FX情報商材の配信サービスは投資助言になるのでしょうか?

ASPサイトなどで販売している、FXや株の配信サービスは
金融商品取引法に該当するのでしょうか?

どなたか教えてください

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答者:tom900さんの回答にあります


「凄くグレーゾーンですが、配信サービスをしている側はあく
(省略)
一切の賠償責任は無い~~云々の文言があるはずです。」
という免責事項が記載されてあった場合でも、
法的意味合いは極めて薄いでしょう。

つまり、配信サービスとのことですので、
例外的な規定(出版物や流通にのっているソフトなど(参考:金融庁監督指針)に該当しない限り、
投資助言になる可能性は極めて高いといえます。

以上
    • good
    • 0

凄くグレーゾーンですが、配信サービスをしている側はあくまで、情報


の提供であり、売買の判断は情報を受け取った会員に委ねている。と言
うことを建前にし、メールなどの文末に、判断はご自身で~~云々とか
損失を被ったとしても当方には一切の賠償責任は無い~~云々の文言が
あるはずです。

こうした事によって、金融商品取引法には該当しないと言っています。
まして、配信を受ける顧客から、その情報に基づいた売買による利益の
一部又は全額を成功報酬として受けるのではなく、情報の配信による課
金制度を用いているため、適用出来ないと判断しているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく適切なお答え頂きましてありがとうございます。

実は販売を考えていたのですが、昨日富山県で販売していた方が
検挙されたニュースを聞き、心配になってしまったので質問させて
頂きました。
このケースは無免許で投資顧問契約を結んでいたそうだったのですが・・

この法律に関しては、本当にグレーゾーンなのですね
きちんとしたものを販売したいだけに、違法の線引きがとても難しく
相談させていただきました。

大変参考になりました。ありがとうございました

お礼日時:2009/05/15 10:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対内直接投資と対外直接投資は英語で?

対内直接投資と対外直接投資の英語が分からなくて困っています。
英語ではなんというのか、また、このような単語が載っているオンライン辞書などあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

wikipediaにはこのように定義されています
日本では、日本企業による海外の企業に対する直接投資を対外直接投資、海外の企業による日本企業に対する直接投資を対内直接投資というが、これらは法律上の用語で、一般にはそれぞれ海外直接投資、対日直接投資といわれることが多い。
自国資本が外国に向かう対外直接投資(outward Foreign Direct Investment,outward FDI)と,外国資本が国内に入ってくる対内直接投資(inward Foreign Direct Investment,inward FDI)の双方向があり,この両者を合わせて統一的に把握する場合には,国際直接投資(International Direct Investment,IDI)と呼んでいる.


http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_3359.html

QFX  商材

FX 商材FXをしようと勉強中です。ある本を読んでいると商材という言葉が出てきたのですが。商材とはどんな本なのか、又どこで購入したら言いのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

情報商材は、詐欺まがいの販売者、アフィリエイト報酬目的のサイトやブログ作成者によってひどい状況になっています。
中には有益な情報もありますが、100%勝てる方法などありません。
ネットの中にほんの数人ですが、真面目にレビューされている方もいるのでそうゆう方のサイトを参考にしたり何回も気の済むまで質問する事も良いと思います。

参考URL:http://fxsystemtrade.x0.com/

Q心当たりのない英語で投資のメール

最近一ヶ月ぐらい前から外国からのものと思われるメールが頻繁に入ってきます。宛名として、POPサーバは私が加入しているプロバイダで同じですが、アカウント名は私とは全く関係のない名宛てとなっています。このような体験の方いらっしゃいますか。これはどういう現象でしょうか。またこれを停止する方法はあるでしょうか。是非教えて下さい。

Aベストアンサー

投資話やドラッグ、違法ソフト、エロサイト勧誘など、私のメールアドレスにも毎日沢山の迷惑メールが届きます。(日本語もありますが、圧倒的に英語のメールが多いですね。)これらはいわゆる、SPAMメールというヤツで、社会問題になっているのをニュースで聞いた事があるかと思います。

心当たりがないのであれば、ゴミですから無視して問題ありません。インターネットプロバイダによっては、迷惑メールのフィルタリングサービスを行っているところもありますから、そのサービスを利用すると多少はましになります。くれぐれも、メールを返信したりしないようにしましょう。

参考URL:http://www.clubbbq.com/spaminfo/beginners.html

Q今の時代で一番利益率が高く需要性の高い商材・商売って

なんでしょうか?私は起業しようと思っているのですが、技術系ではなくて営業畑のものですので、会社が成長するかしないかは扱う商材にかかってると思っております。情報収集をしていますが、知識のある方の知恵とアドバイスをお借りしたいと思い投稿致しました。是非、宜しくお願い致します

Aベストアンサー

>私は起業しようと思っているのですが、・・・
会社が成長するかしないかは扱う商材にかかってると思っております。

推測するに、今はまだいずれかの会社の営業部に席を置いていて、きっとどうしてこうも矛盾だらけの中で働かなければならないのか、といろいろ不満がたまってきて、「売れないのは俺のせいじゃあない、商品が悪いんだ。いくら尻をたたかれてもこんなんじゃあ、ヤル気なんておこるはずないよ。」と切れかけているんじゃないんでしょうか。
「なんでこんなに売れそうもない商品を仕入れたり開発し商品化して、後は営業部に押しつけ、結果は営業に責任転嫁ってのはないだろう。」とか「俺ならこうするのに・・・」という想いが募って、「いっそ自分でやったらうまくいくんじゃないか。」とでも思っていないですか。

しかし残念ながら、そういう中途退社/独立起業は、まず成功しません。あるいは何とか起業しても厳しい現実に直面して、「会社にいたほうがよかった。あの頃の不満はまだまだアオかった。」と退職を後悔することになります。挙げ句の果ては借金抱えて再就職、当然前より数ランク低い企業で、現場の厳しさは以前の数倍、なんてことになりかねません。
優れた商品・商材は売れて当然。しかしそれはタナボタで手に入るわけではなく、商品をつくるメーカーも確実に売りたいわけなので、優れたMD・仕入れ担当者が揃っていて、マーケティング戦略を練りに練って販売計画もしっかりできあがっている、業界・メーカーの信用度が高く市場に対して実力のある企業/商社でこそ仕入れられるものであって、そういう商品を扱いたかったら、いい大学を抜群の成績で卒業して、ついでに体育会運動部の主将をやり、多くの大手企業の内定を袖にして一流商社に就職しなければ可能性はない、ということになります、まあ極端に言えば。
少なくとも、その辺りに売れる商材が転がっていると思ってしまう時点で、営業としては完全にダメですね。現実がまるで見えていない。
貴方が会社に入った経緯は分かりませんが、おおざっぱに言えばそれが貴方の人生で、貴方の実力に見合った場所といえるからです。会社がバカに見えるなら、端から見ればそれは貴方の姿でもあります。もし、そうではないなら、つまり貴方にはその会社にはそぐわない高い能力があり、営業にしても他の社員よりも飛び抜けた成績が上げられるなら、今の時代、周りがまず放ってはおきません。競合する商社や取引先をはじめ、すでにいろいろなところから誘いの声がかかって、迷っていることでしょう。その上で敢えて起業のみちを選ぶなら、それは成功の可能性がありますが・・・。
イヤだから避ける、辛いから楽な方法を考える。会社がいやになって、何か他に生きる道を考える。まあ、その発想は自然な成り行きでしょう。しかし、起業ならうるさい上司もいないし、ノルマもないと思ったら大間違いで、現実はその逆です。信用もなければ義理もない起業したての会社の営業は、売り先はもちろん、仕入先にも無視されるか、奴隷のようにしか扱われない存在です。もちろん売れる商材などあっても触らせてももらえないでしょう。不利な条件で売れそうもない商品を仕入れ、それを売りさばいてこそ、次の商品を扱わせてもらえる。その信用の積み重ねから、少しましな商品を扱えるようになる。これって何かに似てませんか、それは今の営業の貴方の置かれた状況です。

