインスト-ルできません。外付けのHDDを挿すと認識します。
USBメモリが使えるようにするにはどうしたらよいか教えてください。

Aベストアンサー

>デバイスのところに!マークがついて

そのデバイスを右クリック「プロパティ」「ドライバ」「削除」再起動でWindows汎用ドライバを再生成し、認識します。

QPCカードをUSBで接続したいのですが

ファックスのモデムを入手したら勘違いでPCカードタイプでした。
パソコンにはPCカードスロットがないのですが、USBに変換するようなものってあるのでしょうか。
あまり費用をかけたくなくてオクなども見てたんですが、見当たらなくて。

Aベストアンサー

なるべく安くならUSBタイプのFAXモデムを購入することです。
格安のものなら千円弱です。

OUTDOOR USB接続 56k アナログ回線接続 FAX/DATE(14.4K) モデム Win7 64 bits Vista 対応
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DVHYVZE/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00C1DCSWC&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1G6DE5YTX5CJN9WFTWTJ
2 (即決) 新品 USB FAXモデム 56Kbps Vista/7/8対応 送料120円~
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w104754171

Qメモリ不足で困っています。

FMV-BIBLO NF40WでWindows Vistaを使用しております。最近メモリの容量が足りないというメッセージが頻繁に出てきて困っています。

とりあえず使っていないプログラムは削除し、ディスククリーンアップもしたのですが、それでも足りないようです。

他に削除していいのかどうか分からないプログラムがいくつもありますので、削除していいのかご教授願えますか?

3D Media Surfing
Flinger Flower
Omnipas
Plugfree Network
Power Utility-スケジュール機能
Power Utility-リモート管理機能
Roxio Easy Media Create Home
Synaptics Pointing Device Driver
Ulead DVD writer 5 for Fujitsu
Urban Viewer for Web Version1
ワンタッチボタン設定
プロアトラスSU2

この中でも私一人しかこのPCを使っていないのでFingerFlowerは必要ないと思うのですが、いかがでしょうか?


※OKWaveより補足:「富士通FMV」についての質問です。

FMV-BIBLO NF40WでWindows Vistaを使用しております。最近メモリの容量が足りないというメッセージが頻繁に出てきて困っています。

とりあえず使っていないプログラムは削除し、ディスククリーンアップもしたのですが、それでも足りないようです。

他に削除していいのかどうか分からないプログラムがいくつもありますので、削除していいのかご教授願えますか?

3D Media Surfing
Flinger Flower
Omnipas
Plugfree Network
Power Utility-スケジュール機能
Power Utility-リモート管理機能
Roxio Easy Media Cre...続きを読む

Aベストアンサー

#5です。
>ということは今まで自分が作成したエクセルやらワード、写真などそれぞれあまり容量としては大きくないものですが、それらが積もり積もっているということでしょうか?

現時点では不明です。
●DriveAnalyzer
http://ringonoki.net/tool/system/driveanalyzer.php
等のツールを使って、どんなフォルダがハードディスクの空き容量を食いつぶしているのかを確認しましょう。

作製したファイル群が多すぎることもあるでしょうが、Vista標準のシャドウコピー機能が暴走して青天井でバックアップを取っている場合もあります。システムの復元の復元ポイントも容量を食います。
http://zakkiweb.net/v3/1/f.shtml
を参考に、10GBを超える設定になっていたら10GB未満に抑えていいと思います。私のVistaでは2GBに設定していました。

Qメモリカードを選んでください。

パソコン(NECのバリュースターVS300HG)のメモリカードを増設したいのですが、
どれを買えばいいのかチンプンカンプンです。。。。
今、二枚差さっていますが(買った時のままの状態)、
どれを買えばいいか具体的に教えていただければとても助かります。
勿論、全ては自己責任でやりますので、
これを購入すればいいんじゃないかな?っていうヒントをお願いします。

Aベストアンサー

> メモリカードを増設したいのですが

メモリーカードではなくて、メモリーでしょ?
メモリー容量を増設したいと言うことでしょうか?

下記仕様を見るに、標準で 1GB(512MB×2)が搭載されています。

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Prod_Spec_Summary?prodId=PC-VS300HG

それを全て取り外して、代わりに 2GB(1GB×2)まで最大搭載できます。
よって、下記あたりが無難なところと思います。

http://www.coneco.net/PriceList/1070706084/?AUC=1&utm_expid=870856-59.YO75MHKyT1aG5aFehXcviA.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.coneco.net%2FSpecList%2F01503040%2Fop1_id%2F7517108%2Fop3_id%2F73928%2Fop4_id%2F7517099%2Fspec_order%2FCOUNT%2F

ただし、パソコン自体が非常に古く、今となっては性能が厳しい機種ですので、
メモリーを増設できたとしても、劇的な改善には至らないかも知れません。

> メモリカードを増設したいのですが

メモリーカードではなくて、メモリーでしょ?
メモリー容量を増設したいと言うことでしょうか?

下記仕様を見るに、標準で 1GB(512MB×2)が搭載されています。

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Prod_Spec_Summary?prodId=PC-VS300HG

それを全て取り外して、代わりに 2GB(1GB×2)まで最大搭載できます。
よって、下記あたりが無難なところと思います。

http://www.coneco.net/PriceList/1070706...続きを読む

QUSBドライブのバックアップファイルの復元について

よろしくお願いします。

USBメモリに保存しているファイルやフォルダのデータを、定期的にノートPCにバックアップしています。OSはWindowsXPです。バックアップと復元ウィザードを使っています。

USBメモリを紛失してしまったかもしれないので、PCのほうにバックアップしてあるデータを復元してファイルを取り戻したいのですが、「バックアップ ファイルが見つからないか、要求されたものではありませんでした 復元するバックアップの場所が正しいかどうかを確認してください」というエラーが出て、復元できません。

バックアップというのは、BKFファイルだけでなく、元のデータというか、保存場所(USBメモリ)?がないとダメなんでしょうか?単純に、BKFファイル内にバックアップ元のデータが圧縮されて収納されていて、復元というのはその圧縮されたファイルを元の(編集できる)形に戻すというものだとばかり思っていたのですが・・・

心当たりのある場所をもっとよく探してみるつもりですが、USBメモリ内には個人的に大事なデータも入っていて、それが取り戻せないとすごく困るのです。

万が一USBメモリが見つからなかった場合、何とかBKFファイルを復元する方法はないでしょうか。

アドバイスをお願いいたします。

よろしくお願いします。

USBメモリに保存しているファイルやフォルダのデータを、定期的にノートPCにバックアップしています。OSはWindowsXPです。バックアップと復元ウィザードを使っています。

USBメモリを紛失してしまったかもしれないので、PCのほうにバックアップしてあるデータを復元してファイルを取り戻したいのですが、「バックアップ ファイルが見つからないか、要求されたものではありませんでした 復元するバックアップの場所が正しいかどうかを確認してください」というエラーが出て、復元できま...続きを読む

Aベストアンサー

XPのバックアップを利用したことがありませんがこんな手は使えませんか。

USBに空のメモリーを刺しておいて(復元場所を確保しておいて)ノートPCからUSBに復元できませんか。

ただ生のデータ類をUSBメモリーに記録するのはいかがかと思います。セキュリティを考慮しての策かも知れませんか紛失したらセキュリティどころではないですね。

Q富士通 CE9/100L メモリ増設後について

はじめまして、初心者で無知なのですが富士通のデスクトップOSはXP CE9/100Lですが先日もともとの1枚256MBからもう1ケ差し込むところに同じ物の256MBを差しましたがあまりスピードが変わらないような感じです。512MBを2ケ差し込めば早くなるのでしょうか?また今の状態で早くする方法は御座いませんか?スタート→プロパディー で見る事を知り試してみましたがコンピュータ表記のところに1.10GHZ、496MB RAMとなっています。256×2で512MBになっていないのですが??
詳しい方ご教授お願いします。。。

Aベストアンサー

>非常に分かり易いご回答で助かりました。512を2ケつける事は無理なんでしょうか?

一応BUFFALOでは512MBx2で1GMB扱えるのは確認されているようですが対応製品は既に存在しないみたいです。
http://buffalo.jp/search/pcnew/index.php?id=39084&category[]=2&type[]=&form_name=memory&action_index_detail=true

512MBのメモリといっても使用されているメモリチップによっては使えなかったりしますから売ってる物をとりあえず買ってくるとかいうのは止めた方がよろしいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報