人気雑誌が読み放題♪

私は今、高校2年でホルンを吹いています。
中学の時もホルンをやっていました。
もっとホルンがうまくなりたい!と思って、高校でもホルンをすることにしました。
ここから質問なのですが、私は口を閉じると上の歯が下の歯のほとんどを隠してしまいます。だから、高い音を吹こうとすると、息が入らなくなって「スーッ」という感じで音ではなくなってしまいます。
鏡を見ながら練習したりしたんですけど、よくなりません・・・
歯の問題だけではないと思いますが、何かよくなる方法はありませんか?
お願いします。

A 回答 (5件)

歯並びについては、左右の歯がきれいに並んでいない場合に吹きにくいことがありますが、上下方向には大丈夫です。


出っ歯や受け口など上下の歯がそろっていない場合もありますが、楽器の角度の調整やアゴの位置調整でカバーできます。まあ、出っ歯がすごくて歯が前方に向かってはえている場合には吹きにくいかもしれませんが、そんな人はいないので大丈夫です。

以上のことをふまえて、奏法についてですが、高音を吹く場合でも歯と歯の間には隙間が必要です。低音に比べると狭くしていきますが、唇の振動する部分を狭くしていくイメージで吹くと良いと思います。低音の時にはマウスピースの中の唇全体が振動して、中音域ではストローが入るぐらいのイメージで息が通り抜けながらその周囲の唇が振動して、高音域ではどんどん狭くなり通り抜ける息のスピードも上がります。息の通り道を狭くするときに口を少し閉め気味にするのですが、あまり閉めてしまわないようにしてください。それから、スイカの種を飛ばすときの感覚のように、唇を中心に向けて少し寄せる感じで意識すると振動しやすいかもしれません。
リップスラーで楽に吹ける音域を少しずつ増やしていって下さい。

参考になるとよいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまい、すみません。
回答ありがとうございます。
やはり、隙間ですよね・・・
書いてくださっている、「唇を中心に向けて少し寄せる感じ」
というのは、ここに書く前にやったのですが、どうもうまくいかなくてピッチが下がってしまいます。
それはやりすぎだという事なのでしょうか?
質問攻めで申し訳ありません。

あと、初めてこのサイトを利用するので、このやり方で返事をするのがあっているかどうかわかりませんでした。もし間違っていたら、すみません。

お礼日時:2009/05/27 20:15

こんにちは


#1の補足です
>口の周りの筋肉というと、今日、アンブシュアを作って顎をさわってみたところ、少しプルプルしていました。
 吹きながら感じたってことですかね。楽器に息を入れないで口の形だけ作っている訳ではないですね(^^;
 発声練習をしていない私たちが音階を声で歌おうとすると、同じようにコントロールできない部分がうまく音程が取れなくて歌えないことがあるのと同じです。 もしかするとそのアンブッシュアは、筋肉への負担の多いものなのかも知れませんが、ロングトーンなどで生きた息を入れながら少しずつ安定させるいくことを考えましょう(^^)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時々、調子が悪い時は低い音を吹いていると、口が震えるというか・・・
マウスピースが動くくらい縦にふるえる(プルプルする)んです。
時間が経つと直るのですが。
とりあえず、安定させることが大事なのですね。
回答ありがとうございました。
これからコンクールなどもあるので、頑張っていきます!!

お礼日時:2009/06/07 17:41

「唇を中心に向けて少し寄せる感じ」


を意識したら、ピッチが下がるとのことですね。
「少し寄せる」を言い換えると、「横に引っ張りすぎない」ということと「リラックスさせる」ことです。

高い音を吹くときには唇を横に引っ張ってしまいやすいので、気をつけます。そのイメージが少しだけ中央に寄せるイメージです。引っ張る力に応じて少しだけ寄せるイメージで。唇に力が入っている状態だと音色も悪く疲れやすくなります。
それを防ぐために、中央の振動する部分を柔らかくリラックスさせる状態をイメージして下さい。唇の中心部分の微細なイメージです。

本当に、「唇を中心に向けて少し寄せ」てしまうと、うまくいきませんよね。当然ピッチも下がります。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また遅くなってすみません。
なかなかこれないもので・・・

なるほど。とにかくイメージとリラックスが大切なんですね。
自由曲は結構高い音がでてくるのでリラックスを常に心がけたいと思います。
ちなみに、自由曲の最高音はハイE♭です。
その上、ハイB♭など高音域が他にもたくさん出てくるので、はずしたり、音が薄かったりです・・・
根気強くがんばります。
とても参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/04 22:33

こんにちは


 #1です。
 参考になりますかどうか..

>高い音を出す時に、歯と歯の隙間はどれくらい空いていましたか?

 まず、歯と歯の間隔を意識したことが無いことを始めに。
 冷静に思い返してみると、
 高い音を出すときはアパーチャを狭くするために速い息を入れようとしました。
 速い息を入れると唇が息に導かれて自然に狭くなって来るのですが一方速い息によって口が開いてしまう抵抗を感じて、それを口の周りの筋肉で押さえようとしました。
 結局、息の速さを上げるとその速さの力で唇がすぼまってくるのを行きすぎないように口の周りの筋肉でコントロールしたということです。
 そのとき口の中は..あまり動かないようにしていたと思います。歯が動いてしまうとアンブシャーが乱れてしまう様な気がして。
 でも、唇がすぼまるということは、歯と歯の間隔もすぼまるはずですね。すぼまり過ぎるのを押さえようと筋肉が働きそのせめぎ合いの妥協点..
 微妙に狭くなっていたかも知れません(--;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また遅くなってすみません。
なかなか部活でこれませんでした・・・

やはり、口の周りの筋肉は重要ですね。
唇のすぼまり加減と歯と歯の間隔はいい音のところを探してみます。
口の周りの筋肉というと、今日、アンブシュアを作って顎をさわってみたところ、少しプルプルしていました。
これは、口の周りの筋肉がないということなのでしょうか・・・?

本当に質問ばかりですみません。

お礼日時:2009/06/04 22:44

こんにちは


 中学生の時トロンボーンやコルネット、アルトホーンを吹いていた流れでフレンチホルン(F管)で久石譲メドレーなど1stを吹いたことがあります。
 もちろん本番では、音外しまくりでした(笑)
 ちなみに一番まともに扱えるのはクラリネットだったりします(爆笑)

>私は口を閉じると上の歯が下の歯のほとんどを隠してしまいます。
 高い音を出すときに歯を食いしばっているってことですか?
 誰でも口を閉じると上の歯が下の歯を隠すように顎が動くと思いますよ(^.^) だから食いしばっちゃうのはやり過ぎでは?
 使った楽器は、ヤマハのフルダブルで楽器についていたマウスピースですが第5線のファを出す程度では、そこまで口を閉じなくても鳴らせましたよ。 程度の差こそあれ、高い音でも低い音でも上の歯と下の歯の間は開いてました。 
 もっと経験のある方のアドヴァイスがあるといいですね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまい、すみません。
回答ありがとうございます。

すごいですね!
私は木管は音がほとんど出ません(苦笑)

高い音を出す時に、歯を食いしばっているわけではないです。
A88No8さんは、高い音を出す時に、歯と歯の隙間はどれくらい空いていましたか?
ぜひ参考にしたいのでお願いします。

質問ばかりですみません。

お礼日時:2009/05/27 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホルンの息の入れ方,響き?

1年前に3年間やっていたトランペットから、ホルンに楽器をコンバートした現役吹奏楽部員です。

現在ホルン1年目ですが、音量を出そうと思ってもなかなか出せず、
出せたとしても響きのない、乱雑な音になりがちです。
うまく息を入れるコツ、響かせるコツがあったら教えてください。
また、タンギングでスタッカートで音を短く切ろうとすると、

アクセント気味になってしまい、立ち上がりが不明瞭になりがちです。
うまくタンギングするコツもあれば教えてください。

あと、おすすめのホルンのCDがあったら教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

#3です。

当たり前の話ですが、どういう口の形で、どれぐらいの息の強さで吹け、
と指示したところで、それが万人にとっていい音を出す方法ではありえません。
極端な話、たとえ教則本に書いてある方法からかなり外れていようとも、
それでいい音が出るならばそれはその人に合った音の出し方です。

いい音を得るためには、常にいい音をイメージし、
自分の出した音と比較して微調整を施すといった鍛錬が必要と思います。
そういう意味で、いい音を聴こうという姿勢は正しいと思います。

以上を前提に、私の吹き方を一例として紹介します。
とにかく、息を送りつづける部分=腹筋以外はリラックスすること。
唇に至っても、できるだけ力を入れないようにします。
音を出したときの感覚は、おなかから自然に息が吹き抜けてゆく感じ。
どこかに力が入った部分があると、とたんに音が曇ります。
とくに、大きな音を出そうとするとき、
息の圧力に負けじと唇に無駄な力が入ってしまうと、
音が曇り、またはつぶれてしまいます。

あと、タンギングに関しては、音を出すタイミングに連動して、
必要以上に息の入れ方を変えていたりしていませんか?
息をおなかから一定の強さで送りつづけた状態で、
舌先で音の出、止めを制御したときの音で、
いい出だしの音を探してみてはどうでしょう。

抽象的なアドバイスで申し訳ありませんが、
いい音を手に入れるきっかけになれば幸いです。

#3です。

当たり前の話ですが、どういう口の形で、どれぐらいの息の強さで吹け、
と指示したところで、それが万人にとっていい音を出す方法ではありえません。
極端な話、たとえ教則本に書いてある方法からかなり外れていようとも、
それでいい音が出るならばそれはその人に合った音の出し方です。

いい音を得るためには、常にいい音をイメージし、
自分の出した音と比較して微調整を施すといった鍛錬が必要と思います。
そういう意味で、いい音を聴こうという姿勢は正しいと思います。

以上を前提...続きを読む

Qホルンのアンブシュアについて質問があります。

ホルンのアンブシュアについて質問があります。
私は中学のときホルンをやってたのですが、アンブシュアのことを全然教えてもらわなかったのでマウスピースが唇の中央からずれて吹いてしまう癖がついてしまいました。
大学生になってまたホルンをはじめたので、気になりました。やっぱり中央にマッピがあたってないとよくないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2です。

コープラッシュ[Kopprasch]は練習曲です。ホルンに限らず他の楽器のための練習曲もあります。

Free Scores.com

で、INSTRUMENT欄に"cor”style欄に"etudes"で検索して

http://www.free-scores.com/partitions_libres.php?CATEGORIE=290&genre=Etudes&searchexact=&ordrepar=&divers=&niveau=&imageField.x=43&imageField.y=10

にある四つの中の一番上の 60 etudes for High Horn(確か下巻)
と一番下60 etudes for Low Horn(確か上巻)
で入手できます。気に入ったら買うのも手です。
主に"音大受験者、在学者向け"というレベルの練習曲です

またアンブシュアなら
「琉球大学-管楽器におけるアンブシュアの形成 : 金管楽器、木管楽器の比較分析」
にあるpdfファイルが役立つかも。

"http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/123456789/873”

の下にある"登録ファイル" の右にある"見る/開く"をクリックすると"Vol26p165.pdf"ファイルがあります。ここには管楽器のアンブシュアのことが書かれています。

多分、この中の金管楽器のところ出てくる"ファーカス"はフィリップファーカス(ホルトンのファーカスモデルの監修者、元シカゴ響首席)
だと思います。多くの教則本は例外もありますが、大概この方のような説明をされているようです。


