プロが教えるわが家の防犯対策術!

断熱、保温効果ということで窓ガラスに中空構造のポリカーボネートを両面テープで貼ろうと考えているんですが、不安があります。ダンプラより重いため窓ガラスのゴムがへたってしまうのではないかと考えています。いずれガラスが枠から外れ・・・なんてことに!どうなんでしょうか?わかる方、教えてください。

gooドクター

A 回答 (5件)

我が家では3年前に施工しました。


サッシの形状によりますが、我が家の場合6mm厚パネルではサッシの開閉が出来ないので、
4mm厚のパネルを使いました。
薄型透明の超強力両面テープで十分に持ちます。
四方バッチリ貼らないと、ガラス板とポリ板の間で結露します。
また、パネルが浮くとサッシ開閉の障害になります。

大阪府在住ですが、かなりの効果はありますよ。
目隠し効果もあるので満足しています。
ポリカは紫外線も通さないので、夏の虫も少なくなったような気がします。

末端処理は大切です。
我が家では縦方向に使い、上端のみをテープで塞いでいます。
下端を開放している理由は、パネル内部で結露した水の出口を作っておかないとカビる可能性があるからです。

あと、施工した後に判ったのですが、アルミサッシ部分での放熱と結露が結構大きいです。
サッシ用の断熱テープなどの利用を勧めます。
    • good
    • 7

あとひとつだけ、ヒントを。



断熱するには、素材自体の断熱性を高めるのがひとつ。または、空気などの層を作ってワンクッション置く。
ツインカーボであっても、周囲を処理しないと、空気が滞留し、断熱層にはなりません。つまり、単枚のポリカを貼り付ける程度の断熱性しか得られないでしょう。
2重窓のように、窓から離せば、効果が出てきますが、直接貼るのであれば、効果半減です。もったいない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
出窓みたいなところは完全にふさごうと思っております。
ですのでワンクッションおくような形にはなります。
ただそのほかのところは、スペース的に無理ですので、
とりあえずは直接貼ってみます。
ご丁寧にアドバイスをいただきありがとうございます。

お礼日時:2009/09/22 01:16

我が家は二重窓にしました


結露防止、断熱効果は高いです

相談内容からみて、ペアーガラスはいかがでしょうか
薄板仕様のガラスにもアタッチメントをつければペアーガラスにすることも可能です

参考になりましたでしょうか
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。ペアガラスだと価格も高くなってしまうのでツインポリカーボネートで代用できないかと・・・。昔の家ですので光を取り込むために窓ガラスが多くなっております。全部ペアガラスにすると・・・考えてしまいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/20 22:01

へたることはないですが、効果は周囲のアルミ部から逃げるので、高くはないでしょう。

(最大の弱点がカバーされるのでゼロとは言いませんが)
やはり、インナーサッシ化するしかない。あまり開閉しないなら、FIXとして、ガムテープで板を貼り付けてもかまわないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。へたることはないとのこと・・・回答していただきありがとうございます。ひと部屋をモデルとしてツインポリカーボネートを窓に張り付けてみます。それからの状況でみなさんのお寄せいただいたアドバイスを参考にしてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/20 22:06

窓ガラスの取り付け方法には、コーキング取付、ゴムのガスケット取付、パテ取付がありますが、窓の大きさとの兼ね合いもあり、やってみないと答えは出ないと思います。

それよりも、以下に私の経験談を記します。


私も結露対策のため、中空ポリカやプラ段や透明ビニールシートを使っていろいろ工夫してみました。

正直申しあげて、窓ガラスだけの対策では、想像していた半分も効果があがりませんでした。断熱も、結露防止もアルミサッシュとともに施工して、初めて満足できる効果が出ました。

方策:
1)簡易の2重サッシを、中空ポリカやプラ段で施工する。
2)透明のビニールシートをカーテンレールにぶら下げる。

ホームセンターで材料は調達でき、中空ポリカを使わなければ(これは高価ですので)1か所1000円から2000円、所要時間1か所1~2時間でできます。

1)の工法
サッシュ内側に木製の額縁があると思います。額縁の上下枠に6mm幅のW溝の樹脂(定尺1か2m)を額縁寸法に合わせて切断し、両面テープで貼ります。この上下の溝を、フスマの溝のように使い、フスマの代わりにプラ段を嵌めこみます。両開きの簡易2重サッシュの完成です。

左右の額縁には10ミリの溝型樹脂を、額縁の高さに合わせて切断し、両面テープではります。より密閉度が高まりますし、窓を閉じたときにプラ段が自重でたわむのを防げます。また、プラ段の左右にもたわみ防止のため5ミリの溝型樹脂を嵌めておくと、たわみ防止に役立ちます。

断熱に関しては4~8度程度、ガラス面内側とポリ段内側で効果が出ました。結露もほとんどしなくなりました。

ただ、風には弱くポリ段がたわんでしまい溝から外れることがあるので
強風には注意です。

2)1)の方法の弱点は、外の景色が見えなくなる。高さ180cm程度の大きさになると、プラ段がたわんでしまい、ちょっとした風で外れることです。

そこで、2本あったカーテンレールの内側に、透明ビニールシートにハト目を取付、カーテンレールにぶら下げました。なお、空気の流通を遮断するためカーテンは必ず床につけてください、それも5cm以上。(ビニールシートが1年で3cm縮みましたので。(+_+))

カーテンのように開け閉めもできるし、景色もそれなりに見えるし、冷房・暖房ともに効果大でした。

結構簡単にできます。一度チャレンジされては。
釘は一切使いませんので、賃貸マンションでもOKです。
「窓ガラスにツインポリカーボネートの貼り付」の回答画像1
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。みなさんもいろいろ工夫されているんですね。細部にわたる説明をしていただき、やり方がよくわかりました。これのほうが見た目もよさそうですね。ひと部屋チャレンジしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/20 07:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング