ちょっとここでは場所が違うかもしれませんけど、質問させてください。
ネットでさまざまな、それもちょっと濃い目の映画評を見ていると
(主に個人発信)この3つのキーワードがよく登場してきます。
映画は好きでよく見ますが、たんに「おもしろかった」「これはいまいち」
程度の感想しか持てないようなわたしにとって、これらのキーワードの
向こうにある「意味」や「背景」がとても気になります。
「ユダヤ人的見地」とか「反WASP」とか・・ 何を言わんとしているのか。
とはいえ、実際何をどう調べればよいのかもわからず、(もちろんWASPが
ホワイト-アングロサクソン・・の略だということくらいはわかります)
とりあえずヒントをいただきにきました。
簡潔な言葉で説明していただけるかた、どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そういう人種というか、多民族国家の問題というのは簡単にはどういうことといいにくいんですけど…



ハリウッド的な、お約束の捉え方では、「WASP」というのは、非常におおざっぱにいうと、社会の上の方にいるんです。お金に困らず、プレップからアイヴィリーグに行って…といった人種。(それも、イーストコースト、ウェストコースト、あるいはヤンキーと南部人では位階構造が違うんです。)白人はそれより広くて、ヨーロッパ人種で、とりあえず見た目では差別されない人種。ユダヤ人というのは、頭が良く、商才があり、鋭いユーモアのセンスがあるという捉え方と、非常に自分たちのエスニックに固執するという捉え方がされていると思います。中国系とユダヤ系は、どこでも自分たちのコミュニティが強固で、成功する人が多いため、どこの社会でもエトランゼ的に扱われるんですね。

ヤンキー社会での、WASPとジューイッシュの位置については、創元推理文庫の、シャーロット・マクラウド「納骨堂の中で」以下のセーラ・ケリングシリーズを読むと(軽くて読みやすいです)よくわかりますよ。それと、文春文庫の「アメリカの食卓」本間千枝子。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事がおそくなってすみません
やはりこのあたりは、文化的歴史的な背景を理解しなければなりませんね
教えていただいた本をぜひ読んでみることにします
ごていねいにありがとうございました

お礼日時:2001/03/21 05:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ教の割礼痕とはなんですか

ゴルゴ13の23巻「潜入者の素顔」で女性がユダヤ教徒であれば存在する割礼痕がゴルゴ13にあるかどうかを調べるためにゴルゴ13と肉体関係を持ちましたが、割礼痕とは何なのでしょうか?肉体関係を持たないと調べられないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

割礼とは、主に宗教上の理由で男子の性器の一部を切除すること。
その跡があるかどうかを調べた物です。

割礼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E7%A4%BC

Q何で映画の終わりに「終」「完」「THE END」「FIN」「FINE」などが出なくなったのですか

タイトルのとおりです。
昔の映画を観ると国によって当然言葉が違いますがこれで終わりですよっていう意味の言葉が必ず最後に出ました。
ところが最近の映画は出演者や製作者などはこれでもかっていうほど出るのですがこれが出てくる映画は邦画・アジア映画・欧米映画を問わずほとんど皆無です。
一種の流行なのでしょうか。
それとも何か特別の理由があるのでしょうか。
個人的には昔の方がよかったと思います。

Aベストアンサー

No.3の方と同じ、「権利」の問題だと思います。
日本では1970年に著作権法が制定され、著作物の使用などに制限が加わりました。今では一般的な考え方ですが、70年以前は権利に対してアバウトだったので、映画の雰囲気を重視できたのでしょう。
スタッフロールが肥大化したのも、製作者全員の権利問題などがあるのだと思います。
基本的に映画(劇映画)は製作会社が著作権を持っていますが、外部委託する際「スタッフロールに名前を載せる」という条件が大抵あるので肥大化しているのでしょう。
だからスタッフロールは「会社や個人の権利と宣伝のため」フィルム一本一本に付けているようです。
ほとんどの監督は最終編集権(ファイナル・カット)を持っていないので、それを持っている巨匠で、なおかつ「終わり」と挿入したいという監督しかやらないのでしょう。
ちなみにぱっと調べた限りウォン・カー・ウァイが「完」と付けています。

Qユダヤ人になった日本人はいますか

最近、ユダヤ人とはユダヤ教を信じる人のことであり、
ユダヤ教を信仰するといえばユダヤ人になれると聞きました。

~人と名乗るときはその国の国籍を取るのが普通ですが、
ユダヤ人はこんなにお手軽でいいのかと思いました。

もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人とみなしてもらえるということです。

これに対して日本人、中国人、インド人などはユダヤ人とほとんど接触がありません。
こういう接点もなく肌も違う人達がユダヤ教を信仰するといっても
すぐにユダヤ人の仲間入りをすることができるのでしょうか。
それとも明らかに違う東洋系はユダヤ人になるのは何かの試験みたいなものを
受けなければいけないのでしょうか?

はっきりいってユダヤ人になったという日本人もきいたことがありませんので
いまいちイメージがつかめません。よろしくお願いします。

最近、ユダヤ人とはユダヤ教を信じる人のことであり、
ユダヤ教を信仰するといえばユダヤ人になれると聞きました。

~人と名乗るときはその国の国籍を取るのが普通ですが、
ユダヤ人はこんなにお手軽でいいのかと思いました。

もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人と...続きを読む

Aベストアンサー

ユダヤ教徒になるためにはとても時間がかかります。
宗派には超正統派、正統派、アメリカに多い保守派と改革派、新改革派(アメリカで最近出来たもの。)があります。
まず、非ユダヤ教徒の人の改宗は、
正統派、(超正統派)のみが、ユダヤ教徒、イスラエル帰途の民として認められます。
これは次の子孫にきちんとユダヤ教徒を教えること、
ユダヤ教育がきちんと出来るかが一番重要な課題でもあります。
簡単にユダヤ教徒になれるわけではなく、まずユダヤ教会が家の近くにあること、ユダヤ人のいる地域であること。
食事規定を守ること、安息日をまもること、ヘブライ語の勉強(ブレッシングを含む)、偶像参拝禁止、服装、ユダヤ人女性サークル勉強会など・・・旧約聖書に沿った生活が基本になります。
とにかく、ユダヤ教徒になるまでは、勉強させられます。そしてなった後も勉強させられます。

改革派のユダヤ人(もともとユダヤ人母から)はそこまでしている人はいない。と不利に思うかもしれませんが、非ユダヤ教徒がユダヤ人になるための法律は厳しいです。
また、誰かのためにユダヤ教徒になるのは
大きな間違いを作る原因のひとつともされています。*一番断られるのはユダヤ系の彼彼女と一緒に行くこと。
この宗教は、自分の意思が一番重要です。
また、ユダヤ教会内にいるラバイも、勧誘はしてこないので自分できちんとした目的、明確意識を行動や口で伝えなければなりません。

>もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人とみなしてもらえるということです。

ここの質問は、キリスト教徒圏、アラブ圏の人は、
宗教に旧約聖書が少し入っているので
知っている人が多い点があるのですが、スタートは大きく変わることはありません。

一度ユダヤ教徒になると、一生ユダヤ教徒になります。
そういう人達はすぐにユダヤ人と沸いてくるものではなく、日々のユダヤ人的生活がものを言うことになります。(代々ユダヤ人はそう思っています。)
とにかく時間がかかり、
ユダヤ教徒は勉強をする宗教と考えた方が良いかもしれません。

現代正統派と言うのが最近ではあり、
外から見ると正統派とはとても分かりにくいかもしれませんが、
中身は超正統派と変わらない生活をしている人がアメリカ社会には沢山います。


PS結婚もユダヤ教徒同士を重視するために非ユダヤ人との結婚では、改宗を迫られる人も多くいます。

ユダヤ教徒になるためにはとても時間がかかります。
宗派には超正統派、正統派、アメリカに多い保守派と改革派、新改革派(アメリカで最近出来たもの。)があります。
まず、非ユダヤ教徒の人の改宗は、
正統派、(超正統派)のみが、ユダヤ教徒、イスラエル帰途の民として認められます。
これは次の子孫にきちんとユダヤ教徒を教えること、
ユダヤ教育がきちんと出来るかが一番重要な課題でもあります。
簡単にユダヤ教徒になれるわけではなく、まずユダヤ教会が家の近くにあること、ユダヤ人のいる地域で...続きを読む

Qちょっと細かい条件の「泣ける作品」

随分探したのですがあまり見当たらず、どうか皆様の情報を教えていただきたく、質問させていただきます。

涙のでそうな作品を探しています。

条件
・人間と動物、人間と怪物、人間とロボットなど、主人公はどちら側でも構いません。人間と絡んでいる人外の生き物などが出てくること
・その動物、怪物、ロボetcがストーリーの途中や終盤などで人間を敵(事故、アクシデント等)から庇ったり、身代わりになったりするシーンがあること
・ラストはどんな結末でも問いません
・邦画、洋画、ドラマ、アニメ、ゲーム、どれでも構いません

作品の例として探しあてたのが
「アイアン・ジャイアント」(洋画アニメ)
「ゼノギアス(の、チュチュが巨大化するシーン)」(ゲーム)
などです。

とにかく、人間以外の者(物)が人のために命を張る、一生懸命になるというようなシーンのある作品をずっと探しています。

もしかしてこんなのだろうか?と思い当たりましたら教えていただけると幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

動物と人間との関係を描いた感動作だと、
青年とカワウソとの深い絆を描いた「野生のミジー/かわうそ物語」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4949#1
象との関係を描いた「野生のポリー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23781
病弱で孤独な少年とネズミとの交流を描いた「ベン」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21134
といったところがお勧めなんですけど、どうも日本じゃDVDになっていないような……

DVDになっているものだとケニアでライオンを育てたアダムソン夫妻の実話「野生のエルザ」「永遠のエルザ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23768
牧羊犬ならぬ牧羊豚と人間との奮闘を描いた「ベイブ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=28622
渡り鳥の親代わりになった少女と鳥たちの”渡り”を描いた実話「グース」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=51820
競走馬になりたいけなげなシマウマと牧場一家を描いた「レーシング・ストライプス」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321482

変わったところでは象と一緒になって独軍と戦う戦争もの「脱走山脈」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14057
イルカを使って大統領暗殺をもくろむ「イルカの日」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2064

ロボットものだと
お手伝いロボットが雇い主の家族と交流するうちに人間になることを切望する「アンドリューNDR114」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=160134
巨大宇宙ステーションを舞台にヒューイ,デューイ,ルーイという三体のロボットと人間との絶望的な未来を描く「サイレント・ランニング」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8491#2

植物だと
人食い花と気弱な生花店の青年を描いたブラックなコメディ
「リトルショップ・オブ・ホラーズ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24907

邦画だと盲導犬と人間たちとの絆を描いた実話「クイール」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319006

と、思い浮かんだままに書いてみました。

動物と人間との関係を描いた感動作だと、
青年とカワウソとの深い絆を描いた「野生のミジー/かわうそ物語」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4949#1
象との関係を描いた「野生のポリー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23781
病弱で孤独な少年とネズミとの交流を描いた「ベン」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21134
といったところがお勧めなんですけど、どうも日本じゃDVDになっていないような……

DVDになっているものだとケニアでライオン...続きを読む

Qキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、佛教その他、宗教の説く心理学

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、佛教その他、宗教の説く心理学

興味があって、佛教心理学の入門書を読みました。
どの宗派によっているのかはわからないのですが、
八識、九識の発想や、五陰仮和合の考え方がすごく好きでした。

キリスト教やイスラム教、ゾロアスターやヒンドゥ、その他、どんな宗教でもかまいませんので、
その宗教のとく、面白い心理学的観点があれば教えてください。

ちなみに八識とは五感+意識、第八識を自我だと執着する七職、善悪の業が刻まれた八識という発想です。
五陰とは、肉体、感覚、感覚から受けるイメージ、そこから生じる感情や意思、そして物事の判断能力のようです。
その五つが仮に結ばれているのが、自我であると。
(初心者の知識の切り売りです。間違っていたらごめんなさい)

佛教でさらに面白い心理学があれば、教えてください。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム、ヒンドゥ、ゾロアスター、その他、どんな宗教でもいいので、
面白い心理学説があれば教えてください。

Aベストアンサー

素人ですが分かる範囲で書いてみます。宗教の必要性は「心の矛盾」に端を発していると思います。すなわち人間には心が二つ在ると云う事になります。その心の矛盾を人間は古今東西人間を苦しめてきています。

現代でも精神疾患や、神経症や、自立神経失調症等の、原因が特定できない障害が有りますが、これらの原因となっているものです。

仏教では「無明」と云う言葉が有ります。是は「自分を苦しめている者は自分の中にいるのだが?それが分からない」と云う意味になります。つまり自分自身が分からないと云う事です。

今云った事の反対語が「悟り」と云う事になります。自我意識が自分の命の働きが分かったと云う意味です。自分自身が分かったと云う事です。

何が分かったかと云うと、自分の中には自我意識と他に「仏性」が共に協調しながら同居していた事が分かったと云う意味になります。この分かったと云う事が悟りを開いたと云う事になります。

ユダヤ教でも同じ事を云っています。「在りて在るもの」=「やーウェイ」と云う事を云っています。

キリスト教でも同じ事を云っています。「神に会って和解をする」と云う処です。自分の心が騒がしくて大変だった処が、沢がなくなったと云う意味になります。或いは罪悪感にさいなまれていた処が、罪悪感を感じさせていた者に会って罪悪感が解消されたと云う意味になります。

宗教の必要性は「罪悪感の解消」或いは「人間苦の解消」或いは「生き難い想いの解消」と云う事になります。それは人間の心が二つの要素から成り立っている事によります。一つは自我意識と云う事になります。左脳に存在している意識の事です。

もう一つは右脳に存在している意識の事です。無意識を統率しているものです。或いは、人間の命そのものも統率しているかも知れません。そうして自我意識には知覚出来難い様に出来ています。

仏性は誰にでも在ると云うのに、如何して修行しないと分からないのか?と若い道元が仏門に入ったきっかけにもなった疑問の事です。

昔も今も人間は苦しみが深いようです。その苦しみが深かった人が宗教家になってゆきました。「一切皆苦」と云ったのはお釈迦様です。

その苦しみとは「心の矛盾」と云う事になります。二つの心が相争うと云う現象の事です。是が人間苦の元になっています。二元論の始まりと云う事です。それは機能が違う脳を二つ人間が持っていると云う事から発生しています。その二つの機能をうまく使った場合が健常者と云う事になります。二つの心が相争う現象が、精神疾患や神経症や自律神経失調症と云う事になります。

そうして二つの心が背中合わせになった場合が、自分が分からなくなった。と云う事になります。お互いが連絡を取りたくなくなったと云う事になります。

素人ですが分かる範囲で書いてみます。宗教の必要性は「心の矛盾」に端を発していると思います。すなわち人間には心が二つ在ると云う事になります。その心の矛盾を人間は古今東西人間を苦しめてきています。

現代でも精神疾患や、神経症や、自立神経失調症等の、原因が特定できない障害が有りますが、これらの原因となっているものです。

仏教では「無明」と云う言葉が有ります。是は「自分を苦しめている者は自分の中にいるのだが?それが分からない」と云う意味になります。つまり自分自身が分からないと...続きを読む

Q「鉄男」のようなちょっと変わった技法(編集や撮り方など)を使っている映

「鉄男」のようなちょっと変わった技法(編集や撮り方など)を使っている映画を教えてください。

Aベストアンサー

「銀残し」という技法を使った映画はどうですか?

「銀残し」とはフィルムや印画紙に銀を残すという
現象手法で、名カメラマン宮川一夫氏が世界ではじめて
この手法を完成させ、市川監督が「おとうと1960年」
で初めて実用化しました。

その後、この手法は世界中で使われるようになりました。

{銀残し技法の映画}

おとうと   1960年 監督・市川崑
幸福     1981年 監督・市川崑
セブン    1995年 監督・デヴィッド・フィンチャー
エイリアン4 1997年 監督・ジャン=ピエール・ジュネ
プライベートライアン 1998年 監督・スティーヴン・スピルバーグ
座頭市    2003年 監督・北野武

など多数。

ご参考になれば幸いです。

Q割礼

『パパは出張中』というユーゴ映画の舞台はサラエボでした。
映画の前半に5、6歳の少年の割礼シーンがあったのでその一家はユダヤ教だろうと思うのですが、それに続く葬儀シーンは正教(ロシアかセルヴィアの)によるもののようでした。
「割礼をするならユダヤ教」と割り切ってよいのでしょうか、それともバルカンの正教には割礼を施すものもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ユダヤ教徒以外にも割礼する宗教はあります。ユダヤ人の女性は異教徒と結婚してもその子供はユダヤ教徒にするという決まりがありますが 割礼はユダヤ教徒だけではないんです

Q「危険な情事」「運命の女」などの「不貞」がテーマの映画

「不貞」がテーマで、しかも「不貞をはたらくとこんなにも恐い目にあうぞ~~」という教訓のある映画はないでしょうか?

思い付くのは「危険な情事」「運命の女」です。
洋画でも邦画でもかまいませんので、「浮気するのはやめよう」と思えるような内容の映画を教えてください。

できればストーリーも面白いものがいいです。

Aベストアンサー

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エリカ・クリステンセン、「ロズウェル★星の恋人達」の、シリ・アップルビーほか出演によるエロティック・サイコ・サスペンス。

・【アイズ・ワイド・シャット 特別版(1999)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/115336/

解説(抜粋):ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。

・【氷の微笑(1992)】
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3238/index.html

解説(抜粋):元ロック・スターの惨殺事件を追う刑事と容疑者の美人小説家とのやりとりを描くエロティック・サスペンス。監督は「トータル・リコール」のポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、脚本はジョー・エスターハス、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。

参考にして下さい。

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エ...続きを読む

Q聖書はユダヤ民族の聖典である。後にユダヤ教と呼ばれ

聖書はユダヤ民族の聖典である。後にユダヤ教と呼ばれる。イスラム教の教祖であるアッラーのアブラハムはユダヤ民族のノアの箱船に乗って大洪水から逃れたユダヤ民族の子孫であり、ユダヤ教の教えを、大洪水から逃れて辿り着いたイスラム国で教えたので、イスラム教の教典の元はユダヤ教の聖書である。

キリスト教はどのような経緯で誕生したのでしょう?

ユダヤ教>イスラム教の誕生の流れは理解出来ましたが、キリスト教の誕生の歴史が分かりません。

ナチスドイツはキリスト教ですよね?なぜユダヤ教を迫害したのかも理解出来ません。

キリスト教がユダヤ民族の聖典を奪い取り、ユダヤ教と名付け、旧約聖書としてユダヤ民族の歴史をそのまま奪い取ろうとしたのがキリスト教という認識で良いのでしょうか?

キリスト教は悪魔のような感じですかね。

なぜユダヤ民族の歴史をそのまま略奪した略奪者のイエス・キリストがここまで信仰されているのか理解出来ません。イエス・キリストもノアの箱船で助かったユダヤ民族の子孫ですよね?なぜキリスト教は自分の祖先であるユダヤ教とイスラム教をこの世界から抹消しようとしているのか疑問です。

聖書はユダヤ民族の聖典である。後にユダヤ教と呼ばれる。イスラム教の教祖であるアッラーのアブラハムはユダヤ民族のノアの箱船に乗って大洪水から逃れたユダヤ民族の子孫であり、ユダヤ教の教えを、大洪水から逃れて辿り着いたイスラム国で教えたので、イスラム教の教典の元はユダヤ教の聖書である。

キリスト教はどのような経緯で誕生したのでしょう?

ユダヤ教>イスラム教の誕生の流れは理解出来ましたが、キリスト教の誕生の歴史が分かりません。

ナチスドイツはキリスト教ですよね?なぜユダヤ教を迫害し...続きを読む

Aベストアンサー

なんて話の長くなるテーマを…

イエスキリストがいた時代にキリスト教になったわけではないと思います。
パウロの功績や後世、教会の共同体の働きによって、ユダヤ教と別離したものだと私は理解しています。
最初はユダヤ教イエス派、といったくらいのものだったのではないでしょうか。
しかし、ユダヤ教の指導者たちの反発もあって十字架にかけられるころにはユダヤ教の異端としてみられていたのではないかと思います。
イエスは略奪者ではありません。同じ神を信じていたはずのユダヤ教からはじかれたのです。
もし、当時の指導者がイエスを受け入れていたら、ユダヤ教とキリスト教は一緒になっていたかもしれませんね。
そしてイエスを十字架にかけた罪を、ユダヤ教徒に重ねることはなかったでしょう。
いまさらいってもせんないことですが、ユダヤ教徒をイエスを十字架にかけたとみるキリスト教徒がいるのは事実です。


