ポイントサービスのポイント没収や失効は財産権の侵害になりますか?

東証一部にある大手旅行会社の西日本限定の、
ポイントサービスがあるのですが、
今回、合併したためポイントカードが廃止になりました。
業務は引き継いだため、廃止後、6ヵ月間は有効だったようですが、
それ以降は無効になったようです。
ただ規約には、「有効期限は1回目のご利用から3年間です。」
とあり、これ以外に、ポイントが失効・没収となる条件は見当たらないのですが、そんなに簡単に、ポイントを失効や没収させることは財産権の観点から可能なものでしょうか?
ちなみに、まだ、有効期限の3年は過ぎておりません。
他にも、大手家電やクレジットカードなどのポイントを持っているのですが、これらも失効する可能性があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>法律には疎く、付随契約が何か分かりませんが、


サービスを購入し、そこで金券に変えられる権利(ポイント)を貰ったわけです。
この金券に変えられる権利を没収は、金券の権利の没収となり、
この権利は金券に交換できるわけですから、金券と同じ権利があり、
金券は、ウェブマネー同様、財産と呼べる。
こう考えると、財産権にまで及ぶと思うのですが難しいものでしょうか?

当該会社がよくわからないので想像でしか回答できませんが、今までそのポイントそのものに投資したわけではないですよね?
旅行会社ということから考えると、旅行商品の購入時に付随的に蓄積されるポイントではないんですか?

ウェブマネーはそのポイントそのものに投資し、ネット上でアバターなどのアイテム購入や、音楽の有料ダウンロードに使用しますよね。

要するに、
ポイントサービスは、
投資→商品購入→ポイント付与
という流れですが、
ウェブマネーは
投資→ポイント付与→商品購入
という流れです。
投資そのものが商品に向いているかポイントに向いているかが重要な点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても良く分かりました。

お礼日時:2009/05/29 11:13

#2に若干補足を・・・



憲法の私人間効力を肯定しているのは判例のするところなので、「憲法29条の財産権なら無関係と言っていいです」は言い過ぎです。

憲法29条ないしその趣旨に反する規則は、当然公序良俗に反するものとして無効ないし一部無効の余地があります。

そこで、29条の「財産権」にいわゆるポイントサービスが含まれるかとなりますが、ポイントはそれ自体を購入するわけではないですから、売買契約の付随契約にしかすぎないと思われます。

すると、ポイントは29条の「財産権」にはあたりません。


なお、類似したサービスとしてウェブマネーなどありますが、前記のとおり、ウェブマネーはそれ自体を得るために金銭を支払って受け取るわけですから、29条の「財産権」に含まれるものと考えられます。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。

売買契約の付随契約の場合、ポイントを反故にしても問題ないのでしょうか?

法律には疎く、付随契約が何か分かりませんが、
サービスを購入し、そこで金券に変えられる権利(ポイント)を貰ったわけです。
この金券に変えられる権利を没収は、金券の権利の没収となり、
この権利は金券に交換できるわけですから、金券と同じ権利があり、
金券は、ウェブマネー同様、財産と呼べる。
こう考えると、財産権にまで及ぶと思うのですが難しいものでしょうか?


なお、今回のポイントは、僅か500円分しかなく、正直没収されても
問題は無いのですが、東証一部上場企業がこの様な事を行い、
他社の同様のポイントサービスでは、万単位のポイントを保有しており、
不安があるため質問させていただいています。

補足日時:2009/05/26 16:21
    • good
    • 0

まぁ心情的なことをいえば、お気持ちはわかります。


私も同様の立場になったらかなり悔しいと思います。

それとは別に、法的な回答をすると…

>ポイントサービスのポイント没収や失効は財産権の侵害になりますか?

憲法29条の財産権なら無関係と言っていいです。憲法で定められた国民の権利はあくまで対国家権力において保障されているものですので。

今回は権力と関係のない、私人どうし(会社も私人です)あくまで私法(民法)の範囲内での問題です。

そう考えた場合、No.1さんの回答が実に明快かつ的確です。

ポイントカードとかポイントプログラムの規約はたいていの場合
「予告なく変更・廃止することがある」なる文言が含まれていると思います。
この内容も契約を構成する以上、契約違反とはいえないでしょう。
問題にするとすれば「一般人ではおよそたどり着けないような読解困難な表現やみづらい文字などで書かれていた」というような「そりゃ普通は理解できないね」と納得してもらえるようなケースですが…まぁたいていは規約の1条を割いて書かれているでしょうから、通じないと思います。

>大手家電やクレジットカードなどのポイントを持っているのですが、これらも失効する可能性があるのでしょうか?

これらも同様です。手元のいくつかのカードやポイントプログラムの規約を見てみましたが、みんな規約に上記趣旨の文言を含んでいました。

比較的似たケースの質問が過去にありますので、ご参考に。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3256987.html

上記引用の質問は質問者のほうから退会したケースなのでちょっと事情は異なりますが、
「契約する上で消費者も契約内容をよく確認することは消費者契約法でも求められている」
点において同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
基本的には、
>「予告なく変更・廃止することがある」なる文言が含まれて・・
確かに、そそうですね。ただ、実際問題、ポイント資産を没収することはもろもろの法律に引っ掛かりできないような気がします。
たしか、一方的に不当な契約は、契約後でも無効にできると聞いたことがあります。
もちろん、これを期待して契約を結ぶわけではありませんが、実際問題企業はこれを知っており?あからさまな没収は無いものと思っています。
例えば、今回倒産したツクモ電機とヤマダの合併でも、ポイントは無効になると思っていましたが生き残っていますし・・・

お礼日時:2009/05/26 16:34

ポイントも財産に違いありませんが物権ではなく債権です。


つまり契約の範囲内の権利そのものが財産でありポイントそのものは財産とはいえません。
又通常ポイント制度そのものの廃止や変更が一方的に可能であると明記されていますので万が一この条項がない場合のみ債権の履行を求めることが可能です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポイントカードシステム導入を検討中です。

いま30店舗ほどの経営をしております。当社でポイントカードシステムを検討しているのですが、各店舗ごとで完結するポイントシステムはありますが、それをネットワーク化して情報管理したいのです。
純粋にシステムだけで(カード制作や端末機購入費は除く)予算は150万円が限度です。どこかにかこのようなシステム商品を取り扱っている企業があれば、また、開発可能な企業があればご教示ください。

Aベストアンサー

要件次第ですが、クラウドベースのポイントシステムを自社開発して運用している会社なら比較的安価に製品の拡張ができるところがあると思います。

ここはどうでしょう。イメージと合うでしょうか。
コンポーネントデザイン カードフィール

参考URL:http://www.cardfeel.com/jp

Q相続権の有効期限は

親族の死亡により相続権が発生しました。相続権者は複数人おりますが協議がまとまりません。このまま何もせず放置しておくとどうなりますか。又、死亡した者の預金通帳等を管理している相続権者が他の相続権者に無断で預金をおろした時は罪に問われますか。それはどの様な罪となるのでしょうか。以上教えて下さい。

Aベストアンサー

>このまま何もせず放置しておくとどうなりますか

何も変わりません
そのままの状態が続くだけです、そのうちに相続人の誰かが亡くなったりすると事態が複雑になります

>他の相続権者に無断で預金をおろした時は罪に問われますか

それだけでは罪には問われません、他の相続人が 横領等で告訴することは可能です

Qポイントカードシステムのレンタルについて

現在、経営コンサルタントをしております。クライアントの商店街でポイントカードリーダーの1ケ月の短期レンタルを検討されています。台数は35台ほどレンタル予定です。安いところを教えてください。

Aベストアンサー

うちのシステムおもしろいですよ。
1ヶ月ならスタンプラリー仕様で使えます。
事務局の手間もなく低価格です。
http://www.sumstamp.com/
「サムスタンプ」で検索してください。

参考URL:http://www.sumstamp.com/

Q自己破産すると没収される財産は?

知人Aの自己破産について、ご教授お願いします。
Aの状況
・サラリーマン
・サラ金などから700万円の借金あり
・A名義の持ち家あり
(土地はAの親名義、同じ敷地内にAの親名義の建物あり)
・A所有のマイカーあり

1.Aが自己破産するとA名義の建物、マイカーはどうなりますか?
2.Aが自己破産するとAの妻や親に何か影響はありますか?
3.Aの勤務先にわかってしまった場合、どんな不利益が生じますか?
4.弁護士以外に安く相談できるところはありますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3のものです。

債務を整理する方法は自己破産の他にいろいろあります。
「債務整理」をキーワードに検索すれば沢山出てきますが、たとえば http://www.ichigo-law.com/html6/saimuseiriindex.html などに解説があります(ここの法律事務所を奨める訳ではありません)。

30年以上の築年数が経っている上物だけであれば、資産価値がゼロの可能性も十分にあります。

なぜ、相談先を弁護士以外とするのかが分かりませんが、資産がある場合の債務整理であれば弁護士に任せた方が良いかと思います。
弁護士以外では自分でやる方法や行政書士にお願いする方法もありますが、そのどちらも自分で裁判所に出向かなくてはなりません。
法定代理人になれるのはあくまでも弁護士だけです。
このあたりの説明も先に書いたURLで説明されていますので一読ください。

質問者様が色々ご心配される気持ちは十分理解できます。
ただ、これくらいの知識は債務者である知人が自分の力で得ようとしないと債務整理は難しいと思います。
本当に債務整理をする気があるのか。選んだ手段を全うできるのか。
すべて知人の知識によりますので、自分で調べる努力もするように知人である質問者様から助言した方が良いと思います。

No.3のものです。

債務を整理する方法は自己破産の他にいろいろあります。
「債務整理」をキーワードに検索すれば沢山出てきますが、たとえば http://www.ichigo-law.com/html6/saimuseiriindex.html などに解説があります(ここの法律事務所を奨める訳ではありません)。

30年以上の築年数が経っている上物だけであれば、資産価値がゼロの可能性も十分にあります。

なぜ、相談先を弁護士以外とするのかが分かりませんが、資産がある場合の債務整理であれば弁護士に任せた方が良いかと思います。
...続きを読む

Q商店街にてポイントカードシステムの導入を検討してい

ます。店舗の情報等を事務局にてネットワーク化して統合管理管理したいのですが、予算が厳しいので割安で質のよりシステム会社があれば教えてください。また、システム構築に関する行政の助成金や補助制度があればそれもご教示いただければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこまで情報管理したいのかわかりませんが、商店街での情報管理はメッリトがあまりありません。知り得た情報を一部の個店の為に利用することがなかなかできません。自店の情報だけなら可能でしょうが。事務局の手間の割に使い勝手が良くないです。
ポイントの請求業務だけならネットワーク化する意味はありません。
一昔前に補助金申請でオンラインが条件というのがあったけど・・・・
時代が大きく変わっています。 前の方が回答していますが交通系ICも悪くないと思います。経費を別にすればですが。
商店街のポイントカードは大きな費用を掛けるほどの販売促進効果はあまり望めません。
簡単でみんなが参加できることが商店街では大切ではないでしょうか。
やはり前の方が回答していたスタンプは良いですよ。
こんなスタンプあります。「サムスタンプ」です。
http://www.sumstamp.com/

参考URL:http://www.sumstamp.com/

Q法人解散の場合の定款・寄付行為の廃止・失効について

法人が解散された場合、その法人の定款や寄付行為は自動的に失効するのでしょうか。あるいは、廃止の手続きをとるものなのでしょうか。法的根拠がありましたら併せてご教授ください。

Aベストアンサー

清算中も使用しますから、廃止できません。

定款を廃止した例としては、日本育英会しか存じません。
法律改正で、定款が不要になったため廃止しました。

Q7-11のポイントカードの素朴な疑問

もしかしたら、DMが来ない様にしてるから知らないのかもしれませんが、7-11のポイントカードについての素朴な疑問です。  薬局のポイントカードは500ポイント貯まったら、500円の割引などありますよね。 セーコマもポイントに応じて景品に交換できますよね。 これらのカードは、その時に生じたポイントと累計ポイントがレシートに表示されます。

7-11のポイントカードは、その時のポイントのみで累計ポイントが出ない。 セーコマのように機械でポイントの確認のシステムも無い。 いつも思うのですが、このポイントカードの意味は? ただのマーケティング用にこの年齢層はこの商品を買ってる的な物なのでしょうか? 

Aベストアンサー

 ポイントはレジで確認できますよー

まあ、テストなんでもうちょっとガマンして下さいね(^_^)v

http://countrysign.ameblo.jp/entry-47dab24b5976b2379dc14174d1744571.html

Q商品の使用期限、有効期限等を決める法規制は?

商品の使用期限、有効期限等を決める際、それを規制するような法律があるのでしょうか?ありましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

 口に入れるようなもの、たとえば食品や薬品は食品衛生法、薬事法などで細かい規定を置いています。それ以外のものでしたら、製造物責任法、民法の瑕疵担保責任で発売後、一定の期間内の事故について、製造業者や販売者に責任を課しています。

Qヤマダ電機のポイントカードを2枚持っています。

ヤマダ電機のポイントカードを2枚持っています。
・2枚のカードのポイントの合算はできない。
・1つの買い物をするときに2枚のポイントカードを両方使うことはできない。
ということは色々調べていて分かったのですが、
例えば
1枚目のポイントカードが1万ポイント
2枚目のポイントカードが2万ポイント
あって、10万円20%ポイント値引きの品物を書いたい際に
1枚目のポイントカードを使って残りのお金を現金で払ってそれで付いたポイントを
(1枚目ではなく)2枚目のポイントカードにつけることは可能でしょうか。
具体的な数字としては
(10万-1万)*20%=1.8万
が2枚目のポイントカードに付いて買い物が終わった後には
9万円で品物を購入して3.8万ポイントが付いたポイントカードが1枚残っているイメージです。

ポイントカードを使っても残り金額で使ってもらえたポイントを同じポイントカードにしか
つけられないとなるとポイントカードと同じ金額の金額の買い物をしない限り永遠にポイントカード
が2枚残ってしまうので、できれば上述したような形でポイントカードを1枚にしたいと考えています。

よろしくお願いします。

ヤマダ電機のポイントカードを2枚持っています。
・2枚のカードのポイントの合算はできない。
・1つの買い物をするときに2枚のポイントカードを両方使うことはできない。
ということは色々調べていて分かったのですが、
例えば
1枚目のポイントカードが1万ポイント
2枚目のポイントカードが2万ポイント
あって、10万円20%ポイント値引きの品物を書いたい際に
1枚目のポイントカードを使って残りのお金を現金で払ってそれで付いたポイントを
(1枚目ではなく)2枚目のポイントカードにつけることは...続きを読む

Aベストアンサー

ポイントカードは、もう使えないと思うんですが、
(入ってるポイントは使えるが、ポイントは追加できない)

ケイタイdeポイントに移行されているので
両方のカードとも、携帯のポイントに移行すれば
いいんじゃないですかね?

2枚できるかどうかは、店員に聞かないとわかりませんが。

あと、ポイントを使った場合は、ポイントは付かないと思いました。

Q自動車学校の卒業証明書の有効期限は1年であるが、その前に原付免許の期限が切れてしまう。

卒業証明書には「1年」と記載されていますが、添付書類(本面試験を受けるための)に印刷されている私の原付免許の更新期限が、今年の4月の誕生日(中旬)までとなっています。そこで質問ですが、

(1)原付免許の更新をしなかった場合、卒業証明書はどうなるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

卒業証明書の免許証コピーは多分住民票の代わりなので、
更新しなくても住民票を持っていけば大丈夫だと思います。

それより、更新より前に試験を受けてしまうことを勧めます。

私も、「平日に試験場行けないよ」でずいぶん伸ばしてたので
わかりますが、さっさと取った方が気が楽ですよ


人気Q&Aランキング