外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

石英ガラスと普通のガラスではどうやって見分ければいいですか?
できれば見た目や硬さ、音など簡単にわかる方法で。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音以前に、見慣れていると色合いで分かるかと思いますが。



2枚重ねて、旋光性をみると、カンタンに分かるかと。
    • good
    • 1

石英ガラスに、普通のガラスに傷がつきますが、


普通のガラスで石英ガラスには傷がつきません。
割れたとがった部分で引っかくと良くわかります。
硬度の違いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸光度計にて 石英セルとガラスセル

抽出したゲノムDNAの濃度測定にて、吸光度計を使用して吸光度を調べる実験を最近行いました。そのとき抽出して希釈したDNAを石英セルに入れたのですが、そこで先生から
「石英セル以外にガラスセルやプラスチックセルもあるのになんで石英セルを使うの?」
という質問をされ、
「屈折率の問題で石英セルが一番適しているからです。」
と答えたのですが、
「それはプラスチックだけ。なんの不純物も入ってないガラスセルなら屈折率なんて問題にならないよね?じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?」
と言われ、そこでまったく答えらませんでした。調べたところ、ガラスより石英のほうが高価だから精密度がいい?といったものが出たのですが・・・違うようです。
なぜ、ここでは石英セルを使用するのですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく、石英セルでないと・・・」です。
 http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html
 石英セルは、可視部も紫外部も通します。ガラスセルでは、可視部は通すが、紫外部はほとんど通さないようです。ですから、石英セルで可視部を測るのは測定上は適正なのですが、破損の可能性を考えて(石英セルは1個1万円、ガラスセルは3000円ほどでした)、可視部はガラスセル使用というのが現実的です。
 当時は、石英セルには、セルの上部にスリガラスの線が入っているものが石英セルでした。今は違うようですが。

 「セルが壊れました」と実習学生が持ってきてくれると、『福沢諭吉がヒラヒラと飛んでいく』ことになります。貧乏な研究室の教員としては『実習をまじめにしなければ壊れることも無い』と思いつつも、顔は引きつりかけます。学生実習は、結果が分かりきっているので、当然プラスチックでしています。しかし、紫外部の測定に適したプラスチックセルは無いようで、「測定可」とした製品も文字のとおり可の状態で、石英セルのレベルではないとの業者の回答でした。

 セルで思い出すのは、吸光度を測定する2面透明のセルで蛍光を測定しているのを見ました。他の研究生の卒論生だったので、「測定するのは難しいのと違う」と声をかけましたが、その後どうしたことやら。

参考URL:http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく...続きを読む

Q石英ガラスと普通のガラスの違い

石英ガラスと普通のガラスの違いはなんですか?
物性値(誘電率や耐熱性、透明度など)にどのような違いがあるのですか?

Aベストアンサー

石英ガラスはほとんどSiO2からできているので、200nm程度まで紫外線を通します。
普通のガラスは350nm程度の紫外線も通しません。

Q吸光度測定時に用いるセルの種類について

私が吸光度を測定する際は、プラスチックセルを使用しています。

しかし、最近、セルにはプラスチックセル以外にも石英セルなど、さまざまなセルがあることを知りました。

セルの種類と使い分けについてお分かりの方がいらっしゃいましたら、何でも結構ですので教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.gls.co.jp/product/catalog/16/003.html
をご覧ください。
セルの種類により、セル自身の吸収が大きいものは、
その波長では測定できません。
プラスチックのスペクトルは出ていませんが、
ガラスよりさらに特性が悪いです。

有機溶媒では、基本的にプラスチックセルは溶け出すので使用できません。完全に溶解するという意味ではなく、プラスチックの成分が溶け出すという意味もあります。

Qコバルトの反応で

定性分析の実験において、Co(2+)とOH(-)の反応ではCo(OH)2の淡紅色沈殿が生じるという予想だったのですが青色の沈殿が生じました。
これは、試料溶液が硝酸コバルトだったのでCo(NO3)2+NaOH→Co(OH)NO3+NaNO3という反応が起こったためだと思い、
レポートにもそう書いて提出したのですが、「なぜ青色になるか説明すること」というコメントつきで返されてしまいました。
Co(OH)NO3は青色沈殿ではないということでしょうか?
いろいろと調べてみてもCo(OH)NO3という化学式さえ見つからず困っています。
そもそも青色になったのはCo(NO3)2+NaOH→Co(OH)NO3+NaNO3という反応が起こったためなのでしょうか?
どなたかわかる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元にあった実験書を開いてみますと、Co(OH)2の色は、「桃色から青」と記されていました。また、海外のサイトによりますと、light blueと記されていました。
どうやら、ちょっとした条件の違いによって、桃から青のあいだで変わるようです。
しかしながら、この変化の原因は未だに不明です。
ただ、コバルトの性質として、例えば[Co(SCN)4]2-が青色であることなどを考えれば、本来はピンクのものが、ちょっとした不純物によって、青色になりやすいと言えるかも知れません。

いささか非科学的な話もあり、原因究明には至りませんでしたが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.teachmetuition.co.uk/Chemistry/Transition_Metals/transition_elements.htm

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

Q一滴は何cc?

”~を1滴”という表現があると思いますが,
そもそも1滴の量とはどうやって決まるのでしょうか?
液体の粘度や,たらされる前に接していたものの形状(スポイトの先,ビーカーの注ぎ口など)などが影響しそうな気がしますが・・・
もちろん,実際に知りたいときは,滴下物の質量とその液体の密度から計算できると思います。
**の場合は1滴が**ccということではなく,どのような物理量で制御されるものなのか,どなたかご存知ですか?

Aベストアンサー

>液体の粘度や,たらされる前に接していたものの形状(スポイトの先)などが影響しそうな気がしますが・・・

おっしゃる通りです。
もっというと,表面張力,密度,温度,またピペットの材質,形状等や,こまかいことをいうと押し出し圧力(速度)も影響してきます。
ただ,化学実験で滴定を行うときは,滴定量そのものは,あまり問題にならないので,目安として「・・滴」の表示が使われます。

一般には0.03~0.05mlになります。
注入量を正確に規定する必要があるときは,精度に応じて,マイクロピペットやマイクロシリンジが使われます。
下記のURLにはあらましの数式がありますので,参考にしてください。
(範囲が広いので見つかりにくいかと思いますが,ページを開いたら,「一滴」で検索してみてください)
http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/a0069.html

これは参考です。
http://www.heartland-u.megax.ne.jp/reshipi-masarji.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/a0069.html

>液体の粘度や,たらされる前に接していたものの形状(スポイトの先)などが影響しそうな気がしますが・・・

おっしゃる通りです。
もっというと,表面張力,密度,温度,またピペットの材質,形状等や,こまかいことをいうと押し出し圧力(速度)も影響してきます。
ただ,化学実験で滴定を行うときは,滴定量そのものは,あまり問題にならないので,目安として「・・滴」の表示が使われます。

一般には0.03~0.05mlになります。
注入量を正確に規定する必要があるときは,精度に応じて,マイクロピペット...続きを読む

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

QNiS,CoS,MnS,ZnSについて

NiS,CoS,MnS,ZnSを1molL^-1塩酸で処理すると、MnS,ZnSは溶けますが、NiS,CoSはそのまま硫化物として残ります。このような違いがあるのはなぜですか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

よその過去問、↓
http://www.ftext.org/modules/mybbs/
早い話、硫化物の溶解度積が異なるからです。
[Ni^2+][S^2-]=3.0×10^-21
[Co^2+][S^2-]=7.0×10^-23
[Mn^2+][S^2-]=6.0×10^-16
[Zn^2+][S^2-]=1.1×10^-23
でも亜鉛は溶けそうにないがなー???
pHが下がると、
H2S ⇔ H+ + HS- ⇔ 2H+ + S^2-
これが左へ動くためS^2-の濃度が下がり、溶解度積の大きい金属は溶けていきます。

Qガラスの種類と性質について

並ガラス、硬質ガラス、パイレックスガラスの原料及び性質の違い、またこれらの見分け方について教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「三徳工業株式会社-ガラス工芸広場」というペ-ジ(参考 URL)がありました。

 ここの「ガラス原料あれこれ」というペ-ジを御覧下さい。[ガラスの原料って何?] というタイトルから始まって,1.ガラスの骨格をつくるもの,2.ガラスの着色剤-酸化雰囲気-,3.ガラスの着色剤-還元雰囲気-,4.その他の原料,5.ガラスの用語集(1),6.ガラスの用語集(2)と「ガラスの原料」やその原料で作ったガラスの性質等がのっています。

 また,「並ガラス、硬質ガラス、パイレックスガラス」は熱膨張係数(ガラスが熱によって膨張する度合いを表したもの。正確には平均熱膨張係数。[ 係数 x 10^(-7) /℃ ] で表す)が異なるそうです。

 熱膨張係数が低いガラスを「硬質ガラス」と呼ぶそうです。熱膨張係数は,硬質ガラスで 30 ~ 50 x 10^(-7)/℃ ぐらい。ビンや板ガラスなど一般的な並ガラスで 90 ~ 100 x 10^(-7) /℃ ぐらいだそうです。

 硬質ガラスは温度変化に強いという意味で「硬質」と呼ぶそうで,一般的には硼珪酸ガラス[ソーダの代わりに硼酸(B2O3)を添加したガラス]が中心だそうです。代表的な硬質ガラスがパイレックスで膨張係数がα = 33 前後だそうです。


詳しくは御自分で御覧下さい。

参考URL:http://www.santoku-kogyo.co.jp/kogei.htm

「三徳工業株式会社-ガラス工芸広場」というペ-ジ(参考 URL)がありました。

 ここの「ガラス原料あれこれ」というペ-ジを御覧下さい。[ガラスの原料って何?] というタイトルから始まって,1.ガラスの骨格をつくるもの,2.ガラスの着色剤-酸化雰囲気-,3.ガラスの着色剤-還元雰囲気-,4.その他の原料,5.ガラスの用語集(1),6.ガラスの用語集(2)と「ガラスの原料」やその原料で作ったガラスの性質等がのっています。

 また,「並ガラス、硬質ガラス、パイレックスガラス」は熱...続きを読む

Q一次標準物質について

一次標準物質について教えてください!
どんな物質が向いているのか、また、どんな物質があるか(具体例)を教えてください!

Aベストアンサー

 カテゴリーが「化学」なんで,分析における「一次標準物質」でいいですね。とりあえず,『どんな物質が向いているのか』だけですが・・・。

 「薬科学大辞典 第3版」(廣川書店)によると,一次標準物質とは,純度決定の基準になる物質で次の様な条件が必要だそうです。

 1)純粋である。
 2)一定の組成を有する。
 3)空気中で安定。
 4)当量が大きく,秤量時の相対誤差が小さい。
 5)反応が定量的に進む。


人気Q&Aランキング