ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

よくカラオケ投稿サイトなどであゆを原キーで歌ってる人などがいますが
聞いてみるとヘッドボイスだったりミックスボイスで歌っています。
コメントには地声でそこまで出るのはすごいとたくさんコメントされているのですがヘッドボイスなどは地声と考えていいのでしょうか。
ファルセットが地声じゃないのはわかります。
ミックスボイスなどはファルセットを含んでいるので厳密には地声では
ないと思いました。
あとうまい下手を別にすればヘッドボイスで女性の音域を出すのは
そんなに難しくないと思うのですがどうでしょうか。
私などはヘッドで女性ボーカルの高さの声は簡単に出ます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。

#1です。
>単に私の音域が非常に広かったという話だったんですね。
そういうことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いまいちよくわからないですね。

お礼日時:2009/05/29 18:05

こんにちは。


地声とは言えないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
単に私の音域が非常に広かったという話だったんですね。

お礼日時:2009/05/20 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裏声と地声の切り替えって・・

私はアカペラを2、3ヶ月前からはじめたのですが
どうも地声と裏声の切り替えがうまくいきません。
声域は下のミから2オクターブ上のソくらいまでで、
地声と裏声の境目が上の方のラ・シあたりです。
高い声なんかは境目の一線を超えてしまえば
比較的楽に出るのですがどうしても地声と裏声の
切り替えがうまくいかないため、そのあたりの音は
苦しそうに聞こえてしまいます。

地声と裏声の境目をわからなくできるような
トレーニング法・発声法がありましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

ちなみに私は19歳の女で楽器経験は14年ほどあるので
音感はついていると思います。
歌唱経験はほとんどゼロで、最近になって歌い始めたばかりです。

Aベストアンサー

私は男なのですが、私も同じような悩みを過去に抱いた一人です。
逆に悩みを言い換えると、「裏声への変換がはっきりしすぎていて困る」ということでしょうか?
少なくとも男性と女性が同じなら“裏声を鍛える”ということを心がけてみてください。結果的にどうなるかというと、裏声に迫力がついて地声に聞こえるようになり、変換がなくなります。境界がなくなってきます。で、そのトレーニング方法ですが、低い声を出すときと高い声を出すときとで同じ出し方をする。つまり低い声を出すとき、比較的体と喉は楽だと思いますが、その状態で高い声を出すということです。声を高くしていくと喉の発声のポイントは上がると思いますが、それをできるだけあげないように心がけてください。そうすると裏返るのが早くなり、地声の範囲が狭くなると思いますが、それでいいのです。裏声のところは先ほど言ったように低音部分のお腹・体の状態で発声してみてください。ポイントは、喉は楽にして、お腹に力を入れる他は、絶対に喉に力を入れないでください。喉に負担をかけるようではその時点で間違っていますから。そしてそれを数ヶ月続けていれば裏声に迫力がついて低音から裏声への変換がなくなります。

私は男なのですが、私も同じような悩みを過去に抱いた一人です。
逆に悩みを言い換えると、「裏声への変換がはっきりしすぎていて困る」ということでしょうか?
少なくとも男性と女性が同じなら“裏声を鍛える”ということを心がけてみてください。結果的にどうなるかというと、裏声に迫力がついて地声に聞こえるようになり、変換がなくなります。境界がなくなってきます。で、そのトレーニング方法ですが、低い声を出すときと高い声を出すときとで同じ出し方をする。つまり低い声を出すとき、比較的体と喉は楽だ...続きを読む

Qミックスボイスができるひとにしつもんです!! ミックスボイスを出しているときの感覚はどんな感じですか

ミックスボイスができるひとにしつもんです!!

ミックスボイスを出しているときの感覚はどんな感じですか?

また、喋り声くらいの声でも、ミックスボイスはだせるのでしょうか?

回答お願いします!

Aベストアンサー

裏声と地声の高い声の間…というんですかね?
また感覚は人によって違うかもしれませんが、自分は喉より鼻で出すような感覚でやりますね♪

Qスキー板を選んでるんですが・・・

今のところネットでHEADのスキー板の購入を考えているんですが、初心者用と書かれてました。
私は中級者レベルだと思っていますが、
スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?
また、サロモンやダイナスターの有名メーカーでカタログ外限定品と書かれているのがあるのですが、信用できるのでしょうか?
あと、お勧めメーカーとかあったら教えて下さい。
いろいろ聞いて申し訳ありませんが、レンタルばかりで久しぶりにスキー板を購入するので基準が分からなくてすいません。

Aベストアンサー

>スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?

スキー板の特徴が違います。なぜかというと滑りが違うからで、上級者用になればなるほど硬さ、ねじれ剛性、たわみの強度などが強く変わり、また板全体なのか中央付近なのか、前部か後部かとメーカーにもよるしレース用、デモ用、一般用とこちらでもかなりの違いがあります。

初心者の滑りはスピードも遅く、斜面もゆるいし雪面もそんなに硬くないとこを滑ります。上級者はだんだんきつくなるのはご理解いただけるでしょうし、滑る特徴もスキーの反発を使いますから硬くて丈夫なもの=高価という図式になるのを頭に入れておいてください。

初心者用は極端な言い方だと木の板などの材質に簡単なフォーミング、それが中上レース用になるに従い金属、カーボン、ケブラー、炭素繊維・・・といろんな素材が使われていきますので。

また板ばかりでなくビンディングの開放強度も違ってきます。初心者だと自分の体重に近い低い数値でいいですが、上級者になるとその数値が高くないと少しの抵抗でビンディングがはずれてしまいます。このバランスも考えておく必要があるでしょう。

スキーは軽いよりも重たい方が滑りますからスキー板、ビンディング双方レベルアップするほど重くなります。このとき板は初心者用で軽いのに金具は重いなどおかしなことをすると技術の上達の足かせになることがありますのでお気をつけ下さい。


>有名メーカーでカタログ外限定品と書かれているのがあるのですが、信用できるのでしょうか?

ある程度の知識がある方なら問題ないと思いますが、スキーの特徴に対しご存じないようなら止めた方がいいと思います。ショップなどできちんと説明を受けたのなら問題ないでしょう。

>お勧めメーカーとかあったら教えて下さい。

これについては長年レースとレース指導ばかりでしたので私のは参考にならないため割愛させていただきます。なぜかというと身長、体重、筋肉、滑りの質でかなり好き嫌いがわかれるので難しいです。ちなみに私自身は長年ロシニョールを愛好してきました。



最後にネットで購入されるには知識がある程度ないと失敗する可能性があります。一度ショップに行き説明を聞いて、自分に合うものをピックアップし、それからネットで探す方をお勧めいたします。
面倒くさいかもしれませんが怪我につながります、安全安心のためにぜひ!

>スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?

スキー板の特徴が違います。なぜかというと滑りが違うからで、上級者用になればなるほど硬さ、ねじれ剛性、たわみの強度などが強く変わり、また板全体なのか中央付近なのか、前部か後部かとメーカーにもよるしレース用、デモ用、一般用とこちらでもかなりの違いがあります。

初心者の滑りはスピードも遅く、斜面もゆるいし雪面もそんなに硬くないとこを滑ります。上級者はだんだんきつくなるのはご理解いただけるでしょうし、滑...続きを読む

Qカラオケで物凄く緊張して声が出ない ミックスボイスが出るせいで音程が安定しない

はじめまして。
自分は高校2年生の男なのですが、普段からアガリ性で、カラオケでは歌う前から喉が緊張して突っ張った感じになってしまいます。
うたっても普段マイクなしで部屋で歌ったりしたときの音とは全然違った声になってしまい、喉だけで歌ってしまいます。
緊張すると腹から出そうにももう喉~首辺りにかけてしびれたように緊張していつも悲惨な事になります。
どうすればカラオケでも腹からいつもどうりに歌えるでしょうか?

また自分はミックスボイスと呼ばれるのが出るみたいで、純粋な地声でしっかり出せるのがmid2G、緊張しなければhiAで。ミックスではmid2E~hiCくらいまで出るのですが、この音域が被ってる、ちゅう音域くらいが物凄く不安定になります、(緊張すると)
いまはなるべくミックス封印して腹から歌おうと心がけているのですが、やっぱり高音を歌うには使うしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
たしかに地声・ミックスボイス・裏声の境目は多少声色が変わってしまいますよね。


ただ、声楽に詳しい友人の話では、ミックスボイスはトレーニングによってより便利(魅力的)なものとして使えるようになるそうですよ。
ミックスボイスが使えない人に比べて、地声と裏声の区別がつきにくいですしね。


「ミックスボイス トレーニング」などでネットで調べると、トレーニング方法がわかると思います。トレーニング次第で、かなり幅広い歌が歌えるようになりそうですよね!!うらやましいです。

Q1/6フィギュアヘッドを自作したいのですが・・・

1/6GIジョーのヘッドを自作したいのです。既成のリペイントやカスタム整形ではなく、最初からつくるにはどのような材料や道具が必要でしょうか?リペイントはエアブラシ等を使って少しは経験ありますが、新たにヘッドを作る方法を教えてください。髪は植毛ではなく造形で考えています。

