大津美子さんの「ここに幸あり」の歌詞の意味が良く分かりません。
「ここに幸あり」は不朽の名曲で私も大好きですが、
その割にはこの歌詞がも一つ良く分かっていないのです。
この歌が歌われた昭和31年と言えば、日本はちょうど高度成長期に入る頃。
戦後強くなったのはナイロン靴下と女と言われ、
そしてもはや戦後ではないとも言われた成長期の日本でした。
こんな女性の地位が目覚しく向上しようとしていた頃の歌詞としては、
あまりにも不似合いな気がします。
特に「君を頼りに私は生きる」という所など、
単に夫唱婦随の歌なのでしょうか。
この曲に、そのスケールの大きさや格調の高さなどを感じる私には、
とてもそんな風には思えないのです。
そこには何かもっと深い意味が込められているように思うのですが、
いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この歌は姿三四郎の作者として著名な作家、富田常雄の同名の小説が映画化された時の主題歌としてつくられたものです。

したがって歌詞内容は映画の内容に副ったものではないでしょうか。私は映画を見ていませんので確たることは言えませんが。

ご参考までに↓

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD24768/comme …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
映画ですか、そうかもしれませんね。
だから、そのまま素直に理解すればいいのかもしれません。
当時の女性は、戦前戦中と男性社会の中で厳しい生き方を余儀なくされた。
その中で、愛する男性に巡り会ったことに幸せを見出し、
生きていく希望や活力を得ることが出来た・・・。
というようなことなのかもしれません。
みなさんのご回答を拝見しているうち、
なんだかわかってきたような気が・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/07 05:29

高橋掬太郎の作詞だったかと記憶しています。

函館日日新聞社の記者として活躍しながら、空前の大ヒットとなった「酒は涙か溜息か」を作詩したのが高橋掬太郎です。
確か"ここに幸あり"もそうだったかと記憶しています。
さて、質問者様のこの歌に込める思い要れ理解できますが、"君"に深い意味は無いと思います。
この歌は高度成長の時期の結婚式で大変良く歌われていたようですが、最近の結婚式でこれを歌ったら知らない方が多いでしょうね。
私も62歳であり、日本の歌謡曲も聴きますが、私の青春時代よりも前の時代の歌だったと記憶しております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お察しの通り私はあなた様よりほんの少し前の世代です。
当時18歳の新人歌手大津美子さんの、
女性にしては低い太い声に魅了された記憶があります。
その当時はそんなに違和感がなかったので、
やはりあの時代の世相が生んだ歌なのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/07 04:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「早春賦」の歌詞について

 日本語を勉強中の中国人です。「早春賦」の歌詞を読んでいますが、古典文法が入っているので、理解できなくて困っています。特に理解に苦しんでいるところは次の三箇所です。この歌をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

 歌詞の参考ページです。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/sousyunfu.htm

1.「歌は思えど」
2.「さては時ぞと 思うあやにく」
3.「春と聞かねば 知らでありしを
  聞けばせかるる 胸の思いを
  いかにせよとの この頃か」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.春は名のみの 風の寒さや  
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど  
時にあらずと 声も立てず 
時にあらずと 声も立てず
  
暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。
谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ 
さては時ぞと思う
あやにく今日もきのうも 雪の空  
今日もきのうも 雪の空
 
川や池に張っていた氷は解け始め、そこに生えている葦も芽をふき始めてきています。
さあ、いよいよ春が来たと思いきや、そんな思いとは裏腹に現実は厳しく、昨日も今日もまだ空はどんよりして雪が舞っています。

3.春と聞かねば 知らでありしを  
聞けば急かるる(せかるる)胸の思(おもい)を  いかにせよとの この頃か 
いかにせよとの この頃か

暦の上ではもう春になったのですと聞かされてなければ、まだ春だとは思わなかったのに、聞いてしまったので、もう、春が待ち遠しくなってしまい、季節の移り変わりさえ遅く感じ、春よ早く来いという待ち焦がれる思いをどう晴らしたらいいか判らないくらいである。

1)歌は思えど
⇒歌おうと思ったけれど。

2)さては時ぞと 思うあやにく
⇒さては時(春が来た)と思うが、その気持ちを打ち消すかのように、(まだまだ雪が降っている。)
⇒いよいよ春が来たと思ったのだが、折悪しくまた今日も雪が舞って来てしまった。(春はまだなのか~)

★あや‐にく【▽生憎】
《感動詞「あや」+形容詞「にくし」の語幹から》

1.[副]意に反して不都合なことが起こるさま。
あいにく。
折悪しく。

2.[形動ナリ]目の前の事柄が、予想や期待に反していて好ましくないさま。

意地が悪い。
不都合だ。間(ま)が悪い。
予想以上に厳しい。過酷だ。

この歌は難しい歌ですよ。
全体に伝わってくるイメージは明瞭ですが、字句の説明は非常に難解です。自信ありません。

1.春は名のみの 風の寒さや  
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど  
時にあらずと 声も立てず 
時にあらずと 声も立てず
  
暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。
谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ 
さては時ぞと思う
あやにく今日もき...続きを読む

Q歌「知床旅情」歌詞、ピリカの意味?

歌「知床旅情」の歌詞、ピリカの意味についてお尋ねします。
カラオケで外国人に<ピリカが笑う>のピリカって何?と質問を受け、「アイヌ語で海鳥のことと思う」と答えると、近くの知人が「違うと、美しいということだよ」と訂正しました。
でも<美しいが笑う>という意味は変だと思いませんか。歌詞の正確な意味をご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

非常にいい加減な私の記憶によると
昔々、森繁久弥さんが何かの番組で詩の解説をされていて、
その時は、「美しい娘」だと仰っていました。
幼い時にアイヌのコロポックルに興味を持った私は、
「美しい娘」は「ピリカメノコ」という事くらいは知っていましたが、
なにせ日本の歌詞って、結構違う読ませ方してますから、そういう類かと思っていました。

<参考・アイヌ語>
ピリカ=美しい・良い
ピリカオッカイ=美男子
ピリカクル=善人
ピリカメノコ=美少女
ピリカルアンペ=きれいな者

<参考・歌詞などの違う読ませ方>
生命=いのち、女=ひと、男=あなた・・・・結構ありますよね。

Q童謡「花嫁人形」の歌詞の解釈

1.きんらんどんすの 帯しめながら 花嫁御寮は なぜ泣くのだろ
2.文金島田に 髪結いながら 花嫁御寮は なぜ泣くのだろ
3.あねさんごっこの 花嫁人形は 赤い鹿の子の 振袖着てる
4.泣けば鹿の子の たもとがきれる 涙で鹿の子の 赤い紅にじむ
5.泣くに泣かれぬ 花嫁人形は 赤い鹿の子の 千代紙衣装

1と2で泣いているのは人間の花嫁でしょうか?「帯しめながら泣く」は人間にしかできませんよね。
4で泣くのは、人形遊び(あねさんごっと)をしている子供でしょうか?
それとも全て主体は「花嫁人形」なのでしょうか?題名がそうですし。それにしては5で「泣くに泣かれぬ花嫁人形」とあるので混乱してしまいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO1です。訂正(笑)

1・2が今まさに結婚式を迎えようとしている人間の花嫁ですね。

3・4・5がその花嫁を模した花嫁人形です。

 結婚という最高の幸せのはずなのに、どうして花嫁さんは泣くのだろう。
この結婚式ごっこをしている花嫁人形も本当は泣きたいんだろうなぁ。。。
しかし、衣装が紙で出来てるので、泣けば衣装は汚れるし、破れてしまう。
本当は泣きたいはずなのに(人形だからってことではなく)紙の衣装だから泣くのを我慢してるんだろうなぁ。。。


 ってことではないでしょうか。
 

Q「知床旅情」の歌詞で、ピリカは笑うという下りがありますが、ピリカとは何でしょうか。

森繁久弥が作曲し、加藤登紀子の歌っている「知床旅情」の中で「ピリカが笑う」というのがあります。このピリオとは何でしょうか教えて下さい。

Aベストアンサー

「ピリカ」とはアイヌ語で「美しい」と言う意味です。
今宵こそ君を抱きしめんと 岩陰によればピリカが笑う
という歌詞の文脈からして、「美しい女性」のこと、
すなわち歌詞の中の「君」のことだと思います。

ただ、その後にカラスやカモメといった鳥の名が
歌詞に折り込まれていますので、この「ピリカ」は
「エトピリカ」という鳥の名にも掛けているのでは?
(「エトピリカ」=「美しいくちばし」という意味)

Q「夏の思い出」の歌詞について

 日本語を勉強中の中国人です。「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。

 歌詞の全文はこちらでご覧ください。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/natsunoomoide.html

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。

2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。

3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強中の中国人です。「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。

 歌詞の全文はこちらでご覧ください。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/natsunoomoide.html

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。

2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。

3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いている...続きを読む

Aベストアンサー

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。
⇒正解です。
⇒夏が来るたびに思い出すのは、遠い空の下にある尾瀬沼のこと。
その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。そう、水芭蕉の花が咲いているのです。まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。


2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。
⇒正解です。
⇒上記の説明でお分かりのように、見えてくるのは「水芭蕉のやさしい影」です。


3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。
⇒歌詞の中にある「尾瀬」という沼の「水のほとり」です。
尾瀬沼のすばらしい景色をご堪能ください。

http://www.towabank.co.jp/oze/oze97/oze97.html

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

⇒「夢見て咲いている、水のほとり」
⇒読んで字の如し「水芭蕉の花が夢を見ているかのように静かに美しく水のほとりに咲いている」
⇒「水のほとりに、夢見て咲いている」が倒置されてます。
⇒「水芭蕉」を擬人化して「夢を見ているかのように咲いている」と表現しています。

第二段落も同じです。
「水のほとりで、夢を見ているかのように匂っている」
⇒「夢を見ているかのように」という表現は、「水芭蕉の純白の可憐な花が、そっとやさしく咲いている様」を【純真で汚れの無い小さな子供が、スヤスヤとやさしく、そして幸せそうに眠っている様】に喩えているのです。


5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。
⇒省略はありません。
⇒下記のURLをご覧下さい。
⇒「水芭蕉」は沼地にあるところでは点々と、あるところでは何本かが寄り添って、またあるところでは道のように連なって、さらにあるところでは花たちが集まって島のような塊となって咲いているのです。水の中に咲いている様子が「浮き島」のように見える水芭蕉もあるのです。

【浮き島】のイメージが下記の写真で解るといいのですが・・・。
http://www.page.sannet.ne.jp/moris/oze.htm

質問文の1.
【辞書で調べましたが、見つけませんでした。】
⇒【見つけることが出来ませんでした】
⇒【見つかりませんでした】
⇒【探せませんでした】
⇒【探すことが出来ませんでした】
⇒【見当たりませんでした】
⇒【辞書で調べましたが載っていませんでした】
★「見つけませんでした」は、ご自分の意志で見つけなかったという意味になり、「探しても見つからなかった」という意味とは違ってしまいます。

質問文5.
【なんか省略が多すぎるような気がします。】
⇒「なんか」ではなく、もし使うのであれば「かなり」とかになります。しかし、ここではそのような言葉を使うのではなく、「この文章は省略されたものが多すぎるような気がしています」などの方が、質問文としては良いでしょう。

歌詞はメロディーに当てはめ、音符に乗せることなどが優先され、倒置法が用いられていたり、省略されたり、妙な造語が出てきたり、擬態語が使われたりします。さらには、歌詞独特の擬人法が駆使されていたりして、詩自体の文意が解りにくくなっていることが多いですね。

頑張ってください。

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。
⇒正解です。
⇒夏が来るたびに思い出すのは、遠い空の下にある尾瀬沼のこと。
その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。そう、水芭蕉の花が咲いているのです。まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。


2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。
⇒正解です。
⇒上...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q銀座カンカン娘ってどんな娘?

あのこ可愛いやカンカン娘・・・と高峰秀子が歌っていたカンカン娘とは、どんな娘のことを言うのでしょうか。何か意味があるのでしょうか?どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

フランスの「フレンチカンカン」おどりから来ているようですね。
懐かしい曲ですね。
下記のHPをご覧下さい。

http://www.fujiura.com/fgod/songs/zginzakankanmusume.htm

参考URL:http://www.fujiura.com/fgod/songs/zginzakankanmusume.htm

Q「さくら さくら」の歌詞の意味は?

さくら さくら
弥生の空は 見わたすかぎり
霞か雲か 匂ひぞ出づる
いざや いざや 見に行かん

「霞か雲か」というのは桜を指しているのでしょうか?(比喩)
それとも「弥生の空は」とありますので、雲のことを指しているのでしょうか?

比喩だとすると桜が空に輝いているということでしょうか?
空に輝いているのであれば、どこにいても見えますので、「見に行かん」がおかしくなります。
わざわざ「見渡すかぎり」といっています。

それとも地には桜が、空には雲が美しく輝いていると解釈してよいのでしょうか?
「匂ひぞ出づる」の「匂ひ」は、生き生きとした美しさなどが溢れることですが、雲や霞に「匂ふ」などと表現はしないと思うのですが。
すると「桜が匂ふ」という解釈になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで使われている「空」は、「目の前に広がる空間」という意味で、「景色・風景」と同義です。したがって「霞か雲か」は、遠くに眺める桜の花を意味します。

この歌には、もう一つ歌詞があるのはご存知ですね。

さくら さくら 
野山も里も 見渡す限り
霞か雲か 朝日に匂ふ
さくら さくら 花盛り

こちらの歌詞では、「霞か雲か」が桜花を指しているのは明らかです。

「さくささくら」の歌詞には、面白い歴史があります。よろしければ、こちらのサイトをご覧ください。

http://www.k-press.net/music/indexmusic0404.html

Qピリカ?

何方かお教え願います。
「知床旅情」の歌の2番 ♪旅の情か 酔うほどにさまよい 浜に出てみれば 月は照る波の上 君を今宵こそ 抱きしめんと 岩陰によれば ピリカが笑う♪ですね。このピリカてなんでしょうか。広辞苑で調べますと、アイヌ語で美しいの意としか書いてありません。又ネットで調べても、判らなかったです。以前聞いたことがあるような気もしますが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このピリカの意味は、(エトピリカ)で千鳥目ウミスズメ科の海鳥の事を歌詞にしているのです。

Q70歳代から80歳代 知っている歌

グループホームで働いていますが、歌が好きな方が何人かいらっしゃいます。

70歳以上の方は、どんな曲をご存知ですか?また、介護職をされている方は、レクの時間でどんな曲を歌いますか?童謡、歌謡曲なんでもいいので教えてください。また、無料、安価でCDや歌詞が載っている本など教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://takurou.co-site.jp/ikoi/

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/warabe.html#top

上記のサイトを参考にしてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報