吉村昭、新田次郎、城山三郎、沢木耕太郎の小説のように、事実に基づく冒険やプロジェクト、事件、事故、数奇な人生等を扱った小説をたくさん読んでみたいと思います。
時代や国内・海外を問わず、ストーリーが面白いドキュメント風の小説を是非ご推薦ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この世界にこんなことが現実にあるなんて、と非常に衝撃を受けたのは「生きながら火に焼かれて」。



かなりのショックを受けましたので、かえってオススメしません。
    • good
    • 1

>事実に基づく・・・


## いっぱいありすぎて、どれを書いたらいいのやら
## 普通のはおいておいてちょっと毛色の変わったのを
## 書いてみます。
## この傾向を面白く感じられるかどうかわかりませんが、
## ルポルタージュ風な感じで具体的な数字とかがでてくるのが特徴。

「ああ野麦峠」
「収容所群島」ソルジェーニツィン
(この2作は扱っている内容が内容なだけにお勧めとは一概に
 言えませんが)
「阿片戦争」陳舜臣

## ちょっと毛色が違いますが。
「大脱走」
子供の頃読んだのではっきり覚えてませんがネットで調べると
原作ポール・ブルックヒルとあります。
有名な映画「大脱走」の原作。
結局、現実の世界では脱走に成功したのは数人だったのね。
ってオチだったと思います。
このとき読んだ本は、実話が元になっている映画の原作シリーズに
なっていた(他に「戦艦ポチョムキン」とかあったと思う。)
ので質問の回答としてはいいと思うのですが
申し訳ないですが出版社もシリース名も覚えていないです。

>ドキュメント風の小説
じゃないですが、
シェイクスピアの一連の歴史物も面白いかもしれません。
「ジュリアス・シーザー」「コリオレイナス」
「ヘンリー?世」(?はいろいろ)「タイタス・アンドロニカス」
・・・

## 伝記や歴史小説とは少し違う
## 多少毛色の変わったところばかり集めてみました。
    • good
    • 0

いっぱい読みましたから、書き出したらきりがありません。



>数奇な人生を扱った小説

『闘神 伊達順之助伝』 胡桃沢耕史. 文藝春秋
http://www.amazon.co.jp/%E9%97%98%E7%A5%9E%E2%80 …

伊達順之助
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94% …

『波に夕陽の影もなく 海軍少佐竹内十次郎の生涯』佐木隆三
http://www.city.kuwana.lg.jp/culture_sports_and_ …

『絶海密室』大野芳 紀伊國屋書店
http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E6%B5%B7%E5%AF …

>事実に基づく冒険

『北夷の海』乾浩 第25回歴史文学賞受賞作
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/5161/ …

『風炎の海』二宮隆雄
http://www.bk1.jp/product/01572012

小栗重吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A0%97% …

まだまだありますが、最後に。
『波乱万丈』神坂次郎
http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page029.html
348トコ・ジュパンに出てくる「椛山伊平次」。土侯国の娘を嫁に迎え国王になる実話。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。
キリがないのですか。まだまだ教えてくださって結構ですよ^^
『絶海密室』が興味深いです。
手に取ることができるものから、是非読ませていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/14 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVISTAのドキュメントフォルダーをDドライブへ移動したのですが

VISTAのドキュメントフォルダーをDドライブへ移動したのですが・・・

Windows Vista搭載パソコンを利用しており、CドライブにあったドキュメントやミュージックをDドライブに移動させたいと思っています。

ドキュメントのプロパティーの「場所」タグから入り、「元の場所の全てのファイルを、新し場所に移動する。」を指定して実行しました。

ドキュメントはDドライブに移動出来、Cドライブの容量も増えたのですが、Cドライブにもドキュメントが内容も同じ形で残っています。

そこで、以下の点教えていただきたく・・
1)CドライブのドキュメントフォルダーはDドライブへのリンクのようですが、Cにも残るというこの結果は正常なのでしょうか?
2)Cドライブのドキュメントは削除可能でしょうか?
3)ファイルをドキュメントフォルダーへ保存する場合C,Dどちらを対象にすればよいのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

移動のさせ方が間違っています。
XPと違ってVistaの移動方法はちょっと特殊です。
以下を参考に
http://www.cosmosoft.org/Works/Vista/Documents.htm

Q吉村昭さんの本は何冊ぐらいあるのでしょうか?

吉村昭さんのファンです。
完全読破するにはどのくらいの数の本があるのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こちらの「吉村昭資料室」が読書ガイドとして素晴らしいものがあります。
http://www.geocities.jp/bunmei24jp/

ここでは、単行本で153作品(文庫・新書本では166作品)となっています。
http://www.geocities.jp/bunmei24jp/itirana.htm

Qvistaでデスクトップ、ドキュメントをDドライブに移動したいのだが・・・

VISTAでデスクトップとドキュメントをDドライブに移動しようと思っているのですが、プロパティから移動するとマイドキュメント内にもフォルダが残ってしまいます。以前、初期化する前は、移動するとマイドキュメント内のフォルダは消え、Dドライブの中だけに表示されていました。やり方を忘れてしまって困ってます。どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

追加
デスクトップの移動
参考URLをご覧ください。
レジストリエディタ

参考URL:http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=152

Qお勧めのライトノベル

只今高1ですが、通学中に読む本を探しています。

今まではまあまあ本を読んでいたのですが、ライトノベルはあまり読んだことがありませんでした。
つい先日、友人の紹介でライトノベルを試しに読んでみたのですが、新しい世界を感じました。
手軽に読めると言う点ではライトノベルはいいですね。
そこで皆さんのお勧めのライトノベルを教えていただきたいです。

ジャンルは大体何でもOKですが、エログロとかはナシでお願いします。
泣ける、笑える、楽しめる、感動する、考えさせられるモノなど何でもいいです。
ですが、本を読んで泣いたことがあまりない(感動はするのですがどうしても泣けない)のでコレは泣けるというものがあれば是非教えてください。
また、一話毎に話が違うというものが読んでみたいです。勿論長い話でも大丈夫ですが。
それと、絵が綺麗なライトノベルも教えていただけるとありがたいです。

最近読んだ本は「狼と香辛料」や「シゴフミ」とアニメ化したものが多いです。
注文が少し多いですが、とりあえずは皆さんのお勧めのライトノベルと言うことで、上記に当てはまらなくても良いです。
それと出来ればその本の出版社(電撃文庫など)も教えていただけるとありがたいです。
それではたくさんの回答お願いします。

只今高1ですが、通学中に読む本を探しています。

今まではまあまあ本を読んでいたのですが、ライトノベルはあまり読んだことがありませんでした。
つい先日、友人の紹介でライトノベルを試しに読んでみたのですが、新しい世界を感じました。
手軽に読めると言う点ではライトノベルはいいですね。
そこで皆さんのお勧めのライトノベルを教えていただきたいです。

ジャンルは大体何でもOKですが、エログロとかはナシでお願いします。
泣ける、笑える、楽しめる、感動する、考えさせられるモノなど何でも...続きを読む

Aベストアンサー

「キノの旅」 時雨沢恵一/電撃文庫
キノと相棒のエルメスが旅をしている話です。
基本的に短編集で、一話ごとに独立しています。
笑えるものからラストがあまり救いのないものまでいろいろな話があります。

「バッカーノ!」 成田良悟/電撃文庫
錬金術師が作った不死の酒をめぐる馬鹿騒ぎの話です。
並行して起こっていた事件がラストで収束していく疾走感がありますよ。
シリーズを重ねるごとに登場人物もかなり多くなっていますが・・・。

「世界平和は一家団欒のあとに」 橋本和也/電撃文庫
特殊能力を持っていて、世界の危機を否応なく救う星のもとに生まれた兄弟姉妹の話です。
しかし、これは英雄譚などではなく、あくまで「家族の話」です。
その家族の描写が温かくてすごく好きなんですよね。

「化物語」 西尾維新/講談社BOX
これはライトノベルに分類していいのかわかりませんが・・・。
とにかく笑えます!!
こんなに笑える小説は初めて読みました。
キャラ同士の掛け合いが最高です。

QVistaドキュメントのDドライブへの移動で失敗

 いつもお世話になります。(Vistaです)
Cドライブが半分強になってきたので、CのドキュメントをDドライブに移しました。勿論、丁寧にマニュアル(文書番号104449)どうりに行いました。しかし、完了後、元のドキュメントファイルが消えてないので削除してしまいました。これが間違いだったのですか?移動完了したDドライブのドキュメントも綺麗さっぱり消えてしまいました。幸いにも外付けFドライブの方のドキュメントは無事でしたが、とても冷や汗もかきました。
 消したドキュメントの再生法と、ファイル異動完了後の事後処理についての説明、ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

こちらを参考で再作成してください。
http://blog.goo.ne.jp/yonakijijy1791/e/3562196f01166f699151cee4d2401e4a

移動方法は間違ってなかったのですね。
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=3&PID=0306-9022

Q赤川次郎の小説について

最近赤川次郎の小説を読み始めました。
読みやすくて気に入っています(^o^)
私は基本的に推理モノが大好きなのですが、
今私が読みたいと思っているのはそれ以外の本なんです。
特に恋愛が絡んでいるもの!
もし恋愛が絡んでいなくても構わないので、
赤川次郎作品の中で推理モノではないものを知っていらっしゃる方は
お返事ください(^O^)

ちなみに私が今までに読んだ赤川作品は、
「くちづけ」と「ロマンティック」です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤川次郎さんの小説は私も大好きでたくさん読みました。
中でも一番のお気に入りは「ひまつぶしの殺人」です。
母親が泥棒、長男が殺し屋、長女が詐欺師、次男が弁護士、三男が警察官というとんでもない一家の話です。推理も少し入っていますが、赤川次郎さんらしいユーモア満載で、最後まで楽しんで読めます。
もう1つオススメを。「子子家庭は危機一髪」。
ある日両親が同時にいなくなってしまい、弟を守るために長女が奮闘する・・・というような話です。母子家庭や父子家庭はよく聞きますけど、子子家庭(ししかてい)なんて聞いたことないっ!こんな変な設定が好きです。
よかったら参考にして下さいね(^。^)

QVISTAドキュメントをDドライブに移動標準に戻したい

どなたか教えてください。
VISTAドキュメントをドキュメントのプロパティー、場所 でDドライブに移動しました。後にXPと違うことを知り 標準に戻すをクリックしたが「別のプログラムがこのファイルを開いているので完了できない」と表示される。また移動にしてみても同じことが表示される。フォルダのりダイレクトができませんでしたとも表示されて戻せません。その他 ユーザーの下、ピクチャーなどと同列に同じドキュメントフォルダが2つ出来ています。片方を削除しょうとしても出来ません。どのようにすれば元に戻せるでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在Dドライブにあるドキュメント・ピクチャ等をバックアップして、No.2さんがいうレジストリを書き換える方法が良いのではないでしょうか。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders

・ドキュメントのレジストリの初期値
 Personal %USERPROFILE%\Documents
・ピクチャのレジストリの初期値
 My Pictures %USERPROFILE%\Pictures

ドキュメント等の移動方法は、下記URLが参考になると思います。
http://www.cosmosoft.org/Works/Vista/Documents.htm

Qおすすめの小説・文庫・ライトノベル教えてください!

今高2です。なぜか突然読書にはまりました(笑)
読んだ本は「ブレイブストーリー」「天国の本屋」
「バッテリー」です。
それとライトノベル?というものは
友達から「イリヤの空、UFOの夏」というものを借りて読みました。
最初は絵に抵抗があったんですけどすっごく感動しました。

来週なにか本を買いに行こうと思っています
そこでオススメの小説・文庫・ライトノベル教えてください!
感動できるものや面白いものあと恋愛も入ってるといいです!!
それと作品と具体的な内容も書いてくれたら助かります、
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

・米澤穂信「古典部シリーズ」
日常のちょっとした不思議を解くミステリです。
派手さはないですが、非常に丁寧な文章を書く作家さんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%BE%A4%E7%A9%82%E4%BF%A1

・西尾維新「化物語」
非常に「面白い」小説です。
キャラ同士の掛け合いが最高で、電車の中では読めません。
「戯言シリーズ」もおすすめですが、ちょっと癖が強いので好みが分かれると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

・成田良悟「バッカーノ!シリーズ」
錬金術師が作った不死の酒を巡るバッカーノ(馬鹿騒ぎ)の話です。
並行して起こっていた出来事が最後に収束していく爽快感がいいですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8E

QドキュメントをDドライブに移動したら、ファイルがばらばらに

ビスタのドキュメントを場所の移動でDドライブに移動したら、ドキュメントのフォルダで移動せず、ファイルだけが、ばらばらに入っていましました。またスタートメニューから「ドキュメント」が無くなりました。
元に戻す方法とフォルダの形でDドライブに移動する方法を教えてください。

Aベストアンサー

一部の回答の「根拠」は間違いです。おそらく自分ではやったことがないのでしょう。
Vistaの場合、Dドライブそのものを「ドキュメント」のターゲットとして移動するとユーザーフォルダの表示内容が「ドキュメント」ではなく「ローカルデイスク(D)」になってしまうなどの不具合が発生します。「プロパティ」の内容も本来の「ドキュメント」のものにはなりません。
やっかいなことにこの不具合、通常の方法の「標準に戻す」では戻りません。
「"D:\System Volume Information" より下の標準サブフォルダの一覧を構築できませんでした アクセスが拒否されました。」
と表示されてしまうことになります。

>元に戻す方法
「ドキュメント」をルートフォルダに設定したドライブの「プロパティ」→「場所」タブをクリックします。
「標準に戻す」ボタン→「OK」ボタン→「フォルダの作成」ダイヤログボックスで「はい」をクリック→「フォルダの移動」ダイヤログボックスで[元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか」に対しては「いいえ」をクリックします。
ここでいったんすべてのウィンドウを閉じます。
再度ユーザーフォルダを開き、デフォルトの場所に空の「ドキュメント」フォルダが正しく作成されていることを確認します。
旧「ドキュメント」フォルダ(ルートフォルダに設定してしまったドライブ)に残っているデータ(隠しファイルの「desktop.ini」も込みで)を、デフォルト状態の「ドキュメント」フォルダに移動します。
「desktop.ini」が移動される時、「ファイルの移動」画面で本当に移動するかどうかを問うアラートが表示されますが、問いには「はい」を選択し、その後の確認画面で「移動して置換」を選択して下さい。

>フォルダの形でDドライブに移動する方法
Dドライブをドキュメントのターゲットとはせず、#3さんがおっしゃるように、ドライブのルートに何らかのフォルダを作成し、そのフォルダを移動先のターゲットとして下さい。

一部の回答の「根拠」は間違いです。おそらく自分ではやったことがないのでしょう。
Vistaの場合、Dドライブそのものを「ドキュメント」のターゲットとして移動するとユーザーフォルダの表示内容が「ドキュメント」ではなく「ローカルデイスク(D)」になってしまうなどの不具合が発生します。「プロパティ」の内容も本来の「ドキュメント」のものにはなりません。
やっかいなことにこの不具合、通常の方法の「標準に戻す」では戻りません。
「"D:\System Volume Information" より下の標準サブフォルダの一覧...続きを読む

Q死生観を題材にしたお薦めの小説・ライトノベルを教えてください。

タイトルには書ききれませんでしたが
死生観をテーマにした小説と
青春(高校生時代)をテーマにした綿矢りさの蹴りたい背中みたいな暗い!?
じめじめした感じの青春時代の内容の小説、
青春を謳歌してるって感じの清々しい感じの内容の小説の3つの
お薦めの小説を探しているんですがお薦めの小説・ライトノベル
を教えて頂けないでしょうか?
あまり小説を読んだ事がないので出来れば難しすぎない内容でお願いします。

Aベストアンサー

死生観をテーマにした小説

●ライトノベルはあまり詳しくないので、はじめの回答をしてみます。

★『アミターバ―無量光明』玄侑 宗久 (著).
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104456047


著者の玄侑さんは作家であり僧侶である方で、沢山の方の死に立ち会ってきた経験からこの作品を書いたようです。

ふつう、宗教家の書いた小説というのは説教くさかったり、偏りが大きかったりするのですが、キリスト教の死生観や、相対性理論を使った考察など、大変面白いですよ。

何よりも、『死が近づいたおばあちゃんとの会話』という形を採っているので非常にわかりやすい小説です。




あと、定番ですが、この絵本もオススメです。
★『葉っぱのフレディ―いのちの旅』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887470029


人気Q&Aランキング

おすすめ情報