【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

ほとんどの日本のゴルフ場では前半が終わると昼食をとらされますよね。 よほど早朝か、午後のスタート以外、「スルー」でラウンドする事は出来ないと思います。 特に利用者の多い週末はそうですね。

友人の話では、レストランの売上げがゴルフ場の経営に大きなシェアを占めているため、もし外国のように「原則スルー」という形を採った場合、経営そのものに大打撃を受けるという事でした。

これが事実として、質問です。

1. 外国ではスループレーの原則が可能なのに、なぜ日本のゴルフ場では不可能なのか? 土地の取得費とか違うという説もあるようですが、古くからあるゴルフ場なら安い時に土地を取得しているはずです。 別にレストランの売上げを期待しないでも経営できるのでは?

それに地方自治体が運営しているパブリックのゴルフ場なら、土地は自治体のものだから、初めから取得費というものが無いはずです。
そもそも欧米でも、大都市に近いゴルフ場なら土地の取得費も安くは無いのではと思います。 

2. レストランを維持しようとすれば、高価な厨房機器や多くの食器を購入したり、腕の良い調理師、それに多くの従業員も必要になると思います。 当然、光熱費も馬鹿にならないはず。 もしレストラン単体で採算を弾いた場合、本当に必ず大きな黒字になっているケースが多いのか疑問です。 実際はどうなんでしょうか?

接待用のバブリーなゴルフ場だったらそれでも構わないでしょうが、一般サラリーマンが利用するような大衆(?)ゴルフ場の場合、「原則スループレー、レストランも大浴場も無し、シャワーのみ可能、途中に小さな売店があってインスタントラーメンの自販機やサンドウィッチ程度は置いてある程度」にしても良いのではと考えるのですが ・・・欧米ではそれが普通だと聞いています。

そうすれば、2千円もするような高価な定食や、ラウンドの途中でお腹も空いていないのに、強制的に1時間以上の昼食タイムを取らされる事も無くなると考えます。

実際、ゴルフ場におけるレストランって、どんな存在になっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

私も質問者様と同様、レストランでの途中休憩に疑問を抱いていた一人です。

主人の転勤でアメリカに来てから5年間こちらでプレーしていますが、日本のゴルフ事情との大きな違いには驚くばかりです。
こちらには質問者様の求められている「一般大衆が気軽にゴルフができる」環境がそろっており、日本に比べてゴルファーの立場に立ったサービスが徹底されているように思います。

アメリカのレストラン事情ですが、私がよく行く自治体経営のパブリックコースでは、クラブハウスの一角に簡単な食事スペース(レストランというほどでもない)があり、飲み物とホットドッグ、ハンバーガー、ポテトチップ、クッキーなどのスナック類が提供されます。9番と10番ホールの間にはたいてい小さい売店があり、そこでも同様のものが販売されています。週末など混雑している時には飲み物・ファーストフードの移動販売の車がコース内を巡回していて、プレーの合間に買うこともできます。

また、きちんとしたレストランがないパブリックコースで、幹事さんがコンペ開催後に食事が出るというのでどうするのかなと思っていたら、ゴルフ場と提携しているケータリング会社からローストビーフ、フライドチキン、サラダ等そこそこのものが出てきて、これでしたら、ゴルフ場で本格的な厨房施設がなくてもゴルファーのニーズに対応することができると納得したことがあります。

パブリックコースでもプロのトーナメントが開催されるような、ちょっと格式のあるコースでは、日本のような大きなクラブハウスがあり、中にきちんとしたレストランがあります。メンバーコースもしかりです。こちらに来て興味深かったのは、このようなゴルフ場内のレストランが夜も営業していて、ゴルファーのみならず一般客にも開放され、普通のレストランとして運営されていることでした。(あまりに辺鄙な場所にあるゴルフ場は例外もあります。)
アメリカのゴルフ場でレストラン収入がどれほどのウエイトを占めているかは定かではありませんが、スループレーが徹底している為、日本に比べてきちんとした食事をとる人は少ないと思いますので、ゴルファー以外の一般客をとりこんでいるのはレストランの稼働率を上げるのに役立っているのではと思われます。

日本はすでに施設の一部としてレストランがしっかりと確立されていますし、またゴルファーの間にも少なからずレストランへのニーズがあるように思いますので、アメリカのようなスタイルを踏襲するのは残念ながら限りなく不可能に近いのではと思いますがいかがでしょう。

ちなみに9月に一時帰国の際、兵庫県の某メンバーコースでプレイしたのですが、スループレーさせていただけました。ハーフ終了が9時半頃、私たちの前が第1組でメンバーさんのツーサムでスルーで回られていたため、その方々についていく形になったのでOKだったようです。おそらく早朝の時間帯のみ可能なのではと思います。
また10数年前北海道のニドムクラシック(以前男子のマッチプレイ選手権が行われていたコース)に行きましたが、こちらでは全組スループレーでした。
以上あまり回答にはなっていませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカのゴルフ事情を教えて頂いて、とても感謝します。

日本では私のような考えを持つ人が少ないのかも知れませんが、アメリカのゴルフ場は、正に私が希望しているような感じになっていますよね。

人によってゴルフに対する考え方に大きな差があるのは理解しているのですが、私はやはり一部の限られたメンバーだけで運営されているような閉鎖的な雰囲気よりも、誰にでも気軽にゴルフが楽しめるようにしてほしいと考えています。

レストランも然りで、日本のように全員が「強制的」に取らされるのではなく、「お腹が空いた方はどうぞ、それ以外の方はスルーでどうぞ」と、こちらに選択させてほしいと思います。無論、おっしゃるように早朝のスタートとか、北海道や沖縄では原則スルーになっているようですが、本州ではそうはいきません。

私の知人の中でゴルフを全くしない人がいるのですが、その理由を聞いたところ、「ゴルフは朝から夕方までフルに1日潰れるし、同じ日に別の事が出来なくなって貴重な休日が勿体無いから」 というものでした。 たしかにな、と感じてしまいました。 私が考えているような、そんなに早朝でなくても18ホールをスルーでラウンドし、そのまま帰宅。 軽くシャワーを浴びて遅めの昼食。 そして午後は別の趣味に ・・・ 良いですよね。

やはり長年の慣習で、「そんな簡易な施設にするとお客さんに失礼だ、高級感あふれるレストランをキチッと用意しなくては ・・」と考える経営者が多いのでしょうね。

とても参考になるお話、有難うございました。

お礼日時:2009/11/10 15:23

inmarsatさん こんにちは。


私は札幌市在住の者ですが、他の回答者のおっしゃる通り、北海道ではほとんどのコースで、スループレイ(ハーフ休憩なし)が基本と思います。但し入場者がパンパンの満杯でハーフターンが間に合わない場合や、晩秋で日没が早くなり(北海道は北国ですので、本州よりも日没が早くのです)午後スタートが出来なくなると、ハーフターンの時に休憩時間をとらされます。これは食事をしようが、たんに休憩でもなんでもいいのですが、時間的には20分から長くて1時間半程度と思います。
コースのホール数が18Hの場合はこれが普通ですが、27ホール、36ホールと多くなればやり繰りして、ハーフ休憩なしのところもあります。
以前東京に4年ほど生活していましたが、3回ほどラウンドしたことがあります。このときはハーフ休憩が当たり前らしく、私は何故?と感じました。平日でしたので、空いていたはずですが、10時位にハーフ休憩で、昼食をとりました。同じゴルフコースでも違うものだなと感じました。
私は、スループレイが基本と考えますので、これでいいと思っています。しかし、ツアーで関東、関西方面の方が、北海道のコースでラウンドされると、「え~!!ハーフ休憩ないの!疲れた!」と半ばキレ気味の方がいらっしゃるのを目撃しました。どちらがいいのかは好みの問題ということでしょうか。
質問者様の趣旨と外れてしまいましたが、レストランは自分は必要と思います。ラウンド後今日のプレイを話題に一緒に食事をするのは楽しいものですし、ゴルフの一部分とも思っていますので。もちろんラウンド終了後直ぐに帰られるのも全く問題ないと思いますので、いいと思いまし、その様な方も多いです。人それぞれです。
レストランは、ゴルフ場の重要な収入源である事は事実ですが、ホテル部門やレストラン業者に委託しているところも多いので、直接影響しないゴルフ場も多いのでないでしょうか。それにしても利用者が多いに越したことはありません。かといってレストランの利益を上げる為のハーフ休憩というより、かって一部のお金持ちが、自分たちの社交場的なニュアンスでスタートしている日本のゴルフ場の成り立ちから考えるとスポーツとしてとらえられてはいなかった事が要因ではないかと自分は考えます。もちろん低価格なコースが増えている昨今では、食事のみ高額な事は少なく、軽食程度やセルフサービス、お手軽な定食メニューがあるコースも多くなってきました。残念ながら関西エリアの情報には疎いので、回答にはなっていないと思いますが、質問に思うところありました回答させて頂きました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

unclesubar 様、北海道の詳しいゴルフ事情を教えて頂いて、有難うございました。
早朝スタートなど特殊な例を除き、本州ではほとんどのゴルフ場がハーフ休憩が強制となっていますので、さぞ驚かれた事と思います。
10時くらいに昼食ですからね ・・・ お腹も空いていなし、と言って昼食抜きというわけにもいかず、何か軽く食べて11時過ぎに後半のスタート。 このパターンが多いので、午後の変な時間にお腹が空いて仕方ない時があります。

3時とか4時くらいでしょうか、ちょうどゴルフ場からの帰りに思い切ってコンビニでサンドイッチでも買おうかと思う時があります。 でも大体、夕食の事を考えてそのまま我慢して帰宅するケースがほとんどです。

レストランの存在については私も必要だと思います。どなたかの御意見にもありましたが、ほとんどのゴルフ場は人里離れた場所に建設されていますので、他に食事を取るところが無いためです。 ただ、気になるのが、「全員強制」というところですね。 それこそ希望者には休憩無しでスルーでラウンドさせてくれるくらいの気遣いは欲しいと思っております。

人によってゴルフに対する考え方に大きな差があると思います。 純粋にスポーツと考える人、バブルの時のように一部金持ちの豪華な道楽と考える人、限られた仲間だけで運営される昔ながらの倶楽部と考える人 ・・・ 千差万別ですね。

友人の話、すなわち、レストランの売上げがゴルフ場の経営に絶対必要かどうかと感じて質問させて頂きました。 結果は「経営的にはそれほどの必要性は認められない」という事でした。

今回の質問を通じて、北海道や沖縄のゴルフ事情に接する事が出来て感謝します。 有難うございました。

お礼日時:2009/11/13 15:23

どなたかもおっしゃってましたが、北海道ではスルーが基本ですよ


レストランが無いコース、土日しかレストランが営業していない
コース、レストランがセルフ(注文して呼ばれたら自分で取りに行く)
のコース等もあります(多くはありません)
その多くは土日祝日でも6000円前後で回れるコースですが
プレーフィーが安いだけにコースの状態は万全ではありません

ちなみに私は近場のコースなら、ラウンド後、家に帰り
お風呂と食事をします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
やっぱり北海道は良いですよね。
コースの状態が万全でなくても、気軽に誰でもゴルフが楽しめるわけですし、また食事タイムが強制でなければ、ゴルフに費やす時間も短くて済みますので、午後は別の事が出来るわけですよね。

でも北海道で出来て、どうして本州のゴルフ場が出来ないのでしょうか。 ま、「客がレストランを要望するから」という答えになるのかも知れませんが、色々あっても良いと思うのですが ・・

お礼日時:2009/11/10 15:30

回答ではないですが、状況報告まで。


沖縄では昼食タイムのあるGolf場はないです。
あと九州にGolfツアーに行った時でも半々でしたね。
地方のGolf場では18ホール通しでプレイするのが
多いのではと。
ホールアウト後に汗を流してレストランで食事する
のが主流です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
沖縄もそうなんですか ・・・
逆に沖縄ではラウンド中に食事を取る事が奇異になるわけでしょうね。
考えればプロの試合で、ハーフ終わって選手が食事を取るなんて聞いた事が無いですよね。みんなスルーで戦っているはずです。ま、歩きながらバナナを食べる選手もいますが。

でも沖縄ではゴルフは庶民的なスポーツになっていると聞きます。特にジュニアの育成に力を入れているとか。
沖縄出身の若い選手が最近増えた理由が分かりました。

東京や関西のゴルフ場の発想が古いのかも知れません。

お礼日時:2009/11/06 09:42

 北海道のゴルフ場はごく限られた接待向けコース(千歳辺りでしょうか)でない限りスループレイが基本です。

プレイ時の服装で車で移動、ゴルフ場の駐車場でゴルフシューズに履き替えて受付をして18ラウンドスループレイ終了後、料金を支払って帰る、つまりロッカー・風呂を使いません。北海道の夏期は日が長いのですが、隣のホールで2サム、手引きカートでプレイしている方がいらっしゃいました。キャディさんに聞いたらメンバーの方で早朝(5時前)から日が暮れる(18時過ぎ)までぶっ通しでラウンドする予定だとか聞いた記憶があります。
 また、帯広市が運営している河川敷コースにはレストランはありません。お昼時ならあらかじめ持ち込んだコンビニのおにぎりを食べながらプレイします。HPを見ていただければわかりますが料金も安いですよ。
http://www.obikan.jp/user-cgi/obihirok/shisetu/s …
 どちらにお住まいかわかりませんが、JALのバーゲンフェアで行かれてみてはいかがでしょう。注:帯広直行便はJALしかないです。
 関東近辺では一回だけ、ハーフ終了が10:30前だったときにスループレイさせてくれたゴルフ場がありました。ただ、食事付きでしたので18ホール終了後、食事をとりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
へー、北海道ではレストラン無しのゴルフ場があるわけですか。
そこではゴルフが本当に庶民のスポーツとなっているのでしょうね。
私は関西在住なのですが、残念ながらそのようなゴルフ場は皆無です。

何となくゴルフって、1日をフルに消費するスポーツというイメージがあります。 でもスループレーが可能なゴルフ場なら、午前中にゴルフしてそのまま帰宅、そして午後はまた別の用事をする ・・・ 貴重な週末が有効に使えるように思います。
ま、「嫌ならヤメロ」と言われたらそれまでなんですが。

お礼日時:2009/11/06 09:38

スループレーができない事が最も日本人の特性に合った事に感じました。


それは「必ず順序を守る(守らされる)」

外国なら曖昧でも自己責任で済ますでしょうが、日本人はうるさいですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
順序というと、例えば9番ホールを終わって、ある組は売店で軽く食事、ある組はそのままスルーで10番へ行きたい ・・・ こんな場合に「パス」が発生するのですが、日本人はその辺のマナー遵守が下手という事なんでしょうか?
それなら、例えば係員一人を置いて、各組の午後のスタートを調整させれば済む問題のように思うのですが ・・・

お礼日時:2009/11/06 09:33

スループレイは出来ますよ


ただし、メンバーであればと言うことですが
朝、今日はスルーだよと話しています
キャデイーさんも心得たもので、その通りに動いてくれますね

ビジターの場合は、フロントで話をし、キャデイーマスターの了解が
でなければダメでしょう
一人に融通を図ると、他のお客様からクレームが来て、収拾が
付かなくなりますので、ゴルフ場のルールどおりということになりますね

空いたゴルフ場であれば、事情があれば可能かもしれません
でも、ゴルフ場も、先に述べた通り、レストランとの契約もあり
一応食事の時間を取らないと、レストラン側からクレームが来ると
思います:お互い了解のビジネスですから

最近、自分の都合を主張する方が増えた
(他人のことを無視する傾向が出てきた)と
キャデイーさんが話していましたね
世の中はバランスが必要で、バランスが保てない方は
ゴルフをする資格がないということでしょうか

追記まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
なるほど、ビジターの場合は難しいわけなんですね。
ただ、私もある大衆(?)ゴルフ場のメンバーなのですが、マスター室に聞いたところ、朝7時半までとか、よほど早いスタート以外はスルーが認められないとの回答でした。
他の組のスタート順に狂いが生じるようです。
やっぱり日本のゴルフ場は「必ず途中で昼食を取る事」を前提として全てが機能しているのかなと感じました。

お礼日時:2009/11/06 09:27

18ホールのゴルフ場で、OUT/INそれぞれ40組ずつ


合計320人のプレーヤーが来場するとして
レストランの2000円の食事のうち、1000円が利益として
1日32万円、30日で960万円の利益ですね
小さいとはいえませんが、ゴルフ場がこの「利益」がないと
やっていけないと言うのはチョット大げさではないかと....

それよりも、不便な地域のゴルフ場では、食事をする場所がないのは
集客にとって非常に弱くなりますね

お弁当持参でと言うのもあるかと思いますが
久し振りに会う仲間と、お弁当持参ではチョットムードがないようで
また、他の方も申されていますが接待や、そこまで行かなくても
仕事がらみのお付き合いもあります
そのような事も含めて、ある程度の食事が出来る様にと考えられたのが
現在のレストランシステムで、大抵は請負です
従って、ゴルフ場自体は、持ちつ持たれつの条件なので、儲けを
期待するほどではないと思いますね

ところで、お昼の食事時間の話ですが
これは確かに皆さんのご意見がもっともだと思います
ゴルフ場がそれで成り立つのなら、と言う条件が付きます
とくに、地方の、山の中に出来たゴルフ場では
何の遠出の価値もなくなる可能性があるわけです
「手弁当」は電子レンジでもあれば温められますが、味気ないでしょう
ゴルフの気分がすっ飛んでしまいます
疲れたところで、自分で食事の支度をするほど情けないものはありません
どう思いますか?

日本のゴルフ場は、外国のそれと比べ、日本なりの理由をもっている
わけです
それが不満なら、ゴルフを止めるか、地方自治体の経営する
河川敷などに集中して、予約申し込みで振られるか、高い会員権を
購入して、メンバーとして、名門に加入するか(出来るかな)
それとも、ゴルフ場を買い取って、アメリカ式にやってみますか?

日本人の気質からすれば、逆に、日本人の気質を研究した結果、
現在のやり方がゴルファーの公約数であるということで、そこそこ
成り立っているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

私見まで
参考までに:キャデイーさんの一日の手当ては5000円チョット
とのことで、4人のパーテイーで一人のキャデイーフィーが
3000円だとすると、ゴルフ場の儲けを考えてみてください
レストランと比較してみてどうですか?
それと、諸雑費、....税なども....
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました。
おっしゃるように、レストランの売上げはゴルフ場の経営にとって、そんなに大きなシェアを占める事は無さそうですね。
で、今のように、どこのゴルフ場でも大きなレストランがあるのは、「そのような需要があるから」という事なんですね。

autoro様、ついでにお尋ねしたいのですが、実は私は18Hスループレーの願望者なのですが、日本のゴルフ場で週末に行ってスルーでOKしてくれるゴルフ場は無いように思います(そんなに何ヶ所も行ったわけじゃないですが)。

これは、「スルーをOKしたら、そのまま帰る人が増えてレストランの売上げが落ちる、だからダメ」と今まで思っていたのですが、もしそうでないとすれば、一体何が理由だと考えられますでしょうか?

マスター室の仕事がややこしくなって困るというのが理由になるでしょうか? それでも、「やろうと思えば出来る」事なのでしょうか?

スループレーが認められない本当の理由は何だろうなあと不思議に感じています。 欧米では普通にやっている事なのに ・・・

朝8時くらいにスタートしてスルーをやれば、プレー終了は大体正午過ぎ。 それから直接家に帰って午後の時間を有効に使うのもいいし、希望者はゆっくりと風呂に入り、遅めの昼食を時間を気にしないで楽しむ。 そしてその日のスコアでワイワイ ・・・ こんなゴルフ場になってくれればなあと考えています。

お礼日時:2009/11/05 16:26

直接の 質問の回答にならないかも知りませんが



 ゴルフが 娯楽かスポーツかと言う 
 結論の出ない論争に 根源的には結びつくと思います。

 私は 娯楽的な要素が強いと思っていますので
 途中で レストランで休憩して 前半の反省したり
 後半戦の 戦略を考えたり 一息入れたいですね。

 また、ゴルフ場 娯楽部と名称も多いと思いますが
 ゴルフ好き(メンバーになりますが)が集まって 
 楽しい語らいの場 そんな目的なら 当然飲食は必要でしょうから
 クラブハウスの中にレストランは必要かと思います。

 ラウンド終わったら 日本人ですから
 夏なら 汗を流したいし 冬なら温まりたいてすから
 シャワーだけは 嫌ですから シャワーのみの所に行かないです。

 食事代にしても 
 今 1000円程度 それなりの食事を提供してくれるところ増えてますよ。

 また レストランも直営・委託運営の所が有りますし
 レストランで売り上げが ゴルフ場の利益の大半占めることは
 無いと思いますよ。

 1日40組 160人が当日 ランドして 2000円の食事しても54万円
 http://www.htrs.co.jp/prof5.html
 こんな 企業も出てきています。

 ゴルフ場側は 直営で運営する事の 効率悪さ
 委託側は 食材等の一括仕入れその他でトータルコストを抑える事で
 効率的な運営で経営が成り立つと言う事でしょう。

 ホテルのレストラン部門が入っている所は 一部のゴルフ場では
 昔から有りました。

 国内では 既に ゴルフ人口に対する ゴルフ場の数が
 過剰とも言われている中 
 色々なスタイルのプレイ方式で サービスを提供して居ますから
 消費者側は それに合わせて 取捨選択すればと 個人的には思います。

 ただ 土日祝日と 平日のラウンド費の 金額が違いすぎるのは
 何とかして欲しいですが

 これも 平日に有給を取るとかすれば 安くラウンドできますし
 組数も少ないですから 待ちも無く 快適にラウンドできますので
 私は その選択肢を選んでいます。 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
なるほど、ゴルフを娯楽と考えるか、スポーツと考えるかですか ・・・
倶楽部という意味合いからでは、たしかにレストランがあっても不思議では無いですね。理解できました。

ただ不満なのが、この昼食タイムが「強制」になっている事です。 場合によっては午前10時くらいに昼食をとらされるケースもあります。 それも1時間以上に渡って。

希望者には18H、スルーでラウンドさせてくれれば良いのですが、週末ゴルファーにはとても無理です。 ゴルフ場が絶対OKしません。

そのため、「レストランの売上げを狙って、わざと強制的に昼食を取らせるのだな」と感じていました。

私も早く平日にゴルフが出来る身分になりたいです。 平日だったら、多分スルーはOKかな ・・・

お礼日時:2009/11/05 16:09

回答ではありませんが、私も同意見です。



ゴルフは娯楽としては難しすぎて、半端でない練習量を要求するために、私は完全なスポーツのような気がします。
そのため試合の合間にのんびり食事を味わうようなレストランは不要ですし、そもそもビールを出す時点で間違っているような気がします。
ロビーの高級感なんかも不要です。

シャワーで汗を流した後は、帰りのことを考えて、自宅の近くで飲むのが普通だろうし。
とにかく1~2人で、気軽に安く利用できるようにしないと、若い人でこの先ゴルフにはまる人は減っていくと思います。(高級外車に乗ってくる人だけの世界でよいのなら今のままで良いでしょうが・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
同じ考えの方がおられてホッとしています。
日本のゴルフは一部金持ちの道楽という考えから出発したように思います。そのため「高級感」を出す必要があったのではないかと。
豪華なロビーや大浴場、それに高級な感じにしているレストラン ・・ これらは全て「高級感」の演出なのではないでしょうか。

ただ、昔と違って今では若い世代のゴルファーが増えてきているわけですから、必要以上の高級感は時代錯誤のような印象を受けます。
ま、掘っ立て小屋同様というわけにはいきませんが、何百万円(?)もするような大きなシャンデリアはレストランやロビーに必要無いのではと思いますね。
おっしゃるように、一般サラリーマンでも気軽にゴルフを楽しめる雰囲気作りをしてほしいものです。 

それと、18Hスループレーも。 そもそも運動中に食事を取るスポーツなんて聞いた事がありませんよね。

お礼日時:2009/11/05 16:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフを始めて7年たっても全然うまくなりません。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩んでいるような気もします。
コースに初めて出た時(つまり7年前)は189でした(ボールが真後ろに飛びました)ので、150でも進歩といえばそれまでなのかもしれません。しかし、私みたいな人間がゴルフをする資格があるのでしょうか?ゴルフは嫌いではありません。外野の声さえなければとても楽しいスポーツなんだろうな、とは思います。
周囲の迷惑になる事を考えると出るのを控えるべきだとも思うのですが、職場では毎月のようにコンペがあるのでゴルフの話題がそれこそ毎日のようにあり、ついて行くのがやっとです。
何かよい方法はないものでしょうか。ちなみに次回のコンペが今週あり、何と私は幹事です。せめて130ぐらいで回りたいのです。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩ん...続きを読む

Aベストアンサー

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラブ、例えば7番アイアン又は8番アイアンでティショットする。
(2)セカンド以降もも同じ7番を使用して7番ではオーバーする距離であってもパターの打ち方で7番で転がす。
(3)グリーン周りに来たら、ウェッジはバンカーだけで使用し、アプローチは絶対にウェッジは使わないこと。 パターでアプローチしてください。

7番アイアンで100Y打つつもりで計算すると350Yは4回で届きますよね。5回で乗せることは十分可能です。

自分にできないプレーをしようとするから、まとまらないのです。

まずは自信があるクラブを1本つくってください。
恐らくレッスンでは7番アイアンで打つ機会が多いと思いますので、7番当たりを得意クラブにしてください。
次に5番ウッドを得意にされたらいかがでしょうか?そうすれば、せこいゴルフ2弾としてティショットを5番ウッドでプレーされると120は切れると思います。

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラ...続きを読む

Q海外のゴルフ場ではどうなっているのでしょうか?

日本のゴルフ場ですが、大体次のようなスケジュールになっていると思います。

1. プレーのかなり前から予約を入れ、悪天候によりゴルフ場の判断でプレー中止になった場合を除き、キャンセルは出来ない。 もしキャンセルすると、一人数千円程度のキャンセル代が課せられる。

2. 夏のシーズンやパブリックのゴルフ場を除き、ブレザー着用が基本。 無視すると極端な場合はプレーお断り。

3. 乗用カートの場合、フェアウェイの中には入れず、コース横にある専用の道路を使用。

4. OBやラフに入ったボールはキャディさんが率先して探しに行く。

5. 基本的に前半のハーフ終了後は、時間に関係なくランチタイムの休憩。 混雑している時には後半まで2時間待ちも。 休憩無しでスルーのラウンドを希望してもまず不可能。

6. プレー終了後は大体お風呂に入り汗を流す。 その後は食堂で再度、会談。

大体、このような流れで一日を過ごすと思います。 勿論、人によってはパートナーと離れて一人で車の中で弁当を食べる人もいるように聞きますが、大体は揃って食堂に行くはずです。

また、一人でエントリーした場合、プレー終了後に風呂に入らず 「じゃ、ここで」 と、18番ホールで挨拶してそのまま帰る人もいますが、仲間とラウンドした時は、ほとんど風呂に入って食堂で会談するケースが多いはずです。

上に揚げた6項目以外でも結構なのですが、海外のゴルフ場の場合、どうなんでしょうか? ほとんど日本と同じですか? 全く違いますか?

「ここが全然違うよ」 という事があれば、お願いします。

日本のゴルフ場ですが、大体次のようなスケジュールになっていると思います。

1. プレーのかなり前から予約を入れ、悪天候によりゴルフ場の判断でプレー中止になった場合を除き、キャンセルは出来ない。 もしキャンセルすると、一人数千円程度のキャンセル代が課せられる。

2. 夏のシーズンやパブリックのゴルフ場を除き、ブレザー着用が基本。 無視すると極端な場合はプレーお断り。

3. 乗用カートの場合、フェアウェイの中には入れず、コース横にある専用の道路を使用。

4. OBやラ...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカ(ハワイ含む)での経験です。

まずパブリックコースとプライベートコースで全然違います。プライベートコース、特にPGAメジャー競技を行うようなコースは厳しいです。上着も必要かもしれません。キャディもいますし「超」がつくような名門コースなら、メンバー全員顔見知りだし、紹介がなければ例えビル・ゲイツでもマイケル・ジョーダンでもブッシュ大統領でもメンバーにはなれません。メンバー同伴でなければプレーも全く不可能だそうです。メンバーの人数も極めて少人数なので予約も不要。いきなり飛び込みでもプレーできるくらいのプライベート感覚だそうですよ。

でもそんな名門、私もプレーしたことないので以下、パブリックを中心にお教えしますね。

1.キャンセルは当日でも可です。キャンセル料を取られたことはありません。空いていれば当日予約も可だし、飛び込みで行って順番待ちも可能です。よほどのことがない限り「門前払い」はありません。

2.ブレザー着用なんて聞いたこともありません。でも一応、シャツは襟付き、サンダル、Gパンは不可、くらいのことは言われます。でもプレー料金$50以下のコース(アメリカにはこんな気軽なコースはうようよあります。)だとそれさえも適当でした。Tシャツに草履でやってる人もいましたよ。服装はクラスによって各種あり、ってとこですか。

3.安いコースは手引きカートです。中位のコースなら雨天以外はフェアウエイ乗り入れ可です。(NGのところもありますが・・・)高級プライベートコースだと必ずキャディがつきます。日本と違っておばさんではありません。↓の方が仰るようにアジア圏ではキャディが複数つくこともあるようですが、これは現地の人に「仕事」を与える意味もあるようですね。

4.高級コース以外はキャディさんはいません。よってボールは自分で探さないといけません。庶民はそれが当たり前と思ってプレーしています。でもイギリスやアイルランドなどのリンクスコースですとおカネ払ってキャディを雇わないと、すぐにボールを失くしてしまうような荒地コースもあるそうです。そういうときは仕方なくキャディつけるようですね。

5.アメリカ及びヨーロッパでは9ホール終わって昼飯はありえません。18ホール一気にまわります。腹が減ったときは途中で売店カーがまわってきますので、サンドイッチやジュースを買って食べながら回るのが常識です。アジア圏はわかりません。アジア圏のコースでも日本人が多いコースは日本式に昼食休憩を取るかもしれませんね。

6.風呂もほとんど入りません。18ホール終わると、カートでそのまま駐車場行って自分のクルマにキャディバッグを積み替えて、靴もそこで履き替えて帰る、という流れです。ハワイなんかですと日本式に湯船あるコースもありますが、入ってる人は見たことがありません。

ただ前述の超名門プライベートコースですと、プレーしてる人達がほとんど顔見知りですから、プレー終了後にお酒飲んで宴会するパターンもあるようです。「カントリークラブ」という呼称は単にゴルフをするだけではなく、ゴルフを通じてお友達になりましょう、という意味も含まれているのだそうです。でもパブリックコースでは無縁ですね。食べて帰る人もいれば、すぐに帰る人もいるし、個人個人好き勝手って感じです。

最近、日本でもスループレーやセルフプレーを導入したり昼飯を簡素にした、アメリカンスタイルを打ち出しているコースもありますが、やはりまだまだ大勢いる年配メンバーが「お昼ご飯をたらふく食べて宴会やらないと接待になりえないではないか!」と仰るので、仕方なく日本式を続けているということもあるようですね。

アメリカ(ハワイ含む)での経験です。

まずパブリックコースとプライベートコースで全然違います。プライベートコース、特にPGAメジャー競技を行うようなコースは厳しいです。上着も必要かもしれません。キャディもいますし「超」がつくような名門コースなら、メンバー全員顔見知りだし、紹介がなければ例えビル・ゲイツでもマイケル・ジョーダンでもブッシュ大統領でもメンバーにはなれません。メンバー同伴でなければプレーも全く不可能だそうです。メンバーの人数も極めて少人数なので予約も不要。いき...続きを読む

Q自分のハンディキャップの目安を知りたいです。

いつかは所属コースを持ちHCを取得したいと思っておりますが、
現在はまだ所属コースもなく、月1のゴルファーです。

最近はスコアも安定してきたので、そろそろ自分のレベルを
知りたいと思い目安となるHCを知りたいと思いました。

参考になる私のゴルフ暦とここ1年の成績は以下の通りです。

ゴルフ暦は7年程度。
ドライバの平均飛距離は230yのフェード系、
でHSは43前後。
アイアン飛距離は7Iで140y程度です。
平均パット数は32前後程度です。

利用するコースは山岳コースや、丘陵コースが主です。
距離はレギュラーティーで6000y前後のところが多いです。

いろいろなコースに行きたい方なのでので初めて
回るコースがほとんどです。

初めてのコースの場合のスコアが88~92程度です。
ハーフの最小は40です。

過去に3回以上回った事のあるコースの場合は平均85前後で、
ベストスコアは82、ワーストで88です。
ハーフの最小スコアは39です。

6500yを越えるコースのPER4ではセカンドで150y~190y程度残る事が多くパーオンが
厳しくなるなあと感じてます。ドライバの飛距離アップに励んでおります。
100y以内のショートゲームは割りと得意な方だと思っておりますので距離のないコースでは
スコアはまとまります。

後、HCはどこかのコースの所属にならないと取得できないものでしょうか?
今後、本格的にシングルを目指したいと思っておりますので
その為に必要なアドバイス等があればお願いします。

いつかは所属コースを持ちHCを取得したいと思っておりますが、
現在はまだ所属コースもなく、月1のゴルファーです。

最近はスコアも安定してきたので、そろそろ自分のレベルを
知りたいと思い目安となるHCを知りたいと思いました。

参考になる私のゴルフ暦とここ1年の成績は以下の通りです。

ゴルフ暦は7年程度。
ドライバの平均飛距離は230yのフェード系、
でHSは43前後。
アイアン飛距離は7Iで140y程度です。
平均パット数は32前後程度です。

利用するコースは山岳コースや、丘陵コースが主です。
距離は...続きを読む

Aベストアンサー

No1の方の回答がほぼ、すべて言い尽くしています。要は、感覚的なHCというのは、殆んど意味がないのです。自分で予想をし、JGA方式で10枚出してみると、それがよくわかります。

HCは、長い歴史の中で培われて、全てのスコアを継続的に記録した時、そのゴルファーの実力をもっともよく表している数字としているわけで、ベストスコアや、コースレート70のコースを90で回ればHDいくつ?という質問事態が、HCの仕組みとか、意義を誤解されている質問になります。

なにが感覚的なものと違うかというと

・ HCは、継続のなかで確率的に計算される。JGAでは、10枚の提出が必要です。
・ HCは、平均ではない。直近10枚のうち、5枚のベストラウンドから計算される。
・ HCは、選択的ではない。ラウンドレッスンなどの一部をのぞき、JGAコースの全てのスコアを提出することが義務付けられています。都合で対象を絞って計算しても意味がありません。
・ HCは、トータルスコアでなく、ホールごとにストロークコントロールされる。なので、大叩きホールは計算の対象外となります。

それを踏まえて、仮に10ラウンド、全てのホールでダボ以上なし、フロントで初めて回るコースのベスト平均が90前後、コースレートが66~68の場合が多いので、実質、93~4を叩いていることになり、ハンディキャップは22ぐらいになります。

No1の方の回答がほぼ、すべて言い尽くしています。要は、感覚的なHCというのは、殆んど意味がないのです。自分で予想をし、JGA方式で10枚出してみると、それがよくわかります。

HCは、長い歴史の中で培われて、全てのスコアを継続的に記録した時、そのゴルファーの実力をもっともよく表している数字としているわけで、ベストスコアや、コースレート70のコースを90で回ればHDいくつ?という質問事態が、HCの仕組みとか、意義を誤解されている質問になります。

なにが感覚的なものと違うかというと

・ HC...続きを読む

Qウエッジの角度について PW AW SW

ウエッジ(アプローチ用)の単品購入を考えています。

アイアンフルセットの中にPW、AW、SWは入っていたのですが、どうもアプローチが上達しないので道具のせいにしています。
使用しているアイアンは、テーラーメードのバーナーだったと思います。
そこでお聞きしたいのですが、通常フルセットに入っているウエッジ角度ってどのくらいあるんでしょうか?
また、単品で購入する場合は何度くらいの物を購入すれば良いでしょうか?
ちなみに当方がフルショットしての飛距離は、
PW-110Y
AW-100Y
SW- 85Y
ぐらいです。

残り40Y~60Yのアプローチが苦戦中です。

Aベストアンサー

フルセットに入っているウェッジはそのアイアンの性質で変わってくると思います。
アベレージモデルならストロングロフトのモデルが多くPW45度、AW51度、SW56度くらいが一般的ではないかと思います。

プロモデルならスタンダードロフトのモデルが多くPW48度、AW53度、SW58度と全体的に寝ている傾向があります。

ウェッジの買い換えはアイアンセットの流れを無視すると9番アイアンとのつながりが悪くなるのでロフト自体はあまり変えない方が良いと思います。

もし変えるならロフトが同じでソールの形状に着目すると良いと思います。
人によって好みがあるのですがソール幅が狭いモデルやバウンス(ソールの出っ張り)があまりないモデルなどもありますから友達のクラブなど借りていろいろ試してみる事をおすすめします。

僕が思うにショートアプローチが苦手な方は無意味にボール上げたがる方が多い様に感じます。短い距離のアプローチはミスしてもグリーンにだけは絶対乗せたいので僕はできるだけ地面からボールを離さないアプローチを多用します。

Q名門コースは歩いて回るところが多い?

「ゴルフ場のグランプリ」と言う2009年度ゴルフ場ランキングの本を見て知ったのですが、ベスト10に選ばれた、「予約を取ることが難しい」名門と言われているコースはほとんどが キャディつき歩きで回るスタイルで、乗用カートなしでした。(廣野、鳴尾、川奈、神戸、軽井沢) 私はほとんどのコースは乗用カートで回ると信じていたので、なぜ わざわざ 歩きなのか教えて欲しいです。
それが格式と言うものなのでしょうか?しかしそれだと、年を取るとコースに出るのはしんどいのではないでしょうか?
ちなみにキャディさんはバッグを担いで回るのですか(まさか)?
あるいは手で引いて回るタイプのカート?
それと、「歩き または カート」と言うところもありました。なぜカートがあるのに歩きを選択する必要があるのでしょう?そんな名門に行ける人が金銭的に節約しようと言う意図があるとも思えないですし。

Aベストアンサー

ゴルフ場に乗用カートが登場したのはバブルの2~30年前の時代です。
乗用カートを導入する理由は、歩行時間を短縮するためです。
歩行の遅いプレーヤーがちんたら回るとハーフ3時間を超えてしまいます。
そこで乗用カートを導入して移動を早くさせようとしたわけです。
ホール間が距離のある場合の移動などでは特に効果があります。
おかげで35組以上ラウンドさせることができるようになり収容人数が増えました。
そんなにたくさん入れる必要のない名門コースでは、乗用カートが必要ないということでしょう。

Qゴルフ場でコース管理の仕事を始めて2年になります。

ゴルフ場でコース管理の仕事を始めて2年になります。
もともとゴルフに興味はありませんでしたが、ゴルフ場の仕事なのにいまだ興味が湧きません。
なぜでしょうか?

思うに毎日コースに出て仕事をしながらお客さん(ゴルファー)のプレーを見ていると大変だなーと思ってしまいます。

ボールが真っすぐ飛ばず右に左に行くたびにクラブを何本も持って走るお客さん。
前の組から離されず、後ろの組に追いつかれず、風景を見る余裕も無く打っては走り走っては打ち(たまにカート)。
フォアーの叫びに怯えつつ、雨が降ってもまるで義務のように18ホール終わるまではプレーをやめようとしない。

こんなのヤダなー
もっとのんびゆっくり楽しみたいです。
せっかくの休日なんですから、これじゃなんだか工場ラインの仕事をしているみたいです。
もちろん上手くなればこんな思いしないでいいのですが、やはり初めは誰だってこれを経験しますよね。

それからなんだか早く回る事が良いみたいですが、楽しみはなるべく長く味わいたいものです。
もちろんゴルフ場の仕事をしているからプレーファーストの重要性はわかっていますけどね。
もうひとつの理由として他にゴルフよりも面白い趣味に忙しいんですけどね。

まあこんな感じでゴルフをやりたいとは思わないのですが、コース管理の同僚は全員ゴルフをやり、最初の頃は私をしきりに誘ってました(今はまったく無し)。
知人からもタダでゴルフができるのにもったいないと言われています。

ゴルフ場勤めなのにゴルフをやらないこんな私って変ですか?


あっ、それからゴルフに興味は無いけどゴルフ場は好きです。
コースに出ていると気持ちが良いです。

ゴルフ場でコース管理の仕事を始めて2年になります。
もともとゴルフに興味はありませんでしたが、ゴルフ場の仕事なのにいまだ興味が湧きません。
なぜでしょうか?

思うに毎日コースに出て仕事をしながらお客さん(ゴルファー)のプレーを見ていると大変だなーと思ってしまいます。

ボールが真っすぐ飛ばず右に左に行くたびにクラブを何本も持って走るお客さん。
前の組から離されず、後ろの組に追いつかれず、風景を見る余裕も無く打っては走り走っては打ち(たまにカート)。
フォアーの叫びに怯えつつ、雨...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

そうですよね。
ときおりコースでキーパーの方の作業中にプレーすることがありますが、
きっと、そう思われているだろうとは薄々感じてはいました。
でも、コース以外ではもっと苦労しているんですよ。
血のにじむ努力と言っても過言ではないと思います。
家庭内でも、決して認められているわけでもないのです。
家族の罵声を浴びながら、なけなしの小遣いを握りしめて
ゴルフ場にかよっているんです。
それでいて、走りまわされるわけですから。ほんとにその通りです。

雨の中プレーを止めないプレイヤーたち。
コースそばの道路を車で通る人たちが、
「なんてバカな人たち」と思っていることも知っています。

でも、他の方がどう考えようが関係ないんじゃないかな?って
最近は思っています。

>ゴルフ場勤めなのにゴルフをやらないこんな私って変ですか?
全然変じゃありません。
そういう方って沢山おられるのではないでしょうか?
僕には詳しくはわかりませんが。

素敵な写真ですね。
あなたのようなお仕事に
僕も憧れます。

Qシャフトの硬さ(LかA)の選び方を教えて下さい!

ゴルフ初心者の30代女子です。
レディースクラブのシャフト硬さ、LかAかでどちらが良いのかわからず、
悩んでいます。HSは、ドライバーで平均35~36みたいです。

現在のスキルは、1年以内、ラウンド回数4回、ベスト123
現在使用中のクラブは、つるやゴルフでキャディバック込みのフルセット
新品で1万9800円だったもののおさがり。
練習には行けるのですが、なかなかコースに出る機会が少ないです。

先日、ショップでXXIOのドライバーとUTを試打したところ、
男性のベテラン定員さんにAシャフトの方が良いです。と言われ、
考えてもいなかったことだったので、悩み始めました。

「え?一般的にLですよね??? A?」と
理由を聞くと、第一にヘッドスピードのことを言われ、
その後は専門的なゴルフ用語でズバーーっと言われたので、
ちんぷんかんぷんでした。
そして、その定員さんが、AシャフトのXXIOを持ってきてくれたのですが、
打ってみると、定員さんにPC画面を見せられ、
「ほら、今のは距離は出ていませんでしたが、真っ直ぐコースの真ん中に打てていますね。」
と説明されました。
正直、試打したものの、Lと比べて決定的な良さ?が私にはわからず、悩んでいます。
Lじゃなくていいの?という先入観もあり、動揺してたせいもありました;

試打した状況を説明しますと、
レディースのXXIOかテーラーメイドのバーナー(白ヘッドの)で検討しており、
試打してみると、私にはXXIOの方が「イイ感じ」でした。
やっぱりXXIOにしよう!と思ったところで、ベテラン定員さん登場。
Aの硬さを進められ、混乱。

定員さんの説明では、
バーナーのLより、XXIOのLの方がシャフトが硬い。
だから、お客様(私のこと)は、XXIOの方がイイんですよ。と言われ、
XXIOでしたら、LよりAのシャフトの方がイイですね。
という流れです。

女子はしなやかなシャフトの方が飛ぶんですよね?
特に体力やパワーに自信があるわけでもないので、Aを進められても悩みます。

どなたかLとAの違い、何を基準に決めるのか(試打の体感?HS?打ち方??)
わかりやすいご説明をいただければと思います。よろしくお願いします。

ゴルフ初心者の30代女子です。
レディースクラブのシャフト硬さ、LかAかでどちらが良いのかわからず、
悩んでいます。HSは、ドライバーで平均35~36みたいです。

現在のスキルは、1年以内、ラウンド回数4回、ベスト123
現在使用中のクラブは、つるやゴルフでキャディバック込みのフルセット
新品で1万9800円だったもののおさがり。
練習には行けるのですが、なかなかコースに出る機会が少ないです。

先日、ショップでXXIOのドライバーとUTを試打したところ、
男性のベテラン定員さんにAシャフトの方が良いです...続きを読む

Aベストアンサー

シャフトの固さは、一般的にヘッドスピードで決めますが、あくまでも一般的なので、本来は自分が打ちやすいシャフトを使うのがいいのですよ

 店員さんは、ヘッドスピードを見て、セオリー通りに勧めただけです。 あくまでも決めるのは自分ですから、気にしないでいいんですよ

 でLシャフトの基準が、ヘッドスピード29-34 Aが32-37 Rが35-40 くらいだと私は認識してます。クラブによって違いがありますので、私が思う基準です。

 つまりヘッドスピード35.36というのは、Lでも打てるし、Aでも打てるし、Rでも打てるということになります。 では何を基準にシャフトを選ぶかというと。 打つときのタイミングです。 ゆったり打ちたい人は、柔らかいシャフトが好きですし、振り回したい人は(笑)固いシャフトではないと合わないわけです。

 
 柔らかいシャフトは、しなり戻りで飛びますが、曲がります。固いシャフトはしなりが少ないので、曲がりが少ないのですが、飛ばないことになります。 


 店員さんの言う「ほら、今のは距離は出ていませんでしたが、真っ直ぐコースの真ん中に打てていますね。」
と説明されました。


 ということです。 


 今はLで練習して、そのうちコースで曲がらない球を打ちたくなったときに、固めのシャフトを選択するという手もあります。ゴルフを始めて数年は、柔らかいシャフトでスイングを覚えたほうが、いいスイングが身に付くんではないでしょうか

シャフトの固さは、一般的にヘッドスピードで決めますが、あくまでも一般的なので、本来は自分が打ちやすいシャフトを使うのがいいのですよ

 店員さんは、ヘッドスピードを見て、セオリー通りに勧めただけです。 あくまでも決めるのは自分ですから、気にしないでいいんですよ

 でLシャフトの基準が、ヘッドスピード29-34 Aが32-37 Rが35-40 くらいだと私は認識してます。クラブによって違いがありますので、私が思う基準です。

 つまりヘッドスピード35.36というのは、Lでも打てるし、Aでも打てるし、R...続きを読む

Q練習場での3アイアンは効果があるでしょうか?

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンがロングアイアンよりも遥かに易しい」と聞くものですから、難しい3Iが練習場で打てるようになれば、易しいユーティリティ・アイアンはコースで緊張しても確実に使えるのではないか、という発想です。

中部銀次郎というアマチュアゴルファーは、コースに出る前の練習では必ず3Iを使ったそうです。
3Iで調子を合わせておくと、それより易しいクラブでのミスが無くなるからだとか。

「ティーショットで200Y」という目標に対して「練習場で3Iを練習する」ことが有効かどうか、ご意見をいただければと存じます。

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンが...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話です。
逆に僅かな悪さが球に出るので、本当は下半身が悪いのに上半身に理由を求めたりしているとドツボにはまり全てのスイングを壊すことにもなります。

ましてや、ティーアップした3Iというのは結構クセものです。
どうしても知らず知らずのうちにすくい打ちになりやすいです。
どうせなら、マットの上で3Iを練習したほうがためになると思います。

前出の質問も含めて考えると、まずは5Iをとことん練習して、5回中4回ではなく、10回中9回とか20回中19回はほぼミスとは思えない球を打つ練習をしたほうがいいのではと思います。
5Iで20回中19回打てれば、3Iでも10回中9回は打てるようになっていると思います。

ちなみにスイングのセルフジャッジメントというのは、かなり困難です。
ですから、トッププロでもコーチとかをつけてスイングチェックをしているのです。
かくいう私も5年ほどレッスンを受けて、8割がたは自分のスイングの良し悪しはわかりますが、残りの2割はやはりプロに見てもらわないと知らず知らずのうちにスイングは乱れていきます。

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話...続きを読む

Qスコアが本当に伸びません

ゴルフ暦3年、青い芝の上を歩くだけでも嬉しくて仕方がない、ネットをしても、布団に入っても、次のラウンドのことで頭がいっぱいの、とても下手なサラリーマンゴルファーです。

皆様のコメントを拝見していると、普通に練習すれば、数年で100は切れるのが一般的なようですね。
私の場合、いちど、常に100前半くらいで回れるようになり、夢の100切りまでもうすぐの状況で、ゴルフが楽しくて仕方がない状況を経験したのち、110から120くらいを彷徨う状況が続き、そこから伸びません。

ふがいなく、情けなくて、嫌になります。
最近は下手でいいやと吹っ切れるようになり楽になりましたが、やっぱりスコアは変わりません。

仲間や家族には内緒で、週に5回のペースで、打ちっぱなしに通っていますし、
実戦経験が何より大切というのも理解できるので、この1年だけでも約20回の格安コースにラウンドに行っています。最初の2年間はスクールにも行っていました。
練習場では、一打ごとに番手を変えて打つようにしていますし、万全ではありませんが、8割以上まっすぐ、しかも狙ったところに飛ぶようになってきました。

・・・しかし、コースでは、何故か上手くいきません。
練習場と同じ条件のようなライが良いところでも、リキんでいるのか、本当にまともに当たりません。

ここ数回のラウンドでも、
・アプローチは良いのに、ほとんどのティーショットがOB。
・逆にOBは一回もないのに、セカンドやアプローチの失敗が続き4オン5オンのオンパレード。
・ショットしているうち、よくわからなくなってきて、悪循環。
・後ろにパーティの姿が見えると、焦ってチョロばかり。
・ひたすら走り回るので、息が上がってしまってまた失敗・・


スロープレーだけはしてはならないと思い、さっさと打つため、ハーフは2時間かかりませんが、よくよく考えると1打1打を大切にしていないのかもわかりません。(でも考えこむともっと悪い結果が出そうです)

会社のコンペなどもあるため、影で頑張って上手くならなくては!と思い、一名で予約できるゴルフ場で、見知らぬ方々とラウンドしたときなどは、もう悲惨で、150位叩いてしまい辛かったです。


「年に数回程度のラウンドで伸びない」「週に1回程度の練習で上達しない」という相談は、この種のサイトでも散見されますが、私のようなタイプの人はあんまりいないみたいで寂しいです。不安になります。

間違いなく、空回りしているような気がいたします。
でも、悔しいし楽しいから辞める気はまったくありません。

練習量も時間も熱意も、一般的な100前後のプレーヤーと比してもまだまだ足りないのでしょうか。
立ちはだかる100の壁が厚いです。
技術的にも、もっともっと練習を頑張って、何も考えずとも良い球筋が出るように努力しますが、メンタル面がだめなのでしょうか・・・?
不器用な自分が嫌になるときがあります。

ゴルフ暦3年、青い芝の上を歩くだけでも嬉しくて仕方がない、ネットをしても、布団に入っても、次のラウンドのことで頭がいっぱいの、とても下手なサラリーマンゴルファーです。

皆様のコメントを拝見していると、普通に練習すれば、数年で100は切れるのが一般的なようですね。
私の場合、いちど、常に100前半くらいで回れるようになり、夢の100切りまでもうすぐの状況で、ゴルフが楽しくて仕方がない状況を経験したのち、110から120くらいを彷徨う状況が続き、そこから伸びません。

ふがいなく、情け...続きを読む

Aベストアンサー

どのレベルでもそうですが、ショットがうまくなることと、そのショットに見合ったスコアが出ることは、あまり関連がありません。私は、実はシングルでレッスンもしますが、120程度の人を、3ラウンドべったりはりつきしたら、100を切らせる自信があります。そんな番組もありますよね・・・

確かに、練習場でほとんど空振りとか、ショットがどんなに飛んでも50ヤードしか飛ばない人なら、100を切るのは難しいですが、ある程度のレベルなら、スコアを出すのは、シンプルなクラブ選択、アプローチ、コースマネジメントです。

・ そのショットレベルでドライバーは必要ありません。確実性、OBのリスクからいって使う意味があまりありません。ティーショットは、玉も楽に上がり、バックスピンがサイドスピンを消してくれる、7Wや5W、またUTなどで十分です。

・ 狙いは、常にボギーオンです。パーオンは狙いません。350yのパー4なら、ティーショットで160y。のこりが90yなら、3打目が得意な距離になるように、ワンパターンの距離にレイアップします。

・ 徹底してハザードをさけます。まっすぐ打つ前提だからOBするのです。

・ ボギーオンショット用に、100y(110でも、90でもいいが)、PWや9Iの距離を練習する。

・ アプローチは難しいことをせず、刺さったり、スピン管理が難しいウエッジはやめ、9Iの、5:5のピッチ&ラン一本。常に花道を狙って、ハザードをさけます。

・ ショートパット、2mは、練習なら100%。本番でも、半分は入れられるよう練習。
・ ミドルパットの距離感は、コースまたは、練習場のグリーンで練習します。

・ バンカーは距離感をださす、常にフルショットで2,30y。ピンが近くてもとにかく出します。

・ クラブは、ティーショット用に7W。アイアンは、7、8、9、PW。バンカー用のバンズが厚いSW、パター。これだけで十分です。

・ 練習は、アイアンは7,8、9の一本だけ。得意な距離づくりだけ。
・ もしウッドが打てるなら、7Wなどをティーショット用に。

・ あとは練習の大半を、パットと、アプローチに割くべき。

でしょう。スコアが出る自信が持てたら、並行してショットの練習をすればいい。それには、レッスンをおすすめします。それだけ練習して、ショットが安定しないのは、スイングの根本が間違っている可能性が高い。練習量が多いと、下手固めになり、かえって逆効果になるからです。

まとめ。

・ ショットを安定させて、100を切るという発想を一旦すて、100を切るために何をするか・・・という発想に変えてみる。

・ ショットの安定は、自己流だとかえって逆効果。レッスンを受けて根本を直していく。


がんばってください。最近はやりのスクールでも、ショートゲームだけ徹底して練習し、ショットは何も教えず、生徒が100を切れるぐらいになってから、本格的にショットに取り組むレッスンも流行っていますね。理にかなっていると思います。

どのレベルでもそうですが、ショットがうまくなることと、そのショットに見合ったスコアが出ることは、あまり関連がありません。私は、実はシングルでレッスンもしますが、120程度の人を、3ラウンドべったりはりつきしたら、100を切らせる自信があります。そんな番組もありますよね・・・

確かに、練習場でほとんど空振りとか、ショットがどんなに飛んでも50ヤードしか飛ばない人なら、100を切るのは難しいですが、ある程度のレベルなら、スコアを出すのは、シンプルなクラブ選択、アプローチ、コー...続きを読む

Qダブルパー、トリプルパー打ち切りの意味は??

タイトル通りなのですが、ダブルペリアの集計をゴルフ場のマスター室に頼んだ際に尋ねられました。
初心者の私に意味が分るように教えて欲しいのですが。
ダブルパーとは例えばパー4のホールを仮に10打叩いてもダブル=8打叩いたものと見なすと言うことなのでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pokonyanさん、こんにちは。

>ダブルパーとは例えばパー4のホールを仮に10打叩いてもダブル=8打叩いたものと見なすと言うことなのでしょうか?

大体その通りです。ハンディを決める為の「隠しホール」で大叩きした際に全てを加算してしまうととんでもないハンディになる場合があります。そこで、「ハンディの計算上は足切りをしますよ」というのが「ダブル(トリプル)パー打ち切り」という事です。なお、ダブルはパーの2倍、トリプルはパーの3倍までが限度という事です。

なお、ハンディの計算方法ですが、1)隠しホール(パーの合計が48になるように12ホールを選択)の合計を1.5倍し、2)そのコースのパー数(一般的には72)を引き、3)出た数字を0.8倍する、のが現在のダブルペリアの計算だと思います。ですからパー72のコースを110でラウンドし、隠しホールの合計が70(足切り無し)だとしますと、ハンディは(70×1.5-72)×0.8=26.4になり、順位を決めるネットスコアは110-26.4=83.6になります。
この時にご質問のような足切りがあると、ハンディが少なくなる事もあるという事です。例としてダブルパー打ち切りでパー4のホールで12打を叩いたとすると、「8」が足切り基準ですから4打分だけ隠しホールの合計が減りますのでハンディは(66×1.5-72)×0.8=21.6となり、ネットスコアは110-21.6=88.4になります。足切り有りと無しでは約5打の差が出ていますよね。

小生の書き込みが何かの参考になれば幸いです。

pokonyanさん、こんにちは。

>ダブルパーとは例えばパー4のホールを仮に10打叩いてもダブル=8打叩いたものと見なすと言うことなのでしょうか?

大体その通りです。ハンディを決める為の「隠しホール」で大叩きした際に全てを加算してしまうととんでもないハンディになる場合があります。そこで、「ハンディの計算上は足切りをしますよ」というのが「ダブル(トリプル)パー打ち切り」という事です。なお、ダブルはパーの2倍、トリプルはパーの3倍までが限度という事です。

なお、ハンディの計算...続きを読む


人気Q&Aランキング