ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

あるアニメ小説をよんでいて、誤字らしきものを発見したのですが、どうしたらいいのかわかりません。どうしたらいいでしょうか?
もしくは、私が意味の認識を間違えてしまっているのかもしれません。それを、聞いたりしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
googleで検索したりしたのですが、わかりませんでした。わかる方いましたら教えてください。

A 回答 (2件)

 こんばんは。



 既に出版している小説で誤字が僅か数文字程度でしたら、出版社に連絡しても何も変わらないと思います。
 ただ、出版社としても間違いはあるものでこれはマスメディアとしても責任あるもので、改定増刷するときには誤字は直して発行されるのが普通です。

 気になるのでしたら、出版社に書名とページ、誤字の部分を明記したはがきをだしてみるのも良いかと思います。
 応対が丁寧な出版社でしたら、お礼の手紙が届く場合もあります。
    • good
    • 2

質問の意図がよく分かりません。


出版社に誤字を修正してかつ本を交換して欲しいのでしょうか。

→できるかは分かりませんが、できることは問い合わせですね。
個人的には気にならない範囲ならば
後で修正されると出会えないものなので
些細なものならそのままにしておきますが。


それともそれが誤字なのか本来の用法なのか知りたいのでしょうか。

→でしたら差し支えない範囲でその語句をここに書き出してもらえればいいかと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む


人気Q&Aランキング