>しかもスケールでキレイにはできないです

アパチュアはバズィング(ブーっと唇を鳴らす)でできる唇穴で、これを広げたり狭めたりして音程をコントロールしますが、上唇をマウスピースで必要以上に押さえたり、力を入れすぎるときれいなアパチュアが作れません。
このへんは上記のpdfファイルを見てください。

>やっぱちゃんとした人に直接教えてもらわないと駄目ですかね・・・。

アンブシュアを矯正するならその方が良いと思います。
私の場合も二人目の先生のおかげで音が出るようになったと思ってます。

>実際に上手い人の音を聞いたことがないのでわからないんです。

プロの先生の吹き方は大変参考になりますし、刺激にもなると思います。
私の先生はとにかくうまかったです。まあプロなんですから当たり前なんでしょうが・・・

いずれにしろ社会人になってもホルンを続けるのであれば、レッスンは受けたほうが良いです。
息の使い方を教えてもらうだけで格段に音色が変わってくると思います。(個人差はあるでしょうが)

rinchan6さんは歯並びに問題が無いんですね・・・。大変羨ましいです(笑)

NO.2です。

コープラッシュ[Kopprasch]は練習曲です。ホルンに限らず他の楽器のための練習曲もあります。

Free Scores.com

で、INSTRUMENT欄に"cor”style欄に"etudes"で検索して

http://www.free-scores.com/partitions_libres.php?CATEGORIE=290&genre=Etudes&searchexact=&ordrepar=&divers=&niveau=&imageField.x=43&imageField.y=10

にある四つの中の一番上の 60 etudes for High Horn(確か下巻)
と一番下60 etudes for Low Horn(確か上巻)
で入手できます。気に入ったら買うのも手です。
主に"音大受験...続きを読む

Qホルンのアンブシュアが定まりません・・・

私は高校1年で中学からホルンを吹いています!
はじめたときにあまりアンブシュアのことを教わらずにここまできてしまって
今アンブシュアのことですごく悩んでいます。

わたしのアンブシュアはよいとされる唇の割合のまったく逆のものでした。
それを高校に入ってから直しました!
しかし前よりは割合は改善されましたがアンブシュアが定まらず、
日によってアンブシュアの位置が変わってしまいます。
自分にあった位置を見つけた日にはすごく調子がよく普段できないことができるように
なったりもします。
しかしそれを次の日に見つけられないのです。
なにかいい改善策はないでしょうか・・・?

Aベストアンサー

こんちは 改善策を一つ

練習する時に、まずマウスピースだけで音をならしてますか?
やっていないなら、やった方がいいです。

やっているならば、最初にマウスピースを口にあてていきなり
「ビー」って音を出していないでしょうか?
いきなり、音を出すのは、良くないです ww
うまく、言葉では表現できませんが、最初にマウスピースを
口に当てたときは(アンベ略はちゃんとした形にして)

1)唇の隙間から、息だけがサーっとほんの少し流すだけにします。
2)次に、唇がものすごく小さく震えるように、ジュルとかズルズルという
  小さい音で唇を振動させます。
3)2)をある程度の時間がまんしてします
4)次はできたらでいいのですがC->H->C C->B->CとかC->Cis->C、C->D->C
  としてみます。
5)これで、終わりです、楽器をつけて吹きます

これ、だまされたと思ってやっみ、毎日絶好調になるよ ww
1)2)の目的の一つは脱力です ww

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む

Qホルンの音がかすれる…

はじめまして!今高校1年で、訳あってトランペットからホルンに変わって半年目です。
早速相談なのですが、今ホルンのパートには先輩がいないので、ユーウホニアムと一緒に基礎練習をしています。なのでチューニングB♭からオクターブ下のB♭の音域で練習しています。
これってホルンには低すぎてあまりよくないんですよね?

