質問は3つあります
1「よよふとも忘れ形見の思いでは 袂に月の宿るばかりか」
 耳で聞いたので原文が分からない。西行の「山家集」が出典らしいが出ていない。原文、解釈出典が分かればありがたいです。

2「思へども身をしわけねば目に見えぬ 心を君にたぐへてぞやる」
 これも聞いただけで、原文、作者、出展が分かりません。できればどういう場面で作者が読んだのかが知りたいです。

3 あと、月を詠んだ歌で、あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・といった意味合いの歌があったと思うのですが、原文を忘れてしまいました。もし心当たりありましたら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

1.


出典:『山家集』 636番
原文:世々経(ふ)とも 忘れがたみの 思ひ出は たもとに月の 宿るばかりか
大意:(あの人と別れてから)どれだけ時が過ぎても忘れられません。忘れ形見となる思い出といえば,叶わぬ恋の悲しみの涙に濡れる袂に宿る月影だけです。注:「忘れがたみの」は,「忘れがたい」と「忘れ形見」の掛詞です。

2.
出典:『古今集』 373番
原文:思へども 身をし分けねば 目に見えぬ 心を君に たぐへてぞやる
大意:旅立ったあなたのことを恋しく思っても体を2つに分けることはできないので,せめて目に見えない心だけでもあなたに連れ添わせます。
注:詞書きに「東(あづま)の方へまかりける人に詠みて遣はしける」とあります。

3.については,記憶をかすめるものはありますが,出てきません。分かったらまたご報告しますね。

上記の歌番号について,tenhouさんと食い違っていますが,たぶん私のもので間違いないと思います。ちがったらごめんなさい。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。正確な出典を当たって解釈を深めたいと思っていたのですが、ふだん親しんでなかったもので、なかなか探せませんでした。本当にありがとうございます。3について、もし分かったらまた教えてください。いにしえの日本人の心の表現は本当に豊かで、心表れる気がします。ありがとうございました。jobin

お礼日時:2001/03/29 23:22

お尋ねの3.について,私の「記憶をかすめた」のは次のものだったかもしれません。

sukemasaさんも挙げておられる,『和漢朗詠集』242番に採られた白楽天の漢詩の一節です。

 三五夜中の新月の色 二千里の外の故人の心
 (さんごやちゅうのしんげつのいろ じせんりのほかこじんのこころ)

白楽天が,長安の十五夜(三五夜)の月を眺めながら,僻遠の地に左遷された親友を思いだして,「彼もこの同じ月をどんな気持ちで眺めていることだろうか」と詠んだものです。和歌でない上に恋人どうしでもありませんから,お尋ねのものではないと思いますが,いちおうお知らせしておきます。私自身,やっぱりなにか和歌が記憶をかすめているように思えてしかたないのですが,いろいろ探しても見あたらないし,思い出せる可能性もあまりなさそうです。お役に立てなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解釈を添えていただき理解が深まりました。私の記憶も和歌にあるのですが、新しい発見で嬉しく思っております。ありがとうございました。jobin

お礼日時:2001/03/31 01:19

1.(略) 番号はAliasさんでよいようです。


2.(略)
3.「あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・」にぴったりくる歌は思いつきません。
 類歌は色々あります。一例として、1で出てきた西行の歌では、
  月見ばと契りおきてし故郷の 人もや今宵袖濡らすらん (新古今集938)
  (月を見たら互いに思い出し合おう約束しておいた故郷の人も、今夜は私と同じように月を見て袖を濡らしていてくれているだろうか)
 月が離れた人を媒介するというのは、漢詩に多い発想ですね。杜甫の『月夜憶弟』とか白居易の「三五夜中新月色 二千里外故人心」などが有名例でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。私自身、3の質問については、西行の物だったのかどうかも心もとないのですが、この歌を見てそうだったような気もいたします。漢詩には親しみが薄い私ですが、逆にそういう発想が多いということは発見でした。ありがとうございます.参考にさせていただきます。jobin

お礼日時:2001/03/31 01:17

1の回答:「世々ふとも忘れがたみの思ひ出はたもとに月のやどるばかりぞ」西行の山家集・戀歌・1103番だと思います。


2の回答:「思へども身をし分けねば目に見えぬ心を君にたぐへてぞやる」古今集・離別・373番・伊香子淳行の歌だと思います。意味は「この身を二つに分けたいと思うけど、それは無理だから目には見えない私の心を君に連れ添わせて、一緒に行ってもらいましょう」
3の回答:心当たりを調べてみたのですが、残念ながらこれと思う歌がみつかりませんでした。
あまりお役に立てず申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。実は思いを寄せる人に言葉を添えたくて、正確なものを当たっていたのですが、ふだんから親しんでいないためになかなか出典などが分かりませんでした。本当に助かりますありがとうございます。いにしえの日本人の心の表現はなんと豊かなものでしょうか。大変に心打たれる気持ちがします。どうもありがとうございました。     jobin

お礼日時:2001/03/29 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩。

上代、中古の文学作品で、「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩があれば教えてください。
恋や愛の歌は、目にしたことはありますが、友情や友人を詠んだ歌、詩は、ちょっと探したのですが見つかりません。
日本人は、いつ頃「友情」という感情を持ち始めたのか、興味があって質問しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。    間違えました。
西行の歌は万葉集ではありませんでした。

万葉集の歌は高丘河内の
吾が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし
でした。   背子は異性ではないとのこと。

取り敢えず二首見つかったわけです。
下記 URL をご覧下さい。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/friend1.html

Q和歌の原文と作者を教えてください

 口語訳だけとても印象に残っていて覚えているものがあります。この和歌の原文と作者を教えてください。
 「(夜空の月を見上げながら)ああ、あの人も今頃この月を見ていらっしゃるのかしら?」という感じの、遠距離恋愛っぽいものです。数年前海外に行ったときにオリオン座を見てこれを思い出しました。正確な記憶ではないのですが、確か高校の教科書にあったような・・・。古今か新古今っぽい気がしてざっと眺めてみましたが、うまく見つかりませんでした。
 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

え~~、私が思い当たったのはこの歌なのですが。

ながむらん人の心もしらなくに月をあはれとおもふ夜はかな

遊義門院の歌なのですが・・・

詳しいことは、リンク先でご覧ください。
(恋 という欄にあります)

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yuugimon.html

Q告白の返事が和歌でした

私は30代の男性です。大学は一流といわれるところを出ています。元は予備校の講師でした。職場の同僚女性は既婚で短大卒です。

先日、彼女とはお互いが気になっているが(たぶん)、彼女が既婚であるため踏み込まなかったのですが、ちょっとしたはずみで私が「私の気持ちをつたえたら君が困るだろうから気持ちを抑えているのに・・」と言ってしまい、彼女は「困るって言ったことないけど・・・」という返事でした。結局、告白したことになったのですが、彼女はその後他愛のないメールをよく送ってくるようになったのと、自分の写真を送ってくるようになったぐらいで特に変化はありませんし、告白の返事も3日ほどたちますがまだありません。

ところが、彼女は自分の気持ちを若で和歌で伝えようと決心し猛勉強していますと言うのです。古典には興味があったのは知っていましたが、失礼ながら彼女にはまともな和歌など作れないと思っていました。すると、明日会えないねとの私のメールへの返信が「会えなくても平気です」とあってその後になんと

「心いる かたならませば 弓張りの 月なき空に 迷わましやは」

と立派な和歌を送ってきたのです。私は冒頭にあるように、大学は一流といわれるところですし、専門は日本語です。おそらく彼女は私は和歌を理解できるとおもったのでしょう。実は専門は日本語の文法で文学が嫌いな私には苦しいのですが・・・

みなさん、彼女はなぜ和歌で気持ちを伝えようとしてるのか、単に既婚なので私と付き合えないので恋愛ごっこを楽しんでるのか、どう思われますか??和歌の意味がわからない方でも結構です。彼女お気持ちがよくわかりません。

私は30代の男性です。大学は一流といわれるところを出ています。元は予備校の講師でした。職場の同僚女性は既婚で短大卒です。

先日、彼女とはお互いが気になっているが(たぶん)、彼女が既婚であるため踏み込まなかったのですが、ちょっとしたはずみで私が「私の気持ちをつたえたら君が困るだろうから気持ちを抑えているのに・・」と言ってしまい、彼女は「困るって言ったことないけど・・・」という返事でした。結局、告白したことになったのですが、彼女はその後他愛のないメールをよく送ってくるように...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

上記の和歌、どこかで見たことがあるなあ、と思いました。

よくよく思い出して調べてみたところ、「源氏物語」の「花宴」(第8帖)に、そのままの形で出ていました。

直訳は、
「真心のある方ならば、月のない空でもどこかに迷うことがあるでしょうか 迷わずに私のところに来るはずでしょうに」
「本当に気に入った方のもとにいらっしゃるなら、別の人のもとに間違って行ってしまうなんてあるだろうか」
といったところのようです。

申し訳ありませんが、質問者様の状況に合わせて考えるまでの頭は、私にはないようです。また、彼女の気持ちも推し量ることはできません。

お答えの参考にしていただければ幸いです。


人気Q&Aランキング