『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

僕は卒論で、映画におけるの同性愛の描かれ方について書こうと思っています。
そこで同性愛に関する映画はいくつも見つけたのですが、それについて書かれてある、文献などがなく困っています。
もちろん自分で映画を見てから論文は書くつもりですが、文献など参考資料となるようなものがないと正直厳しいです。
なにかありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下記にだいぶ前に回答が集まったものが残っているよ。

オレもNo.18で回答していてアンソロジー本を紹介してる。参考まで。

映画「セルロイド・クローゼット」は今でもDVDが販売されていると思うけどな。絶対見るべし!!!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2993506.html
    • good
    • 0

「ラヴェンダースクリーン ―ゲイ&レズビアン・フィルム・ガイド」


はいかがでしょうか。
大判本で、今おそらく廃刊だと思います。
(アマゾンでは中古で手に入るようです)。
同性愛をテーマにした映画を一本一本解説・ときには批評・批判した本で、
私はかつて大変面白く読みました。
ガイドブックに近いスタイルですから、学術的にはお役にたたないかもしれませんが…。

あとご覧になっているかと思いますが
「セルロイド・クローゼット」という映画はかなりすぐれたドキュメンタリーでした。
"Celluloid Closet: Homosexuality in the Movies"(著者:Vito Russo)
という書籍に基づいているので、もし英語でもよろしければ、こちらをおすすめします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論で映画について書きたい

映画(特に洋画)について卒論書こうと思うんですが、如何せんテーマが決まりません…
例えばどんなテーマがいいかなど参考までに皆さんの意見を聞いてみたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

うーん。
高校生が同性愛映画で卒論。しかも洋画ですか。
難しいですね。

というのも
この半世紀ほどのあいだに同性愛をめぐる社会状況は大きく様変わりしてきましたが,
その変化の速度と道筋は国や地域によって,また民族や宗教によってずいぶんと異なっています。
したがって同性愛を扱った作品を論じる場合には,
いつの時代にどの国で製作され,いつの時代のどの国を描いているかをしっかりと把握した上で,
その時代のその国における同性愛をめぐる状況(政治的,宗教的,学術的,そして世間的)が
どのようであったかを知っておかなければならないということです。
結構ややこしいでしょ。

たとえば下記のQ&Aでは
欧米人と日本人の同性愛に対する態度がどのように違っていて,
どのように変化してきたかといったことについて述べられています。
とくに精神医学界において同性愛の扱いが変化した時期が
アメリカと日本で大きくズレていたという話などは重要です。
■日本の同性愛への偏見について。
 http://okwave.jp/qa2498348.html

そんなわけで,せめて
「1960年代以降のアメリカ映画における~」とか
「第2次大戦期のファシズム・ナチズムを描いた映画における~」とかいったような
限定をつけておかないと収拾がつかなくなりそうです。
個人的には「第2次大戦後の日本映画における~」なんていうのに興味がありますが。

もうひとつ難しいのは,
同性愛を扱った映画には「成人映画」,今で言うところの「R-18」指定が多い点です。
質問者さんが満18歳に達しているなら鑑賞することに法的問題はありませんが,
一般映画に比べてDVDなどが手に入りにくいことは否めません。
そのような困難を乗り越えてでも同性愛映画にこだわりたいのなら,
やはりテーマや範囲を絞り込んで論じるしかないでしょう。

ひとつだけ(たぶん役に立たない)豆知識を伝授しておきます。
第2次大戦期のファシズムやナチズムを描いた作品において
そのような政治指向と同性愛指向を相関させて描くというステレオタイプが存在します。
イタリアのネオレアリスモの出発点となったロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』の中に
その最初期のものが見て取れると私は思っています(同性愛が明示されているわけではない)。
ルキノ・ヴィスコンティ監督の『地獄に堕ちた勇者ども』,
ベルナルド・ベルトルッチ監督の『暗殺の森』といった作品に同性愛の描写が出てくるのは
同じネオレアリスモの系譜に属することから不思議はないのですが,
ポーランドのアンジェイ・ムンク監督の未完の作品『パサジェルカ』に
(女性の)同性愛を暗示する描写を見たときにはちょっと驚きました。
もっともこれは私の勝手な深読みかもしれません
機会があれば御自身の目で確かめてください。

うーん。
高校生が同性愛映画で卒論。しかも洋画ですか。
難しいですね。

というのも
この半世紀ほどのあいだに同性愛をめぐる社会状況は大きく様変わりしてきましたが,
その変化の速度と道筋は国や地域によって,また民族や宗教によってずいぶんと異なっています。
したがって同性愛を扱った作品を論じる場合には,
いつの時代にどの国で製作され,いつの時代のどの国を描いているかをしっかりと把握した上で,
その時代のその国における同性愛をめぐる状況(政治的,宗教的,学術的,そして世間的)...続きを読む

Q卒論で恋愛映画について扱いたい

僕は高校の卒業論文でアメリカ映画における恋愛映画について調べようと思っています。
一応漠然的なテーマは決めたものの、アメリカにおける恋愛映画というのは大雑把過ぎてそこからどう絞り込もうか迷っています。

例えばアメリカの恋愛映画について語る場合、どのようなテーマがいいと思いますか?参考までに聞きたいです。

Aベストアンサー

同性愛の文献じゃなくていいのね。
恋愛は映画に限らずテーマが色々あると思うけど、
1なぜ恋愛するようになったか
 出会い?確執?嫉妬?寂しさ?
2男と女の恋愛以外の部分の関係
 上司と部下,街での出会い(コールガールなど),不倫
3恋愛を妨げるものは何か
 配偶者・恋人,仕事,考え方の相違,身分
4結末
 ハッピーエンド,別れ,死,他
5全く違った視点で、アメリカにおける恋愛映画の歴史や流れ。
過去の恋愛映画の視点は何々、今はこうこう。女優のタイプはこうこうからこれこれに変わった。など

同性愛も以前はタブー視されていたが、一時はかなりテーマとなっていた気もする。それが今はどうなったかもチェック項目かも。


人気Q&Aランキング