これからの季節に親子でハイキング! >>

Linuxの勉強をしている者です。

最近Linuxをインストールする際に、インストーラのパッケージ選択ですべてのチェックを外して最小構成でインストールしてみたのですが、
コマンドのmanが使用できず困っています。

yum install man-pages

としインストールもしてみたのですが、パスが通っていないのか
呼び出せません。
どこにインストールしてあるのか調べる方法はあるのでしょうか?
浅学で申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#4です



#1のお礼のところを見たつもりが、回答者の部分を見ていて、完全に取り違えてました。#4の回答は撤回します。
多くの方が指摘しているとおり、man 本体がインストールされていません。

回答: yum install man
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私もようやくyum listの見方がわかりました。
いっぱいあってもbaseにあるってことだったんですね^^;
そんなレベルで最小構成からやっていたとはお恥ずかしい限りです。
でも、おかげで一から増やしていく楽しみも分かりました^^

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

お礼日時:2009/12/30 13:05

質問者さんが#1さんのお礼欄に書いた内容には


>Available Packages
>man.i386 1.6d-1.1 base
となっていますから、man本体がインストールされていません。

たくさんあるファイルはmanで表示するためのマニュアルそのものでしょう。
つまり、man-pagesの中身です。
    • good
    • 0

どうも何をやっているか(やっていないか)解りませんが


>-bash: man: command not found
>となります。
>なのでパスの問題かなと思うんですが、実行ファイルがどこにあるのかが
>分からない状態です。
どうして、find で 探さないのですか
どうして、echo $PATH で PATH を確認しないのですか

何が、minimum が良く解りませんが
GUI の install で check を 全て外し
VMware server に install したところ
man と man-pages の yum install で
表示されました。
user を 未だ追加していなくて root でやったのだが

user を追加して、user でlogin して
PATH の設定 をしてないとか?
    • good
    • 1

_・)は?



最小構成でインストールしたら
使えないに決まってるでしょが

manドキュメントが一番要領くいなんだから

manを必要としない人が最小構成でインストールするんです

回答:一般のワークステーション構成でインストールしなおしなさい
    • good
    • 0

> Installed Packages


> man.i386 1.6d-1.1 installed

↑ インストールされているので普通に使えるはずですが。

Command not found になるのですか?それとも他のエラー?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

$ man abc
-bash: man: command not found

となります。
なのでパスの問題かなと思うんですが、実行ファイルがどこにあるのかが分からない状態です。

お礼日時:2009/10/18 22:18

失礼。


/usr/share/man
の間違いでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに/usr/share/manにたくさんのファイルがありましたが、
どれが実行ファイルかわかりませんでした。。。

実際の辞書が格納されているという意味での実態なのでしょうか?

お礼日時:2009/10/18 20:04

普通は、


/usr/man
に実体があるはずですが。
    • good
    • 0

私の CentOS 5.3 の場合



# yum list man*
Installed Packages
man.i386 1.6d-1.1 installed
man-pages.noarch 2.39-10.el5 installed
man-pages.noarch 2.39-12.el5 installed
man-pages-ja.noarch 20060815-6.el5 installed
man-pages-ja.noarch 20060815-9.el5 installed
Available Packages
man-pages-cs.noarch 0.16-6 base
man-pages-da.noarch 0.1.1-12.1.1 base
man-pages-de.noarch 0.4-11 base
man-pages-es.noarch 1.28-10.1.1 base
man-pages-fr.noarch 2.39-4.fc6 base
man-pages-it.noarch 0.3.0-17.1 base
man-pages-ko.noarch 1:1.48-15.1.1 base
man-pages-pl.noarch 0.24-2.1 base
man-pages-ru.noarch 0.97-1.1.1 base
mantis.noarch 1.1.7-1.el5 epel
mantis-config-httpd.noarch 1.1.7-1.el5 epel
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もCentOS 5.3ですと

$ yum list man*
Installed Packages
man-pages.noarch 2.39-12.el5 installed
man-pages-ja.noarch 20060815-9.el5 installed
Available Packages
man.i386 1.6d-1.1 base
man-pages-cs.noarch 0.16-6 base
man-pages-da.noarch 0.1.1-12.1.1 base
man-pages-de.noarch 0.4-11 base
man-pages-es.noarch 1.28-10.1.1 base
man-pages-fr.noarch 2.39-4.fc6 base
man-pages-it.noarch 0.3.0-17.1 base
man-pages-ko.noarch 1:1.48-15.1.1 base
man-pages-pl.noarch 0.24-2.1 base
man-pages-ru.noarch 0.97-1.1.1 base
mantis.noarch 1.1.7-1.el5 epel
mantis-config-httpd.noarch 1.1.7-1.el5 epel

となっていますが、これってmanはインストールされていない状況ってことなのでしょうか?
Installedのパッケージは私のだと少ないですが。。

お礼日時:2009/10/18 16:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qmakeコマンドが使えません。

コマンドのまったくの素人です。
makeというコマンドを使おうとすると
makeコマンドが見つからないというエラーが
出るのですが、どのように対処をしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですねNo.4の方の言うとおり、その他の開発用ツールがインストールされていない可能性が高いですね。

たしか、Fedora Core 3を使用したと思いますので、
アプリケーション→システム設定→アプリケーションの追加/削除を選択しパッケージ管理を起動させ、その中の開発の項目にある開発ツールのチェックボックスをチェックし、必要であれば詳細から追加でパッケージを選択し、更新をクリックしてパッケージをインストールすればいいのではないでしょうか。

Qgrepで検索文字列が完全一致した行だけ取り出す方法

grepの文字列検索で検索文字列が単語として、完全一致した行だけ取り出す方法はないでしょうか?

通常は
grep hoge hoge.txt

と打つと、hogeが含まれる行が出力されますが、今回は含まれる行ではなくて完全に文字列が一致した行だけ取り出したいのです。

例えばhoge.txtの中に
cc ghoge
kkl hogem
jjll hoge
という3行があったとしたら最後の行でhogeという文字が空白で区切られた行だけ取り出したいのです。

何かよい方法があれば教えてください

Aベストアンサー

-w オプションじゃだめですか?

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_grep/man1/grep.1.html

QTera Term で 「接続が拒否されました」

VMWare上のCentOS5.4にTeraTermからSSH2で接続したいのですが、
「接続が拒否されました」と表示されアクセスできません。
ホストOSはWindowsXPです。

VMWareの設定はBrdgeで、
ネットやpingは通過します。
またBUFFALOのルーターを使用していますが、22番ポートは開いています。
Windowsのファイアーウォールをきっても接続できません。

sshd_configは特に変更なし。
hosts.allowは
 ALL : 127.0.0.1
 sshd : [WindowsのIP]
ためしにiptables -Fや、sshd restartしましたが、
変化はないです。

どのようにすれば、接続することができるでしょうか?

Aベストアンサー

まず、CentOS5.4上から、
slogin [CentOS5.4に割り当てたプライベートIP]
もしくは
telnet [CentOS5.4に割り当てたプライベートIP] 22
で接続ができますか?
できればCentOS5.4上の設定は問題なし
できなければCentOS5.4上の問題

もしできたとして、ルータの設定ですが、

> またBUFFALOのルーターを使用していますが、22番ポートは開いています。

フィルタの設定だけでなく、
WAN側のIPアドレス:22→CentOS5.4に割り当てたプライベートIP:22
というポートフォーワーディング(ポート開放)の設定をしていますか?

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

QTomcatは起動しますが初期index画面が表示できません

Tomcatについての質問は多数寄せられておりますが、
それらを参考にしてインストールなど行いますが、
どうしても後一歩のところで私の場合表示できないという、もどかしい状態になっております。
どうかご存知の方いらっしゃいましたらご教示お願い申し上げます。

Tomcat5.0をWindowsXPで起動しております。
Javaはj2sdk1.4.1_02です。
通常インストールした後Startup.batを起動し、IE6.0で
http://localhost:8080もしくは
http://127.0.0.1:8080と入力、Enterキーを押しますが、画面に
Connection refused
--------------------
Description: Connection refused
と表示されてしまいます。

下記に参考になるかわかりませんが、各種起動状態を記載いたします。アドバイスよろしくお願い申し上げます。

◆コマンドプロンプトで
>ping localhostと入力すると、
-----
Pinging yamamoto [127.0.0.1] with 32 bytes of data:

Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128

Ping statistics for 127.0.0.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
-----

と表示されます。また、
>telnet localhost 8080の場合は
-----
接続中: localhost...ホストへ接続できませんでした。 ポート番号 8080: 接続に失敗し
ました
-----
と表示されます。

お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

Tomcatについての質問は多数寄せられておりますが、
それらを参考にしてインストールなど行いますが、
どうしても後一歩のところで私の場合表示できないという、もどかしい状態になっております。
どうかご存知の方いらっしゃいましたらご教示お願い申し上げます。

Tomcat5.0をWindowsXPで起動しております。
Javaはj2sdk1.4.1_02です。
通常インストールした後Startup.batを起動し、IE6.0で
http://localhost:8080もしくは
http://127.0.0.1:8080と入力、Enterキーを押しますが、画面に
Connection re...続きを読む

Aベストアンサー

>Tomcatは起動しますが
とのことですが、Tomcatが起動していないと思います。

pingが通るのはTomcatと無関係で、PCが立ち上がっていれば帰ってくると思います。

telnet localhost 8080
で接続できないとのことなので、Tomcatが起動できていないのではないでしょうか?

QCentOSでのCDマウントがうまくできない

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです。


[root@centos ~]# mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt
mount: ブロックデバイス /dev/sr0 は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
/dev/sr0 のスーパーブロックが不正、コードページまたは
ヘルパープログラムの未指定、或いは他のエラー
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so


マウントのやり方が基本的にわかっていないようなので困っています。
上記のやり方で何が間違っているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。よろしくお願いします。

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです...続きを読む

Aベストアンサー

> mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt

マウントポイントを指定すればよいと思います。
cd /mnt
mkdir cdrom
mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom

/dev/cdrom
が不安であれば、
cd /dev
ls -al
と入れて、さがしてみるのがよいと思います。

Q踏み台サーバってどんなサーバですか?

周りの話を聞いていたり、ネットを見ていたりすると、『踏み台サーバ』という
言葉が稀に出てきますが、どうやらそのケースによって意味合いが色々ありそうです。

どういったサーバに対して使用される言葉なのでしょうか??

お願いいたします。

Aベストアンサー

セキュリティ管理がしっかりなされていないため外部からの進入を許してしまうような状態にあるサーバを指します。
たいていの場合、不正なパケットを送りつけることでバッファオーバーフローを起こさせて任意のプログラム(ルートキットなど)を実行させたりするのですが、実際には設定を間違えておりはじめからオープンな状態のサーバも結構あったりします;
このような状態だと、クラッカー(攻撃者)があるサーバを攻撃しようとしたときに、これらの踏み台サーバを遠隔操作してあたかも踏み台サーバが攻撃したかのように装うことが出来ます。
実際には踏み台サーバを多数見つけて置いて同時に一つのサーバに攻撃を仕掛けることが多いです。この場合攻撃される側のサーバに世界中から攻撃が加えられることになり、まずサービスを提供し続けるのは不可能となります。
詳しくはDoSとかDDoSなどで検索すると良いでしょう。

最近では常時接続のパソコンも増えていてそのようなパソコンも踏み台に使われることがままあります。
この場合ボットと呼ばれスパイウェアやウィルスなどを使い乗っ取ることが多いです。


DDoSとは 【分散DoS】 (Distributed Denial of Service) - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words
http://e-words.jp/w/DDoS.html

PC View: 用語解説 ボットウイルス,ボットネット
http://www.pc-view.net/word_id-1634.html

バッファオーバーフローとは 【buffer over-flow】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words
http://e-words.jp/w/E38390E38383E38395E382A1E382AAE383BCE38390E383BCE38395E383ADE383BC.html

rootkitとは 【ルートキット】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words
http://e-words.jp/w/rootkit.html

セキュリティ管理がしっかりなされていないため外部からの進入を許してしまうような状態にあるサーバを指します。
たいていの場合、不正なパケットを送りつけることでバッファオーバーフローを起こさせて任意のプログラム(ルートキットなど)を実行させたりするのですが、実際には設定を間違えておりはじめからオープンな状態のサーバも結構あったりします;
このような状態だと、クラッカー(攻撃者)があるサーバを攻撃しようとしたときに、これらの踏み台サーバを遠隔操作してあたかも踏み台サーバが攻撃し...続きを読む


人気Q&Aランキング