【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

民事カテでおたずねしようかとも思ったのですが、
法律相談というほどでもないので、やはりこちらでお伺いします。

以下3項目で1番目だけ「以内」とせずに「超えない」としているのには、何か正当な理由があるのでしょうか。

1. 日々雇い入れられる者で雇用期間が1ヵ月を超えない者
2. 2ヵ月以内の期間を定めて雇用した者
3. 試用期間中であって採用日から14日以内の者

追伸:先日の「2か月目ちょうどの日」の質問では
いいご回答をたくさんありがとうございました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4567053.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そもそも,


1は,労働基準法第21条柱書但書+第1号
2は,労働基準法第21条本文+第2号
3は,労働基準法第21条柱書但書+第4号
です。

2の「以内」は,第2号の「以内」がそのまま使われています。
1の「1箇月を超えない」は,但書「1箇月を超えて」の否定。

問題は,3番目で,
但書の「14日を超えて」を否定すれば「14日を超えない」になるはずなのに,
なぜ「14日以内」になっているか,
ですね。

労働基準法第21条では,「採用日」という言葉は使われていません。
その意味で,条文とは違います。

「採用日」という言葉を入れた場合は,「試用期間中であって採用日から14日を超えない者」という表現になり,
決してこの表現が誤りだということはないと思います。

しかし,私にはこの表現が少しおさまりが悪く感じます。
原因は「14日を超えない」の主語がない明示されていないからです。

1番目のように,「雇用期間が」など主語が明示してあればとてもすんなり頭に入ります。

主語を明示しない場合は,
採用日から"起算して"14日を超えない者
のように,言葉を補うのが普通のようです。

また,「を超えない」よりも「以内」のほうが簡単だからというのも,3が「以内」になっている(主な理由ではないが)副の理由として挙げられると思います。


2番目だけは,1番目・3番目と違って,第21条の号で「2箇月以内」と示されているため,
(わざわざ「2箇月を超えない」と表現せずに)
号に書いてある「2箇月以内」をそのまま使うのが素直です。


質問の
>1番目だけ「以内」とせずに「超えない」としているのには、何か正当な理由があるのでしょうか。
については,
第21条の条文の「1箇月を超えて」を否定すると「1箇月を超えない」になるから
というのが答えだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。理由は労働基準法第21条の条文への言及であったわけですね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/23 09:08

>「超えない」と「以内」という異なる表現をなぜ使うに至ったのか


2番の通りです。

>またこの違いをつぶさに英文に反映させる必要はあるのか
つぶさに英文に反映させたほうがよろしいかと存じます。

ここで使われている用語や文が、この規程の中の他の項にも使われている可能性があります。
また、下部規程(給与支給規程など)に使われている可能性があります。
そして、それらの諸規程の条文はそれぞれ、メカ式の時計の部品のようにお互いに絡み合って複雑に動いています。
どこかを変えればとんでもないところに影響が出る可能性があります。
中央官庁の古手の課長補佐や会社の総務部のヌシのような人は、そこいらヘンをよく知っていますので、ヘンな小父さんでも存在価値があるわけです。

質問者さんが、最終的に会社の人事諸規程を全部英文化されるつもりということであれば、機械的につぶさに違いを反映させて英訳された方が無難でしょう。
変えるのは、諸規程全部の機械的英訳を済ませ、中味を全部把握した後のほうがよろしいように思います。

ただし、質問文の箇所やその周辺を抜粋して英訳し、紙1,2枚のチラシのような説明文を作るということであれば、お気づきの不揃いなところは今すぐ変えたほうがよろしいと存じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今回の例文における使い分けについてのアドバイスは大変参考になりました。

特に意味的な根拠はどちら様からもいただけませんでしたので、
日本語表現と英語表現がどこまで1:1に呼応するかの見極めについては
今後の課題に残すといたしまして、この質問を締め切らせていただきます。

皆様ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/07 04:26

正当の理由がある事は既に回答のある通りです。


法律や理学関係では、「以下」「未満」「以上」「超える」の区別を致します。
*「以下」「以上」はその前に来たものを含みます。
例)二十歳以上。…二十歳丁度は含まれます。
例)百平米以下。…百平米丁度は含まれます。
*「未満」「超える」では含まれません。
例)十八歳未満お断り。…十八歳丁度は含まれません。
例)五百を超える。…五百丁度は含まれません。

この中で「超える」だけ不揃いなのは、そのようの用語を整理したとき(明治期?)に適当なものがなかったからでしょう。

なお、このようなものを英訳する場合には、「含む」「含まない」で大変の違いが出る場合が多々あります。特に契約が絡むと大変の事になります。多少まずい文章になってもその辺は正確に訳す必要があります。労働法規や民法など日本国法規は公式の英訳もありますから関連する箇所を参照されると良いでしょう。

この回答への補足

英文表現の工夫は別として、
日本語の「含む」「含まない」の面からは、
「1ヵ月を超えない」は「1ヵ月以内」と同義であるとの理解でよろしいでしょうか。

補足日時:2008/12/26 05:33
    • good
    • 0

2番です。


先程の回答で書き洩らしたことをちょっとばかり・・・。

ご質問文の例文は、企業の就業規則そのものかあるいは役所提示の就業規則のモデルだと思います。

本気で就業規則を書き直そうとするのであれば、就業規則ばかりかその他の下部規程を何百ページも見直す必要が出てきます。
ニッチもサッチもいかなくなってお手上げになったり、大騒ぎしたが結局もとのママがよいということになったりする例が多いようです。
人事関係諸規程の作成は、できるだけモデルの通りにやるのがコツです。

質問者さんは、単に就業規則またはモデルを見て、「超えない」、「以内」、「以内」となっているのが不揃いで、不思議に思われただけだと思いますが、もし改訂されるというのであれば、方々とのカラミを全部チェックする必要がでてきますので大変です。
それに届出を受けた役所も嫌がります(役所もチェックが大変だ)。
私はお勧めしません(^-^ ) 。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、手元の「原文」を私が書き換えようと試みているわけではなく、実はこれの英訳するにあたり、「超えない」と「以内」という異なる表現をなぜ使うに至ったのか、またこの違いをつぶさに英文に反映させる必要はあるのか、という疑問だったのですが、おっしゃるとおりこの手の文書は「書き直しが大変だから」というのも案外説得力のある根拠ですよね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/24 01:49

労務管理のテキストか何かから引っ張って来られたのでしょうか?



これは条文そのものでもなければ国語のテキストでもありませんから、表現の正統性云々を語るのはいささか大袈裟だと思いますが、なるべく条文の表現を生かすという観点に立てば、次のような訂正例が考えられます。

1) 日々雇い入れられる者で雇用期間が1ヵ月を超えない者
2) 2ヵ月以内の期間を定めて雇用した者
3) 試用期間中であって採用日から14日以内の者

↓↓↓

1) 日々雇い入れられる者で使用期間が1ヶ月を超えない者
2) 2ヶ月以内の期間を定めて使用される者
3) 試の使用期間中の者でその期間が14日を超えない者
    • good
    • 0
この回答へのお礼

条文を生かすわかりやすい表現を、ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/24 02:08

たしかにご質問の1~3だけを見た場合、「超えない」という和語と「以内」という漢語が混在していて不揃いです。

恰好がよくありません。

これは、この規程が準拠している根っこの法律の条文の文言に影響されているようです。

労働基準法第21条より抜粋
「但し、第1号に該当する者が1箇月を超えて引き続き使用されるに至つた場合」
  1.日日雇い入れられる者

それじゃあ、労基法21条但し書きでは、なぜ漢語を使わなかったのかというと、漢語に適当な言葉がないということでしょう。

「1ヶ月以上」は1ヶ月を含んでいます。
無理やり「以上」を使うとすると、「1ヶ月と1日以上」となってヘンですし、それじゃ半日超えたらどうなんだということも言われちゃいます。

法律の第1号のほうは、日雇い労働者のことを「日々雇い入れられる者」という和語主体の表現にして、別に定義を設けることなく簡潔にまとめています。但し書きの表現もこれに合っていると思います。

労働基準法
(解雇の予告)第20条 使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。
2 前項の予告の日数は、1日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮することができる。
3 前条第2項の規定は、第1項但書の場合にこれを準用する。
 第21条 前条の規定は、左の各号の一に該当する労働者については適用しない。但し、第1号に該当する者が1箇月を超えて引き続き使用されるに至つた場合、第2号若しくは第3号に該当する者が所定の期間を超えて引き続き使用されるに至つた場合又は第4号に該当する者が14日を超えて引き続き使用されるに至つた場合においては、この限りでない。
1.日日雇い入れられる者
2.2箇月以内の期間を定めて使用される者
3.季節的業務に4箇月以内の期間を定めて使用される者
4.試の使用期間中の者

以上以下未満超える超えない
http://adminn.fc2web.com/houmu/kisoyougo/kisoyou …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1ヶ月は何日ですか?

有効期限で「本日より1ヶ月」と書いてある場合があります。
例えば、2月であれば28日3月なら31日と月によって日数が異なりますが、1月というのは何日を言うのでしょうか?
電車の定期券は「1月マイナス1日」のような気がします。

具体的に定めた法律・ルールがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

法律でそのような定めを置いているものとしては、民法141条と第143条が該当します。

第140条 日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。

第141条 前条の場合には、期間は、その末日の終了をもって満了する。

第143条 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
(第2項 略)

よって、「本日」が午前0時から始まっていない限り、その1ヵ月が経過した末日終了で「1ヵ月」満了となります。
また、1ヵ月が暦によって28日から31日まで幅がありますが、民法ではそれもあらかじめ織り込み済みで、上記のような規定を置いています。
なので、例えば7月15日から1ヶ月間、と定めた場合、原則初日は含まれませんので、7月16日から1ヶ月間となり、8月15日が終わって16日に日付が変わる瞬間に「1ヵ月」が終了する、ということになります。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以上」と「超」の意味の違い

「100%以上」という場合100は入るということは分かるのですが、「100%超」という場合は100は入るのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以上と超は以下と未満の反対の意味に使う都解釈して良いと思います。
ですから以上以下はその数字を含む、未満、超はその数字を含まないとなります。整数で言うと
100未満 は ~99 
100以下 は ~100
100以上 は 100~
100超  は 101~
となります。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q以内とは

30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?
60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?
契約上の問題などです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?

30日も入ります.

>60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?

60日も入ります.

「以内」だけでなく,「以上」,「以下」についても共通ですが,ある数値や日数を基準にして,その基準を含んで(等しい場合を含む)それより多いか少ないかを表す方法です.
ただし,日本では昔,この意味がけっこうあいまいだったそうです.

数学では,「数値」≦ 「基準値」などと表わしますが,数学の影響もあり,法律の世界でも使うようになっています.
また,表わされた範囲の「30日以内」の外側については,「30日を超える/超過する」という表現がありますし,基準を含まない場合は,30日未満とかとも表現します.
さらに,「30日以内」は「30日を超えない」ということもあります.

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q応当日って...

「1年後の今日」などを表現するとき、「おうとうじつ」
という言葉を使いますが、これに関して質問があります。

1.漢字は「応当日」でいいですよね。「応答日」と書い
てある文書も沢山見かけるのですが、間違いと言い切って
いいのでしょうか。

2.この言葉は「応当する日」なのでしょうか。それと
も、「応ずる当日」でしょうか。または、この質問には
意味がありませんか。

3.「3月31日の翌月の応当日」は4月30日と考える
のでしょうか。それとも、例えば契約書の場合、個々の
契約で決めるべきことなのでしょうか。

広辞苑では分かりませんでした...

Aベストアンサー

「契約応当日(けいやくおうとうび)」ですね

1.2.「応当する日」ということで「応答日」は間違いです。

3.会社のローン担当に聞いてみたら4月30日ということで大丈夫だそうです。
 ただし、それも、会社によって相違があるので一概には言い切れないとのことです。

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む

Q2か月目ちょうどの日

契約日が「1月1日」であるとしたとき、
2か月目ちょうどの日とは、下記のいずれでしょうか?

A:3月1日
B:2月の最終日

Aベストアンサー

まだ開いてましたので、要らぬお節介かも知れませんが。
>期間計算に契約日を算入するかどうかの問題…というわけではなかったのですが
そういうことでしたら、前提を変えてみましょう。

問:質問者さんが、1月1日に、行きずりの美しい人と「2か月目ちょうどの日に、またここ数寄屋橋のたもとでお会いしましょう。」という約束をした。
2ヶ月目丁度の日とは何月何日か?

(1)国語的回答
金色夜叉の貫一のセリフ「来年の今月今夜、再来年の今月今夜、10年後の今月今夜、僕の涙で・・・。」の「来年の今月今夜」とは、もしそれが1月1日に言ったのであれば、それは「翌年の1月1日の夜」と見るのが妥当でしょう。12月31日とか1月2日というのは常識的ではありません。
仮に貫一が月曜日に「1週間後の今夜」と言ったのであれば、「翌週の月曜日の夜」でしょう。
したがって、ご質問の場合は「3月1日」となります。

(2)数学的回答
1月1日+(1月の日数31)=1月32日⇒2月1日
2月1日+(2月の日数28)=2月29日⇒3月1日

やっぱり3月1日でよろしいと思います。

でも、相手が誤解をしている場合があるかもしれません。そこで、
A.どうしても再会したいと思ったときは、無駄足になると思いつつも、2月28日、3月2日にも足を運びます。
B.行きたくはないが、義務感から行くような場合は、3月1日しか行きません(^-^ ) 。

まだ開いてましたので、要らぬお節介かも知れませんが。
>期間計算に契約日を算入するかどうかの問題…というわけではなかったのですが
そういうことでしたら、前提を変えてみましょう。

問:質問者さんが、1月1日に、行きずりの美しい人と「2か月目ちょうどの日に、またここ数寄屋橋のたもとでお会いしましょう。」という約束をした。
2ヶ月目丁度の日とは何月何日か?

(1)国語的回答
金色夜叉の貫一のセリフ「来年の今月今夜、再来年の今月今夜、10年後の今月今夜、僕の涙で・・・。」の「来年の今...続きを読む


人気Q&Aランキング