内田百間は「サラサーテの盤」という小説を書いていますが、音楽に対して造詣が深かったのでしょうか?

随筆などを読んでいると、お酒や小動物(猫や小鳥)については
よく書かれていますが、あまり音楽の話が出てこないので、気になりました。

ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1さんの補足で



宮城道雄(筝曲「春の海」の作曲者)は琴の師匠ですが、後に親友になります。
宮城は筝曲ですが、その作品はクラシック音楽の影響を受けています。
つまり宮城は、それ程クラシック音楽に対する造詣が深かったという事です。
宮城からは、琴だけでなく、蓄音機でクラシック音楽のSP盤を聞きながら
いろいろな知識を得たと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

師事していた方からの影響なのですね。
ということは「サラサーテの盤」もそこからインスパイアされてできた作品かもしれませんね。

文学と音楽の関わり、交友関係、興味深いので、いろいろと知りたくなってきました。

お礼日時:2009/09/23 16:00

邦楽は宮城道雄(宮城検校の名でたびたび随筆に登場する)に箏を師事するほどなので、全く無縁というわけではないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

邦楽に関する情報ありがとうございます。

鈴木清順監督の映画「ツィゴイネルワイゼン」を見たほうが先だったものですから、
洋楽のほうに興味があったのかと思っていました。

これからいろいろと関連書籍を読んでみます。

お礼日時:2009/09/23 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内田百けんの随筆?について

内田百けんの随筆だと思うのですが、

汽車に乗ってどこかへ向かう途中に弁当を食べているうちに
無性に腹が立って来て引き返したきた…
というような話が載っている本のタイトルをご存知の方、教えて下さい。

阿房列車シリーズのどれかかなとも思うのですが、わかりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自信はないのですが・・・・。「第三阿房列車」のような気がします。違っていたら申し訳ありません。

参考URL:http://blogaozora.sakura.ne.jp/book/log/eid67.html

Q鋭い批判精神のある随筆

ぼくは高島俊男さん、中野翠さん、曾野綾子さんなどのような確かな知性に裏打ちされた鋭い批判精神のある随筆(エッセー)が大好きです。
こんな自分にあいそうなおすすめエッセーはあるでしょうか?

Aベストアンサー

中野翠さん、曾野綾子さんは私があまり読まない系統ですが、同系統と思われるのは、ナンシー関さんです。
随筆ではないですが、高島俊男さんは何冊か読みました。中島義道さん、森毅さん、とかはどうでしょう。

Q最近ふと、中学の時、音楽の先生が話してくれた小説の内容(SFものって言

最近ふと、中学の時、音楽の先生が話してくれた小説の内容(SFものって言ってたような)を思い出して探してみたのですが見つかりません。タイトルが分かる人がいたら教えて下さい
内容は以下の感じです。

”ニューヨークの高層ビル街に20階建てのビルのオーナーがいた。ニューヨークの高層ビル街の20階建ての建物は回りと比べると非常に低く奥まった場所にあったので目立たなく、テナントがほとんどいない状態だった。
ある日、オーナーの所に部屋を借りたいという男がやってきた。その男の身長は異常に高く顔も青色で非常に不気味な男だった。オーナーは気味が悪いので断ろうと思っていたが、「13階フロアーを1年間借りたい」と言う言葉に考えを変えた。通常アメリカの建物は13というのは不吉の数字のため使われていない、12階の次は14階になっている。オーナーのビルも例外なく13階などある訳がなかった。が、オーナーは今までにない好条件にその男のオファーを受けてしまった。そして、その男に「ニューヨークの法律でフロア全体を借りる場合は契約期間は解除できない(ウソ)、料金も前払いで頂く」と伝えると、男は承諾し旅行カバンいっぱいに入った現金をオーナーに渡した。現金に目を奪われていて、ふと気づくと男の姿が見えなくなった。既にエレベータに乗り込んだらしくエレベータのフロア数が上がっていく。オーナーはドキドキしながらデジタルの数字が上がっていく表示を見つめていた。...10、11、12 「文句言われたら、14階を13階と言い張れば、、、」とか「男が暴れだしたらどうしよう」とか色々な考えがめぐっている内に、エレベータは止まった。あるはずのない13階に、、、オーナーは驚き固まっていると、今度はエレベータが13階から降りてきた。そして男はオーナーに笑顔で「いい部屋だった。気に入ったよ。後日、荷物の搬入するから」と、言い残しビルを去っていった。オーナーは状況が全く理解できなかった。「13階?あるはずないのに」エレベーターに乗り込み13階のボタンを探した。あるはずもない。オーナーは何度も何度もエレベータを往復した。それこそ一晩中。でも結局13階に行くことはできず、翌日に管理室にぐったりしてうたた寝をしていると、男と搬入の業者がやってきた。エレベータに乗り込むと、やはり13階に止まった。それからオーナーは13階のことが気になってしょうがなかった。だが、何回試みても13階には止まらない。しかし、男に用事のある人間は13階に行くことができる。「何か無いのか、何とかしていけないのか」そう考えているうちに契約の1年が終わろうとしていた。男が契約完了の最終日ついに、その男と13階に行く用事を思いついた。オーナーは男に「貸した部屋の状況(破損が無いか)を確認したいので13階を見に行きたい」と言うと、男は了解し2人はエレベータに乗り込んだ。男は13階のボタンを押した。オーナーはびっくりし13階のボタンをまじまじと見つめた。男は不思議そうな顔をして「どうしたんですか?」とオーナーに尋ねた。オーナーは「いや、なんでもない」と平静を装った。
やがて13階に着いた。オーナーは部屋のあちらこちらを見回した。他のフロアとなんら変らない。一室の窓を開け下からも上からもフロアを数えたが、どう数えても自分のいるフロアは13階だった。オーナーは好奇心いっぱいにフロア中を見続けていると、男はいい加減うんざりしたらしく、「問題無いなら帰らせてもらうけど」とオーナーに伝えた。オーナーも13階についての興味が尽きず男に帰ってよいことを伝えると男はフロアから立ち去った。しばらくしてオーナーは満足し管理室に戻ろうとした。しかしエレベータのボタンをいくら押してもエレベータは13階に止まらなくなった。何回押しても12階から14階、14階から12階しかいかない。あせったオーナーは窓を開けるが、透明の壁があり窓から手を出すこともできない、、、オーナーはその場にへたり込んでしまった。"

だいたいこんな内容でした。

最近ふと、中学の時、音楽の先生が話してくれた小説の内容(SFものって言ってたような)を思い出して探してみたのですが見つかりません。タイトルが分かる人がいたら教えて下さい
内容は以下の感じです。

”ニューヨークの高層ビル街に20階建てのビルのオーナーがいた。ニューヨークの高層ビル街の20階建ての建物は回りと比べると非常に低く奥まった場所にあったので目立たなく、テナントがほとんどいない状態だった。
ある日、オーナーの所に部屋を借りたいという男がやってきた。その男の身長は異常に高く顔...続きを読む

Aベストアンサー

SF 13階 奇妙な味 をキーワードにネット検索してみました。

どうやらお訊ねの作品は、ウィリアム・テン(William Tenn)作、"The Tenants"のようです。

1977年刊行の福島正美編、海外SF傑作選『ファンタジーへの誘い』、講談社文庫に『13階』の題で収録。

また去年刊行の仁賀克雄編、ハヤカワ・ポケット・ミステリ1824『新・幻想と怪奇』に『奇妙なテナント』の題で収録。

Q入院患者の読みやすい随筆など教えてください

入院中の母が読む為の新書か、文庫サイズの随筆を探しています。
70歳過ぎてからの長期入院で、おそらく片足を諦める事になります。
数ヶ月は呆然としていましたが、徐々に気持ちの整理をつけて、少しずつ
リハビリへの意思も出てきました。
元々、国語の教師だった事もあり、最近ようやく
「軽いもので、何か読みたい」と言い始めました。
まだ、自分で具体的なリクエストをするほどの意志は有りませんが
少しでも前向きになったと思って喜んでいます。

物語は疲れるし、まだ身体も完全には起こせないので、大きな本は腕や肩が疲れます。
新書か文庫で、ある程度字の大きなものを考えています
穏やかに心温まる、または 淡々と心静まるような、随筆をご推薦いただけないでしょうか。
よろしく御願いします

Aベストアンサー

こんにちは。字の大きさは普通の文庫サイズですが、エッセイとしては短い文章ですので気軽に読める本です。
◎宮尾登美子さん「くらしのうた」
 宮尾さん以外にも大原富枝さんなど数名の女性が日々の暮らしの事をエッセイにしています。四季の事や暮らしの中の何気ないひとコマを女性ならではの細やかな視点で書いていますし、文章も長くありませんのでどこから読んでも、どこで止めても良いです。国語の教師をされていたという事ですので、同じ年代ぐらいの女性の美しい日本語の文章ですのでその点でも良いかなと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28331074
◎向田邦子さん「夜中の薔薇」「父の詫び状」「眠る盃」
 向田さんのエッセイは読みやすくて、最初は全然違う話題から入って最後はピシッと違う内容で締める構成が好きです。それ以外にも失敗した体験なんかも面白おかしく書いています。戦中戦後の出来事などかなり共感する部分もあるかもしれません。いずれも文庫で手に入ります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/02493888
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31645847
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01675160
◎青木玉さん「小石川の家」
 青木さんは幸田文さんを母に、幸田露伴を祖父に持つ方です。エッセイは祖父や母の記憶を書いた優しくユーモアのある文章です。露伴のかなり厳しい躾(というか小言?)にも耐える所がスゴイと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28382289
◎東海林さだおさん「某飲某食デパ地下絵日記」
 食事制限のある方でしたらお勧めできませんが、こちらは絵と大きな文章で書いていますので、読みやすく絵本のような感覚でパラパラと楽しめます。取り寄せ情報なども書いてありますので、もしできるならお菓子とか楽しめると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31158861
◎佐藤愛子さん「我が老後」
 こちらは文庫にしては字が大きめです。佐藤さんの憤怒しつつも結局は世話を焼いてしまう生活を面白おかしく書いています。佐藤さんと娘さん、又はお孫さんや飼っている犬との対決、モノが捨てられない性格で困った話などなど、割と短めのセンテンスで温かく面白く元気いっぱいの文章です。シリーズで続いていますので気に入ったら続編もどうぞ。若い人が読んでも面白く元気付けられます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19902158
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30442425

 どうぞお大事になさって下さい。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。字の大きさは普通の文庫サイズですが、エッセイとしては短い文章ですので気軽に読める本です。
◎宮尾登美子さん「くらしのうた」
 宮尾さん以外にも大原富枝さんなど数名の女性が日々の暮らしの事をエッセイにしています。四季の事や暮らしの中の何気ないひとコマを女性ならではの細やかな視点で書いていますし、文章も長くありませんのでどこから読んでも、どこで止めても良いです。国語の教師をされていたという事ですので、同じ年代ぐらいの女性の美しい日本語の文章ですのでその点でも良いかな...続きを読む

Q女性動物学者が書いた本を探しています

ご覧くださりありがとうございます。
高校生の頃に読んだ、女性動物学者が書いた本を探しています。
あまりにも漠然としたことしか覚えておらず、お力を貸していただければと思います。
覚えていることは

・著者は外国の女性動物学者
・ハードカバー
・表紙はあらゆる動物が、表表紙から裏表紙にわたり七色の線で描かれている(図書室にあった本なので、もしかしたらカバーをとった状態だったかもしれません)
・5、6種類の動物について書かれている(エッセイではなく、その動物についてどのような調査をしたか、またその動物の生態などが書かれていました)
・覚えている動物は
 ワニ/コウモリ/ペンギン…もしかしたらクジラ?
(第一章がコウモリでした)

何気なく手に取った本でしたが、動物の生態が事細かに書かれており夢中になって読んだのを覚えています。
この度、自然について勉強している姉の誕生日プレゼントにどうかと思いついたものの、肝心の本が見つからずに困っています。
あやふやな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり自信はありませんが

月に歌うクジラ  ダイアン アッカーマン (著)
出版社: 筑摩書房 (1994/01)
ISBN-10: 4480831487
ISBN-13: 978-4480831484
発売日: 1994/01

下記URLに表紙画像がありますので確かめてみてください

参考URL:http://www.sangakuplaza.jp/page/582235


人気Q&Aランキング

おすすめ情報