こんいちは、

映画「抱擁」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%B1%E6%93%81_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

小説「半身」サラ・ウォーターズ著

と二つほど最近ヴィクトリア朝時代の映画と小説を読んだのですが、

その中で、「女性が髪を切って相手に渡しているシーン」がありました。

どちらも、愛情表現なのだと思いますが、どれくらいスゴイ愛情表現だったのでしょうか?

どちらも、偶然かもしれませんが、髪を渡した相手とは一緒になれませんでした、、、。

「結婚できなくても君の事は忘れない。」だとか、「いつか、一緒に!」みたいな意味でもあったのでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ヴィクトリア朝は長いので、時にもよったと思います。

また、階級による気持ちの持ちようの違い、はあったでしょう。


基本的に、貴族(ジェントリ以上)の人がそれをしたら、ほとんど結婚宣言でしょう。そういったもの(髪以外にも、小さい肖像画、19世紀末には写真。記念の品等々)をいれて身につけるアクサセリーがありました。
ただ、男は女遊びができたのに対し、結婚前の女性が男性とどうとか、は絶無ですので、相手の男の気持ち次第、という部分もあると思います。

都市のインテリも、ややしばりはゆるくなるものの、そういった行為を非常に大事におもったことでしょう。
これは産業革命とパブリックスクールの普及で、文字情報(新聞、雑誌、本)が安価かつ大量に出回り、それを読める人が増えて、上級階層のやりかたを知り、啓蒙された部分が、大きいと思います。ただ、この場合も男性次第の面は、あったと思うほうが自然です。

逆に、下の階級、都市労働者、一次産業従事の人、たちは、やったかもしれないけれど、そんなに縛られるほどでもない、というのがかなり真相ではないかと。
一次世界大戦が始まって、漁船の一斉帰港という措置がとられたとき、ある女の人が8人の漁師と、おのおの「結婚」して上手に暮らしていたのが、バレた、なんてハナシがあるくらいです。漁船は交代で操業するので、そのシステムを逆手にとったわけです。

英国では背が高い人はお金持ちか貴族、といわれるほど食べ物ひとつとっても、身分の隔たりが激しい国で、当時、各々のあいだの交流はないに等しいはずです。美しい、尊重、の基盤も、各々ちがったことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ヴィクトリア朝は長いので、時にもよったと思います。

1837年から1901年までなので、一つの世代かと思いましたが、それでも長いですね。

<基本的に、貴族(ジェントリ以上)の人がそれをしたら、ほとんど結婚宣言でしょう。そういったもの(髪以外にも、小さい肖像画、19世紀末には写真。記念の品等々)をいれて身につけるアクサセリーがありました。>

なんと、そうでしたか! これは大発見です。

<英国では背が高い人はお金持ちか貴族、といわれるほど食べ物ひとつとっても、身分の隔たりが激しい国で、当時、各々のあいだの交流はないに等しいはずです。美しい、尊重、の基盤も、各々ちがったことでしょう。>

そういえば、そうですよね、、、中流社会に生きているとそんなことスッカリ忘れてしまいます。 

本当にお詳しいご解説ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/30 15:21

連打失敬。



ヴィクトリア朝の階級と恋、というと、メガネのメイドさんマンガ(アニメ)が有名ですが、あの話には非常に無理な部分が。

貴族の女性と婚約して破棄したい、という息子の父で、野心家ならば、

貴族の女性は「本妻」
メイドさんは「ロンドン妻」

こうしなさい。両方とうまくやれよ、というのが筋ですし、当時は珍しくもないことです。女性の立場は、やはり弱いです。異母兄・姉・弟・妹、という言葉があるように。そういった時代だったのです。逆に「女の一人も囲えない甲斐性なし、カタブツ」と、いわれかねません。

例外もいますよ。
チャーチル。この人は大変な名家の人ですが、1908年に11歳年下の女性と結婚し、1960年ごろ、ウーマン・リブ運動が盛んなときのインタビューに「1908年に結婚して、以来ずっと幸せです」と言ってのけたひとでもありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

>ヴィクトリア朝の階級と恋、というと、メガネのメイドさんマンガ(アニメ)が有名ですが、あの話には非常に無理な部分が。

そうだったのですか、、、、その手のアニメはあまり知らないので、、、知りませんでした。

なにはともあれ、本当にお詳しいですね!

ご解説ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/30 15:28

全然詳しくありませんが、最高度の愛情表現なのだと思います。



女性が髪を切るということでは、現在では有名無実なのでしょうが
アメリカのミシガン州で、既婚女性は夫の許可なく髪を切ることは違法
とされている古い法律が残っているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、ご回答ありがとうございます。

>全然詳しくありませんが、

匿名Q&Aサイトで、ご謙遜をされ過ぎると、、、何が何だか分からなくなります。 過度のご謙遜は、なりすまし並みに質問者(僕)に訳分からない状態にさせるので、ご遠慮願います。

<アメリカのミシガン州で、既婚女性は夫の許可なく髪を切ることは違法
とされている古い法律が残っているそうです。>

やっぱり、歴史に相当お詳しい方なんですね!

どれ位古い法律なのか教えていただけると助かります。

ヴィクトリア朝と同じ位の時代ですかね?

よろしくお願い致します。 ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q19~20世紀のイギリス 女性の職業について

とある理由からどなたかお教えいただきたいのですが、
19~20世紀初頭にかけて、イギリスの上流家庭に住み込みで、例えば詩人、書家等、何か物書きのような女性でもできる仕事はありましたでしょうか。
存在した場合は、どのような理由で、どのような階級の女性が雇用されたか等についてもお教え下さい。

Aベストアンサー

家庭教師があります。基本的には貴族仲間の紹介でその家に入ることがほとんどです。

教える範囲はその家のリクエスト、子供の年齢にもよりますが、英語、ラテン語、フランス語、数学の基礎、文章作法、詩の書きかた、刺繍、テーブル・マナー、社交マナー、音楽の基礎などがあるでしょう。何人か雇う場合もありますし、通いでくる場合もありました。

メイド、コックなどは斡旋業者がいました。紹介の場合ももちろんあります。また新聞広告で委細面談、なんて個人が広告打つこともしていました。ロンドンの中心部だと一日に新聞は12刷もされたので「タイムズの一番新しいやつだ」なんてセリフを、シャーロック・ホームズが言ったりするわけです。売り子も「最新版だよ、インクの匂いがするよ」とか言って売るわけですね。いまのネットみたいな感じで、新聞、電報が使われていたわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報