NO.#34512の、nebula2113さんの「ブラックバス釣りについて」の質問について、回答が締め切られているようなので新規で教えてください。

滋賀県がブラックバスを放流したとの、回答がありましたが、本当なのでしょうか?
また、本当だったとして、「とある目的」とは、なんだったのでしょうか。
現在、滋賀県が行っているバス駆除に使っている税金はなんなのだろう、と言う問題になりそうですが。

ちなみに私の基本的なスタンスは、バス釣りはしてもいいが、再放流(キャッチアンドリリース含む)は禁止と、いうところです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

県が放流した、という話はきいたことがありません。

(少なくとも滋賀県のラジオで)
誰かバス釣りの好きな人が勝手に放流した、ということはよく聞きます。琵琶湖に限らず。

県が、バスフィッシングの要望も出されていない段階で放流することは考えられません。アユ漁や名産のふな寿司に被害が予想されるバスについては、検討課題にもならないのではないでしょうか。

たとえ、県庁の職員や県会議員が勝手に放流したとしても、県が放流したことにはならないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございます。

以前、ブラックバスの事について、調べたことがあったんですが、滋賀県が聞いたことが無かったのでびっくりしてたんです。
まぁ、バスフィッシングの要望が出てたとしても、県の施策でバスを放流と言うことは、まずありえないとは思いますしね。
そのような事が、地元漁師、環境団体からの反対運動とかがあったりして、もっと知られているはずですしょうし。

琵琶湖のコアユのから揚げや、フナ寿司、好きです。
フナ寿司は少し癖がありますが、好きになったらやめられません。ちょっと、脱線しました。

他の方の情報ももう少しお聞きしたいです。

お礼日時:2001/02/27 18:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滋賀県以外の方に質問

滋賀県に住んでいる方以外の人に聞きたいのですが、滋賀県て住みやすいところだと思いますか?。

Aベストアンサー

的外れな回答で申し訳ないのですが、琵琶湖って滋賀県の全面積の6分の1、即ち約17%を占めているんですよね。
隣県の京都で生まれ育ち、滋賀県に五年も居住し、その間に今の妻を見つけ現在は京滋とは別のところの住んでいる者の感想でした。

 

 

Qバス釣りのシャッドについて バス釣りに最近ハマっている初心者ですw バス釣りをやっていて不思議に

バス釣りのシャッドについて


バス釣りに最近ハマっている初心者ですw
バス釣りをやっていて不思議に思った事を
質問させて下さい。シャッドについてなのですが、シャッドのパッケージなどに潜行深度
何メートルなど表示されていますが、アレって深ければ深いほどいいのではないでしょうか?例えば最大水深が1メートルの川で1メートルのレンジを引けるシャッドでは無く2メートルのレンジを引けるものではダメなのでしょうか?それならば1メートルの所も2メートルの場所もボトムノックできると思ってしまうのですが、この考えは違うという方
理由を教えてください。
お願いします。
注意 あくまで質問です。

Aベストアンサー

こんにちは

バスのいる水深、それと、どの水深を泳ぐルアーにバイトするかは、
季節や水温、天候などにより様々です。
水深3mでも水面下30cmのルアーに連続バイトもあります。
(大森さんのクラシック優勝の時みたいな)
ですので、バス用のルアー(シャッドやクランクなど)は、同じ銘柄でも1mダイバーから4mダイバーまでラインナップを揃えていたりします。

ところで、No.1さんのおっしゃるようにただ水中を泳ぐだけの方が多く釣れる場合も時にはありますが、
質問者さんのおっしゃるようにボトムノックが有効な場合の割合は多いと感じています。
バスは基本、根魚ですので。
ご質問の趣旨に沿って回答するならば、水深1mの川で2mダイバーはあり(根掛かりは多発しますが)ですし、
1mダイバーもありです。

>深ければ深いほどいいのではないでしょうか?
その時のバスの状態が、1mで泳ぐルアーに反応がいい場合は釣りにくくなるでしょう。

尚、ボトムノックを意識するならば、シャッドは根掛かりの危険が高すぎます。
クランクの方が、浮力やリップ形状の関係で有効でしょう。
(川の場合はまた条件が少し変わってきますが)
基本、シャッドはただ巻き(あるいはトゥイッチ)、クランクはボトムノックです。

久々で、なんかまとまりがなくてすみません。

こんにちは

バスのいる水深、それと、どの水深を泳ぐルアーにバイトするかは、
季節や水温、天候などにより様々です。
水深3mでも水面下30cmのルアーに連続バイトもあります。
(大森さんのクラシック優勝の時みたいな)
ですので、バス用のルアー(シャッドやクランクなど)は、同じ銘柄でも1mダイバーから4mダイバーまでラインナップを揃えていたりします。

ところで、No.1さんのおっしゃるようにただ水中を泳ぐだけの方が多く釣れる場合も時にはありますが、
質問者さんのおっしゃるようにボトムノックが有...続きを読む

Q滋賀県にお住まいの方へ

会社の友人が滋賀県への異動についていくらか不安がっています。
ここでお聞きします。
滋賀県にお住まいの方へ・・滋賀県に住んで「良かったこと」「今イチな不便なこと」をぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

友人の方は独身ですか?お子さんがいらっしゃる方ですか?
それによって違ってきます。

独身、または夫婦のみで都会が大好き!な方には向いてません。
繁華街(派手な感じのところ)はあまりないので。
ただ、お子さんがいらっしゃる(それも低年齢)方ならかなり生活しやすいと思います。
買い物するにもだいたいどの地域にも「平和堂」というスーパーがありますし、大型ショッピングモールもたくさんあります。
ちょっとこだわりのパン屋さん・ケーキ屋さん・雑貨屋さんの開拓もできます。
遊ばせるのにもってこいの大きな公園や、入場料の安い淡水水族館(これはめずらしい)もあります。
すこし山に入れば(車で10分ぐらい)野性の動物も見れますし、川で泳ぐことも可能です。
ただ、学区のあたりはずれは大きいです。
あと、車が必須です。
下の方のおっしゃる通り、湖の東なら都会風で便利ですが、西側は少し田舎風で不便、また雪が積もることが多いです。

Q秋のブラックバス釣りの基本について(ボート釣り)

10/30 と 11/3 に仕事が休みとれたので
友人と久々に地元の比較的小さな湖でボートを出そうと思っております

私は奈良県在住です。

実践(?)から離れているので、おうかがいしたいのですが
この時期(秋口)の釣り方の基本をお教え頂ければと思います。

●基本的にはサーチベイトで探っていくのがベストでしょうか?
その場合はクランク(ラトルin)もしくはスピナベ等で良いのでしょうか。

またその日によっても違うと思うのですが
バスの層というものが今ひとつ分かっておりません・・・
(魚探は持っておりません)

秋口の釣り方の基本、ご教授いただければ幸いです

何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

秋はバスが元気、とは良く耳にしますよね?これは秋になるとバスが積極的にルアーを追いかける事に由来しているわけですが、積極的にルアーを追いかけているならレンジが多少ずれていても“私なら”あまり気にせずにガンガン投げて巻いていきます。

「そんな乱暴な…」と思われることでしょうが、ボート釣りで湖に行くのであれば小さな湖と言っても気になるポイントを全部丁寧に叩いていったら1日じゃ足りないと思いませんか?おまけに秋は「ターンオーバー」が終息に向かっていて表層と水底との温度差が余りありません…という事は全レンジにバスがいる可能性が高い!という事になりますね。
私は関東在住ですが、ほとんど急深な岸ばかりでドン深が続く相模湖では丸1日クランクを、遠浅の岸や溶岩帯が多くオカッパリ天国の河口湖では丸1日スピナーベイト、でっかい皿池の山中湖では丸1日バイブレーション…とパイロットルアーを固定してしまいます。こうでもしないと湖を回って全レンジをガンガン叩いていく事は不可能ですからね。

だからあなたが一番信頼できる巻物系ルアーをひとつに絞って1つのポイントで10投も投げたらガンガンポイントを変えていくのが最も手っ取り早いというわけです。ひとつでも多くのポイントを叩いて「やる気のあるバス」だけを拾い釣りするのが私の秋の釣り方です…都合が良い事に多少レンジがずれていてもやる気があるバスなら向こうから追っかけてくれますから。もちろん漫然と投げていくのではなくキャストしたらロッドを立てたり寝かせたりリーリングスピードを少々変えたりと、前回リトリーブした時と変化をつけることがコツです…ロッドを立てたり寝かせたり、リーリングスピードを変えていく事でルアーの泳ぐレンジは変わりますからね。

秋の釣りの場合「エリアを消去していく」事も結構重要で、ひとつエリアが減ればそれだけ他のポイントを叩く時間が稼げます。先ほども触れた通りターンオーバーしているエリアでルアーを投げても水中の酸素が欠乏しているのでサカナなんかいるわけがない、だから投げるだけムダ、ということ。水切れが悪くなんか臭く水面が泡立っているところは十中八九ターンオーバーが起こっていますので「ダメだこりゃ」と割り切る事もとっても重要なんです。
奈良でも神奈川でも、東日本でも西日本でも、日本でもアメリカでも、バスは所詮バスですから、ガンガン投げて1尾でも多くの「超やる気のあるバス」を探してください。

どうも、釣りバカです。

秋はバスが元気、とは良く耳にしますよね?これは秋になるとバスが積極的にルアーを追いかける事に由来しているわけですが、積極的にルアーを追いかけているならレンジが多少ずれていても“私なら”あまり気にせずにガンガン投げて巻いていきます。

「そんな乱暴な…」と思われることでしょうが、ボート釣りで湖に行くのであれば小さな湖と言っても気になるポイントを全部丁寧に叩いていったら1日じゃ足りないと思いませんか?おまけに秋は「ターンオーバー」が終息に向かっていて表層...続きを読む

Q滋賀県(大津)のフリーペーパーと言えば?

滋賀県(大津)で良く目にする、地域密着型のフリーペーパーは何という名前ですか??
(グルメ、見所、観光、イベント、文化体験など紹介をしているフリーペーパー)

出来れば、上位3つくらいで教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

Odecake(しがでおでかけ)
http://www.inden-creative.jp/odecake/

RuSC(ラスク)
http://rusc.jp/

Cheki pon(チェキポン)
http://www.cheki-pon.com/

Odecakeは大きめの冊子で人気があります。
滋賀民が大好きな地元スーパー・平和堂で手に入れやすいのも良いところ。

Q岡山県でバス釣りしてる方に質問です。 百間川でブラックバスは釣れるのでしょうか?

岡山県でバス釣りしてる方に質問です。

百間川でブラックバスは釣れるのでしょうか?

Aベストアンサー

私がお答えします。
百間川は河口で水門がある少し変わった川で他の川に比べると流れが穏やかで砂が多い川底になっています。
主に生息している釣れる魚は、ハネ(スズキ)・フナ・雷魚・ナマズ・キビレチヌ・鯉・ウナギ・ブラックバス等です。釣りの対象ではありませんが珍しい所ではアユモドキも生息しています。
ブラックバスはその河口の水門辺りから北方向の中川町辺りまでの範囲で釣る事が出来ます。それ以上北は浅くバスは釣れないと思います。大まかなポイントはバイパスの近くの川が分岐している辺り・城東方面から分岐している川の周りですね。
違う川が交わる場所は水質や流れの変化が有り魚が多く集まりやすい場所です。バスのポイントは変化のある場所を狙うのが効果的です。バスもかなり大きいのが釣れているのを目撃しました。と言うか、釣ったバスを『デカいの釣れました!写真撮ってもらえますか?』と駆け寄って来たので写真撮ってあげました。かなり体高が有るバスでしたよ。
その時私は、近くで違うものを狙って釣っていました。

Q大阪、又は京都から滋賀県にいくには?

大阪、又は京都から滋賀県に行くにはどうしたらいいですか?
滋賀県近江にいきたいのですが、九州出身者なのでよく分かりません。
所要時間なども教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

JRでいくと良いですね
京都駅も大阪駅も解らないはずはありませんから

新快速で大阪より京都まで1時間足らず
京都から滋賀県近江といえば近江八幡でいいのかしら?
新快速で30分程度
快速で40分程度です
長浜行きか米原行きに乗ると手前で止まらないので安心です

地図情報のサイト:mapfanとかgooglemapとかで場所を調べて
路線情報のサイト:yahoo路線情報等
上記で調べたら一瞬で解決です
それすらも手間でココに書いてるのですねw

Qバス釣りのワームのカラーについての質問 バス釣りでは水質や天気などによって、 ワームなどのカラーを変

バス釣りのワームのカラーについての質問

バス釣りでは水質や天気などによって、
ワームなどのカラーを変えますが、
プレッシャーが掛かるフィールドだと
バスがスレて来てしまい定番と言われている
グリパンやウォーターメロンなどのカラーが
飽きられてしまう、見切られてしまう場合
バスが見た事ない様なカラー(ピンク、ホワイト、チャート)にしようと思うのですが、この場合バスの反応はどの様な感じなのでしょう?実際にフィールドに行って試したいのですが時間が無い為皆さんの知識をお借りしたいです。私が思うにバスが警戒して口を使わない。または見たことのないカラーに興味を示して口を使うのどちらかだと思うのですが、皆さんの意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

バスはやらないので、本で読んだ知識と、ジギングの経験からの回答です。

スレた魚に、変わったもの(カラー)を試すのは良いと思いますよ(^^)

バスに限らず、フィッシュイーターは、近くに見慣れないヤツ(ルアー)が来ると、
「なんじゃい、こいつは?」
と、興味を示すことが多くあります。
また、たまたま近くに動くものがあると「反射喰い」で食いついてくることも。
そういう意味で、変わった色を試すのは、私は同意します。

「絶対釣れる」というルアーが無いのと同様、「絶対釣れない」というルアーも無いですしね。

それに、釣れた方が楽しい、と思う気持ちもわかりますが、
自ら考え、いろいろ試してみるのも釣りの醍醐味だと思いますよ?

Q滋賀県に新婚補助制度があるかどうか

結婚し、滋賀県に引っ越すことになりました。
そこでご相談ですが、大阪市が行っている新婚補助のような制度は滋賀県にあるでしょうか?
大阪市では2万円~2万5千円程の補助が出るらしいです。ネットで調べたところ滋賀県では無いかなあというのが手応えなのですが。。。

新婚補助でなくても滋賀県に住む上で良い情報がありましたら是非教えてください^^よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 おはようございます。

 おっしゃっている,いるような色々な制度は,都道府県単位でやっているものや,市町村が独自でやっているものなどがありますので,お住まいの市町村のホームページなどで調べられた方がいいと思います。
 ひとつだけ,悪い情報としては,琵琶湖を抱えていますので,その保全のため,水に関する規制は厳しいようですね。m(__)m

http://www.towninfo.jp/

参考URL:http://www.towninfo.jp/

Qブラックバスの密放流

釣りにはとんとシロウトな私ですが、ブラックバスの害についてはメディアを通してある程度知るところとなりました。
そこで疑問なのですが、これだけ環境を破壊し、釣り人の肩身をも狭くしているブラックバス密放流が、なぜ依然として行われているのでしょうか?
また、世間の批判が噴出する以前でも、ブラックバスが次々と放流されていった理由は何なのでしょう?
ブラックバスの放流を擁護する意見もあると聞きましたが、その人たちの論の根拠とはなんですか。
教えてください。

Aベストアンサー

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスやブルーギルが様々な形で放流されていった様です。
しかしながら、現在ではその生態もある程度解明されているにも拘らず、放流は後を絶ちません。
これは無責任な放流と言っても良いと思います。
ブラックバスに代表される大陸産の淡水魚はその悪食が問題となっており、目の前を通過する移動物体を食欲からではなく本能で攻撃若しくは捕食する週間を持っています。
これらの淡水魚が本来生息しない環境化に放たれるわけですから、在来種は当然巻き込まれるはずのない食物連鎖に対応できず激減していきました。
鮎、鮠、公魚、鮒、在来種の稚魚が殆ど外来種の悪食によって生存環境を脅かされています。
理由は簡単です。
フィッシャーマンにとってブラックバスは魅力的なファイトを楽しませてくれる絶好の対象魚といえる点に尽きるでしょう。
1985年を境に85年以前に放流された時点では、今の様な生態が確認(在来魚に与える影響)されていませんでしたのでやむなしの感がありますが、85年以降に生息が確認された地点に関しては、明らかに確信犯による放流と言えるでしょう。
ただ、一度放流され生息が確認された湖沼に関しては、魚の権利(あるかは別儀)は問わないとして、フィッシャーマン達がレジャーとして楽しむ事が出来る環境がある事も事実と言えるかと思います。
そこで、漁業を営む方にとっては切実な問題ですが、密放流は暫くは続くのではないかと思います。
ブラックバスを擁護する意見の方たちは、生態が確認されていく過程で減少しており、現在表立って異議を唱える方は少ないと考えられます。
ブラックバスやブルーギル等の外来魚は繁殖能力や適合力が日本在来種に比べ極めて優れている事、更に攻撃性が高い事、総てが確認されている事実となってからは
密放流は多少ですが減少してきてはいるようです。
既に大抵のエリアに行き渡った感も否定できない事実ですが…
意外な事実として、子供達による密放流が原因となっている事実もあります。
身近な場所で釣りをしたい、PR不足環境に与える影響等の知識に乏しい、等による事が原因と言われています。
回答にはならないかもしれませんが、既に外来種ではなくなっている感もあるブラックバスです。
今後は生態環境を注意深く見守っていく事が必要な魚ではあります。
では。

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスや...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報