http://revos.jp/sync.html
↑のACシンクロナスモータD5N5Z60M(50Hz)を組み込んだモノを
明日から4日間、奈良県で使用したいんですが、使用するにあたって
なにか支障がありますでしょうか?
組み込んだといってもAC直でコンセントがついてるだけです。

奈良県って60Hzですよね…
出張先で使いたかったのですが
すっかりその問題を忘れていました。
60Hzを50Hzに変換するアダプタ見たいなものとかあったりしますか?
そのまま使っても多少回転数が変わるだけでしたら使いたいんですが…。
どなたかご意見ありましたら宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

50Hzのシンクロナスモータを60Hzで使うと回転速度が正確に1.2倍になります。



電圧が100Vで同じなら、多少発熱が増えますが、発火するとか、壊れるとか危険なことは起こりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして申し訳ありません。
無事に使用できました!

回転数が1.2倍というと72回転ですね。
実は72回転のほうが都合が良かったです(^^;)
出張前にご回答して頂き、安心して使用できました。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2009/05/26 10:19

> 60Hzを50Hzに変換するアダプタ見たいなものとかあったりしますか?


・周波数変換器がありますが、最低100万円。。。
http://www.yamabishi.co.jp/product/inv/syn/index …

安価に済ませるならば、AC/DCコンバータで一旦直流に直して、カー用品店にあるDC/AC正弦波インバーターを使用する方法があります。

> そのまま使っても多少回転数が変わるだけでしたら使いたいんですが…。
大丈夫、電圧は日本全国100V、壊れません。
ただ、回転数が変わるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして申し訳ありません。
無事に使用できました!!!
出張前にご回答して頂き、安心して使用できました。
ありがとうございました~!!!!

お礼日時:2009/05/26 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60Hz使用のモータを50Hzで使用すると?

60Hz220V使用の単相モータ外国製(圧縮機)を日本200v60Hz又は50hzで使用できるのでしょうか?
また、このモータにインバータを組み込んだときどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

単相モータは三相モータに比べると複雑な挙動をしますので、どうなるか予測しにくいと思います。

使われてるモータは、コンデンサモータ(コイルが2個あって、片側にコンデンサが入っているタイプ)でしょうか。
そうだとすると、、。

  220V60Hzのモータを

1. 200V60Hzで使った場合

・#1さんが書かれているように、負荷がかかったときに電流が増えます。
・始動時のトルクが若干(?)下がりますので、圧縮機の特性によっては、始動しにくくなるかもしれません。
・多分大きな問題なく使えるとは思いますが、#1さんが書かれているように電圧をステップアップしたほうが良いように思います。

2. 200V50Hzで使った場合

使えないと思ったほうが良いかもしれません。

・コンデンサの入ってない側のコイルの電流が増え(鉄心の非線形現象のため、220V60Hzのときよりもかなり大きくなるとおもいます。)、コンデンサの入っている側の電流が減ります。トータルでは、電流が増えて、発熱が増える方向に行くように思います。
・モータのコイルを流れる電流のバランスが崩れるので、始動時のトルクが減ります。圧縮機の特性によっては、始動できない場合があるかもしれません。
・始動できた場合でも、回転数が下がって、モータを冷やす風量が下がりますので、温度が規定値よりも高くなるように思います。

3. インバータ駆動
どういう目的でインバータ運転するかにもよりますが

3-1 変速運転を目的
・単相モータは、周波数を変えての変速運転には向いてません。変速運転は不可と思ってよいかと。

3-2 60Hz供給を目的
モータとの相性次第という気がします。
・インバータのソフトスタート(周波数を徐々に上げて、電流を抑えながら、充分な始動トルクを出す運転)はうまく機能しないと思います。始動時に大きな電流が流れてインバータの保護機能が働くかもしれません。
・モータに繋がっているコンデンサとコイルの共振周波数が、インバータの発生する高調波成分と合致して、異常な電流が流れることがあります。

と、いろいろ不確実な要素が多いので、「使えるかどうかはモータや圧縮機の特性次第。実際のところは、やってみないと判らない」というあたりかと。

単相モータは三相モータに比べると複雑な挙動をしますので、どうなるか予測しにくいと思います。

使われてるモータは、コンデンサモータ(コイルが2個あって、片側にコンデンサが入っているタイプ)でしょうか。
そうだとすると、、。

  220V60Hzのモータを

1. 200V60Hzで使った場合

・#1さんが書かれているように、負荷がかかったときに電流が増えます。
・始動時のトルクが若干(?)下がりますので、圧縮機の特性によっては、始動しにくくなるかもしれません。
・多分大きな問題なく使えると...続きを読む

Q50Hzの機器を60Hz地域で使いたいのですが

こんにちわ。nenonenoです。
モータ負荷の装置(100V 0.5KW)を間違えて購入してしまい。困っています。
200Vのインバータならあるのですが、100Vではそのような物は見当たりません。
200V単相のインバータの出力にトランスを入れて使う事しか考えつかないのですが、他にローコストに実現できる方法があれば、ぜひ教えてください。
松永のVVVF変換機のような大層な物は考えていません。できたら数万円で実現できる方法を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要するに「周波数変換機」が欲しいわけですよね?
100Vで50Hz・60Hzの切り替えが出来ればいいんですね。以前仕事で50Hzの地域で60Hz向けの商品を扱い始めてそのままで使用したら回転数が変わってしまい正常の状態が解らなくてその対策として周波数変換機を使ったところ正常の回転になりました。電圧は24Vにおとして使っていましたが入力は100Vそのままでも使える筈です。メーカーとか詳しくは覚えていませんが
大きさはビデオデッキ位でした。価格も会社で購入したので解りませんがご参考になれば嬉しいです。

参考URL:http://www.yamabishi.co.jp/jpn/selection/inv.htm

Qシンクロナスモータとはどのようなものでしょうか

モーターに関しては素人の会社員です。

シンクロナスモータというモータについて
仕事上で知る必要が出てきてしまいましたが
どのようなものかよくわからなくて困って
おります。

少々調べましたが、AC電源を使うということが
一般的なステッピングモータと違うところなの
でしょうか?(スッテッピングモータはDCだけ?)

また、お詳しい方がいらっしゃいましたら、
シンクロナスモータとステッピングモータの
比較を

(1)トルクが大きいのはどちらか(同じ電力で)
(2)価格が安い方はどちらか(同じトルクで)
(3)小型化できるのはどちらか(同じトルクで)
(4)音がうるさいのはどちらか(同じトルクで)

についてどうぞおしえてください。
   

Aベストアンサー

シンクロナスモータとは、交流電源の周波数に比例した正確な回転速度で回る交流用電動機です。
ステッピングモーターは、入力したパルスのパルスレートに比例した回転速度で回転し、また入力したパルスの総数に比例した角度だけ回転します。

比較については、システムの設計上の問題ですから、使用目的や条件によっての調整や妥協で決まるもので一概に言えません。
(1)(2)(3)については、色々な製品が有り、極数なども特に多いものもありますから、細かい仕様を決めないとなんともいえませんが、本質的には差が無いと思います。
交流電源があり、ただ一定速度で回転すればよいだけなら、シンクロナスモーターに分があるでしょう。
実を言うと生産数の桁が違うと値段がだいぶ違います。

(4)についてはシンクロナスモーターが正弦波で回転させるのに対し、ステッピングモーターは矩形波のパルスですので、経験上でも音はうるさいです。

総コストの比較ならば、電源や制御回路を無視できません。
電源が直流であるときは、シンクロナスモーターを回すためには、正弦波の交流を作る回路が必要になります。
正確な回転数や停止精度が必要なら、パルス数やパルスレートを制御する必要が有りますから、制御回路やパルス制御のためにステッピングモーターを選ぶでしょう。
結局使用目的や生産台数、蓄積技術・経験、設計のし易さなどで選定されます。

シンクロナスモータとは、交流電源の周波数に比例した正確な回転速度で回る交流用電動機です。
ステッピングモーターは、入力したパルスのパルスレートに比例した回転速度で回転し、また入力したパルスの総数に比例した角度だけ回転します。

比較については、システムの設計上の問題ですから、使用目的や条件によっての調整や妥協で決まるもので一概に言えません。
(1)(2)(3)については、色々な製品が有り、極数なども特に多いものもありますから、細かい仕様を決めないとなんともいえませんが、本質的...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報