時にイスラエルの掟を破るイエス。安息日に仕事をしてはならないという掟を破り、目の前で苦しむ病人を癒しました。
他にも様々な仕方でそれまでの慣習に逆らったりして、一部のイスラエルの民から反発を受けました。
イエスは斬新だったのです。実のない慣習や戒めよりも、人命を大切にする行いをしました。
その行いを真理とみて付き従ったのものと反発したもの、どちらも同じくユダヤ教徒であるイスラエルの民でした。
旧約には、メシア(キリスト)が現れるという預言書があり、それはイエスだと受け入れた人々がありました。それが弟子や信者たちです。そうとは認めなかった者たちが今も続く伝統的なユダヤ教徒です。
イエスも含めて神と考える、うーん、イエスを神の化身といったらわかりやすいでしょうか?三位一体の神として信仰するものをキリスト教徒とするならば、ユダヤ教徒はイエスをメシアではないと否定=神の一部を否定することになります。それは熱心なキリスト教徒にとってみれば罪深い業なのだと思います。
イエスがいたら、石を打つなと止めそうなものをね。


キリスト教がこんなに多くの信仰を集めているのは、イエスを通して神はイスラエルだけの神ではなくなったからだと思います。
パウロはギリシャ語も堪能な人物でした。その彼が異邦人へも信仰の道を開いていき、ユダヤ教と大きく違っていきました。その役割はやはり大きかったでしょう。
神はイスラエルを選びました。しかし、神の力が及ぶのは万物のすべて。小さい花にいたるまで。そう信じるのがキリスト教なのだと思います。
その存在が神と人々の結びつきを強めたメシア……キリスト(メシアと同じ意味です。油を注がれたもの。聖霊…神の力とともにあるもの)としてイエスが多くの信仰を集めることは、私にとってなんら不思議には感じません。




私自身ずいぶんと学びから遠ざかっているので、理解と解釈に間違った内容があるかもしれません。
もう、詳しくは、『キリスト教史』(平凡社)をご覧になって!
あるいは近くにキリスト教系の大学や宗教研究の熱心な大学があれば、公開講座など受講されても理解が深まると思いますよ。
その場で話を聞けるし、一番お勧めです。



蛇足

イスラムとの違いは最後の預言者についての認識の違いも大きいですよ。
イスラムでは最後の預言者はムハンマドです。イエスのことも預言者とは認めていますし、わりとイエス好きは多いです。マリア好きも。一部の学級委員長タイプのムスリムたちはお堅いかもしれませんが。
キリスト教はムハンマドを預言者とは認めていません。最後の預言者はイエスといった主張です。

ムスリムたちのいう天国も面白いですよね。死んだら美女のハーレムが得られるそうです。そうです、女性でも!それじゃ女性はうれしくないのではと思えば、女性も死んだら男性になれるそうです。あら、みんな幸せになれますね!お嫁さんも男になると思えば、旦那さんとしては複雑でしょうけど(笑)今どきは女性は美男のハーレムを築けるっていう宗派もあるみたいですけど。
信仰の形は地域によって結構ばらつきがありますしね。飲酒も厳密に禁酒しているところもあれば、神に謝って飲んでいるところも(笑)

ただ、ユダヤ教もイスラム教も認めると、キリスト教徒としてはその信仰を否定されることにつながります。
その逆も同じですね。
信仰は生活にも人格形成にも密接にかかわります。その人がその人らしくあるための「何か」の一部分なのかもしれません。それを否定されることは、すべてを否定されるような気持ちがするのです。
50年信仰を深めていたとすれば、その50年分がどこかへいってしまうような、そんな空虚な気持ちになると思うのです。それが一生分であれば、その一生はいったい何だったのだと受け入れるのは容易ではありません。
自己を否定しないために、他宗教を受け入れられないといったことがあるのだと思います。
……まあ、それと相手を害することは別なので、いつか神の導きがあるように祈っていればいいと思いますけどね。


