円の面積を微分すると円周になり、円周を積分すると円の面積になりますが、なぜそのようになるのかを簡単に分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



木の断面の年輪や、バームクーヘンの断面の模様を想像してください。
そして、その年輪の1本1本を、輪投げの輪だと思ってください。
そして、中心から順に、輪の長さ(円周)を考えると、
中心から、最外郭の円周に向かうにしたがって、輪投げの輪の長さ(円周)は長くなっていきます。
そのとき、中心からの距離と輪の長さには比例関係が成り立ちます。

つまり、
1本の輪の長さ ∝ 中心からの距離
1本の輪の長さ = 定数 × 中心からの距離
です。

中心からの距離がrのとき、輪の長さは 2πr です。
これを使って上記の式を書き直すと、
1本の輪の長さ = 2π×r
となります。

そして、今度は、1個1個の輪の太さを考えます。
輪の太さ方向は、どの角度から見ても半径方向と同じなので、
輪の太さ = dr
と置くことができます。

よって、1本の輪の面積は、2π×r×dr = 2πrdr となります。


全ての輪の面積を足せば、円の面積になります。
つまり、r=0 から r=最外周の半径 まで足し算(積分)すると、
円の面積になります。

∫[r=0→最外周半径] 2πrdr
 = 2π・∫[r=0→最外周半径] rdr
 = 2π・[r^2/2][r=0→最外周半径]
 = 2π・[最外周半径^2/2 - 0^2/2]
 = 2π・最外周半径^2/2
 = π・最外周半径^2

となります。


これは、球の体積にも応用できて、
ピンポン玉のように、中身が空で、厚さdrの薄皮の球を、(中心から最外郭に向かって)小さいものから大きいものまで考えれば、
薄皮の球の表面積 4πr^2 に厚さ dr を かけて、
r=0 から r=球の半径 まで積分して、
球の体積 = ∫[r=0→球の半径]4πr^2dr
 = 4/3・π・球の半径^3
というふうに公式が導けます。


以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい御回答をいただきありがとうございます。分かりやすくて非常に参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 16:55

家人が筑波大の後期の試験で英文数学の問題にこいつが出たそうです。


微積どちらも同じですが微分の方が簡単なので、
いま中心からr離れた円を描きます。
この面積はπr^2です。
さらにrに比して非常に小さい値Δrだけrより大きい半径の円を描きます。
この面積はπ(r+Δr)^2です。
この二つの円に挟まれた平面の面積は、
π(r^2 + 2rΔr + Δr^2)
になります。
今Δr<<rと決めたので、第3項は無視できます。
この面積がどれだけ増えたか考えると、
πr^2 + 2rπΔr - πr^2 = 2rπΔr
r>>Δrなのでこの面積は幅Δr長さrの長方形の面積と見なすことが可能です。
つまり、半径rがΔr変化したときの面積の変化は2rπΔr
ですから、円周の長さは2rπΔr/Δr=2πr
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい御回答をいただきありがとうございます。分かりやすくて非常に参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 16:56

内径 r、外径 r + dr (dr << r) の円環の面積 dS が


dS ≒ 2 π r dr = 円周 × dr
であるから、というのでは説明になっていませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答をいただきありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 16:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題と

数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題とくかわかりません。問題のどの部分を見てどちらの公式を使うか教えて下さい。

Aベストアンサー

まず置換積分できるか調べましょう.このためには被積分関数を二つの関数の積と考え,一方の関数が他方の関数の原始関数の関数になっていれば置換積分が使えます.すなわち,被積分関数を f(x)g(x) と表したとき,G'(x)=g(x) である G(x) を用いて f(x)=h(G(x)) となる関数 h(u) が見つかれば
∫f(x)g(x)dx = ∫h(G(x))G'(x)dx = ∫h(u)du
です.例えば
(log 2x)/(x log x^2) = h(log x){log x}'
h(u) = (u + log 2) / 2 u = 1/2 + (log 2)/2u
だから
∫(log 2x)/(x log x^2)dx = (1/2){log x + (log 2)log(log x)} + C
となります.
置換積分がダメそうなら部分積分できるか調べましょう.概してこちらの方が調べるのが面倒です(とくに漸化式を使う場合).

Qなぜ微分したら円の面積が円周の長さになるの?

円S(r,2π)=πr^2を微分したら、なぜ円周の長さ2πrに等しくなるのでしょうか?
たしか、微分は接線の傾きを求めるものだったと思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答は他の方の通りなのですが、まず、

>>微分は接線の傾きを求めるもの

という固定観念を捨てましょう。

微分というのは、「ある2つの量の関係があったときに、一方がほんの少しだけ(厳密には、無限小だけ)変化したら、もう一方はどのくらい変化するか」を表したものです。

「ある2つの量」が、たまたま「座標平面上のxとy」だった時に、微分は接線の傾きになります。(あくまでも、たまたまです)

今回の場合、「ある2つの量」が、「半径と面積」であるため、微分は「半径がほんの少しだけ変化したら面積はどのくらい変化するか」を表すことになり、他の方の回答のように、面積の少しだけの変化は、「極めて細い円環」になり、それは円周の長さに等しくなるわけです。

Q積分公式の記述での使い方

記述式の問題で積分公式(インテグラル無しで面積を求められるやつです)を使っても減点はないでしょうか。


例えば、こんな感じで

積分公式よりS=~



積分公式は教科書に載っていないので、こういう使い方が受験に通じるのか不安です。回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。

確かに「積分公式」ってなんのことでしょうか?
それも「インテグラル無しで面積を求められるやつ」とは・・・?

もしかして、次のような式のことですか?
∫[α→β] (x-α)(x-β) dx= -1/6* (β-α)^3

いずれにしても、
>積分公式よりS=~
といった表現では通用しません。
すでに、ここの質問でも通用していないくらいですから。

単に積分の計算であれば、とくに明記せずに用いてもいいと思います。
この式自体を示せと言われれば、きちんと計算しないといけません。

Q円錐の側面積について。 面積を円周を積分することによって算出すると、高さをh₀、半径をrとし、 ∫[

円錐の側面積について。
面積を円周を積分することによって算出すると、高さをh₀、半径をrとし、
∫[0→h₀]2πr×(h/h₀)dh
すなわち、πrh₀ になるはずなのですが解答の値とは異なります。
どこが間違えかご指摘いただけませんか。

Aベストアンサー

h~h+dhの部分の側面の面積はどれくらいかしっかりと考えてみましょう。
この部分は帯状になっています。帯の長さは2πr*(h/ho)となりますが幅はどれくらいでしょうか。
質問者はこの幅がdhであると思っているようですが違います。
この帯の幅はdhよりも長くなります。

頂点から底面に下した垂線と母線がなす角をθとするとこの部分の幅は
dh/cosθ
となります。hの幅はdhですが、側面は斜めになっているためdhよりも長く1/cosθ倍になっているのです。

cosθ=ho/√(ho^2+r^2)

ですから求める面積の式は

∫[0→ho]2πr×(h/h₀)dh*√(ho^2+r^2)/ho

となります。

Q分点座標が±0.5のGauss-Legendre積分公式を知りませんか。

高精度化が必要な数値計算をやっています。
特に、数値積分の高精度化が必要なため、Gauss-Legendre積分公式の使用を考えています。
ただし、解く方程式が積分方程式であるなどの理由からそのままでは使用できません。
使用するためには、Gauss-Legendre積分公式の分点座標が区間の中心である必要があります。
例えば、分点数が2の場合、通常は座標x=±0.57735...重みw=1ですが、これを座標x=±0.5とできるような積分公式はないでしょうか?

Aベストアンサー

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の多項式で近似できるf(x)を扱う場合に旨く行きます。

 さて、ご質問は、おそらく積分範囲 x=-1~1に対してガウス・ルジャンドルの数値積分を使いたいけれど、次数を2にして、分点、すなわちサンプリングする点を±0.5だけにしたい、という注文です。たぶん、±0.5における被積分関数f(x)の値なら簡単に求められる、というのでしょう。
 もちろん、適当な一次式ではない関数g(たとえば3次関数)を用いて
x=g(t)
という変数変換でx=±0.5をt=±0.57.... に移し同時にx=±1をt=±1に移す、ということ自体は簡単です。するとf(g(t))と
dx/dt = g'(t)
の積を被積分関数としてt=-1~1について積分することになります。この場合、被積分関数 f(g(t)) g'(t) がtの2次多項式で近似できるんでないと、2次のガウス・ルジャンドル法を使って精度が出るという保証はありません。
 高精度の数値積分をやりたいと仰っている割に、f(x)が高々低次の多項式で近似してしまえるんだったら、何もガウス・ルジャンドル法に拘る必要はないんで、例えばニュートン・コーツ型の数値積分、すなわち分点を等間隔に取る方法でも十分じゃないの?と思うんですが、どうなんでしょうね。

 或いは分点の数をもっと増やして良い、というのだったら、代わりに例えば-1~-0.5, -0.5~0.5, 0.5~1の3つの区間に分けてそれぞれ積分するのでも良い。被積分関数の傾きが急な部分でサンプリングを細かくしてやるというのも精度が出ますし、その代わりに適当な変数変換をして等間隔サンプリングしたり、ガウス・ルジャンドル法を使ったり…いろんな処方が考えられます。

 ですから、「±0.5」と限定なさる理由をもう少し明確に補足して戴くか、具体的に被積分関数をupして戴かないと、ろくな回答にならないと思います。

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の...続きを読む

Q円の面積や円周の計算法の発見

積分などが知られていなかった時代のことだと思いますが、当初からπは認識されていたのでしょうか。

Aベストアンサー

そうですね。相似の概念があれば、
円周の長さ÷直径 や 円の面積÷直径÷直径 が定数であることはすぐ解るし、
少し計算してみれば、円周の長さ÷直径≒3.14 程度の近似も難しくありません。
しかし、積分概念の未発達な時代に、円周の長さ÷直径=円の面積÷半径÷半径
が既に知られていたことは、真にスゲェ話だと思います。
π が無理数だったり、超越数だったりすることが認識されるのは、遥か後代の
物語ですが。

Q数学II「微分・積分」で面積を求める公式

6分の1の公式や3分の1の公式みたいに、積分を利用せずに面積を求められる公式って他にありませんか?

Aベストアンサー

(1)や(2)は高校数学のレベルで十分理解できると思います。
これらは,数値積分と呼ばれるもので,近似的に積分(求積)を実現しています。
参考になれば良いのですが。

(1)台形法
(2)シンプソン法
(3)ルンゲ・クッタ法

Q円の半径が2倍になると面積と円周は?

小学校の算数の問題なのですが、
円の半径が2倍になると、円周は2倍になり円の面積は4倍になりますよね?
その理由を小学生の子に聞かれたのですが、うまく説明できませんでした。

なるべく難しい言葉を使わないで説明したいと思っているのですが、
理由がわかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

円周は、直径X円周率ですから、半径X2X円周率です。
半径が倍になると、(半径X2)X2X円周率ですから、元の2倍となります。

円の面積は、半径X半径X円周率です。
半径が倍になると、(半径X2)X(半径X2)X円周率となり、元の4倍となります。

Q積分の公式の導出について

積分の公式の導出について

∫{(ax+b)^n}dxの積分公式は、(((ax+b)^n+1)/a(n+1))
なのですが、どのようにすれば導出できるのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ax+b=s とおくと ds/dx=a つまり dx=ds/a
従って 与式=∫s^n/a ds
あとは積分してsを元に戻すだけです。

Q中学数学の公式で、円の面積はS=πr2(2乗)、円周はl=2πrと息子

中学数学の公式で、円の面積はS=πr2(2乗)、円周はl=2πrと息子が習ってきたのですが、この公式に使われている文字の中で面積を表すSと円周を表すlには何か意味と聞かれました。円の半径を表すrはradiusの頭文字のrだろうと教えたのですが、Sとlについては辞書を引いてもわかりませんでした。どなたかご存じの方がいれば、教えていただけますか。

Aベストアンサー

Sがsquare measure(面積)で、Lがlap(周)だと思います。


人気Q&Aランキング