中古でWR250F 01年型を購入したのですが最近はじめて オイル交換をしたのですが エンジンをかけて しばらくしてから オイルレベルを合わせたのですが 次の日にエンジンをかけないでオイルレベルを量ると 8センチぐらい 下になっていましたが ドライサンプですので こんなもんでしょうか。また正常だとしたら いつレベルを合わせればよいのか 正常か異常、オイルレベルの量り方を教えて頂けませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2001年くらいでしたらサービスマニュアルか取説を販売店で手に入れた方が良いです、私も何台かドライ散布のエンジンのバイクに乗っていますが、レベルゲージで見たりするのも結構こつがあり慣れないと難しいですよ。



現在私が乗っている物は国産では有りませんがオイル交換後最初に1.5位入れて一度エンジン始動してその後規定量まで入れるように成っていますが、最後ににラジエターファンが回るまでアイドリングさせて確認するように成っています。

もっとも規定量が入ればたいていは大丈夫ですがオイルの量も少なくレベルゲージのローとハイの間も0.1か0.2程度なので注意が必要でした。

この用に各バイクや各メーカーでも色々ですから少ないのも困りますが多すぎる場合も良くないので注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

faith-trusさん ご回答ありがとうございます。やはりドライサンプ式のバイクはなれが必要のようですね。これからもっと勉強します。適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/06/14 11:24

一般的にドライサンプでは、2~3分アイドリングしてから車体を垂直に立て、すぐに計測するものだと思います。

レベルゲージは単に突っ込むだけのものと、キチンと根元まで締めてから計測するものがあるのでご注意を。

というか、取扱マニュアルみたいなものに記載されていませんか?また、充填オイル量は計測していなかったのでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yasubee337さん ご回答ありがとうございます。私はバイクは何台か所有してきたので メンテナンスの知識はだいたいは わかっているつもりでしたが ドライサンプは初体験でして オイルレベルの変化に戸惑ってました。
中古で購入したので マニュアルは付いていらず オイル量も量らずに オイルゲージを頼りに注入してましたが オイル量を量って注入していれば 規定のオイル量はわかっているので 安心できたと反省しており今後は 計量してから 注入することにします。いろいろと ご指導有難うごうざいました。

お礼日時:2009/06/14 05:28

交換したら一回エンジンかけて、全部に回して、エンジン切ってオイル戻ったときでいいと思いますけど、後はエンジン切ってある状態で計ればいいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

destiny1さん 早々のアドバイスを頂き有難うございました。あまりにも 量る時によって レベル違うので エンジン保護のため 重要なことですのですから こまっておりました。安心して明日林道に行ってきます。本当に有難うございました。

お礼日時:2009/06/13 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Qドライサンプ式のオイル交換(XR600R)

XR600Rを最近入手しました。
本日オイル交換を行ったのですが、ユーザガイド等には「オイル交換のみ時は1.9L」とあります。
指示通りにオイルを抜き、1.9L補充し、暖気後にレベルゲージをチェックしましたが、LOWER-UPPER間に収まっていません(全くつかない)。
ドライサンプ方式のバイクは初めてのため、要領やコツがわかりません。
上記の状態は正しいのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

XRのドライサンプはあまり信用できません。
オイル量がいつも変わって、安定しないので。
他の600オーナーに聞いても、同じような答えが返ってきますね。
ゲージに付かないからと入れていけば、あとで溢れるしまつです。

アイドリングでちょっと暖気したくらいでは、正確なオイル量は測れません。
軽く、そのへんを一回りしてきてから、見てみてください。

問題なのは、使用オイルですね。
ホンダの純正オイルは以前のウルトラシリーズから、G1~3とS9になったのですが、問題はS9です。
これは高回転型エンジン向けに添加剤が多く入っているのですが、
XR600はカムチェーンテンショナーにワンウェイクラッチを使っているので、添加剤の影響でテンショナーがずれるトラブルがありました。
バルタイまでは狂わなかったのですが、完全にカムチェーンが踊ってしまい、もの凄い異音で走れたものではなかったです。

個人的にお勧めはモチュール5100。
XR系のエンジンは放射バルブを採用しているためヘッドが弱く、距離を走るとオイル消費が多くなるトラブルが出るのですが、100%合成の300Vより、半合成の5100の方がオイル消費が少ないと思います。

ちょっと大柄に感じる600ですが、サスセッティングをきっちり出すと、すごく素直で言うことを聞くバイクになりますよ。

XRのドライサンプはあまり信用できません。
オイル量がいつも変わって、安定しないので。
他の600オーナーに聞いても、同じような答えが返ってきますね。
ゲージに付かないからと入れていけば、あとで溢れるしまつです。

アイドリングでちょっと暖気したくらいでは、正確なオイル量は測れません。
軽く、そのへんを一回りしてきてから、見てみてください。

問題なのは、使用オイルですね。
ホンダの純正オイルは以前のウルトラシリーズから、G1~3とS9になったのですが、問題はS9です。
これは...続きを読む

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Qwr250xに乗りたいんですがwr250x乗りの人のwr250xについての話が聞きたいです(街乗り、

wr250xに乗りたいんですがwr250x乗りの人のwr250xについての話が聞きたいです(街乗り、高速やバイパスでの)いい点悪い点お願いします

Aベストアンサー

いい点は視点が高い 軽くて軽快感がある エンジンがよく回ってぶん回せば過不足なく丁度いい感じで速い ライトが明るいというかノーマルのままでも不満なし 他に持ってるバイクはHIDとかLEDに換装してるけどwr250xは変える必要を感じない
悪い点は低速トルクが無くて油断してるとエンストする シートが細くて尻とか前立腺とかケアが必要

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Qエンジンオイルのレベルゲージを締め忘れ

ホンダバモスを車検に出したら、エンジンオイルのレベルゲージ(左リアタイヤハウス内側)が締め忘れられていて、気づいた時には、ネジ部から下の芯が2cm程露出していました。

車検完了から気づく迄の約48時間のうち、雨の中高速走行50キロ、雨上がりの水溜りなどでしぶき上げながらの走行約50キロほど走り、ネジ部から下の芯2cmには雨で固まった砂や泥が付着していました。

ディーラーではオイル交換してくれる事になっていますが、その後のエンジンへの影響が心配です。
保証含め、現実的にどのような対応を求めるのがベストでしょうか。

Aベストアンサー

>その後のエンジンへの影響が心配です

心配ないですよ
心配ならば
オイルとフィルターを交換してもらいましょう

07エンジンは
左タイヤの奥にあり
レベルゲージが抜けても
エンジンが回転しているブローバイ圧力で
レベルゲージ外へ圧が掛り
走行中は中に入ることがほとんどありません
中に入っても
オイルパンの下に溜まります(混入物)
それをオイルストレーナーが吸い上げても
オイルストレーナーの網で除去され
オイルポンプで循環
オイルフィルターで除去されます

うちのアクティも
レベルゲージの経年劣化で抜けて
2日ほどレベルゲージ無しで走り回り
左タイヤ周りが、ブローバイで汚れましたが、
オイルは、微妙に減ったぐらいですね
(6年前の事になりますが)

平成4年
ホンダ、アクティストリート、21万km乗り(現役)

エンジンオイルの潤滑
http://www.youtube.com/watch?v=mmmcj53TNic

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Qエンジンオイルのレベルゲージの見方は?

今朝、エンジンオイルのレベルを見たら… L側寄りですが1/4ぐらいでした。
その後、ガソリンスタンドでチェックしてくれたら(勝手に)… L以下でオイルが無いと言われました。
エンジンオイルの見方は、エンジンが完全に冷えてオイルが下に下がっている時か
一度エンジンを回してからなのかどちらが正しいのでしょうか?
 
ダイハツムーヴ(L900S)です

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

チェック方法

・エンジン停止後、5分以上経過してから、レベルゲージでチェックする。
・GSでの場合、エンジン停止直後に見るため、間違いが非常に多い。
逆にオイルを入れすぎて不調になるケースがあります。
また、エンジン停止直後は、オイル不足の表示は正しいのです。

この辺の手順は、取り扱い説明書に記載されていますよ。
教習所でも基礎技術として勉強しているハズです。

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Qトヨタプログレのエンジンオイルを抜くのにホ-スをレベルゲ-ジ口からでは

トヨタプログレのエンジンオイルを抜くのにホ-スをレベルゲ-ジ口からでは無く、エンジンオイル注入口から入れてしまいホ-スが取れて見えなくなってしまいました。ホ-スの長さは1m位です。その後レベルゲ-ジ口からオイルを抜いたままの状態です。ホ-スはどの様に取ったら良いでしょうか?オイルパンの底にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1で書いた者です。

エンジンオイルは液体ですので、地球上で使われる車であれば、元々開いている(潤滑させたオイルが下へ落ちる為の隙間)の経路を伝って、オイルパンまで落ちます。

内部の機械が動いている場所も通りますが、元々オイルは潤滑と冷却の役目がありますので、そういう所を通る事は問題ありませんので、わざわざオイルパンまで直行できる経路を作る必要は有りません。
車種によりますが、オイル注入口からカムなどが見える車もあります。

また、エンジンの内部は、そんなにだだっ広い空間と言うものはありません。
部品を組み立てる為の隙間、オイルが流れる為の隙間などが開いているに過ぎません。
ですので、ホースはその隙間に引っかかっていると考えるのが普通であって、オイルパンに落ちきっていると考えるのは、ほぼ0%の確立でしか有りません。

ヘッドカバーを開ければ、落ちていないホースの尻尾が捕まえられると思いますが、もし、ここにねじなど落としたら、さらに取り返しが付かないような事まで起こる可能性があります。
また、組み立てなおすのに、ガスケットなども取り寄せなければなりません。

わかってる方なら、ここへ質問されずでも、やってしまう内容です。
ですので、整備工場やディーラーなどでやって貰う方がよいでしょう。

「最悪エンジンを壊して数十万のリスクを自分自身で背負ってでもやりたい。」と言うのであれば別ですけどね。

エンジンオイル交換だけでも、それくらいのリスクのあるDIYだと言う授業料だと思われるしかないかと思います。

DIYのエンジンオイル交換でエンジンを壊していると言う人も、実際に居るんですよ。

No.1で書いた者です。

エンジンオイルは液体ですので、地球上で使われる車であれば、元々開いている(潤滑させたオイルが下へ落ちる為の隙間)の経路を伝って、オイルパンまで落ちます。

内部の機械が動いている場所も通りますが、元々オイルは潤滑と冷却の役目がありますので、そういう所を通る事は問題ありませんので、わざわざオイルパンまで直行できる経路を作る必要は有りません。
車種によりますが、オイル注入口からカムなどが見える車もあります。

また、エンジンの内部は、そんなにだだっ広い空間と言う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報