痔になりやすい生活習慣とは?

L2SWはARPテーブルを持っているのでしょうか?

例えば、telnetで入ってコマンドで、そのL2SWのどのポートに何のIPアドレスのホストが接続されているか、といった事はわかるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> インテリジェントなスイッチであれば、FDBとARPテーブルを参照すれば、


>「物理ポート」とそれに接続している端末の「IP」と
>「MAC」の3つの対応を見ることが可能、ということになるでしょうか?

FDB: MACアドレスとポート(VLAN)の関係
ARPテーブル: IPアドレスとMACアドレスの関係

がわかるので、この2つの関係を手でマッピングしていけばある程度は可能でしょう
FDBにはL2SWを経由したイーサフレームのMACアドレスが全て載りますが、ARPテーブルに載るのはL2SWと通信したIPアドレスのみ(単にL2SWを経由したものは載らない)なので、ARPテーブルに載っていない場合はL2SWから知りたいPCにping等を実行しないとわからない(ARPテーブルに載らない)場合があります
    • good
    • 2

> L2SWはARPテーブルを持っているのでしょうか?



そのL2SWが管理用のIPアドレスを持つインテリジェントなスイッチなら、IPで通信を行うためにARPテーブルを持ちます

> telnetで入ってコマンドで、そのL2SWのどのポートに何のIPアドレスのホストが接続されているか、といった事はわかるのでしょうか?

一般的なL2SWは、どのポート(やVLAN)にどのMACアドレスの端末がつながっているかがわかります
(L2SWですからIPアドレスは意識せずMACアドレスを意識します)
これをFDB(Forwarding DataBase)といい、大抵のL2SWはこれを見るコマンドがあります
http://www.allied-telesis.co.jp/support/list/swi …

Catalystはmac-address-tableと呼んでいますが.....
http://atnetwork.info/ccna3/show_mac_address.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ということは、インテリジェントなスイッチであれば、FDBとARPテーブルを参照すれば、「物理ポート」とそれに接続している端末の「IP」と
「MAC」の3つの対応を見ることが可能、ということになるでしょうか?

お礼日時:2009/10/30 16:53

>L2SWはARPテーブルを持っているのでしょうか?



一般的には持ちません。持っているのはポート番号とMACアドレスの対応表です。
しかしながら、L2でもCatalystなどでは別にARPテーブルも持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/29 19:45

IPアドレスが割り振れて、コンソールからpingが可能な管理機能を持つL2SWであれば、ARPテーブルを持ちます。

ですから、メーカーや機種によりますので一概には言えません。
    • good
    • 0

L2SWはその名の通り第二層(データリンク層)のスイッチですから、ARPテーブルは持っていません。


スイッチングはMACアドレスで行いますので、IPアドレスは分かりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QCiscoでのARPキャッシュ保持時間の変更

Ciscoルータ・スイッチ(IOS:12.x系)のARPキャッシュの保持時間は確か240分(4時間)だったと記憶しています。

この時間を変更することは可能でしょうか。
できる場合は、どのコマンドを使用するのか教えて頂けると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
router(config-if)#arp timeout <0-2147483>

単位は[Seconds]です

お試しください

Qサーバーリプレースの為に同じIPアドレスの代替機と本番機を切り替えよう

サーバーリプレースの為に同じIPアドレスの代替機と本番機を切り替えようとしているのですが
リプレース作業が終わり本番機に戻すと接続が不安定になります。
L3スイッチに接続しているのですが同じアドレスでMACアドレスが異なる場合は
L3側のキャッシュ等で通信がおかしくなる事などはあるのでしょうか?
その場合L3スイッチのキャッシュをクリアする方法
はどのような対応になるのでしょうか?回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4のかたも書かれているようにL3スイッチの電源を落とせば消えます
電源を落としてもいい環境であればそれでもいいのでしょうけど

ちなみに、ARPテーブルの保持期間はCisco3560Gでも14400秒(4時間)ですので、何もしなければ最悪4時間はつながりません
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/sw/cat30/3560scg/chapter34/16404_05_34.shtml

ちなみにmac-address-tableのほうは、新しいサーバを接続した時点ですぐにこのMAC addressの装置がこのポートにつながっていると学習しますから何もしなくてもOKです

QARP は L2 と L3 どちらのプロトコル?

プロトコル「ARP」の位置づけについてお尋ねいたします。

ベンダー資格である、Cisco CCNA に対応した問題(集)がいくつかの Webサイトで提供されています。そのうちの1つで、「ARP は OSIモデルのどのレイヤーで動作するプロトコルか?」といった問題がありました。解答は「(正しいかどうかはともかくとして)データリンク層」でした。

ネットワーク関連の Webサイトや書籍を見ますと、ARP は L2 のプロトコルと位置づける場合と L3 のプロトコルに位置づける場合があり、著者により見解はまちまちです。私が見た限り、多くは L3 相当のプロトコルと定義しているようです。

個人的には、IP アドレスと MAC の橋渡しということで、L2.5 相当のプロトコルと勝手に解釈してますが、敢えてどちらか一方に属させよと問われたら...。

皆様のご見解をお聞かせ頂けますか。

Aベストアンサー

ARPはL3による通信のインフラ(?)を提供するわけなので、L2のプロトコルと解釈しますが、いかがでしょうか。

OSI参照モデルのそもそもの精神とはちょっと異なるかもしれませんが、個人的には物理層でつなぐからL2プロトコルで通信でき、ARPでIPとMACアドレスが対応するのでL3通信が可能になり、IPでつながっているからTCP/UDPの通信が可能になる、というふうに階層間の関係を理解しています。

Qpingは正常なのにtracerouteで応答なしって・・・

以下のようなNW構成なのですがpingは通るのにtracerouteは無応答です。
---- Router ---- L2SW ---- L2SW ---- Host
    (Cisco)              (Redhat Linux)

◇RouterからHostへのpingは正常
◇RouterからHostへtracerouteを実行すると無応答「***」となる

この場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。
また、切り分け方法なども教えて頂けると大変助かります。

Aベストアンサー

こんにちは.

既に皆さんから答えが出ていますが,tracerouteはicmpまたはudpを使います.どちらなのかは物によって異なります.

今回の場合,Linux側はicmpには返答するようなので,icmp(のEcho Request)は許可しているが,tracerouteで使うudpポートは拒絶しているのでしょう.

よって,Cisco側でicmpで送るか,Linux側でudpポートを空ければ良いと思います.(Linux側で確認するのが手っ取り早いかも)

QARPがおかしくなる

Ciscoルータを使用し上位プロバイダと接続しているのですが、約30分程度(早いときは15分程度)経過すると、パケットが全て通らないという現象が発生しています。
Pingにて確認を行っているのですが、問題が発生したときPingはこちら側ルータのWAN側ポートまではPingが通ります。
そして、この不具合が発生したときARPテーブルを見るとAgeが0のままになっており、それ以後は上がることは有りません。
また、ARPをクリアすると回復します。他にインターフェースクリアも有効でした。
パケットとしてはスパニングツリー以外は流れてないようです。

この様な現象で回復方法が分かる方、ご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#5補足より
>Cisco2600で「ARP Timeout」を120秒などの設定にしておけば、とりあえずは大丈夫でした。
>
とりあえず今のところの解決方法はこれ ということなんでしょうか。
解決しなかったら「staticでarpテーブルを作る」という案を出そうと思っていました。

でも、120秒で発生しなくなったのはたまたまなのでは?
つまり119秒目にarpテーブルが壊れてすぐにクリアされたとか。
でないと180秒で発生して120秒で発生しない理由が...今晩眠れなくなってしまいます^ ^;;


ちなみに確認したいのは、
・正常通信時と障害発生時のarpテーブルのHardware Addr表記は同じか?
・障害発生時にパケットキャプチャしてCiscoルータから送信自体は行えているか?

2番目は折り返しがダメ と思っていますが、念のため。

自分的には上位L3-SWのSTPが正常に組まれていないというのが怪しいと思いますが、
例えばmain側のDuplexがautoとfullで設定しまっているとか。
でも相手はプロバイダなんですよね...そんな過ちはしないでしょうね。

#5補足より
>Cisco2600で「ARP Timeout」を120秒などの設定にしておけば、とりあえずは大丈夫でした。
>
とりあえず今のところの解決方法はこれ ということなんでしょうか。
解決しなかったら「staticでarpテーブルを作る」という案を出そうと思っていました。

でも、120秒で発生しなくなったのはたまたまなのでは?
つまり119秒目にarpテーブルが壊れてすぐにクリアされたとか。
でないと180秒で発生して120秒で発生しない理由が...今晩眠れなくなってしまいます^ ^;;


ちなみに確認したいのは...続きを読む

QL2スイッチからpingを打つ時について。

L2スイッチからpingを打つ時について。

VLANが設定できるL2スイッチであれば、ポートによって所属しているネットワークが異なる場合があると思うのですが、pingを打つ際、ping元のIPアドレスおよび送出されるネットワークは、管理IPアドレスと管理VLANから、になるのでしょうか?
(たとえば、↓はL2スイッチだと思いますが、このような場合、どのような動作をするのでしょう)

http://www.alaxala.com/jp/techinfo/archive/manual/AX2400S/HTML/11_4/COMMINDX/INDEX.HTM

Aベストアンサー

通常、L2SWに付与できるIPアドレスは1つ、そのIPアドレスをくくりつけられるVLANは1つです
ですので、

> pingを打つ際、ping元のIPアドレスおよび送出されるネットワークは、管理IPアドレスと管理VLANから、になるのでしょうか?

ということになります

Qスイッチングハブとハブ(バカハブ)の違い

ハブを購入しようとしましたら、店頭にはほとんどが「スイッチングハブ」という製品ばかりです。
そこで、ルータとPCを接続する場合、スイッチングハブとストレートLANケーブルを用意し接続しても問題ないのでしょうか?
スイッチングハブとハブの違いをいろいろな説明を読みまして、バカハブ(ダブハブ)というものが必要だと思っていたのですが...?

Aベストアンサー

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線電話のような方法で用事のある人の内線電話に直接電話を掛けて呼び出す方法です。
リピーターの場合データの行き先の制御を行う必要がないのでハブ自体を安く簡単に作れますが、全端末にデータを同時に流しますから、ネットワーク自体の負荷があがり大規模なネットワークでは通信が遅くなります。一方スイッチングハブはハブ自体が宛先を制御しますからハブ自体の構造が複雑になり高価になりますが、必要な端末にしかデータを流しませんので、ネットワークの負荷は軽減されます。
以前はスイッチングハブは数万円~数十万円もしましたが近頃は数千円で買えるぐらいまで落ちてきましたので、スイッチングハブしか売っていないのです。
わざわざ同じぐらいの値段で機能の劣る製品を買う人はいないですからね。
ただ、貴方が言うルーターとPCを接続するだけならスイッチングハブはいりませんが・・・
1台だけなら全くいりませんし、今時ならルーターにハブ機能が内蔵されていますから通常4台程度はルーターだけで良い接続できます。ただ、ADSLのレンタルモデムのルータータイプの場合LANポートが1つの場合がありますので、この場合はスイッチングハブが必要です。

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線...続きを読む

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。

QVLANを構成するときは、一つのVLANに一つのネットワークアドレス?

VLANについて、勉強しています。

VLANは、一つのネットワーク(アドレス)の中でスイッチによって複数のVLANに分ける、するものだと思っていたのですが、下記のページの図1-4を見ると、一つのVLANに一つのネットワークを割り当てているのですが、実際はこういう使い方をするのでしょうか?

よろしくお願いします。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060919/248444/?ST=nettech&P=2

Aベストアンサー

>一つのルータで、複数のネットワークアドレスを割り当てることが可能なのですね…。

 VLANから始まった質問なのですが、話が複雑になるのでここでは別にしておいてください。 またルータのことを理解する上では、家庭などで使われるブロードバンドルータを意識すると理解しずらくなります。
ルータは一般的にはLAN(ネットワーク)間を接続することに使われ、その中の一つにLANではなくWANがあると理解されたほうが分かりやすいです。

 1台または複数のスイッチで構成されるネットワークは、1つのネットワークアドレスを持ちます。このようなネットワークが別にもあったとすると、このネットワークをお互いに接続するにはルータを用います。(スイッチ同士を繋いでしまったら、これは大きな一つのネットワークに拡大したにすぎません) ルータはこのネトワーク間の橋渡しをする装置で、例えばルータにポートが10個備わっていれば、10個のネットワークを相互接続することができます。

 ルータの機能は、このネットワーク間の接続(ルーティング:宛先IPアドレスによって送り出す先のポートを選択する機能)を行うものです。
 ネットワーク内の通信ではスイッチだけで可能ですが、ネットワーク外への通信はルータに任せます。 PCにはデフォルトゲートウェイを指定しますが、これは異なるネットワークへの通信の場合に送出するルータのアドレスを指定するものなのです。

 インターネットは、これが極めて大きくなったものと言ってもいいでしょう。 何万ポートもある大きなルータが存在するわけではなく、ルータの先に更にルータが接続され、更にその先にもルータが・・といった風です。
 試しに、PCのコマンドプロンプトからtrcertコマンド(例えばtracert www.xxx.co.jpのように)を入力してみてください。通過したルータのアドレスが分かります。

 上記はシンプルに説明したものですが、これにVLANが絡んだり、WANがあったり、ルータにも他にいろいろな機能があったりして理解しずらくなっていますね。

>一つのルータで、複数のネットワークアドレスを割り当てることが可能なのですね…。

 VLANから始まった質問なのですが、話が複雑になるのでここでは別にしておいてください。 またルータのことを理解する上では、家庭などで使われるブロードバンドルータを意識すると理解しずらくなります。
ルータは一般的にはLAN(ネットワーク)間を接続することに使われ、その中の一つにLANではなくWANがあると理解されたほうが分かりやすいです。

 1台または複数のスイッチで構成されるネットワーク...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング