【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

ボリュームライセンスとサイトライセンスを調べたら同じ意味のように見えたのですが、この2つの違いは何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

同じ意味に見えますが、ボリュームライセンスは、ライセンス数の最低、上限があります。


通常は企業や大学、教育機関などに対して販売されます。
しかし、最低限のライセンス数を満たせば、個人でも購入できます。
Microsoft社の販売するWindows OSや、Apple社の販売するMac OS Xは、
5ライセンスからボリュームライセンスが適用されます。
ただ、Microsoft社は必ず同じソフトだけでライセンス数が必要では無く、
OfficeとWindowsなどを合わせた数が最低ライセンス数になれば購入可能です。

サイトライセンスは、組織単位で使う場合、ライセンス数の下限、上限がありません。
1ライセンスでも、1万ライセンスでも同じです。
企業や大学、教育機関などに対して販売されるのはボリュームライセンスと同じです。
もちろん、ものにもよりますが、個人での購入も可能です。

つまり、定額制がボリュームライセンスで、完全定額制がサイトライセンスになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。理解できました。

お礼日時:2009/07/13 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモジュールとは何ですか

モジュールとは具体的には何を指しているのか、をお聞きします。

手元のカタカナ語辞典では
「プログラムを、それぞれ特有の機能を持ついくつかの基準単位に分割すること。また、その基準単位。」
と書いてありました。

そうすると、1つ1つのソースファイルを指しているように思えてきます。

いままで私が人がしゃべっているのを聞いてきたところでは、Windowsでいうところの、exeファイルやdllファイルを指しているような気がします。

「モジュール」という言葉は gooの新語辞典にも載っています。
また、コンピュータ用語辞典のようなサイトも見てみました。
それらによると、「ソフトウェア・ハードウェアの部品」だそうです。
しかし、例えば何のことをいっているのかが、分からないのです。

#ファイルなら何でもいいのだろうか。

この言葉の用例を教えていただきたいのです。

============================
過去の質問と回答より。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=302590
回答No.1の補足より。
>モジュールはAccessの標準モジュールのことです

わたしはAccessのことをほとんど知らないので、ハテナです。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=293234
こちらのNo.2の回答では、
dllとは「共通モジュール=ライブラリ」である、
という使い方ですので、例えばdllのことを指しているようです。

モジュールとは具体的には何を指しているのか、をお聞きします。

手元のカタカナ語辞典では
「プログラムを、それぞれ特有の機能を持ついくつかの基準単位に分割すること。また、その基準単位。」
と書いてありました。

そうすると、1つ1つのソースファイルを指しているように思えてきます。

いままで私が人がしゃべっているのを聞いてきたところでは、Windowsでいうところの、exeファイルやdllファイルを指しているような気がします。

「モジュール」という言葉は gooの新語辞典にも載ってい...続きを読む

Aベストアンサー

「モジュール」と言う言葉には「ソフトウェアの部品」という以上の共通概念はありません。
よって、使用される文章の前後関係によって微妙に意味合いが変ってきます。

1.関数、手続き
「mainモジュール」など
2.機能単位でまとめられたライブラリのメンバー
「標準関数ライブラリ(UNIXならlibc.a)に含まれるstdio関係の関数群」など
3.実行ファイルを構築するための個々の素材ファイル
「ソースファイル」、「オブジェクトファイル」、「ライブラリファイル」など
4.実行環境を構成する個々の実行可能ファイル
「exeファイル」、「dllファイル」など
5.(オブジェクト指向型言語において)クラス

モジュールは機能で分類されていると言う保証はありません。
「stdioを構成する個々の関数」を関数モジュールと言う場合もあります。

モジュールと言う単語を使い場合、「関数モジュール」とか「ライブラリモジュール」と言うように、モジュールと言う言葉の曖昧さを保管するような単語と組み合わせて使う用に心がけた方が安全です。

Qコンパクションとガーベジコレクションの違いが分かりません

どちらも同じように、メモリ領域の隙間を集めて、連続した利用可能なメモリ領域を増やすとありますが、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、C/C++ には GC がないとか…。

ただし、ゴミを収集しただけでは、使用可能な領域が断片化してしまうことがあります。
この断片化のことをフラグメンテーションと呼びます。
連続した大きな領域が必要になったときに、フラグメンテーションが多数発生していると、必要な領域が確保できないことがあります。
これを解消するのが、メモリコンパクションです。

# MS-Windows 系 OS で、デフラグという機能があると思いますが、
# これはハードディスクのコンパクション (=フラグメンテーションの
# 解消、デフラグメンテーション) を行っているわけです。

本来の意味としては、メモリコンパクションにガーベジコレクションの意味は含まれないと思うのですが、どうなのでしょうか?>詳しい方、フォローあればお願いします!

確かに、情報処理試験の参考書の中には、両者を同じ意味としているものもあったように思います。
しかし、実使用上は上記のような差異があることを覚えておくと良いと思います。

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング