お客様がオフィスから出て行かれるときに「ありがとうございました」と言う種類の仕事をしております。

私の疑問ですが、去るお客様に向かって、その場に留まる者が「失礼します」という言葉をかける事は正しい用法か?ということです。

店員 「ありがとうございました。」
顧客  「それでは、またー」
---顧客、去ろうとドアを開ける--
店員「(顧客に向け)失礼しますー」

実はそう言う人がいて、それはおかしくないだろうか?と聞いたところ、本人は絶対に間違っていないと言います。前職は日本語学校の講師をしていたそうで、自信があるようです。
でも一度も聞いた事も言われたこともないので、自分が常識はずれなのだろうかという気さえしてきました。

皆様のご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「回答」にはなりませんが、私は No.2 の回答をされた方と同じように感じます。


どこかしら、とんちんかんな印象を受けます。
「失礼します」は、その場を去る者が言う言葉(挨拶)ですね。
逆に、ある場所に入り込む(個人宅なら上がり込む)場合に用いる場合もある。
何らかの場に入り込むか去るかする場合の挨拶(ほぼ決まり文句と化した日常用法)といえるのではないかと思います。
しかし、「その場」に残る者が発する言葉というところまで「認知」されているかというと疑問です。
容認する人もいるので一概には言えないですが、個人的には「乱用」の類とみなします。
本来なら、「ありがとうございました」「またお越し下さいませ」「またいらっしゃい」「また来てね」「また寄ってね」とか、「再訪」を促すような文句を述べるのが日本的な「送る(見送る)」側の文句なのですが、事務的な感覚にはそぐわない気がするのも確かです。
といって、「お帰り、お気をつけなさって」とか言われると、妙な感覚を覚える場合もあるかもしれない。
かつて私が勤務していたある遊戯場では、勤務交替で入れ替わる時には、「お疲れさまでした」といって帰る者を送りました。
その場合は、お客ではなくて、同僚にあたるので、ご質問の例とは違うのですが、そういう場合の送り言葉みたいなのはあるんですけど・・・
おそらく、黙って頭を下げるというのが日本的なのかもしれませんねぇ・・・ (もちろん、お店などで、お買い上げされたお客さまに対してなら、「ありがとうございました」で決まりでしょうが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
bakanskyさんの回答、ひとうひとつ心の中で頷きながら読ませていただきました。
やっぱり???な印象を受けますよね。

いま思い出しましたが、この同僚、去るお客様に向かって「失礼します」の他に「お待たせしました」とも言うんです。
「それではー・・」と帰って行く方に「お待たせしました」??

え?と思い聞いてみたところ、同僚が言うには「このお客様がオフィスに来た時、担当の私(質問者)が電話中だった、そして私が接客できるまで1-2分待ったから」だそうなのですが、当然最初に「お待たせして申し訳ありません」と言っていますし、お客様が来てから1時間以上経っているのでいまさら「お待たせしました」と言われも、やはりトンチンカンな印象だと思うんです。

反するご回答をくださった方には申し訳ないのですが、やっぱり同僚の言葉の使い方はおかしいのではないかと思っています。
ただ、こういうことは多くの方が受け入れられればそれが普通になり、多数決的要素があると思うので、もう少し皆様のご意見を聞かせていただきたいと考えております。

よろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/24 02:49

日常的によくみる光景では、『失礼します』は


目上の人に対して下の者が言う挨拶だと私は感じています。

一般企業で会議室内に部下たちがいて、そこに上司がやってきて
何かを伝達し退出する時に、見送る部下が『失礼します』という光景もあります。
お客さんの場合もあります。

