『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

「機動戦士ガンダム」の作中に登場するMS「ガンタンク」を
現実で作成するとしたら大体いくらで作成できるでしょうか?

実現出来る範囲で、という前提でお願い致します。
※現実世界に無い素材や兵器は他のもので代用。
開発費、人件費等諸々踏まえてご回答頂きたいと存じます。

ガンタンクの形状であれば、現実でもなんとかなるのではないかと思い質問させて頂きます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

機体重量に占める燃料をパーセントで比較


兵器を持たないものとして仮定します

ロケットは95パーセント
航空機は16パーセント
自動車は6パーセント
軽自動車は4パーセント

次に素材面
戦車の金属はCrMo
水素気球ツェッペリン号のフレームが6000番アルミ
零戦素材が7000番アルミ
中距離輸送機として三菱が
現在開発中なのがコンポジットカーボン

ガンダニウム合金と3倍のエネルギーゲインが無ければ
如何に無謀かと言うことがお分かり頂けましたでしょうか
    • good
    • 0

開発費を800 億程度として?1台約20 億、量産出来れば8 億程度に


コストダウン出来ます。

因みに…「ガンタンク」は?現実には、開発される予定も有りません
が?マクロスに出て来た?バトロイド・バルキリーの一つの形態で有る
ガォーク型戦闘機でしたら?
現在、米軍とアメリカ兵器会社が共同で開発中だ?そうです。
機体形状は、バルキリーではなくて、オーガスに出てきたガォークに
似ている?腕が無い…マニピュレータを標準で搭載しているとの事です。
試作実験用機体がすでに開発されて下り、実用機開発の為の試験運用が
近々始まるとの事です。搭載されるエンジンも同時に量産に向けて?
実験が始まるとの事です。
今までに登場していない次世代型の新開発エンジンとの事です。
燃料電池を使用する科学燃料ジェットエンジンとの事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

ガンタンクが現実に開発されない平和な世界を目指しましょう。

お礼日時:2008/11/22 14:54

1000億はかかるでしょうね。



戦車1台8億っていいますが、戦車は何十年も前から存在し常に改良をされていているのです。1からガンタンクを作るなら開発にかなりの金額がかかります。戦車だって何台も作ることで8億という値段でも利益を出すことができるのです。
プロトタイプを1台作ろうとしたら最低でも1000億はいります。

参考Wikiより「新型戦車:2億3000万ドルの開発費」
http://ja.wikipedia.org/wiki/K2_(%E6%88%A6%E8%BB%8A)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

そうですね仰る通りプロトタイプの作成はテストの工数等も
相当費やす必要があり人件費も凄まじいことになりそうですね。

お礼日時:2008/11/22 14:16

http://scienceportal.jp/reports/robbot/10.html
こちらの試算によると、材料費だけで1台800億円くらいのようです。
その他を加味すると1000億は軽く超えそうです。
現在の兵器ですと、イージス艦が1000億くらいですね。
まあ、ガンタンクは板を貼り付けたようなデザインですし、二足歩行の機能もいらないので、多少は安くなるかも。

こんな価格では大量生産などできません。
試作機ならともかく、量産品ですとせめて50~80億程度でないと無理です。
ほんの数台程度じゃ、開発コストが取り返せませんし。
ガンタンクも量産型が出てきましたが、だいぶ簡略化されてました。

ご存知かもしれませんが、実物大ボトムズ。
http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/nandemo/2005 …
中は空ですが、鉄で作った実物大ロボット。
趣味で作ったようですが、逆に言えば個人のまかなえるコストで外装ができるわけです。
こちらなら、大量生産大量投入ができそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

本気で戦力として作成するとしたら、
確かに1000億を軽く超えそうですね・・・
ご紹介いただいた実物大ボトムズのように外装を
安価で作成し、動力部分も何とか安いもので賄えれば
かなり本物に近い外観、動きを再現できそうですね。

お礼日時:2008/11/22 14:04

ガンタンクは、作中後期にコアブロックシステムを殺して


単座になっていますので無視できるかと思います

とりあえずの想定
主砲:ラインメタル 120 mm L44 2門
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4% …

副砲:96式多目的誘導弾システム 4連装2基
http://ja.wikipedia.org/wiki/96%E5%BC%8F%E5%A4%9 …

主砲砲塔が旋回しなくてもいいので、多少は軽量化できると思われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
資料提示感謝致します。
これが積めればなかなかリアルなものが出来そうですね。

お礼日時:2008/11/22 12:31

以前、小型の二足歩行ロボットを市販しているロボットベンチャーの社長様と長時間に渡って「ガンダムを作ることは可能か」というテーマで話し合ったことがあります。



ロボットは、大きくなるほど倒れたりすることに時間がかかるため、姿勢制御などは容易なのだそうです。部品代が高くなるので製造コストの部材が増すのだそうです。動力エネルギーとしては、自動車のエンジンを利用し、油圧およびモーターにて稼働させるのが現実的だそうです。制御系としては、自動車に利用されているCANバスを利用すれば安価にできるそうです。

価格としては、初期開発投資および試験量産機を5機、大きさとしてはダグラム(ガンダム、ガンタンクより少し小さい)で、1機あたり2億円で製作可能だとのこと。技術的にも素材的にも、現時点においては困難な要素はないとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
現実的部品コストのご説明感謝致します。
見た目本物でちゃんと動く「ガンタンク」で
あれば製作は夢ではなさそうですね。

お礼日時:2008/11/22 12:29

コアファイター構想が外せないとなると、かなり高額になりますよね。


あと、宇宙でも耐えられるコックピットも。
人工衛星がいくらするのか知らないのですが、それ以上にはなりそうです。技術的にも?が付きますから、これは考えない事にしましょうか。

純粋にキャタピラー式の戦車にハリボテでOKなら建設機械と大差ないから、武器の部分(砲台とか玉)抜きの外側で2-3億くらい?
武器の部分を入れてx10で20-30億くらいでしょうか...。

全部憶測です。
人件費(パイロット)はそれ程特殊な技術いらないから5万/日
メンテナンスは特殊部品は除いて10万/月

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
今回は実現性を高めるためにコアファイター、宇宙耐性は妥協したいと思います

補足日時:2008/11/22 12:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
今回は実現性を高めるためにコアファイター、宇宙耐性は妥協したいと思います

お礼日時:2008/11/22 12:33

ジェネレータはどうしましょう


原作では核融合炉ですが
妥協して核分裂炉としてもかなりの大きさになると思いますが

これ以外だと、90式戦車が8億円だから十分量産すれば
×3ぐらいでいけるんじゃないの
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
日本で作成するとしたら、非核三原則により難しそうですね

お礼日時:2008/11/22 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング