コードは一通り覚えリードもある程度弾けるようになったのですが、バッキングがワンパターンなのでアルペジオを本格的に練習したいと考えています。ローコードは弾かないので、バレーコード+ピック弾きという前提で基本、初歩から応用までの効率的な練習方法、またアドバイス、注意点、ポイントなどがあればご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1さんが書いていないことを、付け足しますとエレキのアルペジオの場合、ピッキングの正確さが、何と言ってもポイントになるかと思います。


オルタネイトピッキングはやってますよね?
やはり主に1~3弦あたりでアルペジオするのが、エレキの場合音色もきれいで一般的と思いますが、たとえば321321(弦)と弾く場合、ダウン、アップ、ダウンと弾くと、次はアップ、ダウン、アップとダウンアップが逆になりけっこう難しいです。これを嫌ってダウン、ダウン、アップとするやり方もあります。私などはダウンアップのまま、通してしまいました。

コードは必ずしも6弦すべて押さえる必要はないと思いますし、やはりピッキングの訓練でしょうね。
通常のバレーコード (メジャー、マイナー) は1~3弦だけで必要な構成音を持っていますので、それを押さえて適当なリズム・順番で弾く、慣れてきたらコードチェンジしたり、4~6弦も入れてみるなどすれば、これも練習になると思います。

ピックを弦に当てる角度やピッキングする位置 (ブリッジよりorネックより) によって当然サウンドは変わりますが、アルペジオだと特に目立つかもしれません。1→3弦のような弦をまたぐ弾き方が頻繁に出てくるので、しつこいですがやっぱりピッキングにつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変くわしくご説明いただきありあがとうございました。ところで、バレーコードをFフォームでずらして言った場合、ベース音は4弦を使っても差し支えないのでしょうか?6弦ベースと構成音はおなじになるので、ケースバイケースといった感じなんでしょうか?

お礼日時:2009/05/15 20:58

#2です。


>ベース音は4弦を使っても差し支えないのでしょうか?・・・ケースバイケースといった感じなんでしょうか?

もちろん、4弦でかまいません。ベースギターなどがルートを弾いているときは、そのほうがいい感じで厚みが出るかと思います。低音が薄いなというときは、6弦を弾くなどその通り、ケースバイケースで使い分けるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度親切な回答ありがとうございます。早速、4弦ベースで練習を始めましたが弾きやすく、ギターソロにも応用できそうです。またご教授よろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/16 17:32

好きなミュージシャンやバンドでアルペジオ主体の曲というのはないでしょうか。


有名なところではLed Zepの天国への階段やイーグルスのホテルカリフォルニアのイントロから単調ではないアルペジオだし。
アルペジオ独習DVD、テキストというのもあまりみかけませんが、
アコースティックギター、フォークギターの名ギタリスト、名曲には
アルペジオがきれいな曲がたくさんありますので、あえてそれをエレキギターでコピーすることで勉強にはなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング