S20C,S35C,S45C,S55Cのそれぞれにおいて未処理,焼入れ,焼ならしの3パターンでビッカース硬さ試験(負荷荷重30kgf)を行い,実験値を得たのですが,これらの炭素鋼(未処理,焼入れ,焼ならし)のビッカース硬さの理論値というものは存在するのでしょうか?
実験値と理論値を比較したいと考えています。
何か調べ方でもいいのでご存知の方がいらっしゃったらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

理論値はありません


だから「硬さ試験機」であって「硬度計」じゃないのです
あくまでも試験をしたときの硬さです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の偏差値を上げるには

こんにちは。高1女子です。
私の学校では、1年から河合模試を受けます。
国語は得意なので、第1回目の偏差値は73、2回目は76、と、それなりに良い成績を取れています。
しかし、英語は55程度しかありません。英語のせいで、国英の偏差値がとても低くなっていて悔しいです。
文系志望なので、英語の偏差値を上げたいです。
どうしたら英語の偏差値を上げることができるのでしょうか?
普段からの勉強法や、模試の対策など、教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ズバリ答えます。

単語を覚えるよりも長文問題や文法を徹底的にこなす事が得策だと思います。あとは国立か私立志願かわかりませんが、英文解釈と英語構文を徹底的にする事がお勧めです。

単語を覚えたとしても無数にあるので、大学の受験問題を作るサイドで言えば

それよりも文法と構文が大切なんです!!英語の勉強で言えば骨格にあたるものなんです!骨格を太くすることで次は語法や語彙等を徹底的に覚える。これが英語の近道です。骨を太くする事が英語です。国語の場合は古典は暗記で済みますが、英語は暗記が出来ないのです!!

覚えた単語が試験に出る確率は低いのです。逆に文法問題や英文解釈問題、英作文問題が出やすいのです。

対策ですが、早い段階で予備校(できれば河合塾か駿台)、通信教育で言えばZ会、進研ゼミをするのがお勧め。英語で言えばZ会・河合出版・駿台文庫で文法問題や長文問題の本をじっくり解く事をお勧めします!!!

あと模試の偏差値もそうですが、どこが間違えたのかをじっくり見てくださいね。

Q熱電対の特性の理論値と実験値について

クロメル-アルメル熱電対の温度を変化させ、それに対する熱起電力を測定しました。そのとき熱電対の基準接点温度を0[℃]にしようしましたが、結局そうならず約2[℃]あたりで測定しました。そして、各温度で測定した熱起電力と、基準接点温度のずれを補正したクロメル-アルメル熱電対の熱起電力:IEC規格(理論値)に差が生じました。読み取り誤差とは考えられないほど大きかったので(約-1.0[mV])、何らかの原因があると思うのですがよく分かりませんでした。どのような原因でそのようにずれたのか、どなたか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

1mVと言うと、ほぼ室温(25℃前後)
温度補償の方法に誤りがあったと思われます。
再度実験方法を確認してください。


度---クロメル--・---銅線---電圧計(+)
測---アルメル--・---銅線---電圧計(-)

(・は0度補償のポイント)

まさかとは思いますが、上のように接続せず、銅の部分を補償導線で接続していませんか?

Q「白黒二値」、英語は?

画像を白黒二値化しました。英語で説明をしなければならないのですが、画像の「白黒二値」、「白黒二値化」などの英語の表現法をお教えください。名詞形、動詞形などお教え頂けましたら助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あっているのかどうかわからんが。
http://en.wikipedia.org/wiki/Grayscale
経由で以下の情報にたどり着いた。
http://en.wikipedia.org/wiki/Binary_image

QRL回路における位相差の理論値と実験値の差について

RL回路において、入力電圧とRの両端にかかる電圧の位相差は、周波数が増加するに従って、0[deg]→-90[deg]に理論的には減少します。しかし、実験で測定してみたところ、-75[deg]あたりまでは順調に減少したのですが、そこを境に増加に転じ、約500k[Hz]まで周波数をあげたときには位相差は-20[deg]となりました。なぜそのようになるのか自分的に、コイルにある残留抵抗が影響しているとも考えたのですがあっている自信もありません。なぜこのように実験値と理論値がずれるのかその理由をどなたか教えていただければ幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

L=21.3m[H]、オシロのプローブの容量が10pFであるとすると、
例の、共振の式、
f=1/(2*π*√LC)
を使って計算すると、345KHzとなりました。(あっているかどうか自信ありませんが)
500KHzまで測定したとのことですので、これの影響ですね。
多分、共振でしょう。

プローブの容量はプローブ自体か、プローブの説明書に書いてあると思います。

Q英語で偏差値80を目指すには・・・

現在高2です。英語の偏差値(進研模試)で70前後なのですが、偏差値80あたりをとるにはどのような勉強をすればよいのでしょうか。国立の二次試験(後期)は英語だけなので、いまの偏差値だとぎりぎりです。

Aベストアンサー

偏差値70-80レベルになると大部分の問題は答えられるレベルであとほんの少しわからないものがある状態だと思います。

したがって,自分の苦手な問題は何か良く解析してその部分を徹底的に勉強するしかないと思います。

QLC発振回路の発振周波数が理論値と実験値で合わない!!

本日LとCを使った発振回路を作ったのですが,オシロスコープで測定した発振周波数と,計算で求めた理論値とを比較してみると30%程のずれがあります.これはどのような原因が考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

理論式ではアンプ内のLやC成分は勿論、コイルを純粋誘導性リアクタンスと見るし、又コンデンサーを純粋な容量性リアクタンスと考えるでしょう?

でも実際はコイルは線間に静電容量が有りますし、コンデンサーにもリード線や電極に誘導性リアクタンス成分が有ります。
アンプの内部にも両リアクタンスや抵抗成分、又アンプの入力側と出力側の間の静電容量が有ります。

結局それらが複雑に絡み合い単純計算では求められません。しかしこれは理論では説明できないと言うことでは有りません。仮に各種パラメーターを考慮すれば正確に求められるでしょうけど問題の趣旨と離れるので話を簡単にしたのでは有りませんか。

Q極大値・極小値 を英語で

解答でよく、
最大値をMax、最小値をMinと書くことがありますが、
極値も極大値Max、極小値Minと書いてもよいのでしょうか?

英語では同じですが
これがよいのだとすると
極値も最大値・最小値も求める問題のときに混乱してしまう気がします。

わかりやすく納得できる説明が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が採点するときに極大・極小のところを《Max・Min》を使ってたら、【ホントに理解してますか?】とコメントを入れます。
そして【人に見せる解答に略語を使うのは避けたほうがいいです。】とも書きます。
(特にこの場合、【Max,Min】は最大値・最小値に対して使うことが多いのです。)

私は《減点したくなる》のですが、実際減点するのは数学的ではないと思うので、もちろん解が当たってれば正解にします。
(かなり矛盾があるかもしれませんが)数学的に理解していればどう書こうが普通は許してくれると思います。
ただ、解答を書くときには、見せる対象の人が納得できるような形にすべきだと考えます。
だから略語を使うのは避けるべきなのです。

(ただ私が言った【Max ×】は当然意味はわかりますが、数学的に許されない行為だと思うのです。)

Q理論値、文献値、推定値などの違いを教えてください。

レポートを書いているのですが、一般によく知られている物理定数の値を「理論値」、「文献値」、「推定値」、もしくは別の言葉のどれで表現したらいいのか分かりません。例えばよく知られているプランク定数の値6.62×10^-34 J・s はどの言葉で表現したらいいのでしょうか?また、物理定数によって使うべき言葉も変わってくるのでしょうか?その場合は例を挙げていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「理論値」、「文献値」、「推定値」

その値を理論的な計算で出したなら「理論値」と言います。
プランク定数の導出理論があるのか知りませんが,
しかるべきクオーク理論(??)から理論的に導いた値なら「理論値」です。

文献で調べた値,すなわち本に書いてある値を
「どうやって出したのかは知らないが,本に書いてあるから大丈夫だろう」
と思って使う場合は「文献値」です。
厳格には「どの本から引用した」を示す必要があります。
(本により,計った人により,年代により,違うかもしれない)

何かの実験で出した値なら「実験値」,

簡単な見積もり計算などで推定したなら「推定値」

と呼ぶでしょう。

もし,学部の物理実験で,プランク定数を計測する実験をやったレポートを書いているなら,
「実験値」と「文献値」を比べることになるでしょう。

Q偏差値40英語・・・

私は本当に英語が出来ません。
というか、勉強の仕方がわかりません。

楽な方法じゃなくて良いので、英語が出来るようになる方法を教えて下さい。出来れば偏差値60の大学でトップのレベルになりたいです。

今は単語の覚え方も分からない、文法も分からない、短い文も読めないので長文なんて読めないってかんじです正直(笑)

何だか英語が不得意で、他の科目は偏差値65英語は40もいかないという感じです笑
原因は嫌いだからということもあるでしょうが、私が理系の頭なので、根本的に英語というものの勉強法が分かっていなくてだめなのかな?と思い質問させていただきました。

今高3です!

Aベストアンサー

おお、俺ガイル(笑)
つい先日、似たような質問をした者です。
私の場合、偏差値はあなたのより低い36でしたけど。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8469327.html
以下は、あくまで「英会話ができるようになるためのお勧めの勉強法」であり、「受験で合格するためのお勧めの勉強法ではない」のですけど、それでもよろしければ。

私の場合、解決策としては「思い切って留学する」でした。

現実問題として留学するのが難しいのなら、
洋画を英語音声で観る。最初は字幕なしで。次には英語字幕付きの英語音声で。そして、その後は『観ない』。という勉強法がいいですかね。

NHKの教育番組(Eテレ)でやってる「プレキソ」という英語番組もいいですよ。
本来は子供向けの英語番組なんですが、日本語がまったく出てこないので、教材としては最適です。
英語ができない友人にまったくのボランティアで英会話の個人レッスンをしてるのですが、私は教材にこの番組を使っています。

とにかく、日本語が出ちゃダメなんです。日本語が出るとどうしても日本語に頼ってしまいます。脳が日本語の思考になってしまうので、英語での思考がいつまで経ってもできないんですよ。
英語で入ったものをそのまま英語で処理するんです。いちいち日本語に翻訳しない。そしていちいち辞書を引いて意味を確認しない。これが重要です。

人間は取り入れた情報を脳が処理しようとします。
食べ物だと食べやすい物を好むように、人間の脳は、処理しやすい情報を好んで処理しようとします。なので日本語が入ってくると、英語での情報を捨ててしまって日本語に頼りっぱなしになります。
なので(余談ですが)「スピードラーニング」。あれの効果については私は甚だ疑問に思いますね。英語の後で日本語の解説がつく。それが余計です。
全部英語の、解説は無し、の方がよっぽど効果があると思います。

また、最近では安価でスカイプを利用したインターネット英会話レッスンもあります。
そういうのを利用するのもいいのではないでしょうか。
私もまだ利用していませんが、近いうちに始めようかな?と思ってます。
私は「自分が英語を教わる代わりに、自分が日本語を教えるからレッスン代はタダ」ってサイトを利用しようか?と考えています。
http://www.e-kaiwa.net/

ああ、私が書いたのはあくまで「中3レベルぐらいの英語力はある」ということ前提です。
関係代名詞や受け身までは理解できた、というぐらいですね。
「I my me ってなんですか?」や、「be動詞ってなんですか?」レベルだと英語だけ聴いたとしても英語力の上達は見込めませんので、ラジオの基礎英語講座等を利用して、レベルの底上げをして下さい。

おお、俺ガイル(笑)
つい先日、似たような質問をした者です。
私の場合、偏差値はあなたのより低い36でしたけど。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8469327.html
以下は、あくまで「英会話ができるようになるためのお勧めの勉強法」であり、「受験で合格するためのお勧めの勉強法ではない」のですけど、それでもよろしければ。

私の場合、解決策としては「思い切って留学する」でした。

現実問題として留学するのが難しいのなら、
洋画を英語音声で観る。最初は字幕なしで。次には英語字幕付きの英語音声で。そし...続きを読む

QベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)

「ベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)この式では、A,B,Cに関して
線形だからzはこれらの大きさに依らない。」

ってどいうことなのかわかりません。特に線形が何を意味するのか。
解かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

訂正です。最後の一行
>zはこれら3つのベクトルのなす角のみに依存しています。
は無視してください。
 A×(B×C)=B(A・C)-C(A・B)
は良く使う恒等式の1つですね。


人気Q&Aランキング