豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。
早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。
もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし
入荷するのはいつかも未定という状態です。

ネットで検索してみてて気づいたのですが
「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを
見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは
同じものと考えてよいのでしょうか?
同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。

どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか
教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。

。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。薬局で買えば、間違いはないと思いますが。

「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99.5%エタノールの2種類だと思います。
化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99.5%のもので代用できる場合が多いです。その意味では、No.2さんのおっっしゃるように、「無水=99.5%以上」と言うのは正しいです。
しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0.5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。このような「本当の」無水エタノールは、当然、99.5%のものよりも高価であると思います。
豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99.5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

回答ありがとうございました<(_ _)>
エタノールとメタノール、気をつけて買うようにします♪
豆乳ローションは無水アルコールじゃなくても、
ホワイトリカーでも代用できると記載がありました。
詳しく丁寧に教えていただいて本当にありがとう。

お礼日時:2003/06/17 14:15

同じ物です。



エタノール=エチルアルコール
無水アルコール=無水エタノール
無水=99.5v/v%以上

メタノール=メチルアルコールは、違うものです。

豆乳ローションの流行で、品薄のようですね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございました<(_ _)>
無水エタノールはネット上で見つけられたので
早速買いました♪

お礼日時:2003/06/17 14:13

同じものですよ。

    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:2003/06/17 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無水アルコール(エタノール)はどこで売ってますか?

交換レンズ等の電気接点は、無水アルコールで拭くと良いと聞きました。
どこで買えば良いのですか?
思い当たる所と言えば薬局ですが消毒用で良いのですか?

Aベストアンサー

No3です。私はオーディオのコネクタなどを、無水エタノールで拭いていました。
金属があれば水分の少ない、無水エタノールがいいでしょうね。水分が残るのはまずいですからね。
レンズなどはあまり詳しくありませんが、水分が残るととカビなどの発生も考えられるんではないでしょうか。
殺菌は必要ないですから、、消毒用ではなくて無水エタノールがいいんではないでしょうか。
ちょっと違いますが、天体望遠鏡の清掃のサイトを見つけました。
ご参考になるように思います。
1度ご覧くださいね。

参考URL:http://homeplanet.web.infoseek.co.jp/topic/omake/cleaning/cleaning.html

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む

Q洗浄用アルコール、無水アルコールなど、よく分かりません。

こんにちは。
最近、楽器、PCなどをいじっているのですが、
よく、接点洗浄とかで、
無水アルコール、とか、洗浄用アルコール
とか、メタノール変性アルコールとか、
いろいろ出てきます。
普通に、述べられていますが、学校の
実験以来、見たことも、聞いたことも、
ないものばかりです。
結局これらを手に入れるには、
何を、どこで、手に入れればいいのでしょうか。
また、いろいろありますが、違いは
なんなのでしょうか。アルコール下さい、
では、だめですか。
ウェットティッシュなどは、水と、
エタノールが成分になっていますが、
これではダメですか(水が入っているから)。
手軽に手に入りませんか。
何か分かる人が、いましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

接点のクリーニングなら無水アルコールが良いですね。これは99%以上の純度のアルコールです。ですから無水。皮膚の消毒とかならこれを水で薄めて使うか、消毒用にすでに60%程度に薄まった消毒用アルコールとかがあります。まあ、消毒用とかでも良いとは思いますが、無水アルコールなら使用後に錆の心配が少ないので、こちらの方が良いかもしれませんよ。
ウエットティッシュだと、水分の比率が高すぎてクリーニング効果があまり期待できませんので、無水アルコールの方が良いですよ。
無水アルコールならちょっとした薬屋さんで売っていますから。なければ取り寄せも可能ですし、棚になくても在庫であったりしますから。

Q工業用エタノールについて教えてください。

お世話になります。

会社である試薬を溶かすのに無水エタノールを使用しているのですが、
試薬を溶かす頻度が多く、またエタノールの使用量も多いので金額が高くついて困っています。

現在使用している無水エタノールは研究や実験等に使用される3L入りの瓶を使っています。
これを業務用や工業用といった量が多く割安な無水エタノールに変更したいのですが、
どなたか大容量で安価な無水エタノールをご存じの方いらしたら教えて頂けないでしょうか。

できれば一斗缶単位で購入できると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本では、工業用エタノールは、「アルコール事業法」という法律で、製造・輸入・販売・使用が規制されています。
当法では「エタノール」のことを「アルコール」と称しており、法的には「特定アルコール」と「一般アルコール」に分類されます。
「特定アルコール」は酒税相当加算額を含む高い物で、事業法上の許可なしに、自由に販売・購入・使用ができます。一方、「一般アルコール」は免税の安い物ですが、販売、使用に際し事前に事業法上の許可を取得しなければなりません。

質問者が使用されている無水エタノールは、特定無水アルコールを原料とする「試薬」あるいは貴社が特定アルコールとして購入された物だと思います。
貴社で、今後無水エタノールの使用目的、使用方法(使用原単位他)が一つに限定できるのであれば、所定の手続きをして「一般アルコール」の使用許可を取得されることをおすすめします。
許可は一用途につき一件取得する必要があります。
そうすれば、1L当たり約1000円の酒税相当加算額を免除された割安な無水エタノールが入手可能となります。荷姿は1斗缶、ドラム、ローリー等が可能です。

但し、使用事業許可の登録免許税が一件につき¥15000必要で、許可取得後は毎年5月に前会計年度の受入、使用、在庫実績等を所管の経済産業局に報告する義務が生じます。

詳細は、経済産業省のホームページで、「アルコール事業法の手引き」をご参照下さい。

日本では、工業用エタノールは、「アルコール事業法」という法律で、製造・輸入・販売・使用が規制されています。
当法では「エタノール」のことを「アルコール」と称しており、法的には「特定アルコール」と「一般アルコール」に分類されます。
「特定アルコール」は酒税相当加算額を含む高い物で、事業法上の許可なしに、自由に販売・購入・使用ができます。一方、「一般アルコール」は免税の安い物ですが、販売、使用に際し事前に事業法上の許可を取得しなければなりません。

質問者が使用されている無水エタ...続きを読む

Q薬局で売ってるエタノールは飲める?

中学の頃、実験用のエタノールは微量のメタノールが混じっていて飲むと失明すると習いました。一応大学も出てるのですが(理系)、その後それを塗り替える情報を習っておりません。薬局で売っているメタノールは飲めるのでしょうか?本当にメタノールは混じっているのでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールによるということですね。

基本的には未変性エタノールは飲めるということでしょうが、そうでないもの(変性エタノール)は飲めないようにしてあるということです。変性アルコールだからといって、おそらく、味に大差はないでしょうが、基本的には毒物を含むといえるでしょう。

要するに「未変性」と明記されているもの以外は飲めないと考えるべきでしょうね。わざわざ混ぜ物をして変性するのは、これまでの回答にもありますように税金対策です。逆にいえば、酒税を払っているものは「飲める」ということになります。

Q無水エタノールの精製方法について

含水エタノールから無水エタノールを調整する方法は、幾つかあると思うのですが、”化学反応により水を除去する方法”と言われたら、ベンゼンとの共沸脱水方法で良いのでしょうか??

あと、調整した無水エタノールが、無水であることを確認する方法はあるのでしょうか。

ご存知の方、是非ともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

よく使われる方法が、金属ナトリウムをプレスしてナトリウムワイヤーを作り、それを共沸や無水酸化カルシウムで脱水したエタノールに加え、生成したナトリウムエトキシドとともに蒸留する方法です。
有機化学について質問させていただきます。 - 教えて!goo ( http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=5553491 )
にも書いた。
具体的には、
エチルエステルと水、ナトリウムエトキシドの不可逆反応を利用する方法で

 RCOOC2H5 + C2H5ONa + H2O → RCOONa + 2C2H5OH

 Rはコハク酸やフタル酸のように項沸点のものを使う。

 詳しくは文献をチェックすること。古いです・・古典的手法ですが、あまりにもマイナーなので・・・
E.L.Smith J.chem.Soc., 1288(1927)
R.H.Manske, J.Am.Chem. Soc., 53,1106(1931)

学生時代は、日々、原料として必要な無水アルコールを調整していましたね。

Q燃料用アルコール(メタノール)の危険性

現在、主にアウトドアで使用するアルコールランプで「燃料用アルコール(エタノール5%・メタノール95%)」を使用しているのですが、メタノールは揮発性が強く、吸引したり飲んでしまったりすると危険(発ガン性がある)だと聞きました。

それで質問なのですが、たまに室内でアルコールランプを使うことがあるのですが、窓は開けているものの、火を点ける前などどうしてもある程度のメタノールを吸ってしまっていると思います。このような状況でも、燃料用アルコールは人体に対して有毒なのでしょうか?それとも、「燃料用」はメタノールをいくらか希釈している分、そこまで神経質にならなくて良いのでしょうか?

また、もし「消毒用」と間違えて「燃料用」アルコールで怪我の消毒をしてしまえば人体に対してどのような影響が及ぶでしょうか?

上記質問について教えて頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。
劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。

アルコールランプについて
窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。
蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。
点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。なるべく吸ったり、触ったりしないようにしてください。
万が一酩酊感があったら直ちに風通しのいいところへ行き、メタノールを遠ざけてください。場合によっては医師の診察を受けてくださいね。

消毒用として
絶対に使ってはいけません。ただ、痛みが走るので致死量や失明に至るまで傷口を漬けておくことはできないと思います。

急性メタノール中毒は工業レベルの長時間・大量使用による吸引や誤飲などです。もちろん体との相性もあると思いますが、アルコールランプ用燃料で頻度も少なく、取り扱い方が正しければ神経質になる必要はないと思います。
とはいえ危険物であることだけはお忘れなく。

#2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。
劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。

アルコールランプについて
窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。
蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。
点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。なるべく吸ったり、触ったりしないようにし...続きを読む

Q無水エタノールの少量サイズ売ってませんか?

アロマオイルを薄めるのに無水エタノールを買いたいのですが、近所の薬局2店では500ml(1200円くらい)のものしかなくて困っています。50mlもあれば十分なんですが・・・。

無水エタノールは500mlでしか売ってないものですか?
もし小さいサイズのものがあったら、メーカーを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アロマオイルを薄めるのに、無水エタノールの他に“ウォッカ”も使えるようです。
ウォッカは他のアルコール類より無味無臭に近い(精製がされている)ので、それほど香りの変化には影響は与えないと思いますが・・・。

周りにウォッカを飲む人がいれば、残りはカクテルベースにしたりして飲んでもらえば無駄にはならないと思います。
安いものなら700mlで1000円しませんよ。
残るのがもったいないということなら試してみては。

ただ、アルコール度数が低い(50度くらい)のでエタノールより保存力は落ちると思いますが。

Q無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
PC内部の端子掃除とか昔のファミコンの端子の掃除とかしている人を
よく見かけますがそういう道具を使う人は
そういう道具での掃除が危険なのを承知でやっているのですかね

無水エタノール又は接点復活スプレーとか使っても問題ない
PC内部の金属端子掃除には無水エタノール又は接点復活スプレーが欠かせないとか見るので
別に使っても害とかないんじゃないかっと勝手に思ってしまった
よく使ってはいけない理由が
金属端子部分が溶ける剥げるから使わない方が良いとか=
(無水エタノール、接点復活スプレーって端子とかを安心に綺麗にする道具じゃないの?)

端子部分以外の場所が溶けるとか=
(金属部分以外に塗らなければいいんじゃない?塗ったとしても壊れるほど形が変形するものなの?)

錆びる=(無水だから錆びることは無いとは思いますが)とか色々と聴きますので
()の部分はそういう答えに対する疑問です。
なんか使ってはいいのか使ってはいけないのかが曖昧になってしまいまして
別にそこまで深く考えることじゃないとは思われますが
自分は疑問に思った事を解決しないと気がすまないめんどくさい性格なので
めんどくさいとは思いますがご回答を出来るお方がいらっしゃいましたら
お知恵を下さい、ご回答を宜しくお願いします。

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
...続きを読む

Aベストアンサー

接点復活スプレーは多少成分が違いますが基本は油です
(KURE 5-56等と一緒)
微弱でも電気の流れる所で使う物では有りません

>無水エタノール
この成分が入っている燃料用アルコールを色々な所で使っています
パソコンでは メモリの接点掃除 内部のホコリ掃除時に面帽に濡らして使用等です
(昔 家電品の基盤修理時に清掃用として使っていたから現在も流用しています)

テレビ等の金属端子(赤白黄等のAVケーブル?)は 目の細かい水ペーパを水を使わず磨くか金属クリーナが良いと思います


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング