在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

姑は近所の都市銀行の貸金庫を利用していて全預金の通帳をそこに預けています。夫が代理人登録をしています。姑は常にこの貸金庫の「鍵」を自宅のどこに保管するか、で悩んでいます。何故そこまで気掛かりなのか、と聞くと「この鍵を紛失すると、絶対に二度と金庫を開けてもらうことは出来ないから」と思い込んでいるようなのです。そして夫に「自分が急死したとき、あんたが鍵を探しだせないとしたら、貸金庫の中身は何があっても取り戻すことはできないから、確実に盗難に遭わない場所に隠しておかないと」と申します。姑は普段から少々病的なほど用心深く、その情報は知人から得たものだと主張するのですが、どうも思い違いをしているのではないかな、と感じます。
万一姑が心配する事態に陥った場合、本当にこのように「どんな手段を使っても貸金庫の中身は取り戻せない」ということになるのでしょうか?
姑の誤解だとすれば、ここで得た回答内容を話して説得させられれば、と思っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 下記URLはみずほ銀行の約款です。

鍵をなくしたら、取り替えの費用がかかるだけです。

 貸金庫の鍵の取り替えは結構高くつき、数万円ぐらいかかりますが、「財産のすべてを失った!」ってことはありませんから。

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/setsumeisho/pdf/kash …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
>「財産のすべてを失った!」ってことはありませんから。
ほんとにそうなんですよね・・・でもそれをいくら言っても理解してもらえないので閉口してるんです。ちゃんとこうして約款になっているんだからっ、て見せてもう一度話してみようと思います。

お礼日時:2009/09/18 09:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三井住友銀行貸し金庫について

銀行の貸し金庫の鍵を親が紛失しました。

初老なので同行を頼まれ、二回にわたり銀行に出向き、出てきた担当が毎回違いましたが
鍵をもう一度作る時の説明を受けました。鍵業者をを呼んで一ヶ月ほど鍵の付け替え工事に時間がかかる旨聞き、その工事の時に鍵を開けるので立会いが必要の旨聞き、立会いの日程が決まり次第連絡を貰う約束。しかし、一ヶ月過ぎても連絡が無く、こちらから連絡すると

「替えの鍵は到着しているので都合の良い日に立ち会ってもらえれば私が鍵を付け替えます」
と軽く言われたので、業者がやると聞いていたのに、素人が金庫の鍵を簡単に付け変えられるものは心配だという事と、何故前回の二名が業者がやると説明したのか、この二点があまりに心配だと言いましたが、「わたしどもで付け替えられる簡単な作業なので目の前で行います」と、その担当の説明が、マトを得ず、不安です。

銀行の貸し金庫についてはOKWEBの他の質問も見ましたが、心配が無いとの事ですが
素人が大事な鍵を軽く付け替えてしまうという内容が、安全性に結びつかずこれはどうなのでしょうか?
家の鍵だって、男性で大工に慣れていればどうかはわかりませんが、簡単に付け替えられるものなのかわかりませんが、
業者と同じ銀行の行員が説明しているのに、今回は自分でやると言ってしまう銀行の信用性が不安です。

銀行の貸し金庫の鍵を親が紛失しました。

初老なので同行を頼まれ、二回にわたり銀行に出向き、出てきた担当が毎回違いましたが
鍵をもう一度作る時の説明を受けました。鍵業者をを呼んで一ヶ月ほど鍵の付け替え工事に時間がかかる旨聞き、その工事の時に鍵を開けるので立会いが必要の旨聞き、立会いの日程が決まり次第連絡を貰う約束。しかし、一ヶ月過ぎても連絡が無く、こちらから連絡すると

「替えの鍵は到着しているので都合の良い日に立ち会ってもらえれば私が鍵を付け替えます」
と軽く言われたので、業...続きを読む

Aベストアンサー

まず貸金庫の鍵の交換は簡単です。
そして、交換の簡単さと安全性はイコールではありません。
この辺りをご理解されていないと、この質問の様な疑問が生じます。

>鍵業者をを呼んで一ヶ月ほど鍵の付け替え工事に時間がかかる旨聞き、その工事の時に鍵を開けるので立会いが必要の旨聞き、立会いの日程が決まり次第連絡を貰う約束

まず鍵業者を「銀行本店や支店等」に呼んで、鍵を新しく作ります。
ここでいう工事の時間は、鍵を作る時間と銀行内での処理(鍵の登録や照合、審査等の時間)です。
鍵は、カードキーも含め、銀行で副鍵がありますので、それを抹消して再登録をしなければなりませんが、これには何段階もの承認審査が必要なので銀行によっては日数がかかります。

>家の鍵だって、男性で大工に慣れていればどうかはわかりませんが、簡単に付け替えられるものなのかわかりませんが、

大家もしているので何度も家の鍵を交換してきましたが、簡単な取り付けができるものなら2~3分、一般的なオートロックのカードキー式でも10分以内で交換できます。

貸金庫の鍵は扉を開いた状態での付け替えは簡単ですが、扉が閉まった状態からの付け替えをするには、鍵そのものを壊さねばなりません。
硬い金属ならより安全でしょうし、軟らかい金属なら安全ではないという事になりますので、交換時間の安全性と比例しないのも理解できるでしょう。

業者は立会しないほうが、僕的には安全ですけどね。
銀行所在地、貸金庫の場所まで全て教える事になりますので、銀行本店や支店が用意した鍵はできれば部外者には知られず内部の行員のみが知るという状況で交換したいものです。

びっくりするほど簡易な形の鍵のついた銀行の貸金庫もありますが、入室審査等ありますので、自宅に置くよりはよほど安全だと思い、僕も利用しています。

まず貸金庫の鍵の交換は簡単です。
そして、交換の簡単さと安全性はイコールではありません。
この辺りをご理解されていないと、この質問の様な疑問が生じます。

>鍵業者をを呼んで一ヶ月ほど鍵の付け替え工事に時間がかかる旨聞き、その工事の時に鍵を開けるので立会いが必要の旨聞き、立会いの日程が決まり次第連絡を貰う約束

まず鍵業者を「銀行本店や支店等」に呼んで、鍵を新しく作ります。
ここでいう工事の時間は、鍵を作る時間と銀行内での処理(鍵の登録や照合、審査等の時間)です。
鍵は、カードキ...続きを読む

Q貸し金庫の鍵の保管方法

銀行の貸し金庫にすべての重要書類を預けています。
もし、地震や火事などが起きて、その鍵がなくなることが心配ですが、どこに置いておけば安全か悩みます。どなたかいい考えがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 おそらく、鍵を失ったら二度と預けているモノが返ってこなくなることを心配しているのかもしれませんが、そんな心配はありません。

 無くしたら、銀行に身分証明書とともに届け出れば、鍵のシリンダー交換を行うことになります。通常は、弁償として2-3万円ぐらいは払うことになるかと思いますが、まあそれだけの話です。2-3万円ぐらいのものと考えて、忘れたり紛失したりしないような場所に隠しておけばいいだけのことです。

 正直に「貸金庫の鍵」とでも書かなければ、それを盗んでも何の鍵か分かるわけがないので、それこそ自宅の引き出しにキーホルダーと一緒にいれておいてもそれほど問題ないかもしれません。ただし、貸金庫の場合、印鑑と鍵の二つにより開けることが出来る方式だと思いますので、その両方を同じところに置いておくことはやめておいた方がいいと思います。


 それより、貸金庫の場合、一人(本当に信頼できる身内の人など)ぐらいには、どの銀行の貸金庫に重要なものを預けているかを伝えておく必要があります。あなたに急に何かがあった時(事故、病気等)、存在が全く忘れさられてしまうからです。

 おそらく、鍵を失ったら二度と預けているモノが返ってこなくなることを心配しているのかもしれませんが、そんな心配はありません。

 無くしたら、銀行に身分証明書とともに届け出れば、鍵のシリンダー交換を行うことになります。通常は、弁償として2-3万円ぐらいは払うことになるかと思いますが、まあそれだけの話です。2-3万円ぐらいのものと考えて、忘れたり紛失したりしないような場所に隠しておけばいいだけのことです。

 正直に「貸金庫の鍵」とでも書かなければ、それを盗んでも何の鍵か分...続きを読む

Q貸金庫(銀行・信用金庫)を借りたいのですが

現在都内で貸金庫を探しています。20軒以上あたってみたのですが、「今空きがありません」や「取引のない場合は借りられません」「定期で300万入れてください」という返答がきてしまいます。簡単に借りられるのかと思っていたのですが・・・。
やはり空いている銀行・信用金庫をしらみつぶしに探していくしかないのでしょうか?。何かお知恵がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

既にgorisukemaruさんは、メインとして取引している金融機関に出向かれ
ご相談されたことと思います。
No.1,No.2さんがおっしゃられるとおり、

・金融機関の貸金庫は『空きが無い』ことはありません。
・その金融機関の支店と取引を懇意にしている人が利用対象者です。

ですので、いくら取引があっても、(失礼な言い方で申し訳ありませんが)
素性の知れない人には貸してはもらえません。
また保管する用途の規定はあっても、貸金庫内には顧客が『何を入れられているのか』
金融機関としては一切分からないものですので、
その点でもその金融機関との取引度合が選定の度合いになるのです。

>空いている銀行・信用金庫をしらみつぶしに探していく
↑難しいですね。
万一探せ出せたとして、貸金庫の開閉出来る曜日・時間も確認しましょう。
金融機関によっては、窓口営業時間外にも対応しているところもありますが、
まだまだ窓口営業時間外は取扱しない、ところも多いです。
また土・日・祝日の対応もご確認を。
『貸金庫』は深夜や休日には安全であっても、
取り出したり入れたりするのには役に立たないものです。

既にgorisukemaruさんは、メインとして取引している金融機関に出向かれ
ご相談されたことと思います。
No.1,No.2さんがおっしゃられるとおり、

・金融機関の貸金庫は『空きが無い』ことはありません。
・その金融機関の支店と取引を懇意にしている人が利用対象者です。

ですので、いくら取引があっても、(失礼な言い方で申し訳ありませんが)
素性の知れない人には貸してはもらえません。
また保管する用途の規定はあっても、貸金庫内には顧客が『何を入れられているのか』
金融機関としては一切分から...続きを読む

Q銀行の貸金庫の安全性を教えて下さい。

貸金庫の安全性について教えてください。

貸金庫のタイプを説明します。
カードと暗証番号で扉を通過する。
更に特殊金属が格子状に入った扉を同カードと暗証番号を使い電動で開ける。
自分の貸金庫ボックスの鍵を使い、保管物を出し入れする。

行員の説明では、カードと暗証番号を使って入ると、その人の契約した貸金庫ボックスのランプのみ点灯し、そのボックスだけ鍵で開けて内容物を出し入れできる。
他の貸金庫ボックスに、そのボックスの合致した合い鍵を差し込んでも、電子ロックが掛かって開けることが出来ない。
全て自分一人で出し入れの作業をする。
こういったタイプの貸金庫です。

このような貸金庫に於いて、保管物の盗難紛失の可能性はありますか。
過去に盗難の事故などあったのでしょうか。

Aベストアンサー

銀行は信用を売り物にしていますから、仮に内部犯行があっても、めったに表沙汰になることありません。
行員は足がつきにくいお金を商品として取り扱っていますから、狙うならそっちのほうで、何が入っているか分からない貸金庫は狙わないです。
たまに表沙汰になる事件も、集金のお金を着服とか、証書を偽造とか、お金に絡む事件ばかりで、貸金庫の品物を盗難という事件は知らないです。

Q相続時の預貯金・貸金庫凍結のタイミングについて

3月上旬に父が亡くなりました。
相続人は、母と私の2人です。

市役所・社会保険事務所・家裁方面への手続きに追われ、まだ水道・ガス・電気・電話等の名義変更手続きをしておりません。
銀行には預金の他に、貸金庫があります。

■質問1: 実は、今日現在で、まだ預貯金・貸金庫が凍結状態になっておりません。公共料金の名義変更手続きを行っていないためでしょうか? 変更手続きを行っていなければ、当然のことながら引落口座は、父の生前のままですね。

■質問2: 母は、「公共料金の名義変更をしてしまうと、銀行の貸金庫も凍結されてしまう。そうすると、当面必要になってくる貴重品(実印その他)を、貸金庫から出し入れできなくなるので困る。公共料金の名義変更は、後からにしたい」と、言います。
私には、「すぐに名義変更をし、貴重品は自宅で厳重に管理するしかない」程度の知識しかありません。何か良い方法はないものでしょうか?

