日本経済新聞夕刊に、いろいろな人がまわりもちでエッセイを書く「プロムナード」というコーナーがあります。
2007年ごろに、作家の三浦しをんさんがこのエッセイの担当を何度かしていましたが、この文章というのは、現在、なにがしかの出版物に収録されているのでしょうか?
(少なくとも6~7回以上は書いていたと思います)

ご存じの方がいらっしゃいましたら、おしらせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。

根拠の無い放言をなおざりにしておくのも問題ですので、調べられる範囲で判ったことを記しておきます。

 私はこのコラムを必ず読んでいます。掲載は2007年の上半期でした。↓の最下部。
http://www.boiledeggs.com/siori/sioninfo5.html
ここの担当は半年交代になっています(この十年くらいの間に盗用問題が発生して、作家もどき=雑文書き?の某女性が降板したことが一度だけあったと思いましたが、これは例外)。ですから連載が完了したのは07年6月末になります。
 そこでこれ以後に刊行された同氏の著書を国会図書館で検索すると、該当17冊になります(刊行年度単位の検索しか出来ない)。が、明らかに小説であるもの、これ以前の単行本からの文庫版再発本、漫画の原作と思しきもの、多数著者によるエッセイ集、など可能性が低いものがほとんどを占めています。
 2008年1月刊行の『悶絶スパイラル』は対象に含まれますが、新刊書店の内容案内を見る限りではこれも違うとしか感じられません。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?free= …
内容は掲載場所が場所だけに、そんなに砕けた話ばかりではなかったと思いました。
 大体25回の連載で、1回当たりを本にすると3ページ程度でしょう。紙面の構成次第ですが、イラストを入れたりして増量しても100ページというところで、普通の本の半分以下のページ数です。三浦さんは普段はもっと砕けた内容のエッセイが多いらしいですから、これと組み合わせて単行本にする原稿がなかなか見つからない、または新たに書かれない状況かもしれません。こうなると単行本化は当分無いかもしれません。
 それでもとお感じならば、初めに挙げた三浦さんの近況報告ページを最新に至るまで探してみると、なんらかの手掛かりを得られるかもしれません。 
 
 どうしても読みたいとなると、日経の縮刷版を所蔵している図書館に行ってコピーを取るしかないでしょう。東京ならこちら
http://www.library.metro.tokyo.jp/169/snna.html
全国はこちらから調べてください。
http://www.jla.or.jp/link/public.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんお手数をおかけして、恐縮に感じます。
三浦しをんさんは、1編だけかなり真面目な短編を読んで、その筆さばきに感心し、さらにお若い方だと知ってびっくりしているうちに、あれよあれよと有名作家の仲間入りをしてしまいました。
このエッセイを見つけた時は、その文章の持ち味が、あまりに自分の感覚にフィットするので嬉しくなり、楽しみに読んでいました。
手元には7回分くらいの日経新聞が残っていますが、可能ならば全て読みたいな、と思っての質問でした。

刊行物への収録は望み薄ですね。縮刷版を探してみることにいたします。期間など明確にしていただき、ほんとうに助かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/01/15 08:50

「しおんのエッセー」だと思います。

この回答への補足

すみません。回答の意味がわかりません。
『しおんのエッセー』
『しをんのエッセー』
『しおんのエッセイ』
『しをんのエッセイ』
4種の表記でamazonで検索してみましたが、そのようなタイトルの本はヒットしませんでした。
また、『しをんのしおり』というエッセイ集がみつかりましたが、Wikipediaによると、発行が2002年、文庫化が2005年なので、私の探しているエッセイは収録されていないと考えられます。
詳細をお知らせ下さい。

補足日時:2009/01/08 20:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q以前に読んだ椎名誠氏のエッセイが収録されている本

こんにちは。

某読書サークルの同人誌に、大昔読んだ椎名 誠氏のエッセイを紹介したいと
思って、拙宅にある氏の著書から探してみたのですが、見つかりません。
とても印象深いエッセイなので、見つからずに隔靴掻痒です。

以下、雲を掴むような手がかりを申します。

・書かれたのは’80年代?(70年代後半かも)
・エッセイの概要
 「氏が通勤で乗る電車でちょくちょく見かける素敵な女性がいて、いつも
  車内で本を読んでいた。(曖昧な記憶ですが、いつもアガサ・クリスティを
  読んでいた?→こんな一節があったような気がします。)
・「件の女性もここ十数年、車内で見かけなくなった。その女性は今頃どうしてる
 だろう。紅茶を飲みながらミステリーモノを読み耽る素敵なおばさんになってる
 だろうか。」

特に最後の「その女性は今頃、紅茶を飲みながらミステリーモノを読み耽る素敵なおばさん
        になっているだろうか。」

この一節は比較的よく覚えていて、非常に印象に残っています。
一言一句同じではありませんが、大体こんな趣旨の文章でした。

こんな手がかりで、それが収録されている書名とエッセイノタイトルがお分かりの方が
おられましたら、よろしくお願い致します。

こんにちは。

某読書サークルの同人誌に、大昔読んだ椎名 誠氏のエッセイを紹介したいと
思って、拙宅にある氏の著書から探してみたのですが、見つかりません。
とても印象深いエッセイなので、見つからずに隔靴掻痒です。

以下、雲を掴むような手がかりを申します。

・書かれたのは’80年代?(70年代後半かも)
・エッセイの概要
 「氏が通勤で乗る電車でちょくちょく見かける素敵な女性がいて、いつも
  車内で本を読んでいた。(曖昧な記憶ですが、いつもアガサ・クリスティを
  読んでいた?→こ...続きを読む

Aベストアンサー

椎名誠が解説を書いた本だったりして。本の雑誌関係者群ようこのデビュー作『鞄に本だけつめこんで』の単行本の表紙がきれいな脚の女性が電車のベンチシートとおぼしきところに腰かけて本を広げてたような記憶。この表紙と提示の椎名誠の文は暗合してるように思います。

とはいえ、『本の雑誌』誌面や新聞掲載の書評、コラムなんかで本になっていない可能性もありますね。

Qフィクションを“実録・実話”・“エッセイ”として出版するのはOK?

脚色や誇張を越えて、誰の目に見ても明らかにフィクションな本があるんですが(明らかに現実味がない、矛盾点が多い・事実は変わらないはずなのに設定が二転三転する…)、作者は実録、ノンフィクションだと言い張り出版するとします。

出版社サイドは、その本が実録、ノンフィクションか読者が問い合わせてもノーコメントだったり、全くもってハッキリさせません。

フィクションなのに、実録とかノンフィクションと言って本を出版するのは詐欺にならないんですか?

それならば、最初からフィクションとして出せばいいし、(なぜ作者がノンフィクション、実話だとこだわるのかは不明ですが)…実話なんだとそれを目当てで買う人もいるし、ノンフィクションやエッセイが好きな人からすると怒りたくもなると思いますが…。

Aベストアンサー

1 評判にならないでしょうから、売れない
2 出版社は責任をもてないから、出版させてくれない

自費出版ならどんな本でも作れます(自己責任)

Q小説・エッセイ

風俗嬢の仕事や恋愛などの長編小説を探しています。ケータイで読むのが好きではなく、本で読むのが好きなので出版されているものでオススメがありましたら教えて下さい。
難しいカンジの内容ではなく、ケータイ小説なんかであるカンジのものを探しています。
説明不足でしたらすみません。

Aベストアンサー

小池真理子『弁護側の証人』。ストリッパーが主要登場人物。金持ちの息子に見初められ結婚したものの義父の殺人事件で人生が急転のミステリ。
生島治郎『片翼だけの天使』。個室付特殊浴場の泡姫と再婚したハードボイルド作家による妻をモデルにした作品。

石田依良『池袋ウェストゲートパーク』シリーズ。何話か池袋の風俗嬢がらみの短編あり。

業田義家作『自虐の詩』。数年前、『トリック』の堤幸彦監督により阿部寛、中谷美紀で映画化された4コマ漫画。主人公幸江の父はピンサロ嬢と、幸江がつとめるラーメン屋の主人はソープ嬢とくっつくエピソードあり。幸江自身、立ちん坊時代に今の連れ合いに見初められたエピソードを持ちます。幸江の中学時代の同級生熊本さんとのエピソードが何度読んでもじーんと来ます。

Q元気になれる漫画&エッセイ

将来についてや結婚等、漠然とした不安で
凹み中です。こんな時にお勧めな本はありませんか?
漫画でも小説でも決まった作家さんばかり読んで
しまうので新ジャンルを広げたいです。
普段は
漫画:吉野朔実・陸奥A子・いくえみ綾
小説:東野圭吾・桐野夏生・江國香織
エッセイ:姫野カオルコ・室井滋・k.m.p
等を読んでいます

Aベストアンサー

誰でもありますよね…
なんか凹んでしまうとき…

こちらはいかがでしょう??

「ぶたぶた日記 」 光文社文庫
矢崎 存美 (著)

主人公はぶたのぬいぐるみです…(^^)
そして他の登場人物がそれぞれ色んな悩みを持っていて
そ悩みを自分なりに乗り越えるといった内容です

ストーリーもほわーとしててほっとした気分になれます~

kanikamaさんも早く元気になれると良いですね

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334737293/qid=1111125341/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-2189892-9338741

Qエッセイを読む方へ

ライブドアブログで「女の価値は自分で決める」というタイトルでエッセイを書いています。私はネット初心者でブログの存在自体も最近知りました。自分の楽しみで書いてるものの、殆どアクセスがありません。人気がある人のものをのぞいても自分の気持ちをズラズラ書いているだけのようで、あまりおもしろいと思えないのですが、エッセイを読む方はブログで読もうと思わないものでしょうか?

Aベストアンサー

プロのライターです。

「女の価値は自分で決める」というタイトルは、なかなかいいと思います。こりすぎていなくて、でも、内容がそこはかとなく伝わってきます。ただの日記じゃなくて、主張を感じられます。特定のジャンルが嫌いな人は嫌いなので、「読む気になれない」と言われても、気にしなくていいですよ。そのタイトルを見ただけで、読む気になる人は大勢いると思います。

ほとんどのブログは、読むに値しません。たいていは不特定多数の他人に読まれることを考えてなくて、自己中心的な日記や友達同士の近況報告程度にしか使われていないのじゃないでしょうか。

何を書いたら面白くて、何を書いたらつまらないかというのは、いちがいに言えません。

例えば、「○○を買った」「○○へ行った」という行動日記みたいなものは、ごく一般的な誰でもやるようなことをだらだら書いてあったら面白くないけど、その人の趣味のよさとか個性がそこはかとなく表現されていると、かなり面白いです。

「自分の考え」というのも、誰でも思うような思いつきを、さも大評論家か何かになったつもりで書いているようなのは、アホらしくて読めません。でも、平凡な庶民的な感想を素直に表現したものが、共感を呼んで好まれることもあります。

エッセイを読む人はブログを読むかということですが、つまらないブログなら読まないし、面白いブログなら読むでしょうね。要は内容です。

ただ、面白いブログでも、見つけてもらえなければ、当然読んでもらえません。

見つけてもらうための努力が必要でしょう。いちばん手っ取り早いのは、検索エンジンでひっかかりやすいキーワードを使うことですが、何がひっかかるのか判断するのは、けっこう難しいですね。あと、ブログのトップページに表示される新着に掲載されるように、ちょくちょく更新する。同じようなテーマのブログにトラックバックしたり、コメントして自分のURLをさりげなく残していくなどの地道な努力も必要でしょう。

ただ、ブログというのは、一部の有名人ブログをのぞき、本来そう多くの人に読まれるものではありません。数人でも読んでもらえればいいくらいの気持ちで書いた方がいいと思います。

プロのライターです。

「女の価値は自分で決める」というタイトルは、なかなかいいと思います。こりすぎていなくて、でも、内容がそこはかとなく伝わってきます。ただの日記じゃなくて、主張を感じられます。特定のジャンルが嫌いな人は嫌いなので、「読む気になれない」と言われても、気にしなくていいですよ。そのタイトルを見ただけで、読む気になる人は大勢いると思います。

ほとんどのブログは、読むに値しません。たいていは不特定多数の他人に読まれることを考えてなくて、自己中心的な日記や友達同...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報