USBメモリからブートするように設定した「Ultimate Boot CD」では、syslinuxからmemdiskというものを使用してFDブートのイメージファイルを選択してブートするようになっています。
このような考え方で、ISOイメージをブートするような仕組みはあるのでしょうか?
何枚かのブートCDをISOファイルとしてUSBメモリーにコピーして選択起動できれば便利かなぁと考えました。

以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

USB BootしてもISOからでは起動は出来ません、ので現在では不可能です。

この回答への補足

そうですか..なにかISOイメージからチェーンロードできるような手法でもあればと思ったのですが。
もちろん、ISOイメージはブータブルであることが前提なのですが。
現在は一度ファイルを展開してロードするしかなさそうですね。

補足日時:2009/06/13 14:23
    • good
    • 0

Ultimate Boot CD 4.1.1


これのことでしょうか?
参考URLに次のような記述があります。
------------ここから-------------
 USBメモリからUBCDをブートして実行する場合には.isoファイルを7Zip等のアーカイバソフトで抽出し、中の tools\ubcd2usb\ubcd2usb にあるツールを使用すればUSBメモリーに書き込むことができます、USBメモリからブートした場合はいくつかのツールが動かない場合があるので注意して下さい。
------------ここまで-------------
私は使っていません。
他人に聞くより、ご自身で試してみるのが一番です。
失敗しても悪影響ななさそうです。

参考URL:http://jp.downpanda.com/ultimate-boot-cd-18864.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「Ultimate Boot CD」はUSB起動で使用できています。
これは、各々単独ツールのFDイメージをmemdiskでロードして起動するようになっています。
ブータブルCDの起動部分もたいていはフロッピーエミュレーションでブートするようになってますので、これをISOイメージにして何とかならんかなと考えたのですが。
ISOはイメージのままではだめみたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/14 01:33

Linux系OSは知りませんが、Windows OSならBIOSがUSB boot可能でPCのCD/DVDドライブもUSB boot対応でないとUSB起動しません。

(Windows ではOSが起動してUSBドライバを読取り認識してはじめてUSB機器が使えるようになる)最近のPCにはUSB boot可能なものが増えましたし、アプリケーションもUSB起動対応版が増えてきました。
(CD起動の場合USB起動にboot iniの書き換え)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。BIOS、USBメモリともにブート対応でなければいけないでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/13 14:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSB Type-Cのモニター等について

USB Type-Cのモニター等について、以下、箇条書きにて質問しますので、よろしくお願いします。


1 現状、USB Type-C端子搭載のモニターがチラホラ販売されていますが、
そのようなモニター同士を、USB Type-C端子をデイジーチェーンでつなぎマルチモニタ-化は可能でしょうか?
もし可能の場合、何台までマルチモニターを構成できるのでしょうか?


2 下記リンク先には、「USB Power Delivery・・略してUSB PDと表記されていることが多いです。
このUSB PDは最大で5A/20V=100Wまでの給電が可能となっており、
ノートPCやディスプレイでの採用例が増えています。(MacBook、MacBook Pro、XPS 13など)

現状の一般的なモニターが、どのくらいの電力が必要なのか?私は分かりませんが、
上記リンク先の文章の様に、5A/20V=100Wで電力をまかない、電源ケーブルはいらなくなる?のでしょうか?
また可能な場合、何台までマルチモニタ化が可能なのでしょうか?

>http://hanpenblog.com/usb-31-type-c/#USB-2


3 USB Type-Cは、非常に優れた規格端子だと思います。
USB Type-C端子付きモニターが今よりもっと普及した場合、
デスクトップパソコンのマザーボード外部コネクタ端子は、
LANポートとUSB Type-C端子のみ集約されていく流れになるのでしょうか?

もちろんその場合、USB Type-C端子を持つ様々な外部機器(スピーカーなども)が普及されなければなりませんが・・


教えてください。よろしく、お願いします。

USB Type-Cのモニター等について、以下、箇条書きにて質問しますので、よろしくお願いします。


1 現状、USB Type-C端子搭載のモニターがチラホラ販売されていますが、
そのようなモニター同士を、USB Type-C端子をデイジーチェーンでつなぎマルチモニタ-化は可能でしょうか?
もし可能の場合、何台までマルチモニターを構成できるのでしょうか?


2 下記リンク先には、「USB Power Delivery・・略してUSB PDと表記されていることが多いです。
このUSB PDは最大で5A/20V=100Wまでの給電が可能とな...続きを読む

Aベストアンサー

A.No3の回答者で追記です。

USB Type-CのALTモードはDisplayPortかThundebolt3として利用できますがDisplayPortとThundeboltは信号が違うのでデイジーチェインでの混在利用は許可されていません。

※USB Type-Cコネクタがついたモニタの多くはDisplayPortのコネクタとしてUSB Type-Cコネクタを利用した製品だと考えられます。

USB-PDに関しては給電側の電源容量に関わるのでモニタからノート系PCへの給電は可能だと思われますがノート系からモニタへの給電は期待できません(記事の内容を正確に理解してください)。

>デスクトップパソコンのマザーボード外部コネクタ端子は、LANポートとUSB Type-C端子のみ集約されていく流れになるのでしょうか?

憶測でしかありませんが今後数年間はマザーボードからTYPE-Aコネクタがなくなることはないと思います。

QCDのデータをUSBにコピーしてUSBブートしようとしたところ、

CDのデータをUSBにコピーしてUSBブートしようとしたところ、
全くブートできませんでした。
(BIOSでUSBからのブートにしています)

Windowsエクスプローラで見た限りでは、
(隠しファイル、システムファイルを表示して)
容量もファイルも同じでした。

Windowsエクスプローラ上で普通にコピーしたのでは
だめなのでしょうか?

何かソフトを使って、コピーしないといけないのでしょうか?

※最終的にデータは、
CD → HDD → HDD(修正) → USB
で編集したいと思っています。

Aベストアンサー

> CDのデータをUSBにコピーしてUSBブートしようとしたところ、
> 全くブートできませんでした。
> (BIOSでUSBからのブートにしています)
論理コピーといってファイルを単にコピーしても、ブートできるような媒体は作れません。

パソコンも大型コンピュータも起動の理屈は同じなのです。
どこから読むかをBIOSで指定し、その最初の読み込むレコードにブートストラップルーチンというものを作っておかないと起動しません。
このブートストラップルーチンが大事なのです。
そこには、命令群と次にどこをどの大きさ読み、実行するかといった情報をコンピュータに指示していき、
膨大な情報を読み込まなければなりません。

このブートストラップルーチンは、CD/DVD-ROMとUSBメモリは異なるものなのです。
この辺をしっかり知識として持っておくことです。

> Windowsエクスプローラ上で普通にコピーしたのでは
> だめなのでしょうか?
上記の理由により、ブートストラップルーチンを何らかの手段で組み込み、そのブートストラップルーチンにより、次々と情報を読み込み、結果として、メモリ内に膨大なオペレーティングシステムを作り上げてパソコンは、動くようになります。
よってこれらのことを理解したうえで、もしくは、WEB検索して、USBメモリ起動するために必要な手順をまず調査しましよう。

ただし、何をしようとしているかを補足されると、具体的な解決方法を回答してもらえると思います。

> CDのデータをUSBにコピーしてUSBブートしようとしたところ、
> 全くブートできませんでした。
> (BIOSでUSBからのブートにしています)
論理コピーといってファイルを単にコピーしても、ブートできるような媒体は作れません。

パソコンも大型コンピュータも起動の理屈は同じなのです。
どこから読むかをBIOSで指定し、その最初の読み込むレコードにブートストラップルーチンというものを作っておかないと起動しません。
このブートストラップルーチンが大事なのです。
そこには、命令群と次にどこをどの大きさ...続きを読む

QUSB「Type-C」について

パソコン等のインターフェース規格「USB」に、新たに「Type-C」が登場した。
この「Type-C」は、どういうものなのだろうか?
従来のUSBと互換性はあるのだろうか?

Aベストアンサー

こちらに記事があります。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140818_662369.html

形状は今までと異なるので、現在のUSBコネクターには刺さりません。

QCDやUSBからブートできないようにしたい

PC利用の制限を行う為、私以外の利用者を標準ユーザー アカウントに設定して利用できる時間帯を設定していますが、PCの世界にはCDやUSBハードディスクを利用すれば、PCにインストールしたOSの設定を無視してネットを利用できる手段がある、ということを一昨日知りまして困っています。
CDやUSBから起動できないようにする方法を教えてください。
ValueOne MTでOSはVistaHomeBASICです。

Aベストアンサー

使用環境がどのような場所なのか分かりませんが、
とりあえず有効なのは、BIOS設定で
CD、USBブート無効、BIOSパスワード設定です。

でも、デスクトップPCの場合、マザーのCMOSクリアで
パスワードもクリアできてしまうので、完全ではないです。

PCのカバーを開けられないように
鍵でも付ければOKかと思います。

QUSB Type-Cの充電とデータ転送

USB Type-C対応のケーブルを使用すると、それまでは別々にしなければならなかった充電(給電)とデータ転送が同時に可能と聞き、調べてみたのですがそれらしきページを見つけられませんでした。
参考になるサイトがありましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

基本的にUSB端子を利用した給電とデータ通信は同時に可能です。

・データ通信ができない給電専用ケーブルが製品化されています。
・パソコンのUSB端子での供給電力は規格上大電力を必要とするポータブルデバイスに給電できません(各規格上の供給電流を以下に列記)。
USB2.0は500mA。
USB3.xは900mA。
USB3.1(Type-C)は1.5A(オプションで3A)。

※一部パソコンとパソコン以外を合わせたUSB給電仕様には他にUSB-BC(バッテリーチャージ用仕様)は0.5A~1.5AやUSB-PD(給電仕様)の5V/2A~20V/5Aまでが定められています。

