【再インストール】を検索すると、

『何らかの原因で正常に動作しなくなったソフトウェアを、もう一度インストールすること。前回インストールした内容を削除してもう一度インストールする方法と、削除せずに上書きしてインストールする方法がある。』とあります。
 
削除する場合と、上書きする場合の使い分けを教えて下さい。
どのような時が、削除した方がよくて、上書きする場合はどのような
時でしょうか。

宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

削除してインストール:


今入っているモジュールなどが、再インストールした際に悪影響を及ぼす可能性がある場合に行います。
設定ファイルやレジストリなどに、間違った情報が入ってしまったとか、ソフトウェアをアップデートしたら不具合が出た、などの場合。


上書きインストール:
上記のような心配がなく、不具合の元になるモジュールやデータが、上書きされるバージョンで確実に置き換えられるときに行います。
この場合、問題がなければ設定ファイルやレジストリなどの情報が引き継がれる可能性が高くなります。
    • good
    • 0

再インストールは


コンピューター自体が不調の場合と
後付などのソフトが不調の場合等有ります

コンピューター自体の場合を再セットアップ リカバリとか初期化とかって言いますよね  ただしデーターが全部消えます 要バックアップです

で ソフトの場合はアンインストールです 要は削除してからもう一度
入れる ですが他のソフトには影響は出にくいです(場合によって)
    • good
    • 0

基幹のシステムのみがおかしくなり、起動に支障が出るなど原因が分かっており、システムの修復さえできれば良いが、手動で個別に対応出来ないなら上書きインストール。

その他、問題は何もないが、バージョンアップのために上書きインストールが必要な場合などもある。

インストール後に蓄積された部分(レジストリ、ソフトの設定ファイルなど)他、問題個所が上書きインストールでは改善されない、あるいは特定・修正できない場合は削除してインストール。

上書きインストールでも問題ないが、削除してインストールした方が良い場合もある。AcrobatReader5→AdobeReaderなどは、関連付けが変わるため上位バージョンで開かれるが、旧バージョンが無駄に残ってしまう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報