お客さんとお店の人では、お客さんに対して発したのなら
私は間違っていないと思います。

『失礼します』を言う方、言われる方が退出するかどうかは気になりませんでした。
別れる時に、上下関係で言えば下の者が上の者に発する言葉だと思っています。

接客をしていて、お客さんに発した挨拶をどのように受け取るかは
そのお客さんにもよりますので、一般的に『ありがとうございました』
だけでよいですね。

接客で『失礼します』が間違いかどうかと聞かれたら、間違いではないと思います。
しかし、一般的に質問者さんのように違和感を感じる人も少なくないのかもしれませんね。
『ありがとございました』をもう1度言って終わらせる方が穏便なのかもしれないと思いました。

的確な回答でなくすみません。
    • good
    • 0

No.1です。



リンク先の(2)は、確かに質問者質問者さんが仰るように
退出する者が言う感じがしますが、

リンク先の(4)にあるように
◎別れる時にいう語 という意味が明記されていますので

別れる時に言うのは退出する方、しない方のどちらでも良いと思えます。

日常的には質問者さんが仰るように、退出する者が言う場合がほとんどで
見送る方が言うのは違うのでは?と思いがちですが、言葉そのものの意味としては
リンク先(4)の意味で、間違いではないと思えます。

この回答への補足

再度の回答ありがとうございます。
ただ、言葉そのものの意味ではなくて、接客をしていてこの状況で使うのは正しいのか?と言うのが疑問なんです。

もし、usatyさんが社会人経験が長く、このように挨拶されるような状況に出くわしたことがありましたならお手数ですが教えていただけましたら幸いです。

補足日時:2009/05/25 01:27
    • good
    • 0

常識ある接客業ではよくある光景ですね。


(本来なら外まで見送るべきですが、この場で)「失礼します」という意味で使用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実は私は接客業経験が長く、何度も言葉についての研修をうけたり、新人のトレーナーやとうるリーダーになった経験もありますが、Ryocchiさんが仰るようにこんな光景を目にした事はないのです。
でも、もしこれがブティックのような接客だったら、「(この場で)失礼します」はおかしくないかも知れませんね。

うちはオフィスにお客様がなんらかの契約をしにきたりするので、お客様が購入したものには"形"はなく、「出口までお持ちしますー」などと見送ることはないのです。

いずれにしろ、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 02:26

例えば私がお客で、店を出るときに、店員から「失礼します」といわれたら、私は変に感じます。


あんた、なんか俺に失礼なことしたの?と突っ込みたくなるような、そういう気分ですね。

去る者が「失礼します」というのは、私もよく使います。
電話でも、切るほうが「失礼します」じゃないかなぁ。

その同僚の方はなにかと勘違いしているんですよ、きっと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も自分が去る時、電話を切る時に「失礼いたします」と使います。

元日本語学校の講師の同僚ですが、取引先との会話やEmailに社内の人間の名前に「さん」を付けてしまったと思えば、社内どうしの会話では呼び捨てしていたり、自分より歳が下のお客様へはタメ口だったりと、実は色々気になる点があるんですね。

なので、彼女の「絶対間違っていない」は、私にとって信憑性にかけるんです。

有難うございました。

お礼日時:2009/05/24 02:34

『失礼します』には、いくつかの意味が有り間違ってはいないと思います。



◎「失礼します」の形で、目上の人の居る場所に入ったり、
 退出したりする時に言う挨拶の言葉。(例)「これで失礼します」

◎別れる時にいう語。(例)「それじゃこれで、失礼」

ですので、顧客に向けて『失礼します』は間違いではありません。
『失礼いたします』なら、なおさら丁寧ですね。

 ↓こちらに載っています。
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?sea …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

リンク先も拝見しました。
リンク先の(名・形動)の(2)の用に、退出する者が「失礼します」というのが普通ではないか?というのがこの質問のポイントなのです。

同僚は「それではー」と出て行く人に向かって、椅子に座ったまま「失礼します」と言うわけなのです。

なので、辞書の説明はなんとなく、同僚が間違っていることを裏付けたような気がしてしまいました。

お礼日時:2009/05/24 02:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスウェーデン語を英語または日本語に翻訳できるサイトを探しています。

スウェーデン語を英語または日本語に翻訳できるサイト(フリー)を探しています。できれば、日本語がいいのですが英語でも構いません。
もしご存知の方がいらしたら、教えていただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はこちらのサイトをよく利用しています。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

スウェーデン語⇔日本語、スウェーデン語⇔英語も簡単に切り替えられるので、いくつかのパターンを試してみてはいかがでしょうか?

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q無料翻訳サイト 日本語⇒英語への入力のコツ

こんにちは。
私は海外の友人とメール交換をしています。ほとんどエキサイト無料翻訳サイトのお世話になっています。 日本語から英語に翻訳して そのまま「コピー」「貼り付け」で送信しています。よく、相手から意味が解らないと返事が返ってきます。
私も英語⇒日本語に翻訳した場合、意味が解らないときが多々あります。

日本語を入力するときに注意する事とかあるのでしょうか? 教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いつ、誰が、何を、どうしたか、面倒臭がらずに全て含んだ文章を書いて翻訳することが大事だと思います。
それに関連して、長い文章は主語と述語の関係があいまいになりがちなので、できるだけ短い文章を翻訳するようにした方が良いでしょう。
英文を読むときも同様で、まず主語と述語を探して読むようにすると、要点が掴みやすいと思います。
また、一度英語に翻訳したものを日本語に再翻訳して確認すると、機械翻訳に足りない部分もよく分かるのではないでしょうか。

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。

Q中国語(簡・繁体)を日本語に正確に翻訳できるフリーソフト知りませんか?

現在、中国発信のサイトをGoogleの自動翻訳ツールバーを用いて、何とか意味を読み取ろうとしている者です。
 英語から日本語はまだ正確に近い形で翻訳されているのですが、中国語からだと、まだタイトルはいいとして、コンテンツ内の文章はさっぱり訳のわからない訳になってしまう事が多く、他に(エキサイト翻訳などの単語翻訳)とは別に、フリーソフトなどで、なかなか正確翻訳に近く、ページ一括翻訳系で使えるのがありましたら、教えて頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に無理です。
また最初から、翻訳ソフトに頼ると壁が大きすぎますね。
まずは基本からと実践を同時におこなう事です。
進めのソフトは南極星ですが、無料ではないです。翻訳ソフトではないが、勉強するなら良い素材いです。
之と実践(やはり中国人と話さないとね、説明能力など向上しない)で、中国大手企業との間でプレゼンまで出来る用に成りました。
とにかく中国語で多くを書く事です、間違っても話す事。
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&sl=en&u=http://www.njstar.com/cms/&prev=/search%3Fq%3DNJStar%2BJapanese%2BWord%2BProcessor(%25E5%258D%2597%25E6%25A5%25B5%25E6%2598%259F)%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP289JP289&rurl=translate.google.com&usg=ALkJrhjqvDrcjJW8mGPQ0BuOJ1BuI9dXbQ をご参照に。多少の無料ソフトありです。

質問者様へ  犠牲(支払い)の無い報酬(堪能な言語習得)などありえません!

基本的に無理です。
また最初から、翻訳ソフトに頼ると壁が大きすぎますね。
まずは基本からと実践を同時におこなう事です。
進めのソフトは南極星ですが、無料ではないです。翻訳ソフトではないが、勉強するなら良い素材いです。
之と実践(やはり中国人と話さないとね、説明能力など向上しない)で、中国大手企業との間でプレゼンまで出来る用に成りました。
とにかく中国語で多くを書く事です、間違っても話す事。
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&sl=en&u=http://www.njstar....続きを読む

Q接客業をしてる友人が私によく「お客様が〜」「ってお客様に言われて〜」と話してくるんですが、普通なんで

接客業をしてる友人が私によく「お客様が〜」「ってお客様に言われて〜」と話してくるんですが、普通なんでしょうか?
私生活で客の話をする店員が普通か普通じゃないかの質問ではなく、日本語的に普通なのか?という質問です
私としては不自然に感じてしまいます。
お客様は目の前にいないし、、、 と変に考えてしまいます
もやもやしていますので回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

