外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ご指導の程宜しく御願い致します。
古い造りで断熱材が一切使用されていない家に住んでいます。
冬は寒く夏は暑いので断熱対策をDIYで行いたいと考えています。
天井裏の構造が弱いので上がっての作業が出来ないため、発泡ウレタンやグラスウールを天井裏に敷き詰める事は出来ません。
そこで、ホームセンターなどで売っている発泡スチロール板を”室内側”の天井や壁に貼り付ける方法を考えています。
その場合、その発泡スチロール板の臭いや飛散物などは人体に対して健康被害があるのでしょうか?
食品トレーやカップラーメンのカップなども発泡スチロールと聞いているので人体には悪影響が有るはずがないと思いますが、なにせホームセンターの資材コーナーのレベルですので少し気になっています。
どなたか宜しく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。


> その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。
・その点は、特に問題無いと思います。
倉庫を、そのまま売り場にした量販店などは、鉄鋼材やスレート板に直接、断熱不燃ウレタン吹きつけ、簡単に塗装しただけの天井も良く見かけます。

ただ、人の手に触れる壁面だと、材質がガラス繊維の製品だと、肌触りがチクチク感があって不快だったり、見た目を良くするために、ひと工夫必要になるなどの問題だけです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど!
量販店や大きなホームセンター及びパチンコ店などはまさにその通りですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/17 16:31

発泡スチロールは、可燃物です。


発泡スチロールの成分は、炭素と水素ですから完全燃焼すると全て炭酸ガスと水になります。
しかし、発泡スチロールは一般の紙や木材と比べて大量の空気(酸素)を必要とするため、完全燃焼させるのは以外と難しく、しっかりと燃焼管理を行う必要があります。

で、発泡スチロールが不完全燃焼すると、大量の炭素(黒色スス)と同時に猛毒の一酸化炭素が発生します。
壁面や天井裏の断熱材に発泡スチロールを使用した場合、万一、失火すると、建物は一気に火が回り、有毒な一酸化炭素が噴出する可能性があります。
一酸化炭素中毒は、神経を麻痺させるので、失火元の住人のみならず、隣家の住人も、逃げられずに死亡する危険性があります。
断熱材は、多少高くても不燃材(建築資材)を使用したほうが良いと思います。

完全燃焼
C8+H8+10(O2)→8(CO2)+4(H2O)

不完全燃焼
C8+H8+4(O2)→CO2+2(CO=一酸化炭素)+5C(炭素)+4(H2O)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

化学式まで頂きありがとうございました。
不燃材又は難燃剤の断熱対策を考えてみる事とします。
その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。

お礼日時:2010/02/17 09:01

健康被害は良くわからないけど、とってもよく燃えるからやめたほうが良いと思う。

(燃えにくい表面処理をしてあるものもあるらしい)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
燃えにくい表面処理を施してあるタイプを探してみようかと思います。

お礼日時:2010/02/17 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Q発泡スチロール?の断熱材

現在新築中です。
内壁に発泡スチロール?(水色)の断熱材が施工され、その隙間には発泡剤?みたいなものが注入されています。

断熱材というとグラスウールのような物をイメージしていたのですが、こんなんで大丈夫なのでしょうか?
また、この発泡スチロールの断熱材はグラスウールのそれと比べてどんな代物なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壁にスタイロフォームを使っているとは、
断熱仕様はよい家だと思います。
普通は、費用面からグラスウールを使うことが
おおいです。(性能も同じ厚みなら普通はスタイロの方が
上です)
まして、隙間に充填しているのはウレタンフォームだと
思いますが。普通はそこまでしてくれません。

家そのものの仕様も職人さんもいいものだと思います。

Qコンクリートの天井に発砲スチロールを貼り付けその上に壁紙を貼ろうと思っ

コンクリートの天井に発砲スチロールを貼り付けその上に壁紙を貼ろうと思ってます
コンクリートと発泡スチロールはくっつきますか?
その際どのような接着剤を使えば良いでしょうか?
発砲スチロールに壁紙を貼れますか?
その際普通の壁紙のりでOKでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

施工的には可能と考えます。
しかし、コンクリートに接着剤で物を貼り付けると、今度気分が変わって剥がしたいということになれば
大変なことになります。従って1番さんのようなことになります。

どうしてもとお考えならコンクリート用の接着剤で、固まるまでは保持しておく必要があります。
(本当はゴム系の方が良く付くような感じもしますが、塗りすぎだと溶けます)
発泡スチロールと壁紙のところは、壁紙が紙質のときは木工用でも可。
(単に水で溶いたのりは接着性に弱いかな。もち米なら良いかも)

ご参考用に
http://www.handsman.co.jp/myweb/D04-3.html

Q天井の遮熱の仕方

天井が熱くクーラーが効きにくいのです。
遮熱のためには天井裏にアルミ箔を引くのがいいと 聞きました。
しかし、天井裏に入るのには なかなか難しいので 天井に何か
する事によって 遮熱をはかれないでしょうか。

Aベストアンサー

見栄えを気にしないなら部屋の中から天井板に10ミリ厚位の発泡スチロールの板を隙間無く貼れば効果は大きいと思います。
天井板からの熱放射を実用上ほぼゼロに出来ますのではっきり分かると思いますよ。

冬は寒さを防げるし良い事ばかりですが見栄えは一工夫が必要でしょうね。

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Q天井にアルミシートを貼れば放射熱の遮熱ができますか

天井にアルミシートを貼れば屋根からの放射熱遮熱ができますか?

屋根からの放射熱が暑いので防ぎたいです。
天井に貼るときは屋根側が銀です。

実際やってみないとわかりませんが
効果の程は見込めますか?

消防法で引っ掛かりますか?

Aベストアンサー

効果は期待できません

屋根の上に(5cm以上隙間を空けて)張れば、屋根の温度が10~20℃下がることが期待できます

Q屋根裏に断熱材を自分でDIY

屋根に断熱材を自分で貼ろうと思っています。専門の方、知識のある方アドバイスよろしくお願いします。

地域は兵庫県南東部 築3年の木造内断熱通気工法の家です。
屋根はカラーベストで2階にロフトがあり吹き抜けです。
ロフトから屋根裏点検口があり、屋根裏は2階の天井の上にグラスウールが敷いてあります。ロフトの周りの壁にもグラスウールが巻いてあります。

屋根の野地板とロフトの周りの壁に直接ホームセンターに売ってある断熱材(スタイロホーム等)を張り付けて隙間を発泡ウレタン(ホームセンターで売っているリホーム用スプレー)で埋めようと思っていますが、結露の関係から、野地板と断熱材の間に通気層と呼ばれる空間を作ったほうがよいのでしょうか?そのまま断熱材を貼っても問題ないのでしょうか?ホームセンターで売っているスタイロホームにも、25・30・40ミリとありますが分厚いほうがいいのでしょうか?断熱効果は出るのでしょうか?また別件ですがカラーベストに塗る断熱塗料とは効果はあるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

設計屋です。特に住宅性能表示、長期優良住宅、住宅版エコポイントは得意分野です。
住宅版エコポイント、性能表示等の考え方から言うと野地板にスタイロを貼るよりも2階の天井上の断熱材をさらに増し重ねした方が良いです。
>屋根裏は2階の天井の上にグラスウールが敷いてあります
という事はお宅の住宅の屋根直下の断熱の熱的境界は2階天井上です。

布団で寝ていて寒い為、毛布をもう一枚使用しようとした場合で例えると・・・・
【野地板にスタイロ貼の場合】天井に毛布を貼り付けた状態で効果無し
【天井上の断熱材をさらに増し重ねの場合】布団と体の間に毛布を2重にしたので凄く暖かくなった

という感じです(解るでしょうか?すいません説明が下手ですね)
更にグラスウールとスタイロでは材料費と比べて断熱効果がとても低く、性能面でもお勧め出来ません。
増し重ねでオススメの断熱材ははロックウールです。安価で性能が良い!!
私は設計相談を受けた場合はロックウールをイチオシしています。

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q床板にコンパネを使うのはダメ?

洗面所の床板を張り替えようと思っています。
現在の床板は合板で近くのホームセンターで売られている床板材も合板です。
それなら表面を加工したコンクリート型枠用のコンパネのほうが
安く売られているので、これを使ってその上にフロアシートを貼れば
同じじゃないかと思うのですが、何が具合の悪いことになるでしょうか?
床板用に加工された合板は床面(表面)のプリント以外に何か特別な加工が
施されているのでしょうか?

Aベストアンサー

型枠用の合板は、内装には使えなくなっています。 近くのホームセンターの品物は、F☆ でしたね。

シックハウス症候群という言葉を聞いたことがあると思いますが、合板等のランクを、F☆ ~ F☆☆☆☆の4段階に分けています。(ホームセンター等では、表示してあるはずです。)

☆の数が多いほど(最高4つ)、安全だということです。 実際問題、F☆☆☆☆でも、有害物質が全然含まれていないという訳ではないので、この微量の化学物質でも、体調を崩される方がいらっしゃるそうです。

フローリング材も安い品物を探せば、面積当たりの単価は、数割増し程度のはずです。 それに、はめ込み易いように凹凸の加工をしてありますので、浮き上がり等の問題にも対処しやすいです。

合板でやるとなると、それなりの施工しないと、しばらくしたら、床面が凸凹してきますよ。

Q床断熱方法について

 中古の家を買いましたが、床下断熱してなかったので冬が大変寒いです。
 床下断熱を検討しましたが 床下に潜って断熱材を貼り付けるのも面倒なので 畳をはがしてその部分にスタイロフォーム?(発泡スチロール?)を乗せようと考えています。
 床板の上にスタイロフォームを置き、その上にコルクマットを敷いて使おうと思っていますが、こんな考え方は有りなのでしょうか?やった事ある人がいましたらアドバイス下さい。
 一つ心配なのは湿気です。湿気易い家なので畳も少しカビ臭く感じられます。
 以上、よろしくお願いします 

Aベストアンサー

自分に施工の事実はありませんが、一部の経験で考えられることを書きます。

発泡スチロールは、通気性が悪いですから床下からの水分が床板に吸収され、床板は腐りやすくなります。
(床下の湿気はその土地の固有のもので本格的な工事をしないとなかなか防止する事は難しいです)

コルクのマットはいいですが接合と固定の問題をクリアして下さい。(部分的に浮き上がる)
また、敷かない部分が出来ると、使用上の汚れやスチーロール表面の柔らかさが気になります。(傷が付きやすい)

それに厚みの寸法が合わないと敷居のところの出入りが不便。(つまずきやすい)

結論的には、その工事をやっても隙間風や天井・壁・障子など家全体の保温能力にも左右されますので、思ったほどの効果がでるかどうかはわかりません。

なお、電気カーペットなどを敷く場合には効果が高いのかな。


人気Q&Aランキング