では、起業をあきらめるしかなく、今のままでどうしようもないのか、突き当たっている壁を破る手は本当に何もないのかというと、そうでもないと思います。大事なことは発想・考え方を切り替えることです。
たいていの人は雇われて、言われたとおりマニュアル通りに仕事をすることで一人前になったつもりでいますが、それでは1人の兵隊・機械なら一部品になっただけでしかなく、会社もそれをさして評価もせず、置かれた状況もそのまま変わりません。今のまま我慢すればいられるが辞めるならどうぞ、と会社も引き留めず、また新人を雇い入れるだけのことです。だからといってそれを不満に思ってもただ受け身になって他の社員と一緒に飲み屋に行って愚痴っているようではダメですし、そこで辞めて他の会社や独立にすぐ方向転換というのも、まず成功はしません。
しかし考え方を切り替えて、独立起業しても苦労は同じなら身分の保障された社員である今その場で何かできないか、既存の商品が「売れない」情況があるなら本当に何とかできないのか、他の営業社員がしていないことを率先してやることです。
時間外でも休みの日でも、販売先に行って意見を聞き、販売ルートの工夫や販売戦略の見直しを考えて社内提案し、売れない商品に関しては仕入れ担当者にかけ合って商品の欠点の改善や変更の可能性を探り、さらには他の商品・他の市場を研究する。
こうした努力も、成果が上がったとしてもただ会社を儲けさせるだけだと考えがちですが、出し惜しみしていると結局今の状況は変わらないでしょうし、例え結果として会社が儲けただけになったとしても実は損はないのです。それどころか会社にとって必要な人材になり、社内の立場が有利に変わって発言権が生まれ、仕事がやりやすくなってきますし、それは貴方に有形無形の利益をもたらすはずです。
また、やったにもかかわらず不運にも努力が実らず、成果もなく、会社の評価も変わらなくても、貴方にはより深い業界知識と市場認識、商品開発力、市場開拓力がすでに備わっています。そしてその時こそ、自信を持って独立するときです。

つまり、「売れる商材を見つけて儲けよう」ではなく、「売れないものも売る」実力を付けて、何でも売ってやる、どんな状況も切り抜け、何でもこなしてやるという気概と自信を持ってこそ、起業も成功するということです。辞められては困ると会社が本気で言う人間でないと、新しく会社を興すことなど不可能です。
他社が売っている売れ筋商品を分捕ろうというならともかく、漠然と売れる商品・商材を探そうという態度や「会社が成長するかしないかは扱う商材にかかってる」という考えでは、その気持ちの中にはすでに他力本願の後ろ向きの姿勢が巣くっています。
とはいえ、確かにどの分野でも、その市場に精通している人でも、これから売れるものを見つけることは容易ではないでしょう。
だからこそ、メーカーは「売れるかもしれない」有望な商品はその中でも実績のある信用できる業界大手筋のMDに任せるし、あるいはリスクを背負える「何でも売ってみせる」姿勢の商社に頼るのではないでしょうか。「売れる商品があれば売ります」などというところには任せないでしょう。

どうも質問の文面から営業に限らず、世間に対する見方に甘さが見えたので、少々厳しい書き振りになりましたが、要は商売とは競争社会の中で勝ち抜くことなので、攻めの姿勢がなければ成功はもとより、はじめから負け試合をするようなものです。多少の矛盾はものともしないで人一倍努力し、不利をはね返す気概と根性がないと、いつまでも「条件さえ整えば」と言うだけで踏ん切りのつかない起業夢想症候群に陥ります。
そういう人はこれまでも今も世間にはゴマンといます。

>私は起業しようと思っているのですが、・・・
会社が成長するかしないかは扱う商材にかかってると思っております。

推測するに、今はまだいずれかの会社の営業部に席を置いていて、きっとどうしてこうも矛盾だらけの中で働かなければならないのか、といろいろ不満がたまってきて、「売れないのは俺のせいじゃあない、商品が悪いんだ。いくら尻をたたかれてもこんなんじゃあ、ヤル気なんておこるはずないよ。」と切れかけているんじゃないんでしょうか。
「なんでこんなに売れそうもない商品を仕入れたり開...続きを読む

Q20代は自己投資

 先日、ある自己啓発本に20代は自己投資をしろ と

書いてありました

自己投資は何に自己投資をしろということなのでしょう

か?英語とかパソコンなどの答えではなく

他のものを教えて下さい

ビジネスマンで同じような悩みで何か投資している

人は何をしているか教えて下さい

Aベストアンサー

#2です。
 
そのような状態であるなら、
体力と人脈作りに自己投資したほうが良いでしょう。
なお、投資という言葉の中には、
お金だけでなく時間という意味もあります。
人脈作りのために、プライベートの時間を割くことも、
自己投資の一つですよ。
    

Q新しい商材を探しています。2

現在、ある会計ソフトの販売店をしていますが、この度「新しい商材を探そう」ということになり、現在ネットにて探し中です。
パッと浮かぶのは、ソフト使用に当たってのサプライ品も含めて販売していく(サプライ品の販売店を兼ねる)、くらいでしょうか...

他にソフト販売のノウハウを生かせる商材をご存知の方はお教え下さい。

又、代理店、販売店の募集情報が集まるwebサイト、書籍等があれば、それも知りたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ソフトとは、まったく別の商品ですが、同じ販売チャネルで売れると思うもの。

パソコンをさわると、手が荒れます。
乾燥するとか、クリームを、とかアドバイスいただきました。
荒れる場所ですが、直接触る部分のほか、指の、パソコンに触れる部分の裏側もあれます。静電気か何かによるのでしょうか?

目も、疲れて、視力がどんどん落ちていきます。
相当昔のワープロの時代は、バックが濃い色で、文字が白や緑で、それほど疲れませんでした。

このようなことから、手をまもる効果のある手袋とか、モニターを覆うフィルムとか、手や目に良いものがあると、女性には売れると思います。
また、会社の場合は、経費で買っていただけると思い、コピー用紙を注文するかのごとく、女子社員が注文すると思います。

Q不動産業界向けビジネス英語本

書店に行くと数え切れないほどのビジネス英語本があります。
しかしどれも例文やダイアログはメーカーや商社で働く人向け。
不動産投資ビジネスに従事している私が直接引用できるようなフレーズはほとんどありません。
投資銀行、AM会社、PM会社などで働く不動産系ビジネスパーソンにも参考になるダイアログや例文を満載したビジネス英語本ってありませんか?
英文契約書の攻略本も他業界向けのものばかりのようです。
不動産の売買契約書や賃貸借契約書、信託管理処分契約書などの事例を満載した本ってないですか?
あればぜひ購入したいです。
事例を取り上げているものってない。

Aベストアンサー

ビジネス用フレーズは、業種に関係なく基本的には同じようなものゆえ、ご質問の主旨は、不動産投資・関係ビジネスで使う分野の内容の表現等についてと解します。

調べたことないですが、多分希望されているようなものはないかと。理由は日本で必要とする人たちの絶対数がすくないからだと思います。

で、どうするかですが、以下のようにされてはどうでしょうか。

1.同業種の英語国の多くの会社の年次報告書を読む

2.契約書についてはネットで関係語を入れるといろいろでてきます(例、 real estate agreement samples)

3.不動産関係は、コンピュータのような世界と違い、不動産に対する歴史、法体系、取引システム、概念などが国によって違いますから、そのようなことをベースに、例えば米国なら、米国のその業界の理解を深める。それには、英語の書物を読むしかないのではと思います(日本語で書いたのも少しはあるようですが、英語での使い方もかねて)。Real Estate Fundamentals, Real Estate Investment とかいったものです。ちなみに、Barron's Real Estate Handbook という辞書をもってますが、重宝してます。 図示や用語の使い方を提示していてわかりやすい。

ま、このような専門分野の表現は、文書でも口語でも同じようなもんですから。

ビジネス用フレーズは、業種に関係なく基本的には同じようなものゆえ、ご質問の主旨は、不動産投資・関係ビジネスで使う分野の内容の表現等についてと解します。

調べたことないですが、多分希望されているようなものはないかと。理由は日本で必要とする人たちの絶対数がすくないからだと思います。

で、どうするかですが、以下のようにされてはどうでしょうか。

1.同業種の英語国の多くの会社の年次報告書を読む

2.契約書についてはネットで関係語を入れるといろいろでてきます(例、 real estat...続きを読む

Qこれからの商材

ITバブルということで、起業するならIT関係が儲かるかと思い、今日本テレコムのおとくラインの代理店をやっているのですが、この先どのようなサービスがでてくるのでしょうか?また扱う商品は何が一番良いですか?

Aベストアンサー

代理店系だと最近私の周りに多いのはウィルコムの代理店が多いですよ~!
最近定額のウィルコムを会社用携帯や、恋人同士で持つ方が増えてるらしいです!!
参考までに☆

Q群衆心理学の第一人者を教えてください。(英語圏の人で)

投資の勉強の一環として、群衆心理学の本を読んでみようと思います。 日本語で本を読むのが苦手なので、英語圏の方での第一人者を教えてください。 その方の著作を読んでみようと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず「群衆心理学」で検索してみるとwikipediaが出てきますね。
左側のメニューからEnglishを選ぶと英語バージョンも出てきますね。
日本語では「群集心理」のことを「集団心理」とも言うようですね。
英語では、Group dynamics 或いはGroup psychologyというようですね。

上記英語のwikipediaの真ん中あたりに、
'Key theorists'とその主著が沢山挙がっており、
その中に群衆心理学の創始者であるGustave Le BonやWilliam_McDougall或いは有名なSigmund Freud(フロイト)の名前が見えますね。
その他、心理学だけでなく、社会学にも範囲を広げれば、
David RiesmanのThe Lonely Crowd(孤独の群集)という名著もありますね。

最近の学者を探したかったら、更にYahoo Americaなどでネット検索をすればいいと思いますし、下のような学会もありますよ。
http://www.spsp.org/

最後に、読まれる目的が、投資の勉強のためとのことですが、個人個人の投資行動がどんなものかを勉強するのでしたら、群集心理ではなく、もっとひとりひとりの行動選択原理を勉強した方がよいとは思いますが・・・。

まず「群衆心理学」で検索してみるとwikipediaが出てきますね。
左側のメニューからEnglishを選ぶと英語バージョンも出てきますね。
日本語では「群集心理」のことを「集団心理」とも言うようですね。
英語では、Group dynamics 或いはGroup psychologyというようですね。

上記英語のwikipediaの真ん中あたりに、
'Key theorists'とその主著が沢山挙がっており、
その中に群衆心理学の創始者であるGustave Le BonやWilliam_McDougall或いは有名なSigmund Freud(フロイト)の名前が見えますね。
その他、心理学...続きを読む

Q新しい商材の見つけ方

自分は化粧品の代理店をしております。顧客も5桁にもうすぐ届き、生活も安定しているのですが、それで、今の顧客に次の商品を売りたいのですがなかなかこれといったものがありません。みなさんはどのように商材をみつけていますか?
アントレとか見てもなかなかありません。どうかご指導くださいよろしくお願いします。通販で全国にお客はいます。また、個人でしています。だだし、MLMはきらいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、MLMの健康食品の仕事をしています。
その化粧品がよいもので、それを求めている顧客にそれを売っていて、安定しているのでしたら、あえてそれ以上のモノを売る必要があるのでしょうか?
よく、MLM会社では、売り上げを上げるために、次々新製品を出してきますが、MLMの様に、その会社の製品であれば、全てが素晴らしいものであると思っている方々に売るのであれば、問題ないでしょうが、自分の売り上げを伸ばしたいのであれば、新たに顧客を開発して売り上げを伸ばした方がいいのではないでしょうか?
先ほども書いたように、私自身MLMの仕事をしていますが、それでも、新たな製品をどんどん買わすというよりも、自分の自信のある製品を新たな顧客にお知らせする方をメインとして上手くいっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報