増設したハードディスクを自動マウントするためにfstabを編集したいと思います。
しかし編集したものが保存できません。どうしたらいいのでしょうか?

また、編集については
/dev/sdb1 /media/disk fat32 defaults
と最後の行に記述するだけで良いでしょうか?
増設したいハードディスクはfat32でsdb1です。

A 回答 (4件)

保存できないとは、具体的にどのような操作を行ってどのような結果になったのかを詳細にお伝え下さい。


通常ならroot権限でvi等のテキストエディタを使って編集していれば保存できるはずです。

また、fat32をマウントする場合、ファイルシステム名をvfatで指定します。
オプションがdefaultsのままでは日本語のファイル名が文字化けしますので、システムのロケール設定に合わせてiocharsetパラメータを指定します。
(最近のディストリビューションでは、大半がデフォルトでUTF8を使用しています。)

参考URL:http://www.geocities.jp/code_air_edge/HP/conv_UT …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁ、なるほどroot権限で編集していませんでした。

ファイルシステムはvfatなのですねありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 16:23

LINUXのディストリビュションによって、root権限にするコマンドが、


すこし違います。
一般的には、viエディタで編集したり、geditを使いますが。
また一般的には、物理デバイス名(/dev/sdb1)と、
マウントポインタ(/media/sdb1)は、同じにしておくとよいと思います。
詳しい説明は、man fstabを読むとよいと思います。

/dev/sdb1 /media/sdb1 vfat defaults 0 0
といったエントリになるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

geditですね。
man fstabも読んで勉強したいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 16:27

何かエラーが表示されているならそのメッセージを一字一句そのまま書く. どのような操作をしたかまで書かれていればなおよし.


常識的にいって /etc/fstab は root が修正するものだと思うんですが違うんでしょうか>#2.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以後そうしたいと思います。

お礼日時:2009/05/13 16:25

一つ気になったのですが、root以外のユーザで/etc/fstabを編集していないでしょうか?



可能性としましては、一般ユーザには、fstabの「読み込み権限はあるけれども、書き込みの権限はない」ために編集したものが保存できない可能性があります。
----------------------------------------------------------
$ ls -l /etc/fstab
-rw-r--r-- 1 root root 532 10月 11 2008 fstab

(-rw-r--r"w"-)←右から2番目が"w"となっていなければ、一般ユーザには書き込みの権限はありません。
----------------------------------------------------------

この場合、chmodコマンドでfstabのパーミッションを変更するか、rootユーザにて書き換え作業を行えば、正常に保存できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rootですれば良いのですねありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 16:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q続・/etc/fstabの編集について

http://okwave.jp/qa4955299.html
でハードディスクの自動マウントについて質問したUbuntuユーザーです。
/etc/fstabに
/dev/sdb1 /media/sdb1 vfat defaults 0 0
を追記してみました。(/dev/sdb1 /media/disk vfat defaultsの記述も試してみました)
ところがマウントできませんでした。(起動時も[fail]と表示)

とりあえず「場所→500.1 GBのメディア」という風にクリックしてマウントしようとしたら、「ボリュームをマウントできませんでした。」と表示されてしまいました。
詳細を確認すると、「mount:root だけが /dev/sdb1 を /media/sdb1 にマウントできます」と言われました。

そこで端末で管理者権限(su -)で
# mount /dev/sdb1 /media/disk
と打ち込んだところ
mount: マウントポイント /media/disk が存在しません
と返されました。

そのハードディスク上ではパスは/media/diskと表記されているのに、どうして存在しないことになっているのでしょうか?

http://okwave.jp/qa4955299.html
でハードディスクの自動マウントについて質問したUbuntuユーザーです。
/etc/fstabに
/dev/sdb1 /media/sdb1 vfat defaults 0 0
を追記してみました。(/dev/sdb1 /media/disk vfat defaultsの記述も試してみました)
ところがマウントできませんでした。(起動時も[fail]と表示)

とりあえず「場所→500.1 GBのメディア」という風にクリックしてマウントしようとしたら、「ボリュームをマウントできませんでした。」と表示されてしまいました。
詳細を確認すると、「mount:r...続きを読む

Aベストアンサー

> そのハードディスク上ではパスは/media/diskと表記されている
> のに、どうして存在しないことになっているのでしょうか?
それは、fstabで、物理デバイス名と、論理デバイス名を定義していないためです。
fstabで、定義されたもの、OSで、既定値として、定義されたものは、
/dev/sdb1 /media/disk
となっていたと思われます。
それと、/mediaの下に、diskというディレクトリが作られていると思います。
前回の質問に対し、私が、
「一般には、/dev/sdb1 /media/sdb1と定義するものだ」
と書いたために、この状態になったと思えます。
回答番号:No.4に書いたとおり、LINUXの初心者である、
質問者さんに、2.の作業を指示しなかったのが、私の落ち度かも知れません。
改めて、記載しますが、回答番号:No.4の、1.~3.は、一連の作業です。

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QOS起動時に fstab の内容が反映されない

OS起動時に fstab の内容が反映されない

fstab に NFSサーバへの mount 情報を書きました。

==============
server:/home /home nfs intr,wsize=8192,rsize=8192 0 0
==============

