質問は3つあります
1「よよふとも忘れ形見の思いでは 袂に月の宿るばかりか」
 耳で聞いたので原文が分からない。西行の「山家集」が出典らしいが出ていない。原文、解釈出典が分かればありがたいです。

2「思へども身をしわけねば目に見えぬ 心を君にたぐへてぞやる」
 これも聞いただけで、原文、作者、出展が分かりません。できればどういう場面で作者が読んだのかが知りたいです。

3 あと、月を詠んだ歌で、あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・といった意味合いの歌があったと思うのですが、原文を忘れてしまいました。もし心当たりありましたら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

1.


出典:『山家集』 636番
原文:世々経(ふ)とも 忘れがたみの 思ひ出は たもとに月の 宿るばかりか
大意:(あの人と別れてから)どれだけ時が過ぎても忘れられません。忘れ形見となる思い出といえば,叶わぬ恋の悲しみの涙に濡れる袂に宿る月影だけです。注:「忘れがたみの」は,「忘れがたい」と「忘れ形見」の掛詞です。

2.
出典:『古今集』 373番
原文:思へども 身をし分けねば 目に見えぬ 心を君に たぐへてぞやる
大意:旅立ったあなたのことを恋しく思っても体を2つに分けることはできないので,せめて目に見えない心だけでもあなたに連れ添わせます。
注:詞書きに「東(あづま)の方へまかりける人に詠みて遣はしける」とあります。

3.については,記憶をかすめるものはありますが,出てきません。分かったらまたご報告しますね。

上記の歌番号について,tenhouさんと食い違っていますが,たぶん私のもので間違いないと思います。ちがったらごめんなさい。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。正確な出典を当たって解釈を深めたいと思っていたのですが、ふだん親しんでなかったもので、なかなか探せませんでした。本当にありがとうございます。3について、もし分かったらまた教えてください。いにしえの日本人の心の表現は本当に豊かで、心表れる気がします。ありがとうございました。jobin

お礼日時:2001/03/29 23:22

お尋ねの3.について,私の「記憶をかすめた」のは次のものだったかもしれません。

sukemasaさんも挙げておられる,『和漢朗詠集』242番に採られた白楽天の漢詩の一節です。

 三五夜中の新月の色 二千里の外の故人の心
 (さんごやちゅうのしんげつのいろ じせんりのほかこじんのこころ)

白楽天が,長安の十五夜(三五夜)の月を眺めながら,僻遠の地に左遷された親友を思いだして,「彼もこの同じ月をどんな気持ちで眺めていることだろうか」と詠んだものです。和歌でない上に恋人どうしでもありませんから,お尋ねのものではないと思いますが,いちおうお知らせしておきます。私自身,やっぱりなにか和歌が記憶をかすめているように思えてしかたないのですが,いろいろ探しても見あたらないし,思い出せる可能性もあまりなさそうです。お役に立てなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解釈を添えていただき理解が深まりました。私の記憶も和歌にあるのですが、新しい発見で嬉しく思っております。ありがとうございました。jobin

お礼日時:2001/03/31 01:19

1.(略) 番号はAliasさんでよいようです。


2.(略)
3.「あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・」にぴったりくる歌は思いつきません。
 類歌は色々あります。一例として、1で出てきた西行の歌では、
  月見ばと契りおきてし故郷の 人もや今宵袖濡らすらん (新古今集938)
  (月を見たら互いに思い出し合おう約束しておいた故郷の人も、今夜は私と同じように月を見て袖を濡らしていてくれているだろうか)
 月が離れた人を媒介するというのは、漢詩に多い発想ですね。杜甫の『月夜憶弟』とか白居易の「三五夜中新月色 二千里外故人心」などが有名例でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。私自身、3の質問については、西行の物だったのかどうかも心もとないのですが、この歌を見てそうだったような気もいたします。漢詩には親しみが薄い私ですが、逆にそういう発想が多いということは発見でした。ありがとうございます.参考にさせていただきます。jobin

お礼日時:2001/03/31 01:17

1の回答:「世々ふとも忘れがたみの思ひ出はたもとに月のやどるばかりぞ」西行の山家集・戀歌・1103番だと思います。


2の回答:「思へども身をし分けねば目に見えぬ心を君にたぐへてぞやる」古今集・離別・373番・伊香子淳行の歌だと思います。意味は「この身を二つに分けたいと思うけど、それは無理だから目には見えない私の心を君に連れ添わせて、一緒に行ってもらいましょう」
3の回答:心当たりを調べてみたのですが、残念ながらこれと思う歌がみつかりませんでした。
あまりお役に立てず申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。実は思いを寄せる人に言葉を添えたくて、正確なものを当たっていたのですが、ふだんから親しんでいないためになかなか出典などが分かりませんでした。本当に助かりますありがとうございます。いにしえの日本人の心の表現はなんと豊かなものでしょうか。大変に心打たれる気持ちがします。どうもありがとうございました。     jobin

お礼日時:2001/03/29 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q真砂の砂は・・・と詠った作者は誰ですか?

文学にうといもので、ご存知のかたは教えてください。
真砂の砂は尽きぬとも。。?と詠った詩人・作家・文人は誰?その部分は、何という作品に出てくるのか?また、東京都文京区に真砂という町がありますが、関連があるのでしょうか?

Aベストアンサー

石川や浜の真砂は尽くるとも世に盗人の種は尽きまじ

京都三条河原で釜煎の刑に処せられた石川五右衛門の辞世の句です。
詩人でも作家でも文人でも在りませんが(笑)

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q和歌の原文と作者を教えてください

 口語訳だけとても印象に残っていて覚えているものがあります。この和歌の原文と作者を教えてください。
 「(夜空の月を見上げながら)ああ、あの人も今頃この月を見ていらっしゃるのかしら?」という感じの、遠距離恋愛っぽいものです。数年前海外に行ったときにオリオン座を見てこれを思い出しました。正確な記憶ではないのですが、確か高校の教科書にあったような・・・。古今か新古今っぽい気がしてざっと眺めてみましたが、うまく見つかりませんでした。
 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

え~~、私が思い当たったのはこの歌なのですが。

ながむらん人の心もしらなくに月をあはれとおもふ夜はかな

遊義門院の歌なのですが・・・

詳しいことは、リンク先でご覧ください。
(恋 という欄にあります)

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yuugimon.html

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q作者、出典を教えてください。

この歌の作者、出典を教えてください。
「秋といえば夕の景色ひきかへて まだ弓張りの月ぞさびしき」

Aベストアンサー

定家のようです。
出典は分りませんが、『新古今』でしょうか。
下記のブログのページにヒントを得ました。
→ http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d489.html

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q「東風吹かば 匂いおこせよ梅の花」の作者・出典は?

 景色が目に浮かぶようでしかしとても動きのある句に感じます。
しかし聞いたのは競馬中継のスタート前だったりして(笑)。 
 この句、どこかで読んだような記憶があるのですが、さっぱり思い出せません。 作者、出典をご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

 懐かしいですね。学生時代を思い出します。
 菅原道真『拾遺和歌集』です。下のURLを参考になさってください。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/yamakage/jcp/jcps1006.html

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典

出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典を探しています。その問題集の巻末にある主な出典一覧の中では、「村中季衣 デブの四、五日」というのがそれらしいとは思われるものの、そういう本を見つけることができません。もしかすると、これは書名ではなくて、その中の1作品のタイトルかもしれません。まったく別の本である可能性も多いにあります。どなたか、ヒントになる情報をお寄せ頂けると幸甚です。以下に引用文の一部を掲載いたします。

おばさんにつれられて、歩いて歩いて、そして、場所のほとんどわからない犬小屋の前で、わたしはデブと再会した。「さあ、わん公、ねむいだろうが、しっかり食べときな。」デブは、においをかぎつけていたらしく、格子になっている戸のすきまから鼻をつきだして待っていた。

Aベストアンサー

「デブの四、五日」は『小さいベッド』の中の一話です。

小さいベッド 村中李衣 著 かみやしん 絵
偕成社 1984年7月 ISBN 4-03-635210-5

参考URLは国立国会図書館国際子ども図書館の書誌情報です。

※村中李衣(むらなか・りえ)さんですね。
    ̄

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fSS.pl?nShoshiId=30961&nKihonId=30952&sGamen=SI


人気Q&Aランキング

おすすめ情報