結果無価値論と行為無価値論はどっちが主流ですか?
そして、結果無価値論は、結果を見るのに、それが無価値なのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>結果無価値論と行為無価値論はどっちが主流ですか?



文字通り、犯罪の結果(人の死など)を受けて判断をするのか、予備・未遂を含めた段階で「行為を規制」するものかということになるでしょう。

犯罪の阻止、予防という観点からすると行為無価値論が優位ですが、社会生活への刑事法の介入(規制)という意味からすると、結果無価値論のほうが自由といえるかもしれません。
こうしたことから、行為無価値論のほうが拡大解釈されやすいといえるかもしれません。また、裁判員制度が導入されましたが、これと良く馴染む考え方は、社会的規範に対する違背を違法の根拠とする『行為無価値論(二元論)』です。
    • good
    • 0

>故意と過失と未遂との関係を教えてください。


>構成要件該当性、違法性、有責性との関係も教えてください。

 juliusさんが、とてもわかりやすく、正確に、丁寧に御説明されていると思います。ありがとうございました。
    • good
    • 0

回答No.2の_juliusです。



まず、お聞きしたいのは、貴方は大学で法学(ないしは刑法学)を学んでいるのですか、ということ。そうだとすれば、まずは専門家である教員の方に一度質問に行かれるのがよろしいかと思います。それから、何か教科書を使っているかというのも補足願います。

質問の仕方を見る限り、まだ刑法学の基礎中の基礎が身に付いていらっしゃらないようですので、まずはイメージをつかんで頂くため、以下では、かなり簡単な言い回しで説明をします。

>故意と過失と未遂との関係を教えてください。
ということですが、「故意と過失と未遂」は同一平面上にある問題ではありません。問題の立て方、ないしは概念の整理の仕方としては「故意と過失」、「既遂と未遂」という形になります。

「故意と過失」
簡単に言えば、「故意」とは「わざと」であり、「過失」とは「うっかり」です。
同じように人を死なせる行為であっても、それが「わざと」か「うっかり」かで、成立する犯罪が異なってきます。
例えば、「わざと」人を死なせれば(ex. ナイフで刺す、毒を盛る)、故意の生命侵害犯、すなわち殺人罪が成立します。これに対し、「うっかり」人を死なせた(ex. 猟銃の暴発で人を死なせる)のであれば、過失の生命侵害犯、すなわち過失致死罪になります。
これが「故意と過失」の区別です。

「既遂と未遂」
簡単に言えば、「既遂」とは法益侵害結果が「発生した」場合を言い、「未遂」とは法益侵害結果が「発生しそうになったが、しなかった」場合を言います。
例えば、人を「殺した」のであれば殺人罪の既遂犯ですが、人を「殺そうとしたが殺せなかった」のであれば殺人罪の未遂犯です。
これが、「既遂と未遂」の区別です。

こうした、「故意と過失」「既遂と未遂」という2種類の相異なる分類を前提とし、生命侵害犯を例に組み合わせを考えるなら、以下のようになります。

(1)故意犯の既遂犯:殺人既遂罪(199条)
(2)故意犯の未遂犯:殺人未遂罪(199条・203条)
(3)過失犯の既遂犯:過失致死罪(209条)
(4)過失犯の未遂犯:不可罰(刑法上、これを処罰する規定は存在しない。※相手に怪我も負わせなかった場合)

次に、
>構成要件該当性、違法性、有責性との関係も教えてください。
ということですが、以下のことをまず必ず覚えておいて下さい。

「犯罪とは、『(1)構成要件に該当し、(2)違法で、(3)有責な』行為を言う」

すなわち、犯罪が成立したと言えるためには、
(1)構成要件該当性
(2)違法性
(3)有責性
の3つの段階をクリアーしなければならないということです。

まず、第一段階の構成要件該当性とは何か。
それは、行われた行為が「類型的に見て」犯罪行為と言える形をもっているかの判断です。人間が日々行っている様々な行為のうち、一定の「類型的な」形をもった行為だけが処罰の対象となります。それは例えば、「人を殺す」とか「物を盗む」とか、そういった行為があったのか、ということの確定作業と言えます。

では、とりあえず、何かしらそうした「類型的な」行為があった(例えば、「人を殺す」という行為があった)として、次に行われるのが違法性の判断です。
違法性の判断とは、確かに「人を殺す」という類型的な行為はあったが、それははたして法から見て許されざる行為として行われたものであったのか(違法な行為だったのか)ということを確認する作業です。
「人を殺す」という類型的な形をもった行為であっても、それが例えば「正当防衛」として行われたのであれば、確かにそれは類型的には「人を殺す」行為であっても、「違法だ」とは言えないとされます。この場合、そうした行為は「構成要件該当性はあるが、違法性がない(違法性が阻却される)」と評価されます。
反対に、類型的に「人を殺す」行為があり、なおかつそれを正当化するような根拠もないのであれば、それは「構成要件に該当し、違法な」行為となります。

こうして、「構成要件に該当し、違法な」行為と評価された(構成要件該当性、違法性の2つのステップをクリアーした)行為は、最後に、有責性の判断へと移ります。
有責性の判断とは、「人を殺す」という類型的行為があり(=構成要件該当性があり)、それを正当化する事情もない(=違法性があり)ときであっても、そうした行為を非難できない事情があるかもしれない、そうした事情の有無を確定する作業のことを言います。
例えば、「人を殺す」という行為に出て、しかもそれが正当防衛でもなんでもないとしても、当の本人が精神疾患で責任能力がないなら、その人を非難することができません。これは行為が違法か適法かという問題ではなく、違法であったとしても責めれるかどうかの判断です。ポイントは、あくまで行為は違法であるということ。責任無能力だからといって適法、すなわちやっても良い行為だとは言えません。
簡単に言えば、違法性の判断は「やってもいいかいけないか」の判断で、有責性の判断は「やってはいけないことをやったときに責めれるかどうか」の判断です。違法性がないとは「やっても良い」ということであり、責任がないとは「やってはいけなかったけど、責められない」ということです。両者のニュアンスの違いに注意して下さい。

以上述べてきたところが基礎中の基礎です。
それらを前提に
>故意と過失を分けないのが、結果無価値論で、それを分けるのが行為無価値論ですか?
という質問に答えます。

結果無価値論(その中でも山口説のように純理論化されたもの)は、「構成要件の段階では」故意犯と過失犯を区別しないというだけであって、責任段階で両者を区別します。
「結果こそが重要」という観点に立ったとき、故意犯だろうが過失犯だろうが、そこにある類型的行為は「人を死なせる」という行為であって、両罪は同じ類型に属すると考えられます。したがって、殺人罪も過失致死罪も「人を死なせた罪」という1つの類型(構成要件)の中にあるということになります。では、両罪の違いはどこに現れるか。それが責任です。「人を死なせた」という類型にあたり(=構成要件に該当)、それが「やっても良い」行為とは言えない(=違法性アリ)としても、「わざと」か「うっかりか」は、どの程度「責められるか」という観点から違いが出てきます。こうして、殺人罪と過失致死罪は、責任段階で区別されることになる、というのが結果無価値論からの帰結です。

他方、行為無価値論は、構成要件の段階から故意と過失を区別します。
「行為こそが重要」という観点に立ったとき、自ずと「わざと死なせる行為」と「うっかり死なせる行為」とは、そもそも最初から異なる類型に属する行為だと判断されるのです。

ですから、
>故意と過失を分けないのが、結果無価値論で、それを分けるのが行為無価値論
ということではなく、故意と過失を構成要件レベルでは分けずに、責任レベルで分けるのが結果無価値論で、故意と過失を最初から構成要件レベルで分けるのが行為無価値論である、と説明できます。

なお、
>殺人未遂の場合、結果無価値論では、殺人未遂だけど、行為無価値論では、未遂でも、殺人ってことでしょうか?
とのことですが、これは、行為無価値一元論をとった場合の帰結であり(もっとも、論者もそうは言わないでしょうが)、一般的に行為無価値論と呼ばれる、行為無価値結果無価値二元論は、やはり、既遂と未遂を区別しますので、殺人の実行の着手はあるがそれが未遂に終わったケースなら、結果無価値と行為無価値とを問わず、殺人未遂罪になります。

以上、お解り頂けましたでしょうか?
    • good
    • 4

現在の学説・判例は、共に、どちらが主流とは一概には決められない状況にあります(なお、一応補足しておけば、現在一般に「行為無価値論」と呼ばれる立場は、正確には「行為無価値・結果無価値二元論」のことを意味します。

今日、「行為無価値一元論」を採る学者はかなり少ないです)。また、行為無価値論自体も、伝統的な大谷先生的理解(すなわち、刑法の目的を「社会秩序維持」に据え、違法の本質を「社会倫理規範違反」と見る立場)と、近時有力な井田先生的理解(すなわち、刑法の目的を「法益保護」に据え、違法の本質を「行為規範違反」と見る立場)とで、大きな隔たりがあります。

判例・実務は行為無価値論に則っていると言われることがありますが、それは誤りです。判例をきめ細やかに読んで行けば、決して行為無価値論の一枚岩でないことが解ると思います(そう思えないのであれば、判例が正しく読めていないか、行為無価値論が理解できていないか、どちらかだと思います)。判例追随型の学説提示で有名な(というと誤解があるかもしれませんが)東京都立大の前田雅英先生の学説が「論理的に首尾一貫していない」とよく批判されるのは、そうした判例の態度決定の不確定さに由来しています。

また、貴方がもし何らかの資格試験(典型的には新司法試験)を目指していらっしゃるのであれば、必ず、個々の論点についてどちらの立場からも説明できるようになっていないといけません。(自分が「学問」的にどの見解が説得的と考えるかとは別の問題として、)こと「試験」について言えば、弁護側に立って論証して行くのか、検察側に立って論証して行くのかで、有用な理論構成が異なるからです。

それから、
>結果無価値論は、結果を見るのに、それが無価値なのはなぜですか?
とのことですが、「無価値」とは、ドイツ語のUnwert(ウンベルト)を直訳したものであって、日本語で言う「価値がない」という意味ではありません。これは「マイナスの価値」とでも言うべきものであって、要するに「悪い」ということです。
簡素化して説明すれば、例えば、XがAを殺したという事例において、「Aが死んだ」という「結果」が法にとって好ましくない(違法だ)と見るのが結果無価値論、「Aを殺した」という「行為」が法にとって好ましくない(違法だ)と見るのが行為無価値論です。前者はあくまで「死んだ」という結果が重要なのですから、わざと(故意殺)かうっかり(過失致死)かということは二次的な問題になります。東大の山口先生などが、殺人罪と過失致死罪との構成要件レベルでの峻別を行わないのは、この点に由来します。反対に、後者は「殺した」という行為が重要になりますから、構成要件レベルにおいて、すでに故意殺と過失致死とは区別されるべきこととされます。
「無価値」という誤解を招き易い用語法は避けるべきであるとして、京都大学その他の関西圏の大学では「反価値」という用語が用いられることがありますが、慶応大学の井田先生などは「何かヒラヒラした布を連想するよね」と仰っておられ、好みの分かれるところです(笑)。

この回答への補足

故意と過失を分けないのが、結果無価値論で、それを分けるのが行為無価値論ですか?

殺人未遂の場合、結果無価値論では、殺人未遂だけど、行為無価値論では、未遂でも、殺人ってことでしょうか?

補足日時:2009/05/27 22:38
    • good
    • 0

 学者の数で言えば、結果無価値論者のほうが多いのではないでしょうか。

結果無価値論には、東大の山口厚先生がいらっしゃいます。
 しかし、判例・実務は行為無価値が支配しています。こちらは、団藤・大塚説や、井田良先生がいらっしゃいます。

 結果無価値の「無価値」は、結果を無視するという意味ではなく、誤解を恐れず、わかりやすく言えば、結果が「価値がない」=「わるい」ということです。

この回答への補足

故意と過失と未遂との関係を教えてください。

補足日時:2009/05/27 22:42
    • good
    • 1
この回答へのお礼

構成要件該当性、違法性、有責性との関係も教えてください。

お礼日時:2009/05/27 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすでに存在しなくなっている学校が、ずっとホームページを削除しない場合、