このあと、"sudo mount -a" を実行すると、/home にサーバの /home をマウントしてくれます。

しかし、OSを再起動すると、まったくマウントしてくれません。

(1) 何が原因である可能性が高いでしょうか?(mount -a なら大丈夫なのに、OSの起動時に mount してくれない)
(2) /var/logs/messages には何もなかったのですが、他に原因を調べる方法はないでしょうか?

ubuntu desktop 9.10 を使っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分マウントする時点でネットワークが確立されてないのが原因かと、man nfs http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man5/nfs.5.htmlを見ると、
bg
最初の NFS マウントの試行がタイムアウトになったときに、バックグラウンドでマウントを試み続ける。マウント動作がバックグラウンドになると、その NFS サーバーに対して引き続き行われることになっている、他の mount 動作もただちにバックグラウンドになる。これらに対して、最初のマウント試行は行われない。マウントポイントが失われると、タイムアウトと同じように扱われる。 NFS マウントのネストを許すためである。

というオプションがあります。
試されてみてはどうでしょう?

Q/ が何時の間にか「Read-only file system」になってしまった

PlamoLinuxの3くらいを使っています。
18日間起動しているマシンで、
いつものように作業をしようと思ったら、
なぜか動作が変でした。
いろいろと調べてみると、どうやら
/ が何時の間にか「Read-only file system」になっていました。
そのため、/tmpに一時的に書き込んだりする
プログラムの動作がおかしくなったのではないかと思っています。
試しに「# touch /tmp/test」を実行すると
「Read-only file system」とか「読み込み専用ファイルシステムです」
と文句を言われてしまいます。
/etc/fstabと/etc/mtabを確認したところ、
「/dev/hda2 / ext3 defaults 1 1」
「/dev/hda2 / ext3 rw 0 0」
だったので、問題はないかなと思っています。
「# mount -o rw,remount /」を試してみると、
block device /dev/hda2 is write-protected, mounting read-only
と言われてしまいました。
ログを確認したところ、7/30 04:26に書き込まれたのが最後で、
それ以上書かれていないところからすると、
その直後くらいに / がRead-onlyになってしまったようです。
ちなみに、ログにはおかしな記録は見当たりませんでした。

/dev/hda1がswap
/dev/hda2が/
/dev/hda3が/boot
/dev/hda4が/home
で、/だけがRead-onlyになってしまったようで、
/home, /bootは書き込めました。
再起動はできるだけしたくないのですが、
元にもどす方法はないでしょうか?
宜しくお願いします。

PlamoLinuxの3くらいを使っています。
18日間起動しているマシンで、
いつものように作業をしようと思ったら、
なぜか動作が変でした。
いろいろと調べてみると、どうやら
/ が何時の間にか「Read-only file system」になっていました。
そのため、/tmpに一時的に書き込んだりする
プログラムの動作がおかしくなったのではないかと思っています。
試しに「# touch /tmp/test」を実行すると
「Read-only file system」とか「読み込み専用ファイルシステムです」
と文句を言われてしまいます。
/etc/fsta...続きを読む

Aベストアンサー

dmesg を実行したり /var/log/messages を調べると kernel から何かファイルシステムに関するエラーが出力されていませんでしょうか。経験上、ファイルシステムのエラー(I/O error)によって強制的に Read-Only モードに移行させられているように見えます。

もし I/O error 等のエラーが出ている場合は、/ 以下だけではなく、出来れば全パーティションのバックアップを早急に行うことをオススメします。もしディスクの破損が原因であれば、バックアップ作業中に止まってしまう事もありますので、バックアップ作業自体にもリスクを伴うことにご注意下さい(止まってしまうと二度とブートできなくなる、という現象を目の当たりにしたこともあります)。

HDD のセクタ内の情報が単に矛盾しているだけであれば、サーバの再起動後にシングル・ユーザ・モードで fsck を実行してファイルの整合性を確認することが必要です。

もしファイル情報の不整合がハードディスクの物理的な故障によるものであれば、ハードディスクの交換作業が必用になってしまいます。。

まずは、ログを確認して、どのようなメッセージが出ているか確認をなされてみては如何でしょう。上記の記述は最悪のケース、ですので。。

dmesg を実行したり /var/log/messages を調べると kernel から何かファイルシステムに関するエラーが出力されていませんでしょうか。経験上、ファイルシステムのエラー(I/O error)によって強制的に Read-Only モードに移行させられているように見えます。

もし I/O error 等のエラーが出ている場合は、/ 以下だけではなく、出来れば全パーティションのバックアップを早急に行うことをオススメします。もしディスクの破損が原因であれば、バックアップ作業中に止まってしまう事もありますので、バックアップ作...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

Qシェルスクリプトでファイル内の数値文字列を数値として扱うには

失礼します。
シェルスクリプトでファイル内のテキスト(数値文字列)を取得して、それを使って計算するにはどうすれば良いでしょうか?

str:ファイル内のテキスト(数値文字列)

res=$(( $str + 1 ))

・エラー
")syntax error: invalid arithmetic operator (error token is "


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをexprに書き換えたところ
$ ./test2.sh
Using expr
09:19:00.302748000
09:19:19.259990000

exprだと19秒ですが、$(( 演算 )) だと10秒程度なので、演算が多くなれば確かにexprは不利ですね。

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをe...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報