Aベストアンサー

現状、個人で手軽にソフビをつくる手段はないですね。
ソフビは金属型に樹脂を流し込み、焼いて作るものなので手間も金もかかります。
カスタムヘッドとかも樹脂などがほとんどです。
自由樹脂などを型に押し付けて作る手もありますが、細かいモールドはきついですし、仕上げも出来ないに等しいです。

中空製品を作る場合、
・粘土でヘッドを作り、二つ割にして中をくり貫き、再度接着
・粘土等でヘッドを作り、二つ割にして中をくり貫き、型取りして接着
・発泡スチロールに粘土を被せて作り、溶剤を流し込んだり熱を加えてスチロールを溶かす
・中空の箱や玉などに粘土等を被せて作る
という方法があります。

二つ割にせず直接樹脂で中空品を作る技もありますが、コツが必要で歩留まりも悪く肉厚も一定でない品質が悪いものなので、おすすめできません。

Q原キーなどで使われるキーについて

僕はキーは常に一定だと思ってるんですが
つまり、キー自体に高い低いはないという意味です
よく「キーが高いので歌えない」などといいますが

たとえば最高音がhiCの曲と、別の曲で最高音がhiAの曲
どちらも原曲キーが0に設定されてあったら
最高音は違ってもキーは一緒ですよね?

それに原曲キーが+2に設定されている曲があったとして
その曲を±0で歌うとします
それでも高い場合があったとしても
それはキー自体は下げてるわけだから
「キーが低い」と正確にはいえますよね

やはり最近よく使われる「キーの高い曲」なんてのは
使い方が間違ってる気がしますが
どうなのでしょうか?

僕は音楽理論に詳しいわけでもないので
もしそうゆう方面で詳しく説明できる方がいらっしゃったら教えてほしいです

Aベストアンサー

すみません。TAC-TABです。
また、間違いを発見しました。
**************************
「何度も」は、-1だとCmの前奏が流れます。キーが1音下がってCマイナーになったということです。
**************************
「何度も」は、-2だとCmの~
が正解です。
お詫びの上訂正いたします。

Q音楽を聞くのにベストなのはスピーカー?ヘッドホン?

スピーカー、ヘッドホン、イヤホンを選べるとき、どれで聞くのがベストでしょうか?
その理由も教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

どんな音を聴きたいかに依りけりですね。

(1) Speaker

音が壁に反射して時間差を生じた様々な音波が重なる「残響音」が生まれることに特徴があります。

2 本の Speaker から左右の音を出す Stereo 再生では右の音と左の音とが重なった地点に音像が結ばれますので、音源である Speaker とは異なる位置から音が出ているように感じ取れるようになります。

ただし、どんな部屋でも理想的な音色や音像配置になるとは限らず、部屋の残響特性に応じて Speaker の設置位置を検討しなければならないことや Speaker System の Size が大きいと Speaker System の為に部屋を特注するほど Speaker System を第一にしなければならない欠点があります。

また、一般的に、道路から遠く離れた家で雪がしんしんと降る冬の真夜中であろうと室内の暗騒音 (環境 Noise) と許容できる最大音量との比率は電圧比で約 300:1 の 50dB (Decibel) もなく、昼間は約 100:1 の 40dB もありません。

昔の Tape Recorder には VU Meter と呼ばれる電圧計が付いていたものですが、この VU Meter で最大音量が 0dB をちょっと超える程度で録音された Source で Speaker から出る音の音量を示す針が VU Meter の -40dB 以下辺りで震えているような音量の時は何がどんな音で鳴っているのか判らなくなるほど環境 Noise の中に音が埋もれてしまいます。

なお Stereo ではない Monaural の信号でも音源である Speaker の外側に音像や音場を出すことが可能です。

10 年ほど前に流行った (?) TV の「Nighter Mode」といった電気回路では野球の中継音声が左右と奥行きに広がりを持って聴こえるようになったものですし、もっと大昔には Speaker Box の中に Motor を配して Speaker をブン回す (大きな低音 Unit の音は反射板をブン回していましたが) Rotary Speaker (Hammond Organ 社の商品名は Leslie Speaker) というものもありました。

現在ではこの電気回路が進化して Surround という名になっており、2 本の Speaker でも Hall Tone といった様々な広がりを持つ音場感覚を人工的に作り出せるようになっています。

このため Speaker 再生は音場や音像の前後左右への広がり感覚や残響による粒立ち (音塊) 感覚を楽しむものという気がします。・・・勿論、音色感覚が心地良いものであることが前提条件ですが・・・。


(2) Headphone

Speaker 再生では何がどんな音で鳴っているのか判らなくなるほどの小さな音量の音でもはっきりと聴き分けられるほど細かい音を聴き取るのに適した System で、例え真夜中でも耳が痛くなるほどの大音量で聴くこともできます。

Heaphone を被ることにより部屋の環境 Noise が遮断されて暗騒音 (環境 Noise) は 1/10 ( - 10dB) から 1/100 ( - 20dB) にも減衰します。

Headphone を両手で押さえて更に暗騒音を遮断すると耳内を流れる血流音さえも聴こえてくるほどになります。

耳内を流れる血流音は音圧 Level にして 30dB SPL 近くにあるのですが、一方で Headphone での最大可聴音圧 Level は 100dB SPL を超えますから 100dB - 30dB=70dB、電圧比で 3000:1 もの広さを持っています。

昔の「ニトラサンパチ (2 Track 38cm)」と呼ばれた Open Reel 式 Tape Recorder は Tape Hiss Noise Level が最大許容録音 Level に対して - 70dB 近く低い範囲にあり、Speaker 再生では Tape Hiss Noise など聴こえないものでしたが、Headphone で聴くと Tape Hiss Noise を感じ取れるようになるのもこうした理由によるものです。・・・Noise Level が - 40~ - 50dB ほどにある Cassette Tape Recorder では Headphone で聴くと直ぐに Tape Hiss Noise を感じ取れますし、ちょっと質の悪い Amplifier では Headphone で Amplifier の Noise も聴き取ることができます。・・・Speaker 再生では無音時の際に Speaker に耳を近付けないことには聴き取れないでしょう。

また Headpone は、Speaker 再生ではよほど大きな Speaker や特殊な Speaker でなければ出せない極低音を難なく出すことができ、良くできた Headphone ならば Speaker 再生では正面軸線上の僅かな角度でしか聴き取れないような超高音も難なく出すことができます。

Headphone の欠点は Stereo 再生時の音像が後頭部側に配列されてしまうこと、長時間被っていると耳が疲れたり汗ばんできてしまうこと、Cable が邪魔であまり動き回れないことなどが挙げられます。

このため Headphone 再生は前後左右の空間的な広がり感はあまり求めずに、兎に角、細かい音まで聴き込みたい時に用いるのが Best でしょうね。・・・勿論、聴き疲れしにくい Headphone で真夜中でも大きな音で楽しみたいという目的でも Best Choice でしょう。

Headphone の中には Ambient Control System などと呼ばれる特殊な回路を通して再生させることにより音像が後頭部側に配列されずに前頭部側にも音が回り込むような感覚になるものが過去に何度も開発されていますが、いずれも Major なものにはならずに市場から消えています。・・・原理的には Digital 音声信号を Computer で演算してできるものですので、そのうち iTunes などの Software に Plug-In できる PDS (Public Domain Software) で Ambient Sound Controller が出てくるかも知れませんね。


(3) Earphone

Headphone よりも更に感度が高く、耳内血流音に限りなく近い極小の音でも何が鳴っているのか判るほど良く聴こえる System です。

このため受信状態の悪い Radio でも Earphone で聴けば雑音の中から人の声を聴き分けることができるのですが、Speaker 再生ですと雑音しか聴こえないなんてことになります。・・・勿論、Speaker 再生でも Speaker に耳を当てるほど近付いて聴けば雑音の中から人の声を拾えるのですが・・・。

ただし Earphone をちょっとでも動かすと、或いは Cable を触っただけでもザワザワという接触雑音が混ざりますし、Headphone ほど極低音や超高音を出せるわけではありません。・・・高額の Earphone は極低音側をもっと低い方まで出すために振動板を二重三重に分離しているものもあります。

このため Earphone 再生は Headphone ほどの音質は求めない代わりに、兎に角 Noise の中から目的の音を拾い出すのに Best な選択だろうと思います。・・・勿論、電車などの騒音環境の中から音楽を聴き取りたいという目的で使うのも同じでしょうね。

なお Earphone は音源から鼓膜までの音波伝送径路が Headphone とほぼ同様のものですので音像配置の感覚は Headphone と同じであり、Ambient Controller を効かせた際の状況も Headphone と同じです。


・・・というわけで「音楽と言っても何を聴きたいのか?」によって Spekaer を選択するか Headphone を選択するか Earphone を選択するかが変わってきます。

私は普段は Speaker 再生で音像があちこちに配置される様子を楽しんでいますが、例えば弦楽四重奏曲で Violin の音、或いは Cello の音を真剣に聴き込みたいなんて時は Headphone を被ります。・・・Earphone は内外の騒音に煩わされることの多い Pocket Radio や Tranceiver を使用する際に用いますが iPod や iPhone のような音楽 Player は使用していませんので音楽観賞用には用いていません。

素敵な Audio Life を(^_^)/

どんな音を聴きたいかに依りけりですね。

(1) Speaker

音が壁に反射して時間差を生じた様々な音波が重なる「残響音」が生まれることに特徴があります。

2 本の Speaker から左右の音を出す Stereo 再生では右の音と左の音とが重なった地点に音像が結ばれますので、音源である Speaker とは異なる位置から音が出ているように感じ取れるようになります。

ただし、どんな部屋でも理想的な音色や音像配置になるとは限らず、部屋の残響特性に応じて Speaker の設置位置を検討しなければならないことや Speaker Syst...続きを読む

Qミドルボイス(ミックスボイス?)について

度々質問失礼します^^;

過去の質問の回答のなかで、「ミドルボイスを使う」
というような回答を頂きました。

自分なりにミドルボイスのことを調べてみたのですが、
いまいち発声方法がつかめません。
練習もしてみたいのですが、ミドルボイスというものが
どういうものかもいまいち理解できていないので、
練習しようにも練習できない状態です;;
裏声は、自分なりにそれなりの自信はありますが、
ミドルボイスがどうもできません。

ミドルボイスの発声方法、練習方法など
なにか知識を分けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

自分もよくわかっていませんが説明の載っているサイトがあったので紹介しておきます^^

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA022310/helpbox/

Q裏声と地声の切り替えの仕方・20代の女性ですが…

カラオケで女性の曲を歌うと、どうしても地声で高音が出せません。
最近よく言われているミックスボイスというものが使えればいいなと思い、ボイストレーニングの本などを買って練習してみているんですが、いまひとつ感覚がつかめず歌えません。
裏声なら簡単に高い音域までだせるのですが、地声のような迫力がどうしても出ません。
肺活量や腹筋などから鍛えないとできないのでしょうか??
解決方法等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

肺活量や腹筋は、鍛えた方が確実に有利にはなると思いますが、
それと同時に、裏声なんだけど、地声から裏声への切り替えを滑らかにすることで、裏声に聞こえさせないようにする訓練をするといいと思います。

訓練の仕方は、ピアノでもキーボードでも鍵盤を弾きながら
自分が楽に出せる音から、半音ずつ上げていって声を出します。
ある場所で地声が出なくなるので、その半音2つくらい上の音を弾きながら裏声で出します。
その間が切り替わりの部分です。地声でも裏声でも
出にくいです。そこの周辺を行ったり来たりしながら
声を出します。息を十分に使い、頬を上げて、口を横に広げるのが
コツです。

また、裏声で迫力を出す訓練も一緒にするといいと思います。

ただし、喉を少しでも痛めたと思ったら、すぐに休んでください。
その時は、電話を取った時のように、普段より話し声を半音上げて喋るようにすると、喉に負担がかかりにくいです。

しばらくやっていて、上達してるのか分からないと思っても、
あるとき突然出来るようになったりするので。
上手くミックスボイスで歌えるようになると、気持ちがいいですよ!

肺活量や腹筋は、鍛えた方が確実に有利にはなると思いますが、
それと同時に、裏声なんだけど、地声から裏声への切り替えを滑らかにすることで、裏声に聞こえさせないようにする訓練をするといいと思います。

訓練の仕方は、ピアノでもキーボードでも鍵盤を弾きながら
自分が楽に出せる音から、半音ずつ上げていって声を出します。
ある場所で地声が出なくなるので、その半音2つくらい上の音を弾きながら裏声で出します。
その間が切り替わりの部分です。地声でも裏声でも
出にくいです。そこの周辺を行...続きを読む

Qミックスボイス(ミドルボイス)

ミックスボイスについて質問させていただきます

1ヶ月ぐらいボイトレをして、ミックスボイスが出るように

頑張ってきました そして 昨日やっとミックスボイスらしいものが出

ました 換声点もほとんどないぐらいまでいったのですが

ミックスボイスがものすごい弱弱しいんですよね・・

声がかすれてるような感じです・ 太いミックスボイスにするには

どうすればいいですか

Aベストアンサー

ミックスボイスは地声に聞こえますが所詮は響きを太くした裏声(ヘッドボイス)
裏声の最高音や最低音をまんべんなく出していれば太くなりますよ
私もカラオケでミックスやってますがなにも鍛えなくてもカラオケレベルなら全然問題ないですよ?

裏声のサンプル→http://www.youtube.com/watch?v=tN8_mkQGl5Y


人気Q&Aランキング