(1) 職場の接客場面で、目の前の客に対する呼びかけ(二人称)として「お客様」と言う。
(2) 職場の接客場面で、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。
(3) 職場のバックヤードなどで、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。
(4) 仕事と無関係な場面で、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。

(1)(2)は、まっとうな言葉遣いですね。
業種や客層によっては「お客様」よりも「お客さん」のほうが適切だったりします。
「お客様」か「お客さん」かは、品格や距離感を保った接客か、親近感を込めた接客かによって変わってきます。どちらを好むかは人それぞれ、または、ケースバイケース。

(3)も、ごく普通というか当然のことば遣いでしょう。
ふだん客のいない場面で「あの客が」などと言っていると、そのまま接客姿勢に現れしまいます。
職場の親しい仲間と外で飲むときの話題に「あのイヤな客が」とつい言ってしまうことはあると思います。職場の雰囲気や本人の品性によっては「難しいお客様がいらっしゃって」と一貫した姿勢を崩さない(かも)。


気になっているのは(4)でしょう。
職場と無関係な場所で、仕事仲間でもない友人との会話で「お客様」を連発していること。
本人は「職業語」「接客用語」という意識がなくなっているのだと思います。「口ぐせ」になっていると言ってよいかもしれません。
ある種の業界関係者が「クライアントが」「ユーザーが」を連発するのも同様。ほかの一般名詞に置き換えていうことは、もはや想定外なのだと思います。部外者から見ると一種の職業病と言えなくもない(かも)。


医療施設における「患者様」問題は、また別の話です。

患者を「お客様扱い」するとは何事か、医療を「客商売」と考えているのか、などと不快感をあらわす人がいます。
また、「患者様」という言葉は「先生様」というように、日本語として変ではないかという意見もあります。

もともとは、厚生労働省が2001年に作成した「国立病院等における医療サービスの質の向上に関する指針」の中で、「職員の接遇態度・言葉づかいの改善」として、以下のような指針を示したことが発端とされています。
--------------------------------
患者には原則として、姓(名)に「さま」を付する。

目的・効果
 ・患者に対する丁寧な接遇の実績。

留意事項・事例
 ・原則として姓(名)に「さま」を付することとするが、診療や検査等、諸般の状況に応じ、適宜他の呼称方法(例:○○さん)を用いる。
--------------------------------
たとえば、
・受付窓口で「山田さま」「佐藤さま」とアナウンスする。
・看護師が「田中さま」「鈴木さま」と声を掛ける。
・医師が「森さま」「林さま」と話し掛ける(状況に応じて「森さん」「林さん」と呼ぶ)。

これが一般の医療機関にも広まって「さま付け」が定着し、さらに拡大解釈されて「患者様」という奇妙な日本語が広まったということです。
数年前に某国立大学の付属病院名で「今後『患者様』という言葉は使わない」という周知文書を見た覚えがあります。これも一つの見識でしょう。

個人的には、二人称としては、距離をおいた「○○さま」よりも、親しみやすい「○○さん」のほうが、患者に寄り添った医療というような好印象を与えると思います。

(1) 職場の接客場面で、目の前の客に対する呼びかけ(二人称)として「お客様」と言う。
(2) 職場の接客場面で、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。
(3) 職場のバックヤードなどで、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。
(4) 仕事と無関係な場面で、客の代名詞(三人称)または総称(一般名詞)として「お客様」と言う。

(1)(2)は、まっとうな言葉遣いですね。
業種や客層によっては「お客様」よりも「お客さん」のほうが適切だったりします。
...続きを読む

Q日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

質問のタイトルが長くて申し訳ありません。
日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

これはずっと疑問に思っていることなのです。今日アニメソングが英語に翻訳されているのをご存知かと思います。

番組では日本語の歌詞がテレビから流れます。やがてCDが発売されます。日本語の歌詞です。漢字もひらがなもカタカナもあります。それが英語に翻訳されていたら、「英語と日本語を聞く、読む」両方の力を持っていないとできないですよね?
あるとき、発売されたばかりのアニメソングが英語に翻訳されていたので、思い切ってyou tubeの投稿者に質問をしてみたのです。
そうしたら「何を言っているのかわからないのです。申し訳ありません」と言われてしまいました。わたしの英語のどこが伝わらなかったのか教えていただけますか?

わたしが今までずっと思っていたことは、日本語の歌詞を英語に翻訳するには、
1) その日本人は英語がよくわかるエキスパート、語彙、表現力など絶対必要。
2)その日本人ではない人(例えばアメリカ人)は、日本語のエキスパート、読む、書く、聞く力ももちろん必要だと尾思いいます。そういう能力がないと歌詞の翻訳できないですよね?、というのがこちらの質問の意味です。


わたしが相手の方に送った英語です。ご指摘よろしくお願いいたします。
相手の方は中国人でした。日本語はまったくわからないといっていました。

Thank you for you message !

I thought you would be Japanese. I'm sorry. It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

but may I ask you questions?
How did you translate Japanese into English? It's because you didn't understand Japanese and there were a lot of slangs.

I really don't know why you can translate. It seems to me as if I had a dream . I didn't believe that you did even if you didn't understand Japanese. If I didn't understand how to speak English, I would never translate whatever I would do.

質問のタイトルが長くて申し訳ありません。
日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

これはずっと疑問に思っていることなのです。今日アニメソングが英語に翻訳されているのをご存知かと思います。

番組では日本語の歌詞がテレビから流れます。やがてCDが発売されます。日本語の歌詞です。漢字もひらがなもカタカナもあります。それが英語に翻訳されていたら、「英語と日本語を聞く、読む」両方の力を持っていないとでき...続きを読む

Aベストアンサー

I thought you would be Japanese.(I'm sorry.)

It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

→ This is because the translation of "Tomare" was really good.「これ(こう思ったこと)の理由は「止マレ!」の訳がとてもよかったからです」

of がないと翻訳文自体のタイトルが「止マレ!」ということになります。


May I ask you a question?

How did you translate the original Japanese lyrics into English?

You said you didn't understand Japanese but there are a lot of Japanese slangs in the song.

I really can't imagine how you could translate.

(It seems to me as if I had a dream.)
I can't believe that you translated the song though you didn't understand Japanese. (ここは必要ないかも)

If I didn't understand how to speak English, I would never translate whatever I would do.

→ここは意味が伝わりにくいようです。
I (a Japanese) could never translate songs with English lyrics without a fine command of English.
「私(日本人ですが)だったら、英語を使いこなす力がなかったら、英詞の歌を訳すことは決してできないでしょう」

-----------------------------------------

おそらくアップした人と訳した人が違うのだと思います。素直に「実は…」と言いたくなかったのでしょう。

こういう(あえて言いますが)オタク界隈にはかなりの技術を持った人がいるもので、アニメ本編でも1日もたたないうちに字幕が付き、スラングや日本文化に根ざしたセリフには注も付きます。歌詞にしても英訳があちこちでアップされますがよく見ると同じだったりします(いわゆる転載です)。
こういうものには外国語に堪能な日本人か、日本在住で日本語に達者な外国人が関わってるとしか考えにくく、チームを作っていたり「翻訳者やエンコーダー募集」のような書き込みがあることがあります。

多くの人に楽しんでほしいと思う一方で、やましい気持ち(かってに訳して動画をアップしたことかもしれないし、訳詞を転載したことかもしれない)もあって、答えたくなかったのかもしれません。アップする側、見る側双方あえて触れないでおく部分に触れてきた質問を、好意的には「とてもピュアな」、悪く解釈して「意地悪な」ものと思い込んで適当にあしらったのかもしれません。

I thought you would be Japanese.(I'm sorry.)

It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

→ This is because the translation of "Tomare" was really good.「これ(こう思ったこと)の理由は「止マレ!」の訳がとてもよかったからです」

of がないと翻訳文自体のタイトルが「止マレ!」ということになります。


May I ask you a question?

How did you translate the original Japanese lyric...続きを読む

Aベストアンサー

けんとえんです

どーもすいません

Q英語から日本語への翻訳ソフト

英語のウェブページを読む時に、日本語に翻訳するフリーのソフトウェアを使っている方。お気に入りを教えてくれませんか?
以前の質問もチェックしましたが、同様の質問は、かなり時間が経っているので(2002年)、改めて質問しています。
外国人の友人から頼まれ、「自分の英語のホームページを、日本人にとって使い勝手がよいと思われる翻訳ソフトウェアを使って日本語に翻訳し、どれだけ意味が通じるかを試して欲しい」といわれているのですが、どのソフトウェアが良いのか、私は使っていないので分かりません。 
もし、「これが一般的」というソフトウェアがあれば、それでも構いません。どうか、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

翻訳の正確さで選ぶなら。

exite翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Qお客様、お客さん、顧客、カスタマー、クライアント

日本語を勉強中の中国人です。日本語の客についての言い方が多すぎて混乱です。「お客様」、「お客さん」、「顧客」、「カスタマー」、「クライアント」はどのように違うのでしょうか。ちなみに、「カスタマーさん」、「クライアントさん」という言い方もありますか。

また、「お客様」、「お客さん」という概念は顧客以外に、友人や親戚など来訪する人のことも指せるのでしょうか。

質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「お客様」、「お客さん」、「顧客」、「カスタマー」、「クライアント」はどのように違うのでしょうか。ちなみに、「カスタマーさん」、「クライアントさん」。。。。。

「お客様」 ⇒ 会社の受付では殆どが呼びかけにはこの言葉を使います。 大手のデパートなどでも殆どがこの言葉です。
「お客さん」 ⇒ お店の状況によってこの言葉を 客に対して使う場合と 「お客様」 で通している場合が分かれます。
「顧客」 ⇒ 社内で例えばマーケティング部門の人が 客の状況調査などの説明の場合はこの言葉を使います。 客に対しては使いません。 「カスタマー」、「クライアント」 も同様で、社内だけの使用ですね。
※ よって、「カスタマーさん」、「クライアントさん」 という言い方は客に対しては無いですが、まれに社内的に 冗談で 使うことは有るかもしれませんが、無いと思って良いです。

>「お客様」、「お客さん」という概念は顧客以外に、友人や親戚など来訪する人のことも指せるのでしょうか。
来訪される知人の方が、その会社の内容に関連したことでの訪問であれば、間違いなく 「お客様」、「お客さん」という概念になりますが、完全な私的な理由での来訪であれば、会社の方には そのまま 友人や親戚 と言った状況を説明する必要があります。 友人の(あるいは親戚の) 誰それです。。。との説明が必要。 会社にとって、お客様ではないですね。

但し、友人や親戚などの方の突然の来訪で受け付けた人が、貴方に対して 「受け付に、お客様がお見えです」 というのはありえます。 受付の人にとってはそれが私的訪問かどうかは感知できないからで、全てがお客様になります。
以上、ご参考まで。

>「お客様」、「お客さん」、「顧客」、「カスタマー」、「クライアント」はどのように違うのでしょうか。ちなみに、「カスタマーさん」、「クライアントさん」。。。。。

「お客様」 ⇒ 会社の受付では殆どが呼びかけにはこの言葉を使います。 大手のデパートなどでも殆どがこの言葉です。
「お客さん」 ⇒ お店の状況によってこの言葉を 客に対して使う場合と 「お客様」 で通している場合が分かれます。
「顧客」 ⇒ 社内で例えばマーケティング部門の人が 客の状況調査などの説明の場合はこの言葉を...続きを読む


人気Q&Aランキング