すでに存在しなくなっている学校が、ずっとホームページを削除しない場合、どこに連絡すれば良いのでしょうか?
かなり悪質な学校で、あたかも学校が存在しているかのように装い、正規のコースではなく金儲けの短期コースに入学者を流す、という方法を取っているところです。
学校側に警告しても、「短期コースがあるから削除できない」という言い訳をされますが、競合校に対する嫌がらせと、入学者を騙した商法としか思えません。
このような学校に対し、公的機関から罰っしてもらう方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

いわゆる景品表示法違反が疑われるので、
お近くの消費生活センターなどに通報するのがよいかと思います。
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

Q結果無価値と行為無価値について

結果無価値と行為無価値について

現在ロースクール2回生(既修1回生)のものです。 題名の通り、結果無価値と行為無価値についての質問です。

最近、「新司法試験では『結果無価値と行為無価値』の対立に拘泥することには意味がない。(試験対策の答案作成という意味で) 事案の事実を正確に評価し、適切な問題解決を図ることを答案で示すことが重要だ。 また、学説の争いにはまりこむより、判例が最も重要だ」というような言葉を頻繁に聞きます。

しかし、行為無価値の論者と結果無価値の論者では大きく論証は異なりますし、答案上にも大きな差が出てくると思います。(特に規範部分において) そこで、上のような発言の意図はどういうことかわかりやすく説明してただけるでしょうか?
 単に、結果無価値論者の立場からでも行為無価値論者の立場からでも、いずれにせよ同じような結論が導かれるのだから、どちらをとってもさほど不都合はない。 結局、論理の筋が通った妥当な結論さえ出せれば、それで良い。 というようなことを意味しているに過ぎないのでしょうか?

ちなみに、現在、私自身は刑法総論は西田典之「刑法総論」(第一版)を使っており、既に3回ぐらいは通読しています。また、既に論証は学部時代からのものを含め、たいていの部分につき既に自作しております。 (学部時代に山口厚「刑法総論」(第二版)も読んでいました)
しかし、判例理論と大きく異なる部分もあり、心配なところがあるので質問させていただきました。 

回答よろしくお願いします

結果無価値と行為無価値について

現在ロースクール2回生(既修1回生)のものです。 題名の通り、結果無価値と行為無価値についての質問です。

最近、「新司法試験では『結果無価値と行為無価値』の対立に拘泥することには意味がない。(試験対策の答案作成という意味で) 事案の事実を正確に評価し、適切な問題解決を図ることを答案で示すことが重要だ。 また、学説の争いにはまりこむより、判例が最も重要だ」というような言葉を頻繁に聞きます。

しかし、行為無価値の論者と結果無価値の論者では大きく論証は...続きを読む

Aベストアンサー

「新司法試験では『結果無価値と行為無価値』の対立に拘泥することには意味がない。(試験対策の答案作成という意味で) 事案の事実を正確に評価し、適切な問題解決を図ることを答案で示すことが重要だ。 また、学説の争いにはまりこむより、判例が最も重要だ」(以下、本件見解と記す)。

新司の過去問を制限時間を設けて解かれたことがあるならばお分かりになると思います(もちろん刑訴も一緒に4時間で)。とにかく時間が足りません。限られた時間の中で事案を「丁寧に」分析し、論理的に筋の通った論述をし、合格答案を書くためには答案のメリハリづけが必要とされます。結果無価値と行為無価値の対立に拘泥することは、つまり一般的に配点が低いと考えられている規範部分に相当の時間をかけることを意味します。判例と違う立場で論述する場合には判例を批判し、自説が正当であることを説得的に述べなければなりません。これは容易なことではなく本来ならばそれだけで何日もかかってしまうような作業です。適当に批判を書いて自説を展開すれば、場合によっては「判例のこと全然勉強できてないじゃないか」と思われかねません。
ですから、規範部分は多くの受験生が書いてくると思われる判例で通し、事実の抽出・評価部分で独自性を発揮した方が得策といえると考えます。
また、試験委員も判例を前提として問題を作ってきますから判例に乗っからないと事実の抽出・評価部分で丸々落とすということにもなりかねません。例えば、正当防衛で防衛の意思の有無が問われているときに防衛の意思不要説に立てば、他の受験生が書いてくる部分が自分だけ0点という事態になってしまいます。

ただ、注意して頂きたいのですが、規範部分はいついかなる時も薄くあっさりと書けばいいというわけではありません。問題文を読んで理論面の深い理解が問われているなと感じたら(例えば、原因において自由な行為の理論に関する問題)当然規範部分に大きな配点があるでしょうから、それに応えねばなりません。試験会場で瞬時に出題趣旨を察知する能力も問われているということです。


ロースクールに入って法律を勉強する目的は、いい法律家になるための力を養うことにありますから学説の対立について深く考えることは必須だと思います。このような考える力が合格後に大いに役立つことは間違いありません。しかし、試験を受ける目的は何でしょうか?専ら合格すること、ではありませんか?もしそうお考えならば「限られた時間の中で合格答案を書くにはどうすればいいのか」をとことん考えてみてください。そうすれば、本件見解の意味も分かってくるのではないでしょうか。

以上、駆け足になり雑な文章になってしまいましたが、参考にして頂けたら幸いです。

「新司法試験では『結果無価値と行為無価値』の対立に拘泥することには意味がない。(試験対策の答案作成という意味で) 事案の事実を正確に評価し、適切な問題解決を図ることを答案で示すことが重要だ。 また、学説の争いにはまりこむより、判例が最も重要だ」(以下、本件見解と記す)。

新司の過去問を制限時間を設けて解かれたことがあるならばお分かりになると思います(もちろん刑訴も一緒に4時間で)。とにかく時間が足りません。限られた時間の中で事案を「丁寧に」分析し、論理的に筋の通った論述をし...続きを読む

Q印刷ドキュメントの削除

お尋ねいたします。
PCはバイオVGC-M53B/DプリンタHHP PSC1350 AII-in-Oneです、今まで順調に動いてましたが最近印刷ドキュメントの削除が出来なくなり困ってます どなたか削除方法を教えて下さいPCの再起動も試みましたがだめでした

Aベストアンサー

段階別に3つやり方があるのでお試しを。
http://h10025.www1.hp.com/ewfrf/wc/document?docname=c00098840&lc=ja&cc=jp&dlc=ja

Q結果無価値の整合性について

結果無価値論者は、それでも不法領得の意思は必要としているみたいですね?


だとしたら結果無価値は一貫性がなく観念上でしか有効ではない理論でしかないように思えます。

これは修正とか例外とかいうレベルではなく行為無価値そのものの採用であります。不法領得の意思を無条件で採用しているのですから、
枝葉の部分はともかく主たる軸足は結果無価値であるのだ、という匂いすら感じないのです。
規範的構成要件を採用している点でもしかりです。

それでも結果無価値を貫く学者がいることに驚くばかりです。
露骨かつ赤裸々なまでの無一貫性を露呈しているのに
それでもなぜ結果無価値を声高に叫んでいるのですか?
理論としては破綻していませんか?

行為無価値結果無価値二元論という共存のレベルではなく、
これはダブルスタンダードです。
あるときは行為無価値。あるときは結果無価値。

だからつじつまがあわない。
演繹的に答えも導けない。


結果無価値支持・採用しているあなたの言い分をお待ちしています。

Aベストアンサー

違法性と責任を混同されてませんか?
結果無価値は、違法性の根拠は法益侵害(客観)である、とする立場でしたよね。
そして、不法領得の意思(主観)は責任要素でしたよね。
結果無価値も、責任では主観を考慮するので、なにも矛盾しないと思うのですが・・・。

まだ刑法を学びたてで、あまり自信がありません。
間違ってたらごめんなさい。

Qディスクトップのアイコン削除について

ディスクトップにてファイルを分割したのですが、その際分割サイズを間違えてしまいディスクトップに大量にフォルダが作成されてしまいました。(2万くらい)削除しようと思ったのですが、選択削除の方法がわかりません。1つ1つ消してみたのですがとても削除しきれませんのでお力をお貸しください。なおパソコンはソニーのバイオです。回答よろしくお願いいます。

Aベストアンサー

OSが判らないので…「XP」ということで説明します。
エクスプローラを起動→
「ローカルディスク(C)」→
「Documents and Settings」→
「(ユーザ名)」→
「デスクトップ」フォルダの中にデスクトップ上のファイルが有ります。
連続して選択するには「SHIFTキー」を押して選択しましょう。
また、個別に複数選択するときは「CTRLキー」を押して選択しましょう。

Q行為無価値論への批判を、「刑法において、主観性を含ませるのは刑法の本質

行為無価値論への批判を、「刑法において、主観性を含ませるのは刑法の本質的意味において不当」とすることは可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>主観性を採用している
>→法律濫用の恐れ
>⇒刑罰適用を最小限に食い止めるという刑法の本質的意味からの逸脱

うーん、、、
具体例を交えれば、大学1年レベル(刑法学初学者)なら、まァ、ギリギリってとこでしょうか。
それ以上のレベルとなると、厳しい言い方ですが、これでは全くお話しにならないと思います。

まず最初に確認しなければならないのですが、
結果無価値論(Erfolgsunwert)・行為無価値論(Handlungsunwert)は“構成要件・違法性・有責性”の3分体系(これはご存知ですよね?)のうち、(構成要件論・)違法論に関する議論です(もちろんそれを反映して責任論も変わってきますが)。
簡単に言うと、結果無価値論と行為無価値論という対立をは、「犯罪はなぜ違法なのか」という問をめぐる対立です。極簡略化していうと、結果無価値論はこれに「人の死という結果が法にとり好ましくないからだ」と答え、行為無価値論は「人を殺すという行為が好ましくないからだ」と答えます。

こうした違法論レベルを経て、次に責任論のレベルで「違法だとして、責められるか」という判断をします。

行為無価値論は故意・過失をはじめとする主観的要素を構成要件・違法性レベルで既に考慮しますが、結果無価値論は違法論のレベルでは考慮せず(したがって、原則として客観的要素のみを考慮する)、責任レベルで初めて考慮することになります。

したがって、「刑法に主観を含ませる」という言い方自体が既に不当です。
犯罪が成立するかという最終的判断に至るまでには、結果無価値論だろうが行為無価値論だろうが、主観を考慮します。
ですから、正しくは「刑法的違法判断に主観を含ませる」かどうかの問題だ、ということです。

以上の基本的理解を前提に話を続けます。

現在、行為無価値論と呼ばれているもののほとんどは、厳密には行為無価値・結果無価値二元論です。
つまり、行為無価値性だけを基準に違法判断をするのではなく、行為無価値性をベースに、(少なくとも既遂犯論では)結果無価値論も合わせて必要とされる、ということです。

イデオロギー的な極端な言い方をすれば、
結果無価値論は結果無価値だけで違法性肯定しますが、
行為無価値論は結果無価値だけでは足りず、行為無価値(その中に主観的要素も取込まれている)もなければ違法性は肯定できない、
ということになります。

したがって、実は、行為無価値論の方が「違法」とされる範囲は狭くなるのです。

以上から、
>刑罰適用を最小限に食い止めるという刑法の本質的意味からの逸脱
とは一概には言えないということが分ると思います。

むしろ行為無価値論の問題性とは、違法の範囲が広い・狭いの問題ではなく(むしろ行為無価値論者は「違法の範囲が広すぎる」と結果無価値論を批判します)、違法判断に主観が混じることで、違法判断が恣意的になる点にあります。
主観的要素を加味して違法判断を下すというが、なぜある種の主観的要素が備わるとそれを「違法」と呼べるのか、ということです。
それは「悪い意思が悪い」と、モラリズムを基礎にトートロジーを展開しているに過ぎないのではないか。
もっとはっきりと「結果(=被害)」があるから「悪い」と言った方が司法の暴走を抑止できるのではないか。
これが行為無価値論に向けられる批判です。

以上は分りやすさを重視した説明なので(十分解りにくいですが)、暴論的な部分もあります。
詳しくは学者に聞くのが一番です。

※この質問と関係ないのですが、純客観説の話は、明日以降に本を探して見てみます。

>主観性を採用している
>→法律濫用の恐れ
>⇒刑罰適用を最小限に食い止めるという刑法の本質的意味からの逸脱

うーん、、、
具体例を交えれば、大学1年レベル(刑法学初学者)なら、まァ、ギリギリってとこでしょうか。
それ以上のレベルとなると、厳しい言い方ですが、これでは全くお話しにならないと思います。

まず最初に確認しなければならないのですが、
結果無価値論(Erfolgsunwert)・行為無価値論(Handlungsunwert)は“構成要件・違法性・有責性”の3分体系(これはご存知ですよね?)のうち、(構成要...続きを読む

Qごみ箱を削除してしまいました。

初心者です。デスクトップ上のごみ箱のアイコンを誤って削除してしまいました。復活させるにはどうしたらよいでしょうか。どなたか教えててください。(ソニーバイオです)

Aベストアンサー

復元は、デスクトップを右クリックし、「個人設定」をクリックし、タスクペインの、「デスクトップアイコンの変更」をクリック。
デスクトップアイコンの設定画面が表示されますので、「デスクトップアイコン」の、「ごみ箱(R)」にチェックを入れてから、OKを押します。

Q構成要件論と行為論が分かりません。

構成要件論と行為論が分かりません。
構成要件論と行為論で、『犯罪論において構成要件該当性に独立した地位を認めるか否か』が問題らしいのですが、意味が分からないです。
まあそれは構成要件論に対し、行為論がよく分からないところがあるのも事実ですが。

それで、その後に『行為論はこれを否定し、構成要件該当性の問題は主として刑法各論の領域で論じ犯罪論においては違法性と関連付けて論じるのである』
とかいてあります。これは「構成要件に該当するかの問題は主にそれぞれの刑法の説の中で考えて」という意味なのは分かるのですがそこから『犯罪論において~』がどういう意味なのかよくわかりません。

どなたか教えて頂けると嬉しいです。本当にどうかお願いします。

Aベストアンサー

 刑法学者を目指すのでなければ,そんな議論は分からなくていいです。いえ,むしろ分かろうとしてはいけません。
 法律の実務とは全く無関係な,学者の学者による学者のための議論であり,理解できなくても司法試験には十分合格できますし,逆にそんな方向へ関心を持ったばかりに真に必要な部分の勉強がおろそかになり,何年勉強しても司法試験に合格できなくなった人が多いと言われています。

Qバイオテクノロジー専門学校を選ぶポイントは?

国公立大学の志望校に合格できなかった為、いくつか見学に行った専門学校を選び
入学する予定です。

バイオの勉強は、医療系などの専門学校と違い、資格を取って将来専門職として、就職に活かせるのかはっきりしません。

東京の専門学校は、2年目から環境、化粧品、医療などの分野に分かれて、より専門的に勉強しす。子供は、まだどの分野に将来進みたいか、決められません。

東京は、住みにくい感じを持っているようです。


名古屋の学校は、学費が安く、又特に専門分野に分かれず、2年間バイオのいろいろな分野を勉強するようです。

近くに家賃の安めのアパートもあります。
今のところ、入学者は20人程のようですが、人気がないのでしょうか
少ない人数の方が、丁寧に教えてもらえるかもしれません。

より、専門的な分野を勉強していった方が、将来就職に役立つのでしょうか
どなたか詳しい方がいたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 見も蓋もないことをいいますね。バイオ関係は完全に供給過剰です。それも旧帝大クラスの大学院博士課程修了者・博士号取得者でさえそうです。なので

>資格を取って将来専門職として、就職に活かせるのかはっきりしません。

 資格より学歴がすべての世界です。そしてなんの「資格」もありません。専門学校を出て医薬、化粧品などの研究職に就ける可能性はゼロです。研究職自体が旧帝大クラスの修士課程修了が最低学歴ですよ。

 一年だけ浪人して再受験されることをお奨めします。

Q憲法無効論は、大学の法学部では、主流なのですか?

日本国憲法無効論についてお聞きします。

発明家で有名なドクター中松は、東大法学部で、創造学の講義として、日本国憲法無効論について20年ほど前から講義されているそうです。お話によりますと、東大法学部では、日本国憲法無効論が主流だそうです。

そこでお聞きしたいのですが、大学の法学部などでは、日本国憲法無効論は、主流なのですか?

よろしくお願いします。

ちなみに私は、無効論者です。

http://www.youtube.com/watch?v=u0pckiN4ljY

Aベストアンサー

私も無効論者ですが、学者で、正面から
憲法を無効と論じている人は、ほとんど
いません。

主流というのは、おかしいですね。
勘違いか、ウソをついているかでしょう。

憲法の問題で、無効だからと、明治憲法を
基に論じたら、赤点間違いなしです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報