Type-Cコネクタでも給電したいデバイスによってはパソコンで給電できない可能性を否定できません(各パソコンのUSB端子の給電仕様で可否が分かれます)。

Q複数のDOS起動が選択可能なブートCDを作成するには

お世話になります
複数のブートFDのイメージがあります。それを選択式のブータブルCDとして作成したいのですがいい方法法、ヒントがあれば教えてください。
また、可能であれば2枚組のFDが使用可能であればさらにうれしいです。
実際の運用では様々なネットワークドライバを入れたブートFDを使っているので1枚のcdからブートしたいのです。起動も高速ですし、最近のPCはFDが無い物が出てきているためです。
いい知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

マルチブータブルCD/DVD製作法
http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/bootcd/

2枚組のFDの場合、2.88MBにまとめればいけるかもしれません。

1.44MB フロッピーイメージを 2.88MB に変換する
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/3686/144-288.html

QUSB type c ケーブルでこんなに価格差があるのはなぜなのでしょうか?

amazon で「type c」で検索すると・・・
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dcomputers&field-keywords=type+c

のように、価格がかなりバラバラで、
一番右上(人によってはべつの場所かもしれませんが)の
http://amzn.asia/414yluq
なんかは、1000円切ってて3本セット(ほかは1本だけで1000円くらい?)で高速で丈夫とか書いてありますが、
なぜなのでしょうか?

特に問題ないならこの商品を買おうと思うのですが・・・
しかしあまりにも価格差があるので、、、


以上、お手数をおかけして大変恐縮ではございますが、ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

心配なら、カスタムレビューを確認しましょう。

その製品ですが、性能にかなりのばらつきがあるとの記載があります。
ただ、充電用なら100円ショップでもそろそろ販売開始するのでしょうか。

QBIOS画面でのUSB認識の設定方法が知りたいです、USBからブートさせてosを起動したいのでBIO

BIOS画面でのUSB認識の設定方法が知りたいです、USBからブートさせてosを起動したいのでBIOSの優先順位をUSB>HDDにしたいのですが、BIOSで認識しません、ちなみに普通に立ち上げてマイコンの画面では認識しているの
で故障はしてないようです。BIOSはASUSのUEFIのEZ MODEです。

Aベストアンサー

ご参考、
https://www.asus.com/jp/support/faq/1013017/

一旦、BIOS画面に移動する必要があるようです。

QUSB機器をRS232Cポートに接続して使用する為のコンバーターを探し

USB機器をRS232Cポートに接続して使用する為のコンバーターを探しています。
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=USB-CVRS9
上記URLのように、RS232C接続の機器をUSBポートに接続する為の機器はすぐに見つかるのですが、逆の機器が見つかりません。

PCのRS232Cポートにシリアルケーブルを接続し、コンバータ等を介してUSB機器を制御したいと考えています。

そういった機器をご存知の方いらっしゃいましたらご教示願います。

Aベストアンサー

ありません。
USB-RS232のデータ変換は、変換ケーブルが行っているのではなく「ドライバー」が変換ケーブルをCOMポートに見せかけて制御を行っています。

質問者さんが望むコトを行おうとしてたら、
・PCのシリアルにUSBのデバイスにあわせたコマンドを送るためのソフト
・シリアル通信を変換しUSBデバイス用のコマンドに変換するための部分
・上記と逆に、USBからシリアルに変換する部分と対応ソフト
・USBデバイスを制御するホストコントローラ
ということを行うシステムが必要です。
簡単に書けば間にデータ変化の専用PCをいれるようなものです。
とても実用的ではありません。

QISOイメージファイルの作成の仕方

Windows95で動作しているアプリケーションがXP対応出来ないので、VMwareという仮想化ソフトを使用して最新のXPマシン上で仮想的にWindows95を動作させようとしています(アプリを自社作成したのですが作成した方が退社していまして)。
そうするにはWindows95のイメージを作成する必要がありファイル形式はISOファイルの必要があるなのですがその作成の仕方が分かりません。手元にGhost5.1とGhost7.5は保有しているのですがこれでは出来ないようで。。。そもそもISOイメージの作成の仕方というのはGhostのようなものでディスクにとった後、CD-R等のメディアに焼く時に形式で選ぶのでしょうか?
長文になってしまったのですが、OSのイメージを取ってISOファイル形式にするやり方を教えて頂ければと思います。(VMwareのやり方ではありません)

Aベストアンサー

ん?Windows95のCD-ROMはあるんですよね?
VMware上で普通にインストールすれば大丈夫だと思いますが。

Windows95のISOイメージを作成したい場合、B's RecorderなどのライティングソフトからISOを作成したりする事ができます。
こんなソフトでもできます。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/03/30/poweriso.html

もう少しやりたい事を詳細に、できれば箇条書きで説明してください。
今使っているシステムを、VMWare上でそのまま動作させる、という事になるとまた話が違ってきます……


人気Q&Aランキング

おすすめ情報