「ラーマーヤナ」の物語の結末の悲しい結末が
詳しく知りたいので、教えて下さい。
最後、ラーマとシーターはどうなるんでしょうか?

A 回答 (1件)

シータ-を救出し、国に戻って王位についたラーマでしたが、


国民の間で、王妃シータ-がラーヴァナに攫われている間に
けがされてしまったかもしれないと、貞潔を疑う噂が流れ、
ラーマは苦渋の決断をし、シータ-を城から追放します。

そのときすでにラーマの子を身ごもっていたシータ-は、
森の中で聖仙の保護のもと、双子の王子クシャとラヴァを
を出産し、双子の王子は聖仙の教育を受けて成長します。

ラーマは国の平安を祈願して、馬の供犠祭を行います。
生贄の馬を国に放ち、十分駆け回らせた後に捕らえて、
神に捧げるのですが、その馬を双子の王子が捕まえて
しまいます。
大事な生贄の馬を直ちに解き放つよう、従者が言いますが、
双子の王子は自分たちのものだと言い張ってききません。
王の従者と双子の王子の間で矢を射掛け合う闘いとりますが、
双子王子の技にかなうものはありません。

話を聞いたラーマが駆けつけ、我が子であることを察します。
しかし、再度シータ-に貞節の疑いを問いただしたところ、
シーターは大地に向かって、貞潔ならば自分を受け入れるよう
神の裁きを願いました。
大地が割れて女神グラニーが現れ、シーターの貞潔を認め、
シーターは大地の中に消えていった。
ラーマは嘆き悲み、その後妃を迎えることなく静かに世を去った。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しいお答えありがとうございました。
ずっと知りたかったので、すっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 12:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猿の軍団・・とは?教えてください

こんにちは
猿の惑星が流行ってますが
うちの父<40代前半>と話してて「昔猿の軍団いうテレビ映画あったんや!」
いうててんそれで歌まで覚えてて
「猿のぐんだ~ん猿の軍だ~~ん♪・・・」(笑
とかいう歌なんやそうです
面白そうですね
もし知ってましたら内容教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 懐かしいタイトルですね。思わずノスタルジーに浸ってしまいました(年がばれてしまうなあ)。

 レンタルビデオ屋さんで借りられなかったときのために。
 まず、inobaさんのご回答をも少し正確に説明すると、ユリカという少女と次郎という少年が泉先生(女性教師)と一緒に某研究所に遊びに行ったところ、強い地震に襲われてしまいます。3人はコールドスリープ装置に避難するのですが、こいつが地震のために作動してしまい、3人は眠りについてしまいます。
 目覚めたら、そこは猿が支配する時代となっており、人間の生き残りはわずか。3人は、その世界で知り合ったゴードという青年(怪傑ライオン丸で主人公を演じた潮哲也さん)とともに、猿が支配するようになってしまった謎を解決しようとしますが・・・。

 これより詳しい話は、下記の「参考URL」の他、次のURLが参考になります。
 
 http://www.asahi-net.or.jp/~ki2s-ucd/tokusatsu/apes.html

 当時は小学校低学年だったので内容を深く考えるようなことはなかったのですが、今考えてみると、泉先生と猿のビップ大臣との会話一つとっても、「共生」がテーマであるような気がしないでもないです。主題歌の中にも「憎しみ合うのはもうやめて 緑の鐘をならすのだー 愛という名の武器を取り 人間らしく戦え」という一節がありますし。当時の特撮ものって、単なるお子ちゃま向け番組ではなくて、深ーい深ーい意味があるんですよ(笑)。だから今でも鮮明に覚えているんですよね。

 懐かしいタイトルですね。思わずノスタルジーに浸ってしまいました(年がばれてしまうなあ)。

 レンタルビデオ屋さんで借りられなかったときのために。
 まず、inobaさんのご回答をも少し正確に説明すると、ユリカという少女と次郎という少年が泉先生(女性教師)と一緒に某研究所に遊びに行ったところ、強い地震に襲われてしまいます。3人はコールドスリープ装置に避難するのですが、こいつが地震のために作動してしまい、3人は眠りについてしまいます。
 目覚めたら、そこは猿が支配する時代となっ...続きを読む

Q指輪物語を最後まで読んだ方に質問

指輪物語の最後の場面で、フロドたちが中つ国を去りますが・・・

私は、この終わり方に納得できていないのです。

フロドたちが旅立って、この後フロド達やサム達がどうなったか

みなさんならどう考えますか??

教えて下さい!!!

Aベストアンサー

僭越ながら。

やっぱり「神話の世界の住人になった」と考えるのが妥当ではないかと思います。“海を渡って西へゆく”のは、“中つ国に留まる気持ちをもはや持たない者たち”であると書かれています。ガンダルフはフロドが負った傷について「一生かれを苦しめる」と言っていますから、その苦しみを癒すためにはフロドは“港から旅立ち”、中つ国を去るしかないのです。

フロドやガンダルフ、エルフたちが去る事によって、単に物語が終わったというだけでなく、中つ国におけるひとつの時代が終わった、という事を表しているのです。

(ちょっと余談)
「指輪物語」におけるエルフ族は、もうすぐ自分たちが神話の世界に旅立たねばならないと感じている、というバックボーンがありますよね。作中の、レゴラスがカモメを見て港を思って心が騒ぐ、というシーンがすごくせつなかったです。

Qマハーバーラヤとラーマーヤナの作者

マハーバーラヤとラーマーヤナの作者がどこにも書かれていないのですが、不明と言うことですか。マハーバーラヤとラーマーヤナがヒンドゥー教の聖典であるならばそれも納得なんですが・・。何か本では言明を避けているみたいです。

Aベストアンサー

この手の物語り(叙事詩)は伝統的な言い伝えや事実を基に神話にしている場合が
多いですよね。日本書紀や古事記もこの類いかもしれませんが、こういった作品は
一応、作者はいるものの口承されていくうちに地方ごとに話が異なったり
しているので現在のラーマーヤナやマハーバーラタがオリジナルと同じという
わけではありません。で、肝心の作者ですが、マハーバーラタは「ヴィヤーサ」で
ラーマーヤナは「ヴァールミーキ」とされています。どちらも、中世に
再編集されているので、なんともいえませんが。

Q下妻物語と下妻物語・完について

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん と
下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件は
別物ですか?
同じタイトルなので、どちらかがどちらかをリメイクした物なのかな?とも
思ったのですが、どうなんでしょうか?

一読された方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」は、「下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん」の続編にして完結編です。

「下妻」が青春小説っぽいのに対して、「下妻・完」はミステリ色が強く(推理モノ?)なっています。

個人的には「下妻」の方がパワーがあって好きです。

Qインド神話のマハーバーラタやラーマーヤナは漫画化されてる?

インド神話のマハーバーラタやラーマーヤナなどは漫画化されてるんでしょうか?
御存知の方いらっしゃったらタイトルなど教えて下さい!

Aベストアンサー

永井豪がSF仕立てで
『神話大戦 ラーマーヤナ編』という本を出しているらしいです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198604320/

Q「黄泉がえり」、物語終盤で「?」 (完全ネタバレ)

梶尾 真治(著)「黄泉がえり」で、黄泉がえった人々は、最後(3月25日)に消えてしまいますよね?
でも、相楽周平だけこの世に残ってしまったのは何故ですか?
終盤で周平が「切れた感じがした。」というような事を言っていますが、
一体どういう意味、また原因は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

よみがえらせたモノが妻や子供のことを考えて、
(生まれてくる子供のこともあるし)
彼だけを切り離して、置いて行くことにしたのではないでしょうか。
かなり前に読んだので記憶が曖昧ですが。
(映画では、そうはならなかったような気が・・・)

Q「ラーマーヤナ」の物語の悲しい結末は?

「ラーマーヤナ」の物語の結末の悲しい結末が
詳しく知りたいので、教えて下さい。
最後、ラーマとシーターはどうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

シータ-を救出し、国に戻って王位についたラーマでしたが、
国民の間で、王妃シータ-がラーヴァナに攫われている間に
けがされてしまったかもしれないと、貞潔を疑う噂が流れ、
ラーマは苦渋の決断をし、シータ-を城から追放します。

そのときすでにラーマの子を身ごもっていたシータ-は、
森の中で聖仙の保護のもと、双子の王子クシャとラヴァを
を出産し、双子の王子は聖仙の教育を受けて成長します。

ラーマは国の平安を祈願して、馬の供犠祭を行います。
生贄の馬を国に放ち、十分駆け回らせた後に捕らえて、
神に捧げるのですが、その馬を双子の王子が捕まえて
しまいます。
大事な生贄の馬を直ちに解き放つよう、従者が言いますが、
双子の王子は自分たちのものだと言い張ってききません。
王の従者と双子の王子の間で矢を射掛け合う闘いとりますが、
双子王子の技にかなうものはありません。

話を聞いたラーマが駆けつけ、我が子であることを察します。
しかし、再度シータ-に貞節の疑いを問いただしたところ、
シーターは大地に向かって、貞潔ならば自分を受け入れるよう
神の裁きを願いました。
大地が割れて女神グラニーが現れ、シーターの貞潔を認め、
シーターは大地の中に消えていった。
ラーマは嘆き悲み、その後妃を迎えることなく静かに世を去った。

シータ-を救出し、国に戻って王位についたラーマでしたが、
国民の間で、王妃シータ-がラーヴァナに攫われている間に
けがされてしまったかもしれないと、貞潔を疑う噂が流れ、
ラーマは苦渋の決断をし、シータ-を城から追放します。

そのときすでにラーマの子を身ごもっていたシータ-は、
森の中で聖仙の保護のもと、双子の王子クシャとラヴァを
を出産し、双子の王子は聖仙の教育を受けて成長します。

ラーマは国の平安を祈願して、馬の供犠祭を行います。
生贄の馬を国に放ち、十分駆け回らせ...続きを読む

Q東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さ

東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ。
書いた感想文を読み返しながら考えてみました。

1.「レイクサイド」
比較的短い話で、内容も分かりやすかったので、お勧めです。

2.「手紙」
ラストは感動もので、周りくどくない、すっきりした小説だと思います。

3.「放課後」
彼のデビュー作です。
上の2つに比べると、ひねってある部分はありますが、おもしろいし、難しくはないです。

あとは、短編集はいかがでしょうか。
ガリレオシリーズの3つ「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」がいいと思います。

Q平凡社東洋文庫の『ラーマーヤナ』について。

 平凡社東洋文庫からインドの叙事詩『ラーマーヤナ』が翻訳されていますが、amazonのあるレヴューに完訳とあり、一方別のレヴューでは翻訳者が死んだために未完とあるのですが、実際のところどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

「完訳」は世に存在しないようです。

参考
http://www.style-21.com/abc/benzo/

参考URL:http://pandaemonium.net/other/log/t0027.html

Q「半落ち」の結末をバラして下さい!

こんにちは。
少し前に流行った「半落ち」ですが、しったかぶりしたいので(笑)あらすじと結末を教えてくれませんか?
もちろんネタばれ大いに歓迎です。
お願いします。

Aベストアンサー

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD4440/story.html


↑ここに書いてありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報