あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

ソニーのデジカメ、サイバーショットのDSC-T3について、困っています。

撮影しようとすると、画面が暗くて、被写体がまったく見えません。周りが暗いわけではありません。設定変更を見ましたがわかりません。説明書のトラブルシューテイングに、バックライトを明るくするようにとあり、その通りに変更しましたが、何も改善されません。

どなたか改善方法をアドバイス頂ければとても助かります。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

太陽光の下で液晶を使うからでは?


そういう場合は日陰へ移動して下さい。
太陽光の下でも見やすい液晶を採用したデジカメも出ていますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

室内でも外でも、周りの光に関係なくまったく画面が真っ黒な状態です。

さらに調べてみたところ、バックライトに問題があるようで、ソニー側でも無償の修理をしているようです。保証期間に関係なく、修理してくれればいいのですが。

お礼日時:2009/04/11 04:39

バックライトの異常という気はしますが、


単にバックライトがオフになっているのかもしれません。
基本編p29を試してみるといいでしょう。
それで駄目なら応用編p53のリセットをして
初期設定に戻してみるのもいいかもしれません。
それでも駄目なら単なる故障でしょう。

ただし、初期設定に戻すと撮影する画像番号の連番が元に戻る可能性があるので、
これを気にする場合は、カードの中に最後に撮影した画像を残しておけば、
リセットしてから撮影すると最後に撮った画像の次の番号からになるかも(自信なし)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

室内でも外でも、周りの光に関係なくまったく画面が真っ黒な状態です。

さらに調べてみたところ、バックライトに問題があるようで、ソニー側でも無償の修理をしているようです。保証期間に関係なく、修理してくれればいいのですが。

お礼日時:2009/04/11 04:39

室内などではどうですか?


室内や、周りが暗い所では見えているという事であれば、
質問にある撮影時の状況は、昼間の屋外と想像しますが、
そうであれば、殆ど見えなくなる、または非常に見え難い
となるのは普通です、
なので、明るい日中屋外で撮影する時などは、
手で液晶画面への光を遮って撮影するなどの工夫が必要です、
もし、あらゆる状況で液晶画面が見え難いのであれば、
液晶バックライトの故障が考えられますので修理となるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

室内でも外でも、周りの光に関係なくまったく画面が真っ黒な状態です。

さらに調べてみたところ、バックライトに問題があるようで、ソニー側でも無償の修理をしているようです。保証期間に関係なく、修理してくれればいいのですが。

お礼日時:2009/04/11 04:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジカメで撮影した画像が異常に暗いのですが。

エプソンのCP-500を使ってます。このカメラで撮影すると、画像がかなり暗く写ってしまい、困っています。
特に屋外で撮影した時にそう感じます。
空など明るい部分が画面の3分の1を占めるようなフレーミングですと、人物の顔さえ判別できないほどです。絞りが手動で設定できればいいのですが、そんな機能はありませんし。
友人のカメラを何機種か借りて同じような撮影をしてみましたが、これほどではありませんでした。
このカメラの特性がそうなのか、やはり故障なのでしょうか?

Aベストアンサー

デジカメに限らず、露出補正の出来ないカメラでは、そうなります。
空が特に明るいので平均測光のためになります。
メーカーの考え方の違いで、測光の重点をどこに置くかで違ってきます。画面の下側に重点を置いているものでは、軽減されます。
結局自動カメラは、貴方が何を撮影しようとしているかを斟酌しない為です。

知っている人は知っている裏技があります。
カメラは、シャッター半押しでフォーカスと露出をロックするはずです。これを利用します。
貴方が適正露出にしたい物と同じような明るさ(暗さ)と距離のものの方にカメラを向けてシャッターを半押しします。
そのまま方向を変えて構図を決めてからシャッターを押し切ります。
空が入らないように少し下を向けてロックする方法でも良いでしょう。

この方法は、なれると迅速でスムースにできます。
露出補正のできるカメラでも、いちいち被写体ごとに補正するのは特に、デジタル式(ボタン+メニュー式)では面倒なので上記方法がお勧めです。


人気Q&Aランキング