長文で申し訳ありません。
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の説明が悪くてすいません。
度々長文で失礼します。

>もし仮に、
>手許に、検認済み遺言書または遺産分割協議書といった必要書類がなくても、
>スムーズに手続きが取れる”
>という確実な保証があるならば、今すぐにでも行動を起こしたいのですけれど・・・

大変申し訳ありませんが、
私が貴女に対して、この保証をすることは出来ません。
どこの金融機関に口座をお持ちかも分からないし、
仮にココに書かれても、私も困ります。
ごめんなさい。

その上で、あえて踏み込んでアドバイスすると、
匿名でお客様相談室に電話で聞いたら如何ですか?
ココで質問を繰り返すよりも、具体的に動いた方が、
収穫があるかと、私は思います。

実務についても、A銀行とB銀行では、
同じ貸し金庫の名義変更でも、
必要となる書類も違ってくるでしょうから・・・。

その際に、相続人はお母様とお二人だけなのですから、
「遺言書・・・家裁・・・うんぬん」は話さず、
具体的にそろえなければならない書類について
聞いたらどうでしょう?

ウチは遺言書が無く、たしか母と二人で行ってロックされ、
謄本一式と、書類を記入して、その場で二人だけで名義変更できた気がします。
相続人には他に兄弟もいたのですが、兄弟が書類を書いた記憶はありません。
私と母が念書のようなもの?を書いた記憶があります。
ただし、あくまでウチのケースです。

除籍謄本・戸籍謄本一式は、
貸し金庫の名義変更にも必要ですし、
相続税の申告書提出(税務署)、
相続登記(法務局)にも必要です。
たしかに1通700円位するので高いですが、
返却して貰って、それを使いまわそうとすると、
お金はかかりませんが、
返却には、それだけ時間がかかります。

たしか、
法務省関係(家裁や相続登記)は返却してくれるらしいですが、
国税庁関係(税務署)は返却してくれなかったと思います。

だから相続登記をしてから、
(謄本一式を返してもらい)税務署に相続税の申告書提出した方がいい
という人もいますが、
私は相続→半年後くらいに不動産の相続登記、という方法がいいと思います。
なぜなら、
税務署のチェックが終わってから登記した方が、
後々のトラブルが回避できると思うからです。

例えば、不動産を登記してしまってから、
後で税務署が「お伺いしたいことがあります」
と乗り込んで来られても、
登記の後では、再び不動産の登記の必要が発生したら、
その方がお金も時間もかかるからです。

不動産の登記費用と謄本一式の取得費用を比べたら、
明らかに
登記費用>謄本一式ですから。

この辺も、「縦割り行政」の弊害なんですけどね。

遺産分割協議書の「ひな型」は税務署、
相続登記の「ひな型」は法務局でくれます。
やる気があれば、ワープロで作れます。

以下はウチのケースです。
相続登記ですが、
地方税事務所で家と土地の「固定資産税の評価証明」を取って、
法務局の「ひな型」通りに作ったら、
「遺産分割協議書」の住居表示が「1丁目1-1」で、
不動産の謄本が「1丁目1の1」でした。
「-」と「の」が違うから、「違う物件です」と
法務局のお姉さんに事務的に冷たく言われ、
ブチ切れそうになりました(笑)。
「固定資産税の評価証明」と「遺産分割協議書」は「1丁目1-1」で、
不動産の謄本(履歴事項全部証明書)が「1丁目1の1」なのです。

行政が自分たちの都合で、勝手に書類を管理しているから、
こういう事がおこるのです。

そこで、面倒なので、不動産の登記のために、
不動産の登記の部分だけを抜き出して、
「遺産分割協議書」
を作り直したのです。

ココで知ったのですが、
遺産の分割をする内容が同じで、
全ての相続人の同意があれば、
「遺産分割協議書」は何度でも、何回でも何通作って良いのです。

ただし、配分を変えたら、税務署に言わないと、「資産隠し」になりますよ。

とにかく、相続は大変です。
残念ながら、これは、やった人しか分かりません。

大変でしょうが、頑張って下さい。

私の説明が悪くてすいません。
度々長文で失礼します。

>もし仮に、
>手許に、検認済み遺言書または遺産分割協議書といった必要書類がなくても、
>スムーズに手続きが取れる”
>という確実な保証があるならば、今すぐにでも行動を起こしたいのですけれど・・・

大変申し訳ありませんが、
私が貴女に対して、この保証をすることは出来ません。
どこの金融機関に口座をお持ちかも分からないし、
仮にココに書かれても、私も困ります。
ごめんなさい。

その上で、あえて踏み込んでアドバイスする...続きを読む

Q現金・通帳・印鑑などを空き巣から守る防犯対策のアイディアを求む

当方、金持ちでもなく貧乏でもない、ごく普通の家族のいる中間層の家庭です。

先日、車両の空き巣被害に遭いました。
家は狙われなかったものの、我が家の防犯意識が高まっているところです。
空き巣に入られないための防犯対策もさることながら、
もし空き巣に侵入された場合でも、通帳や現金・印鑑・パソコン・・・あと何があるかな・・・
等々を空き巣に盗られない為のアイディアがありましたら教えてください。

ちなみに、大きい固定型金庫を買ったり置いたりするのはちょっと無理がありますので、ある程度簡易な方法で場所をとらない方法でお願いできればと思います。

Aベストアンサー

 本業のかたわらで錠前や防犯についての研究をしている者です。家庭防犯も範囲が広いものですので、ここでは単に「貴重品の隠し場所」に限ってお答えします。
 長年いろいろ調べて来て感じたことは、どこに隠しても被害にあっていること、つまり完全に安全な隠し場所はないという事実、そして彼らドロボーにはお金の匂いを感じる才能があるのではないかとさえ思える事例も多いということです。

 家具の抽斗の隅や抽斗の裏側、衣類や下着、たたんだ布団の間、そして仏壇の中、これらはもう、よく被害に会う例の御三家。
 そのほかロッカーの雑物の後ろ側、テレビやオーディオの裏側、家具の下や後ろ側、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などの中、お漬物の容器の中、書棚の書籍の間、床の間の掛け軸の裏や飾った美術陶器の中、それになんと、箱入り書籍の箱の中、クッションや縫いぐるみの中、洗濯物のカゴの中まで、こうした普通我々が思いつくような隠し場所はすべて被害があった事例に入っています。
 しかも、メッタにないことなのにたまたま今日にかぎって銀行から下ろしてきたといった大金が盗まれる事例も少なくないのですから驚かされます。「こじ開け3分、物色5分」といわれる大忙しのはずの彼ら、まさに「どうして・・・」と言いたくなるほどです。
 昨今では金庫でさえ安全とはいえませんし。ここで正しいお答えをするとなると、本当に銀行の貸し金庫ぐらいしか無いとさえ思えます。

 と言うことですが、ここであえて一つ二つ無理矢理アイデアを挙げるとしたら次のようなのはいかがでしょうか。と言いましても、これとても単なるアイデアの範囲を出ませんし、もちろん完全とも言えないものですが。

 1.棚にズラリと並んだ(書籍はダメですが)VHSのビデオテープの箱の中。このスペースなら預金通帳や印鑑、多少の現金といったものにはジャストサイズ。ただし、ドロボーはこうしたものを手当たり次第棚から落としながら探すことが多いので、外からはいかにも箱にテープが入っていると見えるように不要なテープを使ってちょっと細工をして。

 2.よく廃品回収の際に出ているオーディオ機器、アンプやプレイヤー、スピーカー、こうしたものを拾ってきて中身を取り出し、お宅の現役のセットに加えて、いかにも現役のコンポらしく置いて仮の金庫に応用するという方法。ただし、あまり立派だと、最近の外国系窃盗犯は持って行ってしまうかも。

 3.納戸やロッカーなどに収納した靴の箱は大変危険だと言われていますが、あるお宅では逆転の発想?、あえて棚に並べた靴の箱やお菓子の箱に張り紙。曰く、書簡類、写真類、領収書・伝票類、家屋補修用品、コード類等々。その中のひとつが実は・・・・ということで。この場合なるべく漢字でというのが肝心。

 4.あとはもう、お宅の家屋のどこかに忍者屋敷並の隠しスペースを作るぐらいしかありません。床板の一部が取外せてそこに箱が埋め込まれているとかといった具合に・・・・。

 5.デスクの上。シャーロック・ホームズの「隠された手紙」でしたか、さりげなく置かれたものは意外に見落とすという心理を突いて。ただし、かなり度胸が要りますが・笑。

 本業のかたわらで錠前や防犯についての研究をしている者です。家庭防犯も範囲が広いものですので、ここでは単に「貴重品の隠し場所」に限ってお答えします。
 長年いろいろ調べて来て感じたことは、どこに隠しても被害にあっていること、つまり完全に安全な隠し場所はないという事実、そして彼らドロボーにはお金の匂いを感じる才能があるのではないかとさえ思える事例も多いということです。

 家具の抽斗の隅や抽斗の裏側、衣類や下着、たたんだ布団の間、そして仏壇の中、これらはもう、よく被害に会う...続きを読む

Q銀行などの貸し金庫について教えてください。

貸し金庫の利用を検討してます。次の点について教えていただけないでしょうか。
(1)貸し金庫はたいていどこにありますか。カウンターのなかですか。お客様ロビーですか。大金庫の中ですか。
(2)貸し金庫を開ける鍵はどんなタイプのものですか。錠マイ?カード?指紋照合?それらを自分で保管しておいていいのですか。
(3)24時間利用できますか。
(4)貸し金庫の開け閉めの際、銀行員に声をかける必要はありますか。
(5)「貸し金庫の賃貸契約書」のようなものはありますか。
(6)利用料はいくらくらいですか。

Aベストアンサー

わかる範囲でお答えします。
ATMコーナの横にあり まずカードを差し込みます
扉の鍵がガチャッとあき中に入ります
そこにまたカードを差込む機械があり今度は暗証番号
を打ち込みます
すると透明の自動ドアが開きます
その中全体が金庫になっていて引き出しが天井まで続いてます。自分の金庫(引き出し)のランプがついているので迷わず鍵を差込み引き出しをあけて
大切なものを出したりしまったり・・・・
カードと鍵は自分で保管です
銀行員はノータッチです。時間は9時から3時まで
料金は半年で7~8千円だったかな
金庫の大きさによると思います
利用申込みのときに契約書は作成したと思います

他行は銀行員さんに声をかけてあけてもらってました
実印とかがいるのだと思います

近代的な新しい銀行ならカードと鍵で自由に
出入りできると思います

Q痴呆症の家族の金銭管理

アルツハイマー型痴呆と診断された同居の義母の金銭管理のことで、悩んでいます。

現在は「初期」の状態で、何とか身の回りのことはできていますが、物の管理ができず、「通帳がない」「カードがない」の繰り返しです。「通帳」は金庫にしまってあったのですが、どうしても記憶できず、一晩中探したりするので、私が預かることにしましたがそれも覚えられません。
定年まで仕事をした人なので、ある程度年金はあります。何かとお金もかかることもあろうと、好きにしてもらっていましたが、カードを一度使うとなくしてしまう、ということが続くようになりました。

退職金もどうしたのかわかりませんし(本人記憶なし)、3年前に祖父から相続した数百万円の遺産もありません。新興宗教に熱心な友達に誘われて200万円ほど寄付をしたのと、株を買ったこととはわかっていますが他は不明。金銭がからむ方とはお付き合いして欲しくないのですが(金銭だけが目的の人ではないです)、友達がほとんどいないため付き合いを止めると、家に閉じこもり余計に症状が進行していきます。(現在投薬治療はしています。)

義母が働いて得たお金ですから、「好きにしたらいい」と考えてきましたが、入院したりした場合にはまとまって必要になると思うと不安になりました。近くに義母の兄弟が複数おり、状態を知っているので「すべてあなたが取り上げて管理しなさい」と怒られてばかりいます。

痴呆症の人でも感情はありますから、自分のお金を取り上げられたら、プライドが傷つくと思いますし、何より今現在は「何かない」場合に、とりあえず私に頼って「探して欲しい」と言ってくれる関係を壊しそうで怖いです。
ご家族にこういった症状の人がいらっしゃる方や、経験のある方、介護関係のお仕事をしていらっしゃる方などのご意見を伺いたいです。よろしくお願い致します。

アルツハイマー型痴呆と診断された同居の義母の金銭管理のことで、悩んでいます。

現在は「初期」の状態で、何とか身の回りのことはできていますが、物の管理ができず、「通帳がない」「カードがない」の繰り返しです。「通帳」は金庫にしまってあったのですが、どうしても記憶できず、一晩中探したりするので、私が預かることにしましたがそれも覚えられません。
定年まで仕事をした人なので、ある程度年金はあります。何かとお金もかかることもあろうと、好きにしてもらっていましたが、カードを一度使うと...続きを読む

Aベストアンサー

No.#2の方に補足ですが、現在は、禁治産者・準禁治産者の制度は、法改正により、平成12年4月から「成年後見制度」に変更されています。

お母様とは今までどおりの良い関係を保ち、「成年後見制度」の活用により、お母様が単独で行った対外的な契約行為等は無効にできるような方法を考えてみてはいかがでしょうか。
自由な行動が制限されず、対外的な対抗手段としては、有効だと思います。

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html

Q夜間金庫の事故

 私の知り合いですが、夜間金庫に預けた金を紛失したとして事業主からその分の返済請求を受けていらっしゃる方がいます。非常に不可思議なのですが、伝票に記載された金額と実際の金額との相違を金融機関が通知してきたのは、営業日で換算して10日たったあとからでした。

 伝票を書くところや、現金を所定の袋に入れさらにバッグに入れカギをかけたのは、居合わせた複数の店員さんが確認されているそうです。バッグは翌々日金融機関から帰ってきましたが、破損した様子はありませんでした。夜間金庫投入時のレシートは保管してあります。

 10日もたってから知らせてくる金融機関も金融機関ですが、それを疑いもせず当時の店長に全責任を負わせる経営者も経営者です。やはり金融機関を相手取って訴訟を起こすしかないのでしょうか。金額は小額訴訟の範囲内ではありません。

Aベストアンサー

伝票を書き、現金を所定の袋に入れ、バッグに入れ、施錠したことは、複数の店員が確認

バッグは翌々日金融機関から戻された。
バッグは破損していない。

10営業日後に金融機関から伝票記載金額と実際の金額との相違(少額訴訟限度額を超える差額)を通知してきた

以上から、客観的に見て
1.施錠確認後、夜間金庫投入前に抜き取られた
2.金融機関内で抜き取られた
3.夜間金庫にある間に抜き取られた
の3つの可能性が考えられます。
(3については構造によっては考えられなくもない、という程度です。バッグの鍵も必ずしも開けられない物ではないと仮定した場合です。)

「夜間金庫投入時のレシートは保管してある」とのことですが、これは投入金額を証明するものではなく、「○月○日 ○時○分にバッグを受け入れた」ことを証明するだけで、中身の金額を証明しないと思います。

2と3については、金融機関にとっては信用問題ですから、余程の確証が無ければ認めないでしょう。金融機関も責任問題・信用問題ですから、内部的にかなり調べたのではないでしょうか? 調べ尽くして「金融機関の内部には原因が無い」と判断したため、客先に通知することにしたのでしょう。そのための調査期間とすれば、10営業日後というのは理由が無い話ではないと思います。このため、経営者は1についてのみ問題にしているのだと思います。

バッグを投入したのは店長お一人なのでしょうか? だとすると、1の反証は極めて難しいものと思います。金融機関を相手取って訴訟を起こせば、金融機関の内部調査が適正なものであったかどうかを追求する糸口もみつかるかもしれません。逆に、そうでないと、出納の管理責任がありますから、責任を回避することは困難だと思います。

伝票を書き、現金を所定の袋に入れ、バッグに入れ、施錠したことは、複数の店員が確認

バッグは翌々日金融機関から戻された。
バッグは破損していない。

10営業日後に金融機関から伝票記載金額と実際の金額との相違(少額訴訟限度額を超える差額)を通知してきた

以上から、客観的に見て
1.施錠確認後、夜間金庫投入前に抜き取られた
2.金融機関内で抜き取られた
3.夜間金庫にある間に抜き取られた
の3つの可能性が考えられます。
(3については構造によっては考えられなくもない、とい...続きを読む

QATMの暗証番号は、3回めも違うとどうなりますか?

銀行の暗証番号がわからなくなりました。何回まで試せるのでしょうか?

Aベストアンサー

某地方銀行にて3回連続で間違えたことがあります。
そのときは、3回目のミスしてカードが出てきたときに、
このカードは使用できません・・・
銀行に問合せて・・・
というようなメッセージがでました。

銀行に連絡し、銀行に行って、銀行窓口にて・・・
身分証明書の提示
キャッシュカードの提示
書類(?)に、住所・氏名・支店番号・口座番号、カード暗証番号(その場で新しく自分で決める)・・・などなどを直筆で記入したら、すぐロック解除してくれました。

ということで、私の経験では、
カード没収や再発行はなかったです。
同じキャッシュカードをその後も使用でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング