CISCOルータのQoS設定は、CQやPQ、WFQなどありますが、
それぞれの差異は何なんでしょうか?
また、LLQ(Low Latency Queueing)とは何ですか。
お教え下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

シスコシステムズのホームページに説明があります。


下のURLを参考にしてみてください。

参考URL:http://cco-sj-2.cisco.com/japanese/warp/public/3 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCQ Trascription とは?

よく英語スピーチの原稿で、その出所として CQ Transcription とありますが、
何でしょうか。 CQ がわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

Wikipedia を見ると、CQ = Congressional Quarterly で、主に米議会に関連する出版物を発行する出版社の名前のようです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Congressional_Quarterly

QCISCOルータへのL2TP設定について

現在、CISCO ISR1841にL2TP接続のためのconfigを作成しております。クライアント側のグローバルアドレスは動的に変動し、使用するVPNクライアントは、WindowsXP標準のVPNクライアントを使用する前提です。その中で、参考になりそうな情報をホームページ上から検索しているのですが、ISR1841側のconfigがよく分かりません。参考になりそうな情報(URL)または、サンプルのconfigなど、ご提供いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

参考URL乗せておきますね。
後、動的なグローバルIP利用とのことですので
DDNSを利用されてはいかがでしょうか?

DDNSに関してはCisco1812Jで動作させましたのでおそらくC1841でも動作可能かと思います。

またコマンドでの設定が難しいようでしたらSDMを利用されてはいかがでしょうか。
基本知識があれば直感的に設定できるとおもいますよ。

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/249067/ja

Qハンディ機(アマチュア無線)で家の中からCQすると誰も応答しない

FT-60を使ってます。送信5ワットのハンディー機です。CQを出して、今まで応答があったのは出かけた時に大きな駅(新幹線が止まるクラス)の前とかでCQを出した時2回だけです。

ちなみに私が一番多くCQを出しているのは家の中からで、いままで一度も応答がないんです。人口5万人くらいの市です・・・。

家の中からだとハンディー機は電波が飛ばないのですか? 一戸建ての家です。

もっとCQの応答率を高めるにはどうすればよいのでしょうか。呼び方にコツとかあるんでしょうか。

Aベストアンサー

QNo3746477にGPアンテナの建て方についての記事がありました
電波を遠くえ送るには皆さんのおっしゃる様にアンテナを屋外に出さなければ届きません。
入門者用にグランドプレーンアンテナ(GPアンテナ)が安価で簡単だと思いますので、無線機を買ったお店で屋外アンテナを立てたい事をご相談されたらよいと思います(イメージは洋傘の骨だけの物を想像)
2バンド対応の(144と430用)GPアンテナ/同軸ケーブル/アンテナ及びハンディ機との接続用コネクター等の購入が必要で、このアンテナを立てる物干し竿の様なポールも入り用です。

QCiscoルータのコマンドリファレンス

Ciscoルータの一般的なコマンドを網羅した
日本語コマンドリファレンスを探しています。

本でもWWW上の情報でもいいので、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんなもんでどうでしょうか?

参考URL:http://www.net-newbie.com/router/

Q0オームの抵抗はヒューズ代わりになるか

チップ抵抗で0オームの抵抗が部品番号F1についている製品がありましましたが、エレキ屋さんに聞くと、0オームの抵抗はヒューズ代わりになると言います。
0オームではジャンパ線の代わりくらいにしかならないのではと思いますが、0オームの抵抗を電流で溶断させるなんて使い方は正しいのでしょうか

Aベストアンサー

ANo.1 です。

既に紹介されてますが、「チップ型のヒューズ」も「0オーム抵抗」も実在します。
後者は、ショートさせるのが目的の部品です。
「0オームなのに抵抗?」という言葉の矛盾みたいなモノはありますが、
形状が抵抗器と同じなのでこう呼ばれはじめたのだと思われます。
「ジャンパ抵抗」と呼ばれることもあります。
チップ型でなく、リード型にもあります。導線だけでよさそうなものですが、
抵抗器と同じような形状で、ただし真白なものでした。

そりゃ現実には完全な0オームということはなく、微細ながら抵抗値はあるでしょう。

KOA のチップ型の製品です。000 と表示されています。
http://www.koaproducts.com/catalogue/rk73z.htm


> 0オームの抵抗とエレキ屋さんが言っているものでヒューズ代わりに使えるという話の根拠はあるのでしょうか

私が言ったわけではないので根拠は知りません。
大電流流してみたら切れたから使えるじゃん、と判断した、という程度でしょう、きっと。
仕様外の現象を「たまたま」利用しているだけです。

組織によっては、部品調達担当者がそんな詳細を知らずに代替品を調達することがありますが、
「仕様外の部分が全く異なる部品」を使ってしまったらどうなるのでしょう。
発覚すれば「発火の危険があるので回収して無償交換」という騒ぎになったりするわけです。

メーカ、型番を変えずに調達するとしても、部品の製造環境が変わることがあります。
原料・材料や製造工程が変わるり、仕様書外の変化が起こっても
メーカは特に事情説明しないでしょうし、ヒューズとしての機能は変わる、
いつそのような状況になるかも知れないし、確認のしようもないでしょう。
そういう意味で「設計がデタラメ」と書きました。


>0オームの抵抗による回路保護(ヒューズの代用)という話は、
> 複数の異なる会社のエレキ屋さんが言っていたので、
> ある程度は、流布されている話だと思います。

私は聞いたことありません。
正しくない方法であっても、事故が起きたり、覆す根拠が示されなければそのまま、
ということはママありますからね。

コンセントを抜くのにコードを引張るな、というのは半ば常識かと思ってましたが
知人で「大丈夫だよ」とコードを引張って抜く人がいます。未だかつて事故にあってないのが
根拠なのでしょう。
影響がその人の範囲内で済まない場合は黙ってないですが、範囲内なら口を出さないことにしました。

ANo.1 です。

既に紹介されてますが、「チップ型のヒューズ」も「0オーム抵抗」も実在します。
後者は、ショートさせるのが目的の部品です。
「0オームなのに抵抗?」という言葉の矛盾みたいなモノはありますが、
形状が抵抗器と同じなのでこう呼ばれはじめたのだと思われます。
「ジャンパ抵抗」と呼ばれることもあります。
チップ型でなく、リード型にもあります。導線だけでよさそうなものですが、
抵抗器と同じような形状で、ただし真白なものでした。

そりゃ現実には完全な0オームということ...続きを読む

QCiscoルータのパスワード解除について

アマチュアでネットワークの勉強がしたいと思っています.
Ciscoのルーターに挑戦したいのですが,非常に高価なので個人オークションやジャンクショップで入手しようと考えています.
しかし,中古品のルータには前の使用者のパスワードがかかっていると聞いています.
わたしは初学者なのでパスワードのかけかた,解除のしかたは知らない状態ですのでそのまま中古品を買っても使えないと思っています.
そこでどなたか知っている方からノウハウを教えてもらおうと考えているわけですが,
ルーターのパスワードを解除する方法をひとに聞く,ということは,許されない行為にあたるのでしょうか?

ネットワークを専門に担当されている方々には,一般常識だと聞いていますので,ご経験者のかたがたに伺ってパスワード解除,中古品再生ができれば,と思っています.

(製品マニュアルを読めばわかる程度のことを他人に聞くのは,違法でないと思いますが,Cisco社のルータは,パスワード解除方法そのものを企業秘密にしているのでしょうか???)

Aベストアンサー

パスワードが入っているまま、オークションやジャンクに出すケースは普通は少ないと思いますが、パスワードを解除する方法はあります。これはパスワードを忘れてしまった場合に使う方法ですが、これを利用してコンフィグレーションレジスタをリセットすれば、再度工場出荷状態にまで戻すことができます。

方法は以下に示します。

参考URL:http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/info/faq/c1003PasswdRecovery.html

Qオームの法則とコンデンサについての質問

オームの法則について調べると、溶液や気体ではオームの法則が成り立ちにくいとありますが。つまりこれは電解溶液を使用する電解コンデンサやオイルコンデンサではオームの法則が成立しないのでしょうか?

Aベストアンサー

コンデンサはそもそもオームの法則に従わないものだと思いますが??
一定の直流電圧Vをかけた状態で定常的に電流Iが流れるようなコンデンサがあったとしたら、それは正常なコンデンサではなく不良品だと思われます。

QCiscoルータバックアップしたコンフィグ

Ciscoルータのstartup-configをハイパーターミナルの テキストのキャプチャ で取得してPCに保存してあります。
このテキスト形式で保存してあるstartup-configを別のCiscoルータに 一気に貼り付けることが出来るのでしょうか? 一行一行コピー&ペーストではなく、すべての行を一気に貼り付けです。
出来るらしいのですが、実際には失敗して苦心しているところを見たことがあるだけで本当に出来るのかが分かりません。
出来るのであれば、その方法をお聞かせください。

Aベストアンサー

いつもやってますよ。
コマンドに関係ないところを省いて(削除し)
'enable'
'configure terminal'
を先頭に追加しておくと何も考えず出荷時状態のルータに流し込むことが出来ます。
ちなみにCISCOルータはinterfaceの設定をしても初期ではshutdown状態なので必要に応じ
'no shutdown'を追加しておくと良いと思います。
また一気に流すとコンソールからのデータが化けることもあるのでハイパーターミナルではよくわかりませんが
よく使用しているTeraTermでは文字送りや改行の時にわざとdelayをかけて
文字化けしないようにすることもあります。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/

Qオーム数の異なる4チャンネル接続は・・・?

AchのL&Rに6オーム各1本を
BchのL&Rに8オーム各1本を (または4オーム)

の接続で、A,Bの4チャンネル同時で鳴らしてアンプに負担はないでしょうか。

また、この時にスイッチをBTLにしても4本同時に鳴ります。上の場合とアンプの回路は異なると思いますが、片チャンネル14オームになるので音量は小さくなるでしょうか。BTLよりA&Bを夫々独立で同時に4本鳴らした方が出力が大きくなるでしょうか。

そして、BTLで上のようにオーム数の異なるスピーカーを(chAに6と8オームのスピーカー1ほんづつ、chBも同様・・・)接続して鳴らしたら、アンプに問題は生じないでしょうか。

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> アンプですが、SONYの業務用PAアンプです。Chは確かにA/B
> ではなく、Ch1・2・3・4でLが1・3、Rが2・4でSEPAR
> ATEですとそれぞれ独立しているようで、ボリュームも各Ch独立し
> て4個あります。

なるほど、民生用のアンプでは無かったんですね。状況は良く分かりました。業務用のアンプを家庭に転用してご利用なさっているという事ですね。

そういう状況でしたら、回答を一部変更します。

> スピーカー端子(+・-)の1・3に8Ωを2・4に6Ωのスピーカーを

そういう接続をされても、アンプの1チャンネルあたりの負荷は重くなりませんので、全く問題ありません。
しかし、BTL接続の方は問題があると思われます。

> 各パワーアンプが独立しているようですので、出力端子には通常通りス
> ピーカーを4本接続し、

ここがいけません。

以下、私が書くのは「一般論」であって、その製品について本当に問題あるかどうかはメーカー等へ問い合わせが必要ですが、おそらく問題あるでしょう。

一般に、BTL接続する際にはスピーカーの結線を変更しなければなりません。非常に簡単に結論だけ言ってしまえば、BTL時にはスピーカー端子のマイナス(つまりGND)を使用しません。

<BTL時>
ch1 + ====> Lchスピーカーの+へ
ch1 -(なにも接続しない)

ch3 + ====> Lchスピーカーの-へ
ch3 -(なにも接続しない)

ch2 + ====> Rchスピーカーの+へ
ch2 -(なにも接続しない)

ch4 + ====> Rchスピーカーの-へ
ch4 -(なにも接続しない)

こういう結線にしなければいけない筈です。

そのとき、4本のスピーカーを同時に鳴らすにはどうしたら良いのかって?4本鳴らすのはやめておきましょう。というのは、前稿のとおりアンプにとって合成インピーダンスが過負荷になるからです。
もし、どうしても4本とも結線するとしたら、上図のスピーカー端子にパラレルに結線することになるでしょう。

【どうしてそんな結線にしなければいけないのか?】
平衡出力回路にとって、正側に8ohm、負側に6ohmという負荷を繋げると、負荷が不均衡になるため平衡が崩れ、アンプ動作が不安定になるためです。負帰還が正負で関連している回路では特に問題が生じます。仮にどちらの”公称”インピーダンスが完全に一致していたとしても、やめておいた方が良いです。したがってグランド(-)にスピーカーを結線してはいけないという事になります。
ただし、そのアンプがBTLスイッチをオンにした際に、スピーカー出力も適切に切り替えているタイプである場合のみ、そのままでOKです。しかしそれは今回の情報からだけでは全く判断できません。

【バランス/BTLは出力が大きくなるのか?】
理論上は、非BTL時に比較して4倍の出力を叩き出す事ができます。ただしあくまでも理論値であって、実際には終段や電源の容量が不足してリミッター動作となり、そんなには出せません。
それ以上に注意しなければならないことがあります。それは「負荷に対して2倍、弱くなってしまう。」

例えば、ノーマル時に4Ωのスピーカーを接続できるアンプであっても、BTL接続することにより、8Ωのスピーカー(負荷)にしか耐えられいアンプに化けてしまいます。ただし、それは最大出力付近での話。

したがって、BTL接続をした場合はなおさら複数のスピーカーを並列接続するべきではありません。

> 50w2本と150w1本では全体の音量は同じでしょうか。

投入電力一定で、2本ですから前者は +3dBゲイニング。後者は電力3倍ですから +4.8dBゲイニングと見ると、150Wが1本の方が音圧レベルは高い事になりますね。ただし、蚊に刺された程度の違いです。また、一般にそうした理論値よりもスピーカーの許容入力の方が早く限界点に達するでしょう。

> アンプですが、SONYの業務用PAアンプです。Chは確かにA/B
> ではなく、Ch1・2・3・4でLが1・3、Rが2・4でSEPAR
> ATEですとそれぞれ独立しているようで、ボリュームも各Ch独立し
> て4個あります。

なるほど、民生用のアンプでは無かったんですね。状況は良く分かりました。業務用のアンプを家庭に転用してご利用なさっているという事ですね。

そういう状況でしたら、回答を一部変更します。

> スピーカー端子(+・-)の1・3に8Ωを2・4に6Ωのスピーカーを
...続きを読む

QCiscoルータ811のフレームリレー? について

現在の設定が専用線128Kで接続、以下になっております。

hostname AAAAAAA
!

enable password AAAAAAAA
!
username BBBBBB password 0 BBBBB
no ip subnet-zero
!
no ip finger
no ip dhcp-client network-discovery
isdn switch-type ntt
isdn leased-line BRI0 128
!
interface Ethernet0
ip address 192.168.BBB.B 255.255.255.0
!
interface BRI0
ip address 172.20.AAA.A 255.255.255.0
!
no ip http server
ip classless
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.20.CCC.C
!
line con 0
transport input none
stopbits 1
line vty 0 4
password XXXXXXXXXX
login
!
end

interface BRI0 を 仮想インターフェイスBRI0:1 BRI0:2 と分けて設定をしたいのですが、お教えください。 また、分けなくても通信できるのですか?(分ける事によってどのような効果があるのでしょうか) 稚拙な質問で、すみませんがよろしくお願いします。

現在の設定が専用線128Kで接続、以下になっております。

hostname AAAAAAA
!

enable password AAAAAAAA
!
username BBBBBB password 0 BBBBB
no ip subnet-zero
!
no ip finger
no ip dhcp-client network-discovery
isdn switch-type ntt
isdn leased-line BRI0 128
!
interface Ethernet0
ip address 192.168.BBB.B 255.255.255.0
!
interface BRI0
ip address 172.20.AAA.A 255.255.255.0
!
no ip http server
ip classless
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.20.CCC.C
!
line con...続きを読む

Aベストアンサー

自信の無い返事ですみませんが
この設定は、フレームリレー?では無いと思います。
DAの128kとかの設定だと思います。

NTTとの契約が専用線の128kで
設定が isdn leased-line BRI0 128 となっています。
この設定ですと、BRI0は128kで動作するので、BRI0:1 BRI0:2の仮想インターフェイスに分けることは不可能だと思います。

回線種別にもよると思いますが isdn leased-line BRI0 とした場合、それぞれ64kで動作する BRI0:1 BRI0:2の仮想インターフェイスに分けることは可能かも知れません。

使い道は、あまり意味がないと思われますが、128kを64k x 2 として使いたい場合に使用します。

自信のない返事でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報