そのせいだけではないとは思いますが、高音域がかなり苦手です…。
五線譜内のドの音が綺麗に出せる音の限界で、そこから上はもうカスカスで、曲で出てくるとかなり苦労します。
吹きすぎるとそのドの音さええも力んでしまう始末で…

しかもホルンらしい音がしなくて、どっちかと言うとトロンボーンみたいな音がするんです(たまに音が割れる時がある)

高音域とも言いがたいような基礎的な音なんですが、本当に悩んでいます。
せめて上のファまでは出せるようにしたいんです!
どうかアドバイスよろしくお願いします!

Aベストアンサー

ロングトーン、リップスラー、音階などを吹きながら、唇の感じや力の入れ方を覚えていきます。
(1)力任せに吹かない。
(2)高音域では、唇の振動している部分を小さくする。
(3)高音域では、息の圧力を高める。
(4)細い穴から勢いよく息が出るイメージで。
(5)いつも唇が気持ちよく振動するイメージで。
(6)あまり強く楽器を唇におしつけない。
普段使わない筋肉を使うので、慣れとコツが必要です。気長に地道に練習するといつのまにか音域が広がっていくと思います。
ホルンは音域が特に広いので、そこが魅力でもあるし、難しいところでもありますね。
うまくいきますように。

Qブレストレーニング・筋力トレーニング(管楽器)

私はいつも長く息が続かなかったり、力が足りないと注意されます。
なので皆さんがやっているブレストレーニングや、管楽器を吹く上で必要な筋肉(おなかや口の周りなど)を鍛えられる筋トレを教えていただきたいです。
また息のスピードを上げるにはどうしたらいいかも教えていただきたいです。

出来るだけたくさんの方の意見を聞いてみたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。猫背になったり,構えるときに顔から楽器を迎えにいったような感じで首が前に出ていると,スムーズに息が吸えません(=吐けません)。基本の姿勢は,リラックスして直立して,軽く(力まず)背筋を伸ばして,頭の位置は耳が肩の上に乗っているようなイメージで,ですね。いすに座っていても同じです。
*直立不動で吹け,ということではないですよ。基本さえ押さえてあれば,もちろんノリで自由に動いても問題ないです。念のため。

楽器なしでの練習についてですが,これも#2さんと似たような感じですが,最近,次のような呼吸練習を教えてもらいました。姿勢は前述の通りで,
 1.a秒鼻で吸う
 2.a×4秒止める(のどを締めて止めずに,腹筋や胸の筋肉などで止める)
 3.a×2秒かけて鼻で吐く
 4.1~3を繰り返し(ここが重要!)
止めている時間が猛烈につらいですが,その分効果ありますよ。3サイクル目あたりからたくさん吸えるようになってくるのが実感できると思います。
a=4(4秒吸って,16秒止めて,8秒吐く)×5サイクルくらいで十分すぎるぐらい大変ですが,a=7×7サイクルが最終目標らしいです。私にはまだ全然無理です(^^;

*「鼻で」というところ,理由はよく分かりませんが,そう教えてもらいました。確かにその方が効果あるみたいです。

あと,準備運動として,意外なところで,肩・胸周辺の筋肉をよくほぐすと息が入りやすくなりますよ。
(肩を前後にぐるぐる回すような感じ・・・って分かりにくいですかね^^;)

息のスピードについては,たくさん吸えていれば自然にできると思います(吸ってないものは吐けませんからね^^)。しかし,吹いている楽器やジャンルにもよりますが,圧力・スピードよりも効率(入れた息のどのくらいが音になっているか)・量・太さを意識した方が豊かな響きになることも多いです。また,力むとかえって体が硬くなって息が入らないこともあります。リラックス,というのはどんな時も大原則だと思いますよ。これもご参考に。

長文失礼しました。がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。...続きを読む

Q新しいホルンの購入!!

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

今、新しいホルンの購入を考えています。
私は、細々と20年以上吹奏楽でホルンを吹いています。
今、使っている楽器は12年前に知人から中古で、買いました。
メーカーはヤマハです。

最近、物足りなさから新しいホルンを購入しようと考えて
いますが、今まで楽器ならなんでもOKと考えてきたので
どんなメーカーのどんなモデルがいいのか、さっぱり
わかりません。ネットでも検索しましたが細かなメーカーの
違いや、長所短所が載っているサイトにはたどりつけません
でした。

そこで、ご質問させていただきます。
1.色んなメーカのホルンがありますが、各メーカーの特色はなんですか?
  (代表的なメーカーだけでもかまいません)
2.その中でお勧めのモデルはなんですか?

ご回答よろしくお願いします。
なお、予算は安価の方がいいですが、今後また何年も使うので上限はあまり
考えていません。又、新品でも中古でもいいと思っています。

Aベストアンサー

とてつもなく膨大な量のお答えになってしまう様で…
どこからお答えしたらよいのか迷ってしまいます。
とりあえず、思い切り代表的な所だけ。
なお。当方下手の横好きの素人ホルン愛好家につき、ほとんど主観、一般論とは違う所も有るかも知れません。

○アレキサンダー(ドイツ)
プロ奏者や音大生には圧倒的に支持されている伝統のメーカー。
#103はホルンの中では神格化されたモデル、明るく明確ないわゆるドイツトーンですが、奏者により実に様々の音色を作ることも可能。

○ハンスホイヤー
○メーニッヒ
ともに旧東ドイツを代表するメーカー

○パックスマン(イギリス)
やはりプロ奏者に好まれる。誰が吹いても太く芯のあるイギリス風の音になってしまうのが特徴?

○ホルトン(アメリカ)
吹きやすく完成度の高い楽器、ファーカスモデルは今でもベストセラー、中級からプロクラスの使用で真価を発揮します。
太く柔らかいアメリカントーン。

○コーン(アメリカ)
ホルトンよりマニアック?
代表機種8Dは暗く甘い音色。

○ヤマハ(日本)
大変バランスの良い楽器、個々のモデルの個性を生かしながらも吹きやすく音程も正確です。
趣味で楽しみ特別なこだわりが無いのでしたら、やはりヤマハがお勧めの様な気がします。

◎楽器のタイプ
ご存知とは思いますが、ホルンには大きく分けて柔らかく暗めの音色の太ベル、明るく明快な音色の細ベル、があります。
材質は伸びやかなイエローブラス、翳りのあるゴールドブラス、クリアーなニッケルシルバー。
巻き方は実に様々で、伝統的なクルスペ巻きやクノッフ巻き、などをはじめーメーカー独自の物等色々です。

■お勧めは?
漠然とお尋ねになっても何とも言えません。
ご自分のホルンの音に対するイメージや演奏スタイル、好きな演奏家や好きな曲等、何か手掛かりが無いと回答は得難いと思います。

ホルン吹きのサイトはごらんになりましたか?
こだわりを持った超おたく?が多いのもホルン吹きの特徴です。おせっかいで世話好きな人も多くいます。
「ホルン吹き/ホルン奏者」などで検索すればそれらしいサイトがいっぱい出てきます。
そんなサイトに質問を寄せてみるのも良いですよ。

推薦機種が出揃ったら、多くの在庫が有る楽器店で片っ端から吹いてみるのが最良です。

とてつもなく膨大な量のお答えになってしまう様で…
どこからお答えしたらよいのか迷ってしまいます。
とりあえず、思い切り代表的な所だけ。
なお。当方下手の横好きの素人ホルン愛好家につき、ほとんど主観、一般論とは違う所も有るかも知れません。

○アレキサンダー(ドイツ)
プロ奏者や音大生には圧倒的に支持されている伝統のメーカー。
#103はホルンの中では神格化されたモデル、明るく明確ないわゆるドイツトーンですが、奏者により実に様々の音色を作ることも可能。

○ハンスホイヤー
○メーニ...続きを読む

Qホルンを買いたいのですが・・困っています

この度自分のホルンを買いたいのですが、どれを買えばいいのか非常に悩んでいます。アドバイスお願いします!!

小学校では約2年間アルトホルン、中・高と吹奏楽部で(フレンチ)ホルンをやっていました。そして、高3の夏に楽器と離れて1年10ヶ月程。。
どうしてもまたホルンをやりたくて、近く一般のアマチュアバンドに入団を考えています。しかし、自前で楽器を用意すべきとのこと。思い切って買おうかな・・って思っています。

予算は30万弱・・

参考までに。中学では主にYHR567GDB。高校では主にYHR567を使用。とYAMAHA経験が実に豊富です。笑。ドイツ管にもちょっぴり興味があったり。出来ればゴールドブラスがいいかなあ。

今気になってるのはIO(イオ)の1054GB。しかし、IOの知識は全く無いです。

こんな私に適した楽器はあるのでしょうか。。宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

こんにちは。
私は小学校でトランペット、中学・高校は吹奏楽でホルン、今は大学オケでホルンを吹いています。所有楽器はハンスホイヤー802GALです。

私は高校のときに楽器を購入しました。そのときの状況がyuri19さんと似ていたので、思わず書き込みです。

入団前に楽器を購入することは、私の経験上、あまりおすすめできません。

私も中3の秋に部活引退後、高1の秋までホルンから離れていましたが、どうしてもまたやりたくなり、一般のアマチュアバンドへの入団を色々検討している段階で楽器を購入しました。その段階では何のバンドにも所属していなかったため、当然相談する宛てもない状態。楽器屋さんに行って色々吹かせてもらい、店員さんに色々相談しつつ、そのとき自分がいいと思ったものに決めました。その後入団したオケのパート講師に、「よくない楽器」と言われてしまい、その段階で楽器を購入したこと、少し後悔しています。

楽器には、機種の差はもちろん、個体差があります。ブランクのある状態で楽器を吹いて、その差を実感することはとても難しいでしょう。

一番良いのは、ホルンのプロや講師の方に一緒に選んでもらうことです。実際に楽器を吹いてもらって、選定してもらうのが一番です。

入団したいと考えている楽団に、楽器を買う意志があるということを伝え、相談してみるというのはいかがでしょうか?もしホルンパートに専属トレーナーがいれば、その方に選定をお願いできるかもしれません。それが無理であっても、どなたか先輩に直接アドバイスをもらいつつ決める方がよいと思います。
楽器店の店員さんは楽器に詳しくても、ホルンのプロというわけではありませんから、あまりアテにしすぎない方が良いです。

最近、パート講師に選定してもらい、楽器を購入した先輩が身近にいます。新旧どちらもヤマハの楽器ですが、音色がすごく変わりました。楽器の違いって大きいのだな、と実感しています。

一般の楽団に入るには、楽器を持っていることが必須条件であることが多く、焦る気持ちも分かります。
しかし、決して安い買い物ではありません。
後々後悔することのないように、焦って1人で決めるのではなく、ホルンに詳しい人に相談しつつじっくり決めて下さい。

どの楽器がいい、などのアドバイスはできなくてすみません。

こんにちは。
私は小学校でトランペット、中学・高校は吹奏楽でホルン、今は大学オケでホルンを吹いています。所有楽器はハンスホイヤー802GALです。

私は高校のときに楽器を購入しました。そのときの状況がyuri19さんと似ていたので、思わず書き込みです。

入団前に楽器を購入することは、私の経験上、あまりおすすめできません。

私も中3の秋に部活引退後、高1の秋までホルンから離れていましたが、どうしてもまたやりたくなり、一般のアマチュアバンドへの入団を色々検討している段階で楽器を購入...続きを読む


人気Q&Aランキング