長文失礼しました。

参考URL:http://www.heibonsha.co.jp/book/b160354.html

なんて話の長くなるテーマを…

イエスキリストがいた時代にキリスト教になったわけではないと思います。
パウロの功績や後世、教会の共同体の働きによって、ユダヤ教と別離したものだと私は理解しています。
最初はユダヤ教イエス派、といったくらいのものだったのではないでしょうか。
しかし、ユダヤ教の指導者たちの反発もあって十字架にかけられるころにはユダヤ教の異端としてみられていたのではないかと思います。
イエスは略奪者ではありません。同じ神を信じていたはずのユダヤ教からはじかれたのです。
...続きを読む

Q「監督」、「製作総指揮」、「プロデューサ」・・・結局、ダレが偉いのでしょうか?

「作品は監督のものだ!」と、何度か見聞きしてます。

この「監督」、立場はどうなんでしょうか?
「製作総指揮」に 名の通った人(たとえば『スピルバーグ』だとか)が存在してるとイキナリ薄れてしまうような気がします。

「監督」や「総指揮」、「プロデューサ」の関係を端的に表していただけると幸いです。

それぞれ、本来の役割は何ですか?
原作や脚本とかにイチャモンをつけ、自分なりの解釈で撮ることができるのはダレなんでしょう?
世の「映画評論家」が重きを置いてるのは、どの立場の人でしょうか?

Aベストアンサー

国や地域、あるいは作品によっても違います。

ハリウッドではもっとも偉いのはプロデューサー、もしくは製作総指揮にあたるエグゼクティブプロデューサーになります。
ハリウッドでは、最終的にどのカットを使いどのカットを切ってしまうかというファイナルカット権というのがありまして、ほとんどの監督はこの権利を持っていません。
この権利を行使できる大物はスピルバーグとか、シドニールメットとか、十数人だと思います。
そんなことから監督ながらプロデューサーとしてタイトルに名を連ねる人もけっこう居ます。プロデューサーということだと、この権利が持てるからです。
ハリウッドのプロデューサーは監督が撮ったカットを気に入らず、撮り直すように命令することまであります。

これがニューヨークやヨーロッパだと違ってきます。単に”偉い人”というとお金を握るプロデューサーですが、NYや欧州では作家性を重んじる傾向があるので、作品の出来不出来に責任を持つ人、ということで監督の権限が大きく、この考え方だとプロデューサーよりも監督の方が偉い、とも言えます。日本も映画の場合にはこの傾向が強いです。テレビはそうでもありませんが。

世の「映画評論家」が重きを置いてるのはやはり監督ですが、芸術性に秀でた有名なプロデューサーやカメラマンというのもやはり居まして、場合によっては監督よりもプロデューサーやカメラマンに評論家の目がいくこともあります。

なぜカメラマン? というのは”撮影現場の仕切”をするのに監督よりもカメラマンの腕がものを言うことがよくあるからです。

上記のような例ではプロデューサーではアナトール・ドーマンという方が特に有名で、かかわった作品のほぼすべてが世界的な映画賞を受賞しています。イタリア人監督から日本人監督まで国籍を問わずいろんな国の監督と仕事をした大プロデューサーです。

カメラマンだとヴィットリオ・ストラーロなどか有名です。監督がOKでも平気で「オレはNGだ」ともう一回撮り直しをさせるカメラマンです。
それだけあってすごい画を撮るのですが、うるさいので監督によってはあまり一緒にやりたくないようです。

こういった方たちが名を連ねていると、”ちゃんとした評論家”(最近はどうしようもない名ばかり評論家も多いので)は、監督に加えスタッフにも言及せざるおえないと思います。

国や地域、あるいは作品によっても違います。

ハリウッドではもっとも偉いのはプロデューサー、もしくは製作総指揮にあたるエグゼクティブプロデューサーになります。
ハリウッドでは、最終的にどのカットを使いどのカットを切ってしまうかというファイナルカット権というのがありまして、ほとんどの監督はこの権利を持っていません。
この権利を行使できる大物はスピルバーグとか、シドニールメットとか、十数人だと思います。
そんなことから監督ながらプロデューサーとしてタイトルに名を連ねる人もけっ...続きを読む